目黒雅叙園・百段階段/雛まつり~近江・美濃・飛騨 ひな紀行

20180211

2月6日に、歴史クラブ行事で観にいきました。

目黒駅から歩いていきますが、急な下りの「行人坂」を避けて、アマゾンのところを経由するエスカレーターで館内に入りました。

ロビーには、見事な壁画が並びます。
180211hyaku01.jpg


180211hyaku02.jpg


百段階段については、昨年もこのひな祭りを見にきていて、百段階段に設けられている各部屋の装飾については、そのときの記事を参照してください。

その記事を見る



毎年異なった地域から歴史あるお雛さまの名品が集う「百段雛まつり」ですが、今年は「近江・美濃・飛騨」をテーマに、 大名家の姫君の婚礼調度や近江商人として栄えた旧家に伝わる逸品、 圧巻の御殿飾りから指先ほどの小さな郷土玩具まで、 岐阜と滋賀の町々に息づく百花繚乱のお雛さまたちが文化財「百段階段」に初お目見えです。

<岐 阜>
◆飛騨高山の老舗旅館と旧家のお雛さま
  - [本陣平野屋花兆庵][日下部民藝館][土野家]
◆“うだつの上がる町”の旧和紙問屋に伝わる御殿飾り - 美濃
◆大集合、郷土玩具と土雛の世界ー[日本土鈴館]
◆はいからさんも憧れたハイカラびな - [日本大正村]

<滋 賀>
◆彦根藩主、井伊家・砂千代姫の雛人形と雛道具
- [長浜市長浜城歴史博物館、大通寺]
◆近江の麻をまとった「清湖雛」 - 東近江
◆八幡商人の旧家伝来の古今雛 - 近江八幡
◆近江日野商人、正野玄三家のお雛さま - 日野
180211hyaku03.jpg


百段階段に入る前のコーナーに、浅草橋で無形文化財の技術を継承する人形作家の老舗「原孝洲」のお雛さまが飾ってあった。
180211hyaku04.jpg


180211hyaku05.jpg


180211hyaku06.jpg


180211hyaku07.jpg


180211hyaku08.jpg


いよいよ百段階段です。
180211hyaku09.jpg


「彦根藩主、井伊家・砂千代姫の雛人形と雛道具」など豪華な雛飾りがたくさん展示されていたが、ほとんどが撮影禁止だったので、紹介はできま゛ん。

写真撮影が許された部屋の展示のみを紹介します。

【星光の間】
格天井及び欄間いっぱいに板倉星光の四季草花が描かれている。
180211hyaku10.jpg


180211hyaku11.jpg


180211hyaku12.jpg


180211hyaku13.jpg


180211hyaku14.jpg


180211hyaku15.jpg


180211hyaku16.jpg


180211hyaku17.jpg


★日本土鈴館の雛まつり
180211hyaku18.jpg


180211hyaku19.jpg


180211hyaku20.jpg


180211hyaku21.jpg


180211hyaku22.jpg


180211hyaku23.jpg


180211hyaku24.jpg


★野田末吉氏の人形
180211hyaku25.jpg


180211hyaku26.jpg


180211hyaku27.jpg


180211hyaku28.jpg


【頂上の間】
天井画は松岡映丘門下の作品。
180211hyaku29.jpg


180211hyaku30.jpg


180211hyaku31.jpg


★日本大正村の雛まつり
180211hyaku32.jpg


180211hyaku33.jpg


180211hyaku34.jpg


★ハイカラびな
180211hyaku35.jpg


180211hyaku36.jpg


180211hyaku37.jpg


★山形県の「啓翁桜」が活けられていた。
180211hyaku38.jpg


180211hyaku39.jpg


180211hyaku40.jpg


★中川政七商店の「郷土玩具ルーム」
180211hyaku41.jpg


180211hyaku42.jpg


180211hyaku43.jpg


180211hyaku44.jpg


180211hyaku45.jpg


180211hyaku46.jpg


180211hyaku47.jpg


百段階段各部屋の装飾を堪能し、展示されていた各地のお雛様を見て楽しみました。

その後、目黒駅周辺にて分散して昼食を取り、午後は「蛸薬師成就院&お静地蔵」、「五百羅漢寺」を拝観し、帰途につきました。



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト

玉堂美術館

20180109

所在地:東京都青梅市御嶽1-75

8日に、家族で訪ねました。
この辺りは、吉野梅郷、吉川英治記念館、御嶽渓谷に面した玉堂美術館と、清冽な環境が好きで、良く訪れます。

駐車場から降りていく感じで、御嶽渓谷に出ます。
左の白い塀が玉堂美術館。
180109gyoku01.jpg


途中に、清水比庵翁の歌碑がある。
180109gyoku02.jpg


180109gyoku03.jpg


館に面した御嶽渓谷。
180109gyoku04.jpg


玉堂美術館入り口
180109gyoku05.jpg


玉堂美術館は日本画の巨匠、川合玉堂が昭和19年から昭和32年に亡くなるまでの10余年を青梅市御岳で過ごしたのを記念して建てられました。
自然を愛し、人を愛した玉堂の人柄は土地の人々から慕われ、玉堂の愛してやまなかった御岳渓谷に美術館を建てようとの声があがり、香淳皇后をはじめ遺族、地元有志、全国の玉堂フアンよりご寄付を頂戴し、没後4年目の昭和36年5月に開館しました。
玉堂は伝統的な日本画の本質を守り、清澄にして気品のある独自な作風を展開しつつ、明治、大正、昭和の三代に亘って、日本芸術文化の振興に貢献しました。
展示作品は15歳頃の写生から84歳まで陳列され、展示替は年7回程行われます。その季節に見合った作品が展示されています。

二つの展示室で、玉堂の作品を堪能したあと、保存されている画室前の見事な庭を眺めた。
180109gyoku06.jpg


180109gyoku07.jpg


180109gyoku08.jpg


180109gyoku09.jpg


画室
180109gyoku10.jpg


180109gyoku11.jpg


180109gyoku12.jpg


購入した絵葉書
180109gyoku13.jpg


180109gyoku14.jpg


180109gyoku15.jpg


180109gyoku16.jpg


御嶽渓谷を眺めながら駐車場に戻る。
180109gyoku17.jpg


今日は、小澤酒造(澤乃井)がやっている「ままごとや」でランチを予約してあるので、そちらに向かう。
東京都の「寒山寺駐車場」(無料)に車を停めて、川の反対側にある「ままごとや」に吊り橋を渡っていきます。

中国の寒山寺を模したもの。
180109gyoku18.jpg


吊り橋を渡ります。
180109gyoku19.jpg


吊り橋からの御嶽渓谷
180109gyoku20.jpg


白鷺が一羽遊んでいた。
180109gyoku21.jpg


「ままごとや」に到着。
180109gyoku22.jpg


ここは、ランチでもコース料理だけですが、川を見下ろす座敷で、のんびりと料理をいただくことができて、お気に入りです。

食事の後は、ちょっとした土産物など買い物をしました。
下の写真の右手の建物は、小澤酒造の「利き酒コーナー」です。
180109gyoku23.jpg


同行した呑兵衛は、既に食事の時に「利き酒セット」で味わっていたので、今回は寄らなかった。
美味しいお豆腐とか、酒まんじゅう、漬物など買い求めました。

庭に北原白秋の歌碑があります。
「西多摩の山の酒屋の鉾杉は三もと五もと青き鉾杉」
180109gyoku24.jpg


180109gyoku25.jpg




「お気に入りの場所」に飛ぶ



トーハクに初詣

20180104

3日にトーハクに行きました。
毎年やっている「博物館に初詣」の企画で、2日、3日は獅子舞や太鼓などの新春イベントがあるので、それも楽しみに。

今年は「博物館に初詣 犬と迎える新年」です。
180104tohaku01.jpg


180104tohaku02.jpg


本館前庭の大木も、今はシルエットのみ。
180104tohaku03.jpg


本館玄関の大きな門松の飾り。
180104tohaku04.jpg


180104tohaku05.jpg


本館に入っての大階段の踊り場の生け花も盛大に飾られていた。
180104tohaku06.jpg


180104tohaku07.jpg


180104tohaku08.jpg


本館の特別1室・特別2室は、犬が登場する美術品が展示されていた。
貴重な狛犬も展示されていたが、それは別の記事にするとして、何点かを紹介。

〇染付子犬型香炉/三川内焼(平戸焼)
180104tohaku09.jpg


180104tohaku10.jpg


180104tohaku11.jpg


〇朝顔狗子図杉戸/円山応挙
180104tohaku12.jpg


180104tohaku13.jpg


180104tohaku14.jpg


180104tohaku15.jpg


〇薔薇に狗子/歌川広重
180104tohaku16.jpg


180104tohaku17.jpg


〇犬張子
180104tohaku18.jpg


180104tohaku19.jpg


180104tohaku20.jpg


180104tohaku21.jpg


〇銅獅子鎮柄香炉
180104tohaku22.jpg


180104tohaku23.jpg


180104tohaku24.jpg


結局、本館は久しぶりだったこともあり、全部見た。
その代わり、疲れてしまって、平成館、東洋館など他の館は、また見に来ることにして上がった。
新春イベントの太鼓と獅子舞は、こちらの昼食とかスケジュールと合わなくて、見ないで終わった。


「お気に入りの場所」に飛ぶ



川の博物館/「神になったオオカミ」展

20170814

所在地:埼玉県大里郡寄居町小園39

8月6日(日)に、表題の企画展に加え、「ニホンオオカミと三峰」という講演会があるので、訪ねました。

駐車場近くの入り口から入ると、巨大な水車に度肝を抜かれた。
170814kawa01.jpg


園内は広くて、川も流れている。向うに見えている円筒形の建物は、川の博物館の展望塔だ。
170814kawa02.jpg


川の博物館の近くには、水車が移築復元されていた。

東秩父村・精米水車
170814kawa03.jpg


皆野町・コンニャク水車
170814kawa04.jpg


川の博物館
170814kawa05.jpg


第1展示室は、広くて映像と様々な模型で川を利用した昔の暮らしの工夫を紹介している。
巨大スクリーンの映像の説明を生で学芸員の人が説明している。
170814kawa06.jpg


今回、「鉄砲堰」というものに関心を持った。

鉄砲堰は、川を利用した木材搬出方法のひとつで、源流域でも特に荒川支流の中津川で行われていた。
山間の∨字谷に堰を造って大量の水をため、人為的に鉄砲水を起こさせて材木を下流に流し送るというもの。
「鉄砲出し」とか「鉄砲流し」、あるいは単に「鉄砲」とも呼ばれていた。
谷が狭まり、両岸の岩が張り出して地盤のしっかりした場所に、大量の丸太で小さなダムを造る。
170814kawa07.jpg


丸太の透き間には水ごけや泥を詰めて、水がもれないようにしておく。中央部には水が流れ出る放出口を設ける。
170814kawa08.jpg


流す材木は、堰の下流にまとめて置いておき、堰に満々と水がたまるのを見計らい、ベラボウと呼ぶつつかい棒を動かすと、放出口をふさいでいたベライタがはずれ、水は轟音とともに一気に流れる。
この水流が数百本もの材木を押し流す。
こうして荒川本流まで流してから筏に組んで、江戸まで筏を運んで行くというもの。

狭山市でも、荒川支流の入間川で飯能からの筏を流していたので、その筏師が泊まった宿の存在がわかっている。

水車で臼を挽く木製歯車の構造も展示してあった。
170814kawa09.jpg


展望塔からの荒川方面の眺め。
170814kawa10.jpg


170814kawa11.jpg


170814kawa12.jpg


前述した水車が設置してあるところも見えた。
170814kawa13.jpg


博物館の屋上にこんなものを発見。
今は、こんなものがあるんですね。
170814kawa14.jpg



【神になったオオカミ展】
第2展示室で、「神になったオオカミ」展を開催。
170814kawa15.jpg


三峰神社、宝登山神社、武蔵御嶽神社では、いずれも日本武尊が甲斐から武蔵国に入ったときに山で迷うが、オオカミの先導で難を逃れたという伝承がある。

武蔵御嶽神社の奉納額
170814kawa16.jpg


前述三社では、オオカミが御眷属として信仰されている。
この三社は既に記事をアップしているので、それを見ていただければ、その様子はわかる。

三峰神社の記事を見る


宝登山神社の記事を見る
(奥宮の記事まで見てください)


武蔵御嶽神社の記事を見る



秩父地方では、オオカミの骨を、魔除け、お祓いに用いられていた。
170814kawa17.jpg


170814kawa18.jpg


前述の三社だけでなく、たくさんの神社から、火難防止、盗難防止、作物の災難防止のための護符が配られている。
170814kawa19.jpg


狭山市でも、玄関に貼ってあるとか、畑や田に立ててあるのを、けっこう見ることがある。

これは2016年3月に、北入曽の不老川近くの畑で撮ったもの。
170814kawa20.jpg


170814kawa21.jpg


オオカミの絵では、もともと好きな作家でもあり、河鍋暁斎が描いたものが良かった。
170814kawa22.jpg


秩父地方に伝わるオオカミ伝説が展示してあったが、なかなか面白かった。
その一つ、「のどに刺さった骨を抜いた話」を紹介しておく。
170814kawa23.jpg


 小前(現在の皆野町)というところに、駒井なにがしという強者がいました。
ある晩、この男が下吉田で用を済ませた帰り道、山中で1匹のオオカミに出くわしました。
そのオオカミは、大きくロを開き、「口の中を見てくれ」というように近寄ってくるのです。
男がよく見ると、のどに大きな骨が刺さっているのが見えたので、口の中に手を入れて骨を抜いてやりました。
数日たったある晩のこと、庭で「ドサッ!」と大きな音。
次の日、早起きして庭を見ると、大きなイノシシが投げ込まれていたのです。
「ははあ、これはこの間のオオカミからのお礼だな」
と家族を起こしたということです。
(山田英二著『秩父の民話と伝説』より)

13:30から、講演会を聴講した。

【講演会「ニホンオオカミと三峰」】
講師:秩父宮記念三峰山博物館 名誉館長山口民弥氏

〇三峰神社の紹介

〇オオカミ信仰
・三峰神社の「お犬様信仰」を確立したのは、江戸期の日光法印による。
・ニホンオオカミ=お犬様=山犬=大口真神(おおぐちまかみ)=御眷属様
・ニホンオオカミは「イヌ科」であり、人家への不審者や盗賊の侵入を防ぎ、火災の発生を知らせる本能を庶民は知っていた。
・農山村では田畑の作物を荒らす獣(猪など)を食し獣害被害から人間を守り、町では盗賊・火つけを防ぐ霊験の他、修験者が病気平癒・雨乞いなどの加持祈祷・薬学・天文学などで多くの信仰者を増やすとともに、オオカミを身近な存在とし、神の使いとあがめるようになった。

〇県外の三峰神社
有名なところでは、東京・浅草寺境内、岩手県の中尊寺境内などに、火難防止として三峰神社が祀られている。

〇ニホンオオカミの絶滅?
・明治時代初期までは、日本の山間部には多数のニホンオオカミが居た。
・絶滅の原因はタイリクオオカミが疫病神扱いされていた考えが導入されたこと、狂犬病などの伝染病、明治政府が銃の貸与・毒薬の支給などで駆除を積極的に奨励したなどによる。
・ニホンオオカミは、明治38年(1905)奈良県東吉野村で捕獲されたのが最後の例。これは、イギリスから派遣されたアメリカ人が買い取り、現在大英博物館にある。
・世界で7例目と8例目が個人から寄贈されて三峰神社博物館にある。
この写真に写っているのが、講師の山口氏
170814kawa24.jpg


・国内外で、残っているニホンオオカミの剥製・毛皮は、①国立科学博物館、②東京大学農学部、③和歌山大学、
④イギリス・大英自然史博物館、⑤オランダ・ライデン自然史博物館、⑥ドイツ・ベルリン自然史博物館、⑦⑧三峰神社博物館

〇今でも居る?
 秩父地方には、オオカミの遠吠えを聞いた、写真を撮ったなどの情報が今でもあり、秩父の人で家財を傾けてまでもニホンオオカミの姿を追い求めている人が居る。

〇ちなみに
タイリクオオカミであれば、現在、国内の11の動物園で飼育されている。
近い場所では、多摩動物公園に9頭飼育されている。
(日本に存在したのは、ニホンオオカミとエゾオオカミのみ)

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



目黒雅叙園・百段階段のひな祭り

20170304

最近、雅叙園と色々と縁があり、百段階段が無料で見られるというので、2月24日に見に行きました。
企画展は「九州ひな紀行Ⅱ」でした。

雅叙園
170304hina01.jpg


玄関の屋根の上には、華麗な鳳凰が。
170304hina02.jpg


ロビー廊下には、鏝絵の壁画が。
170304hina03.jpg


170304hina04.jpg


「百段階段」とは、1935(昭和10)年に建てられた当園に現存する唯一の木造建築で、宴席が行われた7部屋を99段の階段廊下が繋いでいます。
 厚さ約5cmのケヤキ板の階段で結ばれた各部屋は、主に装飾を担当した画家の名前が付けられています。
 昭和の竜宮城と呼ばれた目黒雅叙園の建物の特徴は、装飾の破格な豪華さにあります。最近の研究によると、その豪華な装飾は桃山風、更には日光東照宮の系列、あるいは歌舞伎などに見られる江戸文化に属するものとも言え、なかでも「百段階段」はその装飾の美しさから見ても、伝統的な美意識の最高到達点を示すものとされています。
 2009(平成21)年3月、東京都の有形文化財に指出されました。
170304hina05.jpg


企画展の「雛まつり」
170304hina06.jpg


〇十畝の間
170304hina07.jpg


天領日田の日田醤油が集めた雛が並んでいた。
ひなまつりの際には店内に数千体の雛人形が並ぶという。
170304hina08.jpg


〇漁礁の間
床柱は巨大な檜に精巧な彫刻が施されている。
170304hina09.jpg


旧伊藤伝衛門邸の座敷雛
大きな部屋を、博多山笠、祇園祭、賀茂祭などの人形が埋め尽くしていた。圧巻。
170304hina10.jpg


〇草丘の間
170304hina11.jpg


柳原白蓮ゆかりの有職びなのうち、六歌仙。
170304hina12.jpg


〇静水の間
170304hina13.jpg


日田醤油の集めた雛のうち、箱入りびな
170304hina14.jpg


〇星光の間
170304hina15.jpg


薩摩糸びなと薩摩切子の雛
170304hina16.jpg


〇清方の間
鏑木清方の四季美人画がよかった。
170304hina17.jpg


松平定信の娘、葵姫が松浦藩第35代松浦煕に輿入れした際の婚礼調度の雛道具。
170304hina18.jpg


〇頂上の間
170304hina19.jpg


熊本・球磨地方に伝わる、小正月の柳の枝に紅白の餅を刺したものと、雛かざり。
170304hina20.jpg


福岡・柳川の「さげもん」
170304hina21.jpg


170304hina22.jpg


170304hina23.jpg


170304hina24.jpg


(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop