馬力神(ばりきしん)/日本の神々の話

20170219

記紀などの神話に登場する神でなく、民俗信仰によるもの。

栃木県を中心とする北関東地方から南東北地方で江戸末期から昭和初期まで盛んだった風習で、愛馬の冥福を祈り石碑を建てるもの。
ネットで見つかる記事で推測すると、範囲は宮城県、茨城県、栃木県と思われる。
埼玉県、東京都では、私は見かけたことが無い。

『日本民俗大辞典』(福田アジオほか/編 吉川弘文館 1999)によると、「馬の守護神。自然石に馬力神と刻んだ石塔が栃木県や宮城県で見られるが、その大部分は愛馬の供養のために造立されたもので、神名のほか、紀年銘と造立者を記すだけのものが多い。馬力神の石塔は栃木県下都賀郡壬生町南犬飼北坪の1851年(嘉永4)例が現在知られる最古のもので、幕末に出現し、明治時代にもっとも多く造立された。」と説明があります。

たとえば栃木県では、『下野の野仏』緊急碑塔類調査報告 (栃木県教育委員会/編 1973)の塔碑類一覧で調べると県内に274の馬力神があることがわかります。

「馬頭観音」や「馬頭観世音」の石碑と同様の信仰心理に成り立っているものだろう。

「馬力神」の石碑
170217baryoku.jpg




日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

中山道・蕨宿(その二)

20170218

2月11日に「戸田の渡し」から蕨宿の出口まで歩きましたが、前回の記事で「戸田の渡し」から「蕨宿本陣跡」まで書いたので、その続きです。

まずは、中山道を木戸まで歩き、その後「三学院」、「はね橋」、「和楽備神社」、「蕨城址」、「長泉院(おしゃみの鐘)」、宝樹院(渋川公墓)」と、JR蕨駅に向かって、周辺の史跡を訪ねて歩きました。
170218warabi01.jpg


昔をしのばせる家を眺めながら歩きます。
170218warabi02.jpg


「板橋宿から二里十町」のところに、「蕨宿まちづくり憲章」が掲げてありました。
170218warabi03.jpg


170218warabi04.jpg


新しい店舗でも、このようにしてあります。
170218warabi05.jpg


旧い家が多いので、その景観を楽しみながら歩きました。
170218warabi06.jpg


170218warabi07.jpg


170218warabi08.jpg


170218warabi09.jpg


170218warabi10.jpg


170218warabi11.jpg


170218warabi12.jpg


170218warabi13.jpg


蕨宿の木戸まで来ちゃいましたね。ここで国道17号線と合流します。
170218warabi14.jpg


国道17号線側から眺める。
170218warabi15.jpg


170218warabi16.jpg


【中山道ふれあい広場】
木戸の内側にあり、休憩するのにぴったしでした。
170218warabi17.jpg


中山道の説明
170218warabi18.jpg


広場の真ん中に大きいケヤキがあり、タイルの壁画がある。
170218warabi19.jpg


皇女和宮の行列
170218warabi20.jpg


大名行列
170218warabi21.jpg


中山道沿いに時計台が。
170218warabi22.jpg


ちょうど13時だったので、音楽が鳴っていた。
170218warabi23.jpg


下には人形と街並みの模型が。
170218warabi24.jpg


大きなケヤキがよかった。
170218warabi25.jpg


170218warabi26.jpg


ここから中山道を少し戻って、「地蔵の小道」を三学院に向かいます。
中山道を離れて、周辺の史跡を楽しみます。
170218warabi27.jpg


【三学院】
170218warabi28.jpg


所在地:埼玉県蕨市北町3丁目2−4
金亀山(こんきさん)極楽寺三学院、京都の真言宗智山派総本山智積院の末寺。
創立年代は不明だが、本尊の木造十一面観音菩薩立像が平安時代後期の作であることや、他に現存する資料から中世以前の創建と考えられる。
天正19年(1591)に、徳川家康から寺領20石を寄進する旨の朱印状が授与されており、以後徳川歴代将軍からも同様の朱印状が与えられている。また、三学院は、足立坂東三十三箇寺の20番、北足立八十八箇所の30番にあたる札所としても知られている。

梵字馬頭観音塔
寺号碑の前にあり、馬頭観音文字塔はたくさんあるが、梵字で書かれているのは非常に珍しい。
170218warabi29.jpg


170218warabi30.jpg


山門
170218warabi31.jpg


地蔵堂(地蔵石仏(目疾地蔵)、六地蔵石仏、子育地蔵)
170218warabi32.jpg


この中で珍しいのが地蔵石仏(目疾地蔵)
170218warabi33.jpg


170218warabi34.jpg


仁王門
170218warabi35.jpg


仁王門の塀に沿って、阿弥陀堂と不動堂の間に石仏群あり
170218warabi36.jpg


明和6年(1769)造立の青面金剛型庚申塔
170218warabi37.jpg


寛文2年(1662)建立の二菩薩碑
170218warabi38.jpg


貞享元年(1684)造立の三猿型庚申塔
170218warabi39.jpg


水舎
170218warabi40.jpg


圧倒的な迫力で聳える本堂
170218warabi41.jpg


170218warabi42.jpg


鐘楼
170218warabi43.jpg


三重塔
170218warabi44.jpg


阿弥陀一尊図像板碑(文明13年 1481)が、目立たない所にあります。
170218warabi45.jpg


170218warabi46.jpg


170218warabi47.jpg


蕨宿関係墓石群
170218warabi48.jpg


左側が元和9年(1623)とかなり古い。右側のは明暦2年(1656)。
170218warabi49.jpg


木食観正塔
170218warabi50.jpg


170218warabi51.jpg


住職墓域の、卒塔婆型墓石
こういう形式の墓石を初めて見ました。
170218warabi52.jpg


これで三学院見学を終り、近くのはね橋に寄りました。

【はね橋】
民家から用水を渡って道に出るため設けられていた。
復元されている。
170218warabi53.jpg


この家は、当時は織物工場をしていたので、女工の逃亡防止のため上げていたのだと言う人も居るようだが、このはね橋は内側から操作するようになっているので、そうではなく外部からの侵入防止だろう。

【和楽備神社】
170218warabi54.jpg


和楽備神社については、既に記事にしています。

その記事を見る


和楽備神社の境内の池は、かっての蕨城の堀の跡です。

【蕨城址】
御殿堀
170218warabi55.jpg


170218warabi56.jpg


170218warabi57.jpg


御殿堀から続く石垣
170218warabi58.jpg


170218warabi59.jpg


蕨城址碑
170218warabi60.jpg


170218warabi61.jpg


「成年式発祥の地」碑がありました。
170218warabi62.jpg


今年の正月にテレビでやっていましたが、蕨市が成人式の発祥の地なんです。
終戦で若者が元気をなくしているのを見て、青年団が元気づけようと昭和21年に始めたそうです。
だから、今でも蕨市の成人式は青年団が運営している。

その近くに、ウルマンの青春の詩があります。
中年になった頃、会社の机に貼っていた思い出深い詩です。
170218warabi63.jpg


170218warabi64a.jpg


170218warabi64b.jpg


この石垣は、当時のものかどうかわからないが、これを眺めてから後にした。
170218warabi65.jpg


【長泉院(おしゃみの鐘)】
所在地:蕨市中央5-13-3
170218warabi66.jpg


真言宗霊雲寺派寺院の長泉院は、甘露山と号します。長泉院の創建年代は不詳ですが、横浜市六浦にあった名跡を移し、円実という沙弥が宝暦5年に当地に創建したといいます。
長泉院の鐘は宝暦八年(一七五八)に江戸神田鍛冶町の小幡内匠によって作られたもので、蕨宿では時の鐘として親しまれ、「おしゃみの鐘」とよばれていたといいます。

鐘楼は、なんと現代的なお寺の上にあり。
170218warabi67.jpg


裏のほうから望遠を効かして鐘を撮った。
170218warabi68.jpg


【宝樹院】
所在地:埼玉県蕨市中央2丁目10−14
170218warabi69.jpg


参道
170218warabi70.jpg


本堂
170218warabi71.jpg


渋川公墓(市指定文化財)
渋川公夫妻の250年忌にあたる文化13年(lB16)に渋川氏家臣の子孫たちにより造立された。永禄10年(1567)に上総国三舟山合戦で敗死した渋川公と、その死を悲しみ群馬県の榛名湖に入水した夫人を祀ったもの。
170218warabi72.jpg


170218warabi73.jpg


これで、蕨宿周辺の散策を切り上げ、JR蕨駅から帰途につきました。

(了)


お気に入りの場所一覧に飛ぶ



浅草神社の夫婦狛犬

20170216

所在地:東京都台東区浅草 浅草神社境内
参拝日:2015年3月17日

年代:江戸時代(1600年代後半~1700年代前半)
材質:石造
型式:はじめ型

浅草神社については、既に記事にしています。

その記事を読む



浅草神社の参道には、天保7年(1839)奉納のものと、昭和36年奉納のブロンズの狛犬がありますが、境内の一角に、引退してのんびりと過ごしている「夫婦狛犬」が居ます。

しかも相合傘で(笑)
170216asakusa01.jpg


神社の説明
170216asakusa02.jpg


阿形、吽形がくっついて並んでいる。
170216asakusa03.jpg


阿形
170216asakusa04.jpg


吽形
170216asakusa05.jpg


斜め後ろから
170216asakusa06.jpg


特徴:
・右側が吽形、左側が阿形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・阿吽ともに頭に窪みがあるが、はめ込み式の角があったと説明あり。
・両方とも角だったのか、片方が宝珠で片方が角だったのか、興味をひくところである。
・顔は、実に親しみやすい笑顔。
・前足は太くたくましく、短い。
・後足は蹲踞。足の付け根の巻き毛から三本長く延びているのが特徴。
・尾は手のひらのように伸びた付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。

頭の窪み
170216asakusa07.jpg


足の付け根の巻き毛と、付き尾。
170216asakusa08.jpg


神社の「夫婦狛犬」という演出と相まって、「はじめ型」の特徴である、小型で四つん這い、ユニークな笑い顔の親しみやすい顔によって、実に親しみやすい狛犬である。
彫りがシンプルなのも、親しみやすい印象を与えている。



狛犬の記事一覧を見る



中山道・蕨宿(その一)

20170213

前回、板橋宿として「戸田の渡し」まで歩いたので、ここから蕨宿の出口まで、2月11日に歩きました。

「戸田の渡し」から蕨宿出口までのマップ
170213warabi01.jpg


基本的には、国道17号線ですが、所々中山道旧道が残っているところがあります。

埼京線「戸田公園」を降りて、まずは参考にしているマップに載っている「戸田漕艇場」に向かいました。
これは、中山道・蕨宿を描いている渓斎英泉の画がこういう浮世絵だからだろう。
170213warabi02.jpg


【戸田漕艇場】
1937年(昭和12年)、東京オリンピック (1940) のボート競技会場、および、荒川の治水対策のために建設開始された。しかし、日中戦争(支那事変)の激化を理由に同オリンピックの開催権を日本が返上したため、同オリンピックでの使用はなくなった。ただし治水対策の面もあったため、建設工事は規模を縮小しながらも続けられ、1940年(昭和15年)に完成した。
1964年(昭和39年)開催の東京オリンピック (1964) の会場となったため、拡幅工事や周辺整備をした。

埼京線「戸田公園」から歩いて6、7分で到着。
170213warabi03.jpg


学生がボートをかついで行く。
170213warabi04.jpg


ずいぶんボートが居る。
170213warabi05.jpg


中にちょっと入ってみました。
170213warabi06.jpg


ボートの手入れをしている。
170213warabi07.jpg


カヌーが出ていくところ。
170213warabi08.jpg


艇庫が並んでいるところから、荒川の堤防に上がることにした。
170213warabi09.jpg


堤防からボートをかついだ女性が降りて来た。
170213warabi10.jpg


堤防に上がって見ると、早朝から荒川でボートを漕いでいたのであろうグループが上がってきていた。
170213warabi11.jpg


堤防を国道17号線の戸田橋交差点まで行く。
170213warabi12.jpg


中山道を歩く旅は、ここからスタートです。
まずは、「歴史のみち」を歩く。水神社は前回立ち寄っているので、地蔵堂を目指します。
170213warabi13.jpg


【歴史のみち 中山道】
交差点から階段を降りる。
170213warabi14.jpg


地蔵堂
170213warabi15.jpg


170213warabi16.jpg


入り口に、享保16年(1731)造立の、青面金剛庚申塔があり。
170213warabi17.jpg


「歴史のみち」に戻ってすぐのところに小公園あり、中山道のルートの説明があった。
170213warabi18.jpg


170213warabi19.jpg


170213warabi20.jpg


菖蒲川を渡った先は、稲荷社を目印にして一里塚があった場所を探すことにした。

「歴史のみち」を行くと、菖蒲川のところで途切れます。
170213warabi21.jpg


170213warabi22.jpg


ここで「曲尺手橋(かねのてばし)」を探します。
国道17号線が菖蒲川を渡る橋だった。

【曲尺手橋(かねのてばし)】
街道が堤外で屈曲していたため、「曲尺手」の地名が誕生した。
170213warabi23.jpg


橋のプレートに橋名の表示あり。
170213warabi24.jpg


菖蒲川
向うの橋が川岸橋
170213warabi25.jpg


曲尺手橋全景
グリーンの歩道橋の向こうに国道17号の橋があり。
170213warabi26.jpg


続いて、「上戸田のエノキ」を探す。
資料では、「一里塚は消滅しているが、幼稚園内に市指定保存木がある」と書かれているので、幼稚園を探す。
先入観から、国道17号線より外れた細い道をウロウロ彷徨ったあげく、土地の人から国道17号沿いにあると教わったので助かった。

【上戸田のエノキ】
日本橋から4番目の一里塚。
現在は、塚は消滅しているが、幼稚園内に市指定保存木の古木がある。 幼稚園園庭には貞享5年(1688年)の銘の庚申塔が残っている。

幼稚園発見
170213warabi27.jpg


この木ではないだろうか?
170213warabi28.jpg


17号沿いにも、この木がある。どちらかだろう。
170213warabi29.jpg


ここから少し先に、旧道が残っているのでそちらを歩く。
現在は公団の前の通りになっていて、ケヤキの並木の綺麗な通りである。
170213warabi30.jpg


マップに記載された「ミニパーク」だと思いここで休憩したが、後で検討して見ると、どうも違っていたみたいだ。
170213warabi31.jpg


そこから少し進むと、五差路になっている。
170213warabi32.jpg


【戸田の街道】
自然堤防が2か所あり、街道が屈曲している。中山道の原形を80mほど留める。

赤いジャンパーの人が居る点の通りが、「戸田の街道」となる。
170213warabi33.jpg


ふたたび国道17号線を進む。
170213warabi34.jpg


蕨市に入る。
170213warabi35.jpg


蕨宿入り口に到着。
左側が国道17号線、右に分かれているのが中山道旧道。
170213warabi36.jpg


170213warabi37.jpg


【蕨宿・板橋側木戸】
木戸が迎える。
170213warabi38.jpg


蕨宿周辺史跡マップ
170213warabi39.jpg


この日は、蕨宿出口まで歩き、その後「はね橋」、「三学院」、「和楽備神社」、「蕨城址」を尋ねたあと、JR蕨駅から帰途につくことにする。

少し歩くと、ポケットパークあり。
170213warabi40.jpg


170213warabi41.jpg


ここで、中山道旧道から一本脇の道に入り、「玄蕃稲荷」と「観音堂」を訪ねる。
【玄蕃稲荷】
170213warabi42.jpg


170213warabi43.jpg


扁額は狐の鏝絵だった。
170213warabi44.jpg


社前に、「従是堀迄玄蕃持地」の石標と、何か不明な石が置かれていた。
170213warabi45.jpg


【観音堂】
由緒不明。
170213warabi46.jpg


170213warabi47.jpg


中に祀られていたのは、元禄6年(1693)建立の石仏だった。
170213warabi48.jpg


【歴史民俗資料館分館】
中山道旧道に戻ったところにあり、明治時代に織物の買継をしていた家を保存してある。
170213warabi49.jpg


閉まっていたので、あれれと思ったら、この日は祝日(建国記念の日)だった。
普通の土曜日だと思い、出かけて来たのだが(汗)
毎日が日曜日状態だと、祝日もどうでもよくなってしまう(苦笑)

仕方ないので、2015年12月25日に訪ねた際の写真を載せておきます。
館内案内図
170213warabi50.jpg


建物庭から見た建物
170213warabi51.jpg


庭のユーカリの樹がきれいだった。
170213warabi52.jpg


中山道に面した建物の部分
170213warabi53.jpg


ふたたび中山道旧道を歩きます。
170213warabi54.jpg


【蕨町道路元標】
170213warabi55.jpg


170213warabi56.jpg


横に、方位盤がありました。
南から撮っています。
170213warabi57.jpg


ちなみに、昔は方位をこのように表していた。
170213warabi58.jpg


中山道老舗の漬物屋さん
170213warabi59.jpg


「中山道蕨宿」と入ったマンホールのフタがあった。
170213warabi60.jpg


【蕨市立歴史民俗資料館(本陣跡地)】
170213warabi61.jpg


横に本陣入り口を再現
170213warabi62.jpg


170213warabi63.jpg


残念ながら、この日は休館となっていたので、2015年12月25日に訪ねた際の写真を載せておきます。

中山道を利用した大名、姫君
170213warabi64.jpg


170213warabi65.jpg


高札場と庚申塔のレプリカ
170213warabi66.jpg


蕨宿模型
170213warabi67.jpg


170213warabi68.jpg


入り口に、「叶う道の碑」があった。
170213warabi69.jpg


170213warabi70.jpg


170213warabi71.jpg



続きを見る




お気に入りの場所一覧に飛ぶ



川越・氷川神社(境内社柿本人麻呂神社)の狛犬

20170209

所在地:埼玉県川越市宮下町 氷川神社境内社柿本人麻呂神社前
参拝日:2016年2月21日

年代:享保3年(1718)
材質:石造
型式:はじめ型

川越の氷川神社境内社・柿本人麻呂神社の狛犬です。

川越氷川神社と境内社柿本人麻呂神社については、既に記事にしています。
記事は2013年に作ったもので、柿本人麻呂神社周囲がその当時と現在では、ちょっと変わっています。

その記事を読む


柿本人麻呂神社
170209kawa01.jpg


170209kawa02.jpg


阿形獅子
170209kawa03.jpg


170209kawa04.jpg


170209kawa05.jpg


吽形獅子
170209kawa06.jpg


170209kawa07.jpg


170209kawa08.jpg


吽形の足に、享保3年と刻まれている。
170209kawa09.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・阿吽ともに頭に窪みがあるが、何故かは不明。
・顔は下半分がずいぶんと前に突き出され、ユーモラスな笑顔と相まって、親しみやすい。
・前足はまっすぐで、前に出しかげん。
・後足は蹲踞。
・尾はシンプルな真っ直ぐな付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。

阿吽ともに頭に窪みがある。
170209kawa10.jpg


170209kawa11.jpg


・尾はシンプルな真っ直ぐな付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。
170209kawa12.jpg



玉を持っているのは、江戸狛犬型の(中期)以降だが、尾のかたちほか全体がまだ「はじめ型」である。
頭の上がお皿のようにくぼんでいるので、まるでカッパのように見え、人気を集めているようです。
特徴は獅子といえ、彫りが実にシンプルなため、和犬のような親しみやすさがある。



狛犬の記事一覧を見る



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop