韮崎市・柳原神社の狛犬

20171117

所在地:山梨県韮崎市中田町小田川1259 柳原神社参道
撮影日:2017年11月16日

以前狛犬の情報を集めていたときに、そのあまりにものんびりした人懐こい表情から、山梨に行ったときには会おうと思っていた狛犬です。
昨日、甲斐国一之宮浅間神社、酒折宮に参拝したあと、ここを訪ねました。

須玉インターを降りて、県道141号線を南下、県道141号線沿いに柳原神社はあります。
171117yanagi01.jpg


柳原神社は、慶長年間の勧請らしく、古社記によれば今の所より半町東に在りしが、江戸時代文化年中、塩川氾濫のため社殿等流失せしにより今の地に遷座したということです。

その参道に、めざす狛犬は居ました。
171117yanagi02.jpg


年代:推定 文化12年(1815)
材質:石造
型式:宝珠・角型(和犬型)

年代は、狛犬には刻まれていません。
私は以前写真をみたときの印象から「はじめ型」だと思っていましたが、調べると同市内に山神社というところがあり、そこ狛犬が柳原神社のものとよく似ている。そちらは建立年が文化10年(1813)と分かっているとのことでした。
一方、柳原神社にある石灯籠と水盤には文化12年(1815)とありますから、狛犬も同年とするのが妥当だと考えます。

阿吽両方に、宝珠か角らしきものがあります。
角のある「はじめ型」とも思ったのですが、年代的には無理があります。
年代からすれば、「宝珠・角型」とするのが妥当で、石工さんの意思で和犬型にしたのだと判断しました。

右側が阿形獅子。頭に宝珠を載せている。
171117yanagi03.jpg


171117yanagi04.jpg


171117yanagi05.jpg


171117yanagi06.jpg


171117yanagi07.jpg


左側が吽形獅子。頭に角あり。
171117yanagi08.jpg


171117yanagi09.jpg


171117yanagi10.jpg


171117yanagi11.jpg


特徴:
・右は口をやや開き阿形、たてがみが巻き毛なので獅子。頭に宝珠を載せている。
口をひらいているといっても、吽形よりやや開いている程度の中途半端な開き方。
・左は吽形、たてがみが巻き毛なので獅子。頭に角がある。
・たてがみが長く、左右に均等に流れている。
・耳は垂れている。眉があり、人間くさい顔。
・顎髭、牙は無い。きわめて人間くさい、のんびりした犬の顔。
・姿勢がかなり猫背な姿勢
・前足は、直立。巻き毛は無い。
・後足は蹲踞から腰を浮かせた感じ。まったく巻き毛は無い。後足の間は彫ってない。
・尾は、根元に大きく三つの巻き毛。そこから長くまとまって炎が立っている。

頭の上に、宝珠か角らしきものあり。
阿形が宝珠と判断。
171117yanagi12.jpg


吽形が角と判断。
171117yanagi13.jpg


前足は、直立。後足の間は彫ってない。
171117yanagi14.jpg


阿形と吽形、微妙に違うが、蹲踞から腰を浮かせた感じ。
犬はこんな姿勢が多い。
阿形
171117yanagi15.jpg


吽形
171117yanagi16.jpg


尾も阿吽で微妙にデザインが違うが、背中にぴったり付き、三つの巻き毛から炎が上がっている。
縄文土器と表現したほうがぴったりくる。
阿形
171117yanagi17.jpg


171117yanagi18.jpg


吽形
171117yanagi19.jpg


171117yanagi20.jpg



とにかく、この人懐こい表情には、おもわず頭を撫でにいってしまう。
ブサイクなかわいい狛犬である。


帰ろうとして、境内にある土俵を見てズッコケた。
171117yanagi21.jpg


土俵が、地面から2メートル近く擂鉢状に砂を盛り上げた上にある。
この上で相撲を取ったら、えらい高いところで取っている気分だろう。
調べてみたら、祭礼は、10月の中旬第三土日に神輿・神楽舞の奉納・力相撲が行われているようだ。
相撲を取る力士の風体は、一風変わっていて、神輿を担いだ若い衆が、上半身は法被を脱いで黒い短パンに腹帯姿、足には足袋の上に草鞋(ワラジ)を履いた姿で相撲を取るのだそうだ。

(了)


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト

中山道を日本橋からのんびりと(後半)

20171115

11月6日に、こういうタイトルで歴史クラブ行事として歩きましたが、その後半の記事です。

昌平橋からまっすぐ歩き、「神田明神下」の交差点を左折して神田明神に向かうが、
「神田明神下」の交差点の手前、右側が「伊勢丹発祥の地」だと、通りがかりの人に教えてもらった。
工事中の場所である。
171115nakasen01.jpg


「神田明神下」の交差点を左折して坂を上がっていくと、左手に「湯島聖堂」。
171115nakasen02.jpg


右手に神田明神の大きな鳥居と天野屋が。
171115nakasen03.jpg


【天野屋】
弘化3年(1846)創業、地下6mの土室(つちむろ)で作られる甘酒は絶品。
※初代は京都・丹後の宮津藩の出で天野新助。弟が江戸へ出て千葉道場で腕を上げ、妬まれて暗殺されたため、その仇討ちを目的に出てきた。当時神田明神は江戸の総鎮守で、ここにいれば仇に出会えるだろうと茶店を出した。仇には巡り合えず、そのまま家業となり現在は6代目。

天野屋の左手から中山道の原形が100mほど残っている。
天野屋の喫茶部入り口に何気なく案内が(笑)
171115nakasen04.jpg


わずか100mですが、味わって歩きます。
171115nakasen05.jpg


171115nakasen06.jpg


171115nakasen07.jpg


聖橋からの道に突き当たって、中山道の原形は終り、中山道に戻る際通り越して聖橋まで行きました。
171115nakasen08.jpg


【仙台堀】
聖橋の下に神田川が流れているが、ここは「仙台堀」と呼ばれる掘割。
かって洪水で悩まされた神田川の流路を変えるために、仙台藩が莫大な資金を投じて掘り下げた人工の川が今の御茶ノ水辺りの神田川である。

聖橋から「仙台堀」を覗き込むと、御茶ノ水駅の拡幅工事の真っ最中でした。
171115nakasen09.jpg


中山道に戻り、先に進みます。
日本医科歯科大学、順天堂大学が左手に続きます。
道の右手はホテル。
171115nakasen10.jpg


「順天堂」の「天」の字が素晴らしい。
171115nakasen11.jpg


「壱岐坂上」を過ぎてしばらく行くと、春日通りと交差する「本郷三丁目」交差点。
この交差点に「かねやす」があり。
171115nakasen12.jpg


【かねやす】
ここまでが瓦葺きの家が並んでいたので「本郷もかねやすまでは江戸のうち」と古川柳に詠われ、享保年中(1716~36)に歯磨き「乳香散」で繁盛した兼康(現在は洋品店)。乳香散は兼康祐悦という口内医師が考案し売り出したもの。本店は京都の今出川で、本郷の支店のさらに出店がここの店。ところが店先に幕を張り屏風を立て、番頭が乳香散の効能を面白おかしく喋るので評判になり人気が出たという。
171115nakasen13.jpg


171115nakasen14.jpg


171115nakasen15.jpg


「本郷三丁目」交差点を渡ると左手に「本郷薬師」があり。

【本郷薬師】
清賢法印が寛永14年(1636)中興した富元山真光寺の境内に寛永10年(1670)建立したといいます。深く信仰を集め、縁日も賑やかであったといいますが、第二次世界大戦で焼失、真光寺は世田谷区へ移転したといいます。
171115nakasen16.jpg


171115nakasen17.jpg


171115nakasen18.jpg


「本郷薬師」の奥に「桜木神社」があり。

【桜木神社】
太田道灌が江戸城に北野天神を勧請して祀ったものが、其後湯島高台なる旧櫻の馬場の地に神祠を建立してその近隣の産土神としていた。其後更に元禄3年徳川綱吉が同所に御学問所昌平黌を設立するに当り、現在の地に遷座されたもの。
171115nakasen19.jpg


171115nakasen20.jpg


171115nakasen21.jpg


そこからすぐに、右手は東大の敷地がはじまるが、これはまるまる加賀藩前田家の上屋敷跡だ。
171115nakasen22.jpg


【東大赤門(旧加賀屋敷御守殿門)】
11代将軍家斉の子溶姫(やすひめ)が前田家に嫁入りしたとき建てられた赤門は、火災や関東大震災を乗り越えた貴重な遺構である。
171115nakasen23.jpg


赤門から中に入り、構内を横に移動し、正門からの道に出て三四郎池を目指します。

安田講堂への銀杏並木
171115nakasen24.jpg


建物のなかを突き抜けるトンネル。
171115nakasen25.jpg


安田講堂
171115nakasen26.jpg


171115nakasen27.jpg


安田講堂から三四郎池に向かう途中、ハチ公を発見(笑)
こんなところを毎日散歩していたら、末は博士犬だな。
171115nakasen28.jpg


【三四郎池】
寛永6年(1629)4月、前田家3代藩主利常の時に、徳川3代将軍家光・大御所秀忠の御成があり、それに先だって豪奢な御成御殿や数寄屋を新築し、庭園を整備したと考えられる。
この庭園が育徳園であり、池を「心字池」といった。
夏目漱石の名作『三四郎』は、ここを舞台としたため、「三四郎池」と呼ばれるようになった。
171115nakasen29.jpg


171115nakasen30.jpg


171115nakasen31.jpg


正門に戻る途中のショット。
171115nakasen32.jpg


正門を出て、レンカの塀沿いの中山道を歩き、東大農学部のハチ公に会いに行きます。
171115nakasen33.jpg


【ハチ公と上野英三郎博士像】
東大農学部にある像はハチ公没後80年にあたる2015年3月8日に建てられた。
171115nakasen34.jpg


171115nakasen35.jpg


東大農学部正門の前で、道は分かれて真っ直ぐ行けば岩槻街道、通称「日光御成道」である。中山道は、ここで左折します。
171115nakasen36.jpg


【本郷追分】
角に見える酒店の「高崎屋」(左)は宝暦元年(1751)創業。
ここは日本橋からちょうど一里。中山道最初の追分一里塚があった場所。
171115nakasen37.jpg


171115nakasen38.jpg


171115nakasen39.jpg


中山道をしばらく行くと、大円寺があり。

【大円寺】
当寺は、3500人が亡くなったという天和の大火(1683年)の火元である。この時の八百屋お七についての有名な俗説は、「八百屋の娘のお七は天和の大火で家族と焼け出され、避難先の寺(近くの円乗院や吉祥寺などの説あり)で寺の小姓と恋仲となる。やがて再建された自宅に戻ったお七は、再び火事になれば想い人に会えるかもと自宅に放火し、火刑に処された」という筋立てのもので、歌舞伎や浄瑠璃や浮世絵などの題材となった。ただし、話の粗筋には結構バリエーションがあり、また実際にわかっているのは、お七という娘が放火の罪で処刑されたことだけである。
171115nakasen40.jpg


境内には、八百屋お七を供養するため1719年に建てられたほうろく地蔵がある。この地蔵は、お七のために熱したホウロク(浅い素焼きの土鍋)をかぶって焦熱の苦しみを受けているとのことで、首から上の病気平癒に霊験ありといい、祠の前には願いを記したホウロクが多く納められている。
171115nakasen41.jpg


171115nakasen42.jpg


地蔵堂の前に三体もの庚申塔があります。これは本郷追分一里塚にあったもの。
171115nakasen43.jpg


この中の、天明4年(1784)造立の、剣人型青面金剛庚申塔の特にショケラが、腰巻一つなのがはっきりとわかり、「半裸の女人」としては今まで沢山の庚申塔データの中で最高だ。
171115nakasen44.jpg


〇高島秋帆の墓
秋帆は長崎町年寄の家に生まれ、長崎会所調役頭取となった。出島のオランダ人らを通じてオランダ語や洋式砲術を学び、私費で銃器等を揃え天保5年(1834年)に高島流砲術を完成させた。その後、清がアヘン戦争でイギリスに敗れたことを知ると、秋帆は幕府に火砲の近代化を訴える『天保上書』という意見書を提出して天保12年5月9日(1841年6月27日)、武蔵国徳丸ヶ原(現在の東京都板橋区高島平)で日本初となる洋式砲術と洋式銃陣の公開演習を行なった。
171115nakasen45.jpg


この墓地に来て感心するのは、いつも路地植えの草花が沢山咲いていること。
171115nakasen46.jpg


高島秋帆の墓
171115nakasen47.jpg


171115nakasen48.jpg


ここで、中山道の旅は終りとし、浄心寺坂の急な坂を下って、「円乗寺」に向かいます。
171115nakasen49.jpg


【円乗寺】
171115nakasen50.jpg


ここには「八百屋お七」の墓があります。
171115nakasen51.jpg


171115nakasen52.jpg


これで、この日の予定は全て終えました。
天気も良くて、皆さん楽しそうに気持ち良く歩いていただいたので、案内役としてもとても嬉しかった。

白山駅から帰途につきました。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



猿田彦命庚申塔/狭山市・中新田

20171114

所在地:埼玉県狭山市大字堀兼中新田F氏宅

この像は、一時期埋もれていたのを、昭和20年(1945)に坂戸市の桜井春吉氏が発掘して再建したもの。

個人のお宅の庭先にある
171114saruta01.jpg


像全景
171114saruta02.jpg


171114saruta03.jpg


銘文詳細
171114saruta04.jpg


台座正面の人名は、造立当初のものと思われる。
再建時に、像容の一部を削り取り、新たに種子を彫り加えている。
最初に建てられたときの年号は追刻のため不明となった。

塔身:駒形
主尊:猿田彦命
日月:筋彫三日月瑞雲
主尊の特徴:冠をつけ、右手に笏を持つ
脇侍:なし
造立年代:不明、昭和20年追刻

上部中央に三日月と瑞雲があるが、何かを削り取って彫加えたようにも見える。
171114saruta05.jpg


冠をつけ、右手に笏を持つ。
左手は何をもっているかは不明。
坐像だろうが、下半身はあらかた削り取られていてわからなくなっている。
171114saruta06.jpg


猿田彦命を本尊とする庚申塔は、狭山市ではこれだけであり、像容が不確かになってしまっていねことが残念でならない。
猿田彦命は旧高麗郡に多い白髪神社の祭神とされているが、庚申信仰の中にもこの神を本尊としたものがあったことがわかる。



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



彦国見加岐建與束命(ひこくにみがきたけよつかのみこと)/日本の神々の話

20171113

記紀には登場しない。
伊勢国造・度会神主の祖である。

伊勢神宮豊受大神宮(外宮)の摂社「度会国御神社(わたらいくにみじんじゃ)」の祭神。
度会国御神社(わたらいくにみじんじゃ)は、外宮の宮域内にあり、北御門脇の小道沿いに鎮座する。
鎮座地である度会国の守護神で、代々外宮の祭祀を務めてきた度会氏の始祖、天日別命(あめのひわけのみこと)の子とされる。

磯部の有力者であった度会氏に豊受大御神の祭祀をゆだねた際に、度会氏が祭っていた神々も伊勢神宮の中に組み込まれたものと考えられる。

私は、茨城県水戸市の吉田神社境内にある国見神社の祭神として参拝した。

この地に、伊勢地方より黒潮に乗って渡来した、この神を奉じる一族があったことを示している。

天日別命(あめのひわけのみこと):
天御中主尊(あめのみなかぬしのみこと)の子孫。神武天皇の東征の際,伊勢(いせ)を平定し,統治したという。皇太神宮大神主の伊勢氏の祖。



日本の神々記事一覧に飛ぶ



所沢・北野天神社の狛犬

20171112

所在地:埼玉県所沢市小手指元町 北野天神社拝殿前
撮影日:2017年11月9日

この神社には、武蔵国式内社めぐりで2013年12月に参拝して以来、この神社の前を鎌倉街道がとおっている関係で何度も参拝しているが、今回記事を書くにあたり写真としては不足している部分があったので、撮り直して来た。

北野天神社については、既に記事があります。

その記事を見る


狛犬は拝殿前に居ます。
171112kitano01.jpg


171112kitano02.jpg


年代:寛政3年(1791)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右が阿形獅子、頭に宝珠を載せている。
171112kitano03.jpg


171112kitano04.jpg


171112kitano05.jpg


171112kitano06.jpg


左が吽形獅子、頭に角がある。
171112kitano07.jpg


171112kitano08.jpg


171112kitano09.jpg


171112kitano10.jpg


台座には、「四つ菱」と「加賀梅鉢」の紋が置かれている。
171112kitano11.jpg


171112kitano12.jpg


特徴:
・右は口を開き阿形、たてがみが巻き毛なので獅子。頭に宝珠を載せている。
・左は吽形、たてがみが巻き毛なので獅子。頭に角がある。
・耳は聞き耳を立てている感じ。眉は濃く一文字で、どんぐり眼にかぶさっている。
・顎が長く、顎髭は長めに垂れ、一部が巻き毛。
・牙が異常に大きい。顔は四角く、顎が長い、いかつい顔。
・前足は、斜めに真っ直でたくましい。付け根と爪先に巻き毛があるのみ。
・後足は蹲踞。太ももに綿毛の表現。
・尾は、根元に大きく五つの巻き毛。そこから長くまとまって炎が立っている。


前足は、斜めに真っ直でたくましい。付け根と爪先に巻き毛があるのみ。
後足は蹲踞。後足の間は彫っていない。太ももに綿毛の表現。
171112kitano13.jpg


171112kitano14.jpg


171112kitano15.jpg


尾は、根元に大きく五つの巻き毛。そこから長くまとまって炎が立っている。
171112kitano16.jpg


171112kitano17.jpg


年号は、寛政3年(1791)
171112kitano18.jpg


かなりの「異相」な、いかつい顔の狛犬である。
私は、この手の顔がわりと好きだ。


狛犬の記事一覧を見る



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop