FC2ブログ

東京国立博物館/本館・「博物館に初もうで」展&東洋館・「人・神・自然」展

20200114

一昨年から通うようになった、トーハクの「博物館に初もうで」展に、1月2日に行ってきました。

本館ロビー
200114ueno01.jpg


正面階段ステージに展示されていたのは、山根由美氏(真生流家元)のいけばな。
200114ueno02.jpg


「博物蟹初もうで」展は本館特別1・2室に展示されていた。
200114ueno03.jpg


特に気に入ったもののみを紹介しておきます。

〇方格規矩四神鏡
青銅 中国 後漢時代・1世紀
十二支は時間(年月日)や空間(方位)を表す文字。
「子」(鼠)は北を示した。
200114ueno04.jpg


200114ueno05.jpg


〇隼人石像碑拓本
聖武天皇の皇太子の墓とされる「那富山墓」には、墓の周りに立石が四石あり、そのうちの一石は、人身獣頭をもつ鼠で、上部には「北」と刻まれている。
200114ueno06.jpg


〇十二支図
渡辺南岳筆
江戸時代・18~19世紀
200114ueno07.jpg


200114ueno08.jpg


〇六臂マハーカーラ立像
中国 清時代・17~18世紀
鼠は大黒さんのお使いという事で、大黒さんのもとになったマハーカーラを展示。
マハーカーラは、日本では大国主神と同一視され、柔和な姿の大黒天として親しまれているが、本来は「大いなる暗黒」を意味するシヴァ神の別名。仏敵から守る護法尊として信仰される。
200114ueno09.jpg


〇大黒天立像
木造 江戸時代
俵の上に立つ姿の大黒天は、商売繁盛の仏として親しまれた。
200114ueno10.jpg


〇白磁宝珠に鼠形筆洗
平戸焼 江戸時代
200114ueno11.jpg


〇染付大根鼠図大皿
伊万里 江戸時代
大黒天は豊穣の神として広く親しまれており、白ねずみは大黒天の使いとされている。
「大根食うねずみ」を「大黒ねずみ」にかけたユニークな判じもの。
200114ueno12.jpg


〇艶姿七福神 大黒
鳥居清満 江戸時代
中央の遊女は、三味線の撥を手に持ち、鼠と戯れています。着物には湧雲文様の大袋があしらわれています。その姿は、鼠を使者とし、米俵と大袋を持つ大黒天を連想させる。福の神を遊女に置き換えた作品。
200114ueno13.jpg


〇鼠、猫と遊ぶ娘と子供
鈴木春信 江戸時代
春信は、可憐な美人画によって人気を得た浮世絵師。
本図には、縁側で遊ぶ娘や子供たちと共に、鼠とそれを狙う飼い猫が見えます。江戸時代、鼠はペットとして親しまれ、特に白鼠は福を招くと信じられていました。
200114ueno14.jpg


〇鼠草紙
筆者不詳 江戸時代
鼠の権頭と人間の姫君が結婚するという奇想天外なこの物語は、室町時代以降に流行した御伽草子の一つ。夫の正体を知った姫は家を出て、再婚してしまいます。失望した権頭は剃髪出家し、「子阿弥」と名乗って、高野山で猫の御坊と仏道修行に励みました。
200114ueno15.jpg


200114ueno16.jpg


200114ueno17.jpg


〇麦藁細工の見世物
葛飾北斎 江戸時代・文政3年(1820)
北斎の下絵をもとに麦藁の人形が作られ、浅草金龍寺の境内で披露されました。その見世物を題材にした本図には、琴を弾く諸葛孔明や白象に乗る唐美人の巨大な人形と共に、十二支の動物を表す12面の額絵が表されています。
200114ueno18.jpg


右上の額が、牡丹などの植木鉢とともに描かれた鼠。
200114ueno19.jpg


「博物蟹初もうで」展を見た後、国宝展示室に行った。

〇「松林図屏風/長谷川等伯」
200114ueno20.jpg


200114ueno21.jpg


それから、近代美術展の部屋に行った。

〇神鹿/竹内久一
木造 彩色 大正元年
200114ueno22.jpg


〇執金剛神立像/竹内久一
木造 明治26年(1893)
200114ueno23.jpg


普通、邪鬼は金剛神に踏みつけられているものが多いが、これは後ろに引きずられている。
200114ueno24.jpg


〇「無我」/横山大観
絹本着色 明治30年(1897)
200114ueno25.jpg


〇二神会舞/富岡鉄斎
絹本着色 大正12年(1923)
猿田彦神と天鈿女神を描いたものだ。
200114ueno26.jpg


同行していた家族も、見たいものは見て、お腹が空いたというので、館内のレストラン「ゆりの木」に行った。
なんと、160分待ちである。外に出てもけっこう歩かなきゃならないし、順番を取って、前庭で販売している軽食をベンチで食べて、東洋館で展示を見ながら待った。
こんな長時間なら、キャンセルが多いだろうと見込んだとおり、1時間弱待ちでレストランに入れた(嬉)
やはり、レストラン「ゆりの木」の食事は美味しかった。

東洋館では、特別展「人、神、自然」展をしていた。
この展示は撮影禁止だったので、ポスターの表と裏で、どんな展示だったか紹介しておく。
200114ueno27.jpg


200114ueno28.jpg


東洋館の常設展示では、いつもクメール関係の展示に惹かれる。

今回、気が付いたのは、中国の石仏の半分くらいに、獅子が侍っていることだ。
日本の狛犬の原型と言っていい。

〇如来三尊仏龕
石灰岩 唐時代・8世紀
200114ueno29.jpg


200114ueno30.jpg


〇菩薩五尊像
大理石 北斉時代・6世紀
200114ueno31.jpg


200114ueno32.jpg


これは、以前来た時は無かったと思うが、珍しい。
〇九曜像
カンボジア・ネアック・タ・コン・スロック
砂岩 アンコール時代・11~12世紀
左から日輪、月輪、火星、水星、木星、金星、土星、羅矉星、計都星の九曜を表している。
200114ueno33.jpg


〇楣(まぐさ)
カンボジア・プラサート・スララウ
アンコール時代・10世紀
プラサート・スララウは、アンコール・トムの北西10キロに位置するヒンドゥー教寺院。深く緻密な浮き彫りが、クメール王国の遺産中屈指の美しさを誇るバンテアイ・スレイ寺院と共通している。
象に乗るのは雷神インドラ。
中央
200114ueno34.jpg


右側
200114ueno35.jpg


左側
200114ueno36.jpg


〇チャクラサンヴァラ父母仏立像
中国・チベットまたはネパール
男女の仏が抱き合う姿で表される父母仏は、チベット仏教に特徴的な仏です。インドでの女神信仰の高まりを受け、男性の仏が妃と交わることで多数の仏たちを生み出すと考えられた。
200114ueno37.jpg


200114ueno38.jpg


踏んづけられているのは、やはり邪鬼だろうか。
200114ueno39.jpg


(了)



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト



アドミュージアム東京

20200104

所在地:東京都港区東新橋1−8−2 カレッタ汐留
訪問日:2019年12月20日

歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で訪問しました。
この日は、旧新橋停車場鉄道歴史展示室&浜離宮踏切跡⇒アドミュージアム東京(江戸時代からの広告の歴史)⇒カレッタ汐留で夜景とイルミネーション⇒新橋駅前のSLのイルミネーションと盛りだくさんな企画を楽しみました。

旧新橋停車場鉄道歴史展示室、浜離宮踏切跡を見たあと、ここを見学しました。

カレッタ汐留ビルに入る。
200104shiodome01.jpg


オープンな造りの入口はなので、ショップと勘違いして入る人も多いのでは、という感じ。
200104shiodome02.jpg


館内は、アカデミックな印象を与えず、明るくて親しみやすい場を提供している。
200104shiodome03.jpg


アドミュージアム東京:
<広告を通して新しい発見に出合う場所。世界に例のない広告ミュージアム>
30万点を超える資料のなかから、江戸時代~現代までの資料を分かりやすい解説とともに展示しています。また、懐かしのCMや普段見る機会の少ない海外のCMなどもご覧いただけます。「これまで広告に興味がなかった」という方にも楽しんでいただけるミュージアム。
常設展示:「ニッポン広告史」
ピーター・ドラッカーに「マーケティングの原点は日本の江戸にあり」といわしめた江戸時代の広告から現在までの広告を通して、社会と広告の関わりや広告領域の変化など、新しい視点での広告をご覧いただけます。また、時代を超えて人の心を動かしてきた広告を厳選して紹介する視聴ブース、約2,000点の広告がご覧いただけるコレクションテーブルもみどころです。

まずは、江戸時代のお店の看板
一番右は、誰でも知っている酒屋さんの「杉玉」
200104shiodome04.jpg


右から、「あめ屋」、「両替屋」、「かつら屋」
200104shiodome05.jpg


右から、「鍵屋」、「櫛屋」、「筆屋」、「謎かけ看板」
200104shiodome06.jpg


謎かけ看板には、何と書いてあるのか?
200104shiodome07.jpg


絵は「鎌」と「お椀」であり、「かまわん、はいれ」となる。

〇今も昔もアイドルは広告の主役。当時はなんといっても歌舞伎役者だ。
200104shiodome08.jpg


市川團十郎が、お店の看板を持って見えを切っている。
200104shiodome09.jpg


〇人を集める仕掛け
200104shiodome10.jpg


「江戸名所図会 吉原」
歌川広重によって描かれた、吉原の桜と花魁の図。
200104shiodome11.jpg


「新渡大象図」
両国広小路で行われたインド象の見世物興行を知らせる錦絵。
200104shiodome12.jpg


「駱駝之図」
長崎から江戸にやって来たラクダの見世物を知らせる錦絵。
200104shiodome13.jpg


〇世界初の天才マーケッター
越後屋を開いた三井高利は、革新的商法と斬新な広告手法で繁盛店に押し上げた。
200104shiodome14.jpg


200104shiodome15.jpg


錦絵で広告
200104shiodome16.jpg


200104shiodome17.jpg


〇物売り呼び声
このパネルにタッチすると、物売り声が流れる。
200104shiodome18.jpg


200104shiodome19.jpg


200104shiodome20.jpg


〇人気作家の店
「山東京伝」
200104shiodome21.jpg


200104shiodome22.jpg


200104shiodome23.jpg


「式亭三馬」
200104shiodome24.jpg


200104shiodome25.jpg


〇文明開化の広告
200104shiodome26.jpg


「東京横浜往返蒸気船之図」
蒸気船・弘明丸が永代橋を出航する様子。奥に見えるのは外国人居留地に建つ築地ホテル館。
200104shiodome27.jpg


「中嶋座」
舞台にも宣伝隊が登場。「西洋菓子」の太鼓を持つ男性は、あんぱんで有名な木村屋の宣伝隊。
200104shiodome28.jpg


「東京小網町鎧橋通 吾妻亭」
西洋料理店・吾妻亭の錦絵。馬車や人力車、自転車から街頭宣伝隊、洋装、ビリヤード、牛乳まで、文明開化を演出する大道具、小道具が勢ぞろいしている。
200104shiodome29.jpg


「東京勧業博覧会二大余興」
200104shiodome30.jpg


200104shiodome31.jpg


〇この頃からあった、あの商品
200104shiodome32.jpg


味の素と仁丹
200104shiodome33.jpg


赤玉ポートワイン
このモデルは、松島栄美子といい当時人気の舞台女優だった。
当初は着物姿で撮影したが、のちに肌着、更には上半身を裸にして肌を露出するという形で撮影された。撮影にあたって、当時はヌードモデル料という概念もなく無料だった。
この上半身露出のポスターは「若い娘がやることではない」として、家族や親戚から非難を受け、親からは勘当されたという(なおポスター撮影当時松島は30歳である)。また警察当局からもクレームがつき、取り調べを受けたそうである。
200104shiodome34.jpg


資生堂化粧品
200104shiodome35.jpg


ライオン歯磨き、山葉(ヤマハ)ピアノ
200104shiodome36.jpg


月星長靴
200104shiodome37.jpg


白木屋
200104shiodome38.jpg


三越
200104shiodome39.jpg


〇懐かしいポスター
200104shiodome40.jpg


200104shiodome41.jpg


200104shiodome42.jpg


200104shiodome43.jpg


200104shiodome44.jpg


200104shiodome45.jpg


私も若い頃夢中で読んだ「週刊プレイボーイ」の創刊号
200104shiodome46.jpg


楽しく、一つ一つを見て行った。
200104shiodome47.jpg


ほかにも、時代を超えて人の心を動かしてきた広告を厳選して紹介する視聴ブース、約2,000点の広告を見ることが出来るコレクションテーブルなどがある。
アメリカの広告賞に輝いた広告ムービーが、モニターで自由に見ることが出来、資生堂などのCMが普段テレビでは細切れにしか見たことが無いものが、実はけっこう長い時間のストーリーになっていて、見ていてとても楽しかった。

ここを満足して見終わったあと、隣のシティセンタービルで夕食。そのあと再びカレッタ汐留ビルに戻ってきて、46階からの夜景と、イルミネーションショーを楽しんだ。
それは次回記事で紹介。

(続く)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



旧新橋停車場鉄道歴史展示室&浜離宮踏切跡

20191229

所在地:東京都港区東新橋1丁目5番3号
訪問日:2019年12月20日

歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で訪問しました。
この日は、旧新橋停車場鉄道歴史展示室&浜離宮踏切跡⇒アドミュージアム東京(江戸時代からの広告の歴史)⇒カレッタ汐留で夜景とイルミネーション⇒新橋駅前のSLのイルミネーションと盛りだくさんな企画を楽しみました。

JR新橋駅から徒歩7分くらいで到着。
191229shiodome01.jpg


この建物は、1872(明治5)年10月14日(太陽暦)に開業した日本最初の鉄道ターミナル新橋停車場の駅舎の外観を、当時と同じ位置に、できるだけ忠実に再現したものです。
 新橋停車場駅舎は、アメリカ人R・P・ブリジュンスの設計による木骨石張りの構造で、1871(明治4)年5月に着工、同年12月に完成し、西洋建築がまだ珍しかった時代の東京で、鉄道開業直後に西洋風に整備された銀座通りに向かって、偉容を誇っていました。
1914(大正3)年、新設の東京駅に旅客ターミナルの機能が移り、それまでの鳥森駅が新橋の名を引き継いで現在の新橋駅となり、貨物専用駅となった旧駅は汐留駅と改称、物流の大拠点として戦前戦後を通じて東京の経済活動を支えました。
 文明開化の象徴として親しまれた旧駅舎は、1923(大正12)年9月1日の関東大震災に際して火災のため焼失し、1934(昭和9)年から始まった汐留駅改良工事のため、残存していたプラットホームや構内の諸施設も解体されました。1986(昭和61)年、汐留駅はその使命を終えて廃止され、跡地の再開発工事に先立つ埋蔵文化財の発掘調査が1991(平成3)年から行われた結果、旧新橋停車場駅舎とプラットホームなど構内の諸施設の礎石が発掘されました。1996(平成8)年12月10日、駅舎とプラットホームの一部の遺構が史跡『旧新橋停車場跡』として国の指定を受け、この史跡を保護しつつわが国鉄道発祥の往時を偲ぶために、駅舎を再建することになったものです。

「新橋鉄道蒸気車之図 東京銀座煉瓦石繁栄之図」/四代歌川国政 明治7年
上半分が新橋鉄道で、下半分が銀座
191229shiodome02.jpg


「東京土産銅板密図 新橋停車場之全景(明治30年)
191229shiodome03.jpg


最初、中に入って企画展「古代文字瓦の世界」を見て、設置してあるビデオを見た。
内部は撮影禁止ということで、リーフレット表紙とそれにに載っていた「駅舎基礎石積み見学窓」を載せておきます。
191229shiodome04.jpg


191229shiodome05.jpg


建物外装を見る。
191229shiodome06.jpg


191229shiodome07.jpg


191229shiodome08.jpg


191229shiodome09.jpg


後ろの高層建物が「カレッタ汐留」。
191229shiodome10.jpg


191229shiodome11.jpg


191229shiodome12.jpg


展示室の後ろにある、再現軌道を見る。
191229shiodome13.jpg


191229shiodome14.jpg


191229shiodome15.jpg


191229shiodome16.jpg


0哩標識
191229shiodome17.jpg


これで、旧新橋停車場跡の見学を終え、浜離宮踏切跡に移動。

【浜離宮踏切跡】
191229shiodome18.jpg


 この信号機は、昭和6年(1931年)から昭和62年(1987年)1月31日までの56年間、国鉄汐留駅と東京都中央卸売市場築地市場との間を貨物引込線の踏切用として使用されました。
 最盛時には、1日150輌に達する貨物車が通過しましたが、貨物輸送の変化に伴い、汐留駅廃止と共に引込線も撤去されることになりました。しかしながら、地元民の要望により、銀座には珍しい鉄道踏切信号機として、保存されることになったそうです。
191229shiodome19.jpg


191229shiodome20.jpg


191229shiodome21.jpg


この信号機一つで、天下の台所「築地市場」のけた外れの大きさや、かっての鉄道貨車の隆盛ぶりが、一日150両もの貨車が通ったことを示してくれている。
これからも大事に保存していって欲しいものだ。

ここからカレッタ汐留ビルに移動して、「アドミュージアム東京」を見た。
それは次回の記事で。


アドミュージアム東京の記事に飛ぶ


「お気に入りの場所」に飛ぶ


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



神奈川県立生命の星・地球博物館

20191011

所在地:神奈川県小田原市入生田499
訪問日:2019年9月27日

歴史クラブの「博物館に行こう」グループの企画で訪れました。
最寄りの駅を7時ちょっと過ぎの電車に乗り、新宿から8:30発のロマンスカーで小田原まで。箱根登山鉄道に乗換え「入生田」駅10:17に下車。
そこから徒歩3分で、博物館に到着です。
191010inochihoshi01.jpg


中に入ると、もうすごいものがお出迎え。
古代魚「クシファクチヌス・アウダクス」の化石と、恐竜「チンタオサウルス・スピノリヌス(複製)」の化石です。
191010inochihoshi02.jpg


この博物館は、展示テーマ「生命の星・地球」の誕生から現在までの46億年にわたる地球の歴史と生命の多様性を、時間の流れを追ってわかりやすく展示しています。
「地球を考える」、「生命を考える」、「神奈川の自然を考える」、「自然との共生を考える」の4つの総合展示室がある。巨大な恐竜や隕石から豆粒ほどの昆虫まで1万点にのぼる実物標本。
面白そうなのは「ジャンボブック展示室」。実物標本が満載された高さ3.2メートルの立体百科事典がズラリ27冊。寄贈されたコレクションやトピックスが随時紹介されている。
191010inochihoshi03.jpg


展示方法として興味を引いた「ジャンボブック展示室」に最初に入って見た。

【ジャンボブック展示室】
191010inochihoshi04.jpg


「形のふしぎアンモナイト」という表題のページ。アンモナイトについて掘り下げている。
191010inochihoshi05.jpg


191010inochihoshi06.jpg


こんなカマキリが居るんだ(驚)
191010inochihoshi07.jpg


骨について掘り下げたページは、あまりきちんと見れなかったが、これには目を引かれた。

イッカクの角
191010inochihoshi08.jpg


ハブの骨
191010inochihoshi09.jpg


苔にも、いろいろと面白い苔があった。
191010inochihoshi10.jpg


191010inochihoshi11.jpg


ウミユリの化石は、たいてい断面のものだが、これは花(ではないのだが)の部分が閉じた形の化石。
191010inochihoshi12.jpg


こんな綺麗な石を掘り出した時は、驚いただろうな。
「たんばん」/岩手県湯田町、土畑鉱山
191010inochihoshi13.jpg


タラバガニはカニでない!!
十脚甲殻類のうち、しっぽの短いのがカニ、長いのがエビで、その中間がヤドカリという分類です。 カニの足は5対(10本)ありますが、タラバガニは一番下の足が小さく、メスの腹部が右に捻じれているという、ヤドカリと共通する特徴がありますので、外見的にはカニに近いですが、生物学的には他のカニと区別してヤドカリに分類されています。
191010inochihoshi14.jpg


一階に降りて「地球を考える」展示室に。

【地球を考える展示室】
191010inochihoshi15.jpg


191010inochihoshi16.jpg


マンドラビラいん石/オーストラリア
1911年、ナラーバー平原で発見。鉄いん石。表面の小さな穴は、鉱物が溶け出したあと。
191010inochihoshi17.jpg


マーロウいん石/アメリカ
1936年、オクラホマ州で発見。石質いん石。
191010inochihoshi18.jpg


巨大な石の標本が展示されていて驚いた。

柱状節理/オーストラリア
新生代新第三紀(およそ2000年前)
マグマが冷えて固まる際に、収縮して生じる。
191010inochihoshi19.jpg


枕状溶岩/カナダ
原生代(およそ20億年前)
中心部から放射状の割れ目が入っている。玄武岩質の溶岩流で,水中や湿地に流出して生じることが多い。
191010inochihoshi20.jpg


リップルマーク/ネパール
原生代(25~6億年前)
堆積層の表面を水や空気が流れることにより、周期的な波状の模様が作られた規則的な微地形。 地表(風雪地帯や砂丘等を含む)、河床、海底などに形成され、堆積物(堆積岩)に見られる漣痕により、当時の流れの方向を推定することができる
191010inochihoshi21.jpg


美しい石の標本がたくさんあった。

方解石(犬牙状結晶)/ブラジル
方解石は様々な結晶の形をしているが、この標本は犬のキバのような結晶が集まっている。
191010inochihoshi22.jpg


砂漠のバラ(重晶石)/アメリカ
砂漠の中の水分に含まれていた成分が板状の集合結晶となり、バラの花びらのような形となった。
191010inochihoshi23.jpg


191010inochihoshi24.jpg


オパール(たんぱく石)/オーストラリア
砂岩層にケイ酸分を含む地下水がしみ込んで出来たもの。
191010inochihoshi25.jpg


アマゾナイト(天河石)/ブラジル
微斜長石の一種で、緑青色をしたものをアマゾナイトと呼ぶ。
この表面から、中にこんな美しいものが隠されているとは、とうていわからない。
191010inochihoshi26.jpg


アンモナイトの壁/イギリス
中生代ジュラ紀中期(およそ1億7千万年前)
191010inochihoshi27.jpg


191010inochihoshi28.jpg


ボリビア産古生代無脊椎動物化石群/ボリビア
古世代デボン紀(4.19億~3.59億年前
アンデス山脈の高地に算出した、古生代の海に栄えていた三葉虫類、腕足類、巻貝類、二枚貝類、ウミユリ類、頭足類などの化石群。
191010inochihoshi29.jpg


191010inochihoshi30.jpg


【生命を考える展示室】

魚の標本が充実していて吃驚した。
191010inochihoshi31.jpg


リュウグウノツカイ標本
191010inochihoshi32.jpg


191010inochihoshi33.jpg


シイラ
191010inochihoshi34.jpg


191010inochihoshi35.jpg


なんという名か?
すごい頭のサメ
191010inochihoshi36.jpg


ディプロドクス・カーネギイ/アメリカ
中生代ジュラ紀後期
和名は「梁竜」。
首は約8m、尻尾は13mと非常に長く、普通の竜脚類の尾椎骨(尻尾の骨)が40個ほどに対し、ディプロドクスの尾椎骨は、倍の約80個あるとされる。
この尻尾は強力な筋肉で操作でき、外敵に対して尻尾を鞭の様に振るい、敵を叩きのめす武器として機能したとされる。
頭は尻尾とほぼ同じ高さ、ほぼ水平の高さにした姿勢で、バランスを取り、ゾウほどの速度でゆっくりと歩き、その姿勢ゆえ背の高い木の植物はあまり食べず、低いところに生える、シダなどの低草が主食だったとされる。
191010inochihoshi37.jpg


191010inochihoshi38.jpg


191010inochihoshi39.jpg


191010inochihoshi40.jpg


ティラノサウルス・レックス/カナダ・アメリカ
中生代白亜紀後期(7000万~6600万年前)
陸上では最大級の肉食動物。全長は12m、大きな顎と丈夫な後足や尾を持っている。
191010inochihoshi41.jpg


コロンビアマンモス/アメリカ
新生代第四紀完新世(一万年前)
191010inochihoshi42.jpg


コームパッシア・エクセルサ/インドネシア
マメ科
熱帯多雨林には、高さ70mにもなる超高木が生えている。超高木は、しばしば幹の付け根に、板のように張り出した「板根」をつくり、自分のからだを支える。
191010inochihoshi43.jpg


サザナミオオツノハナムグリの雌雄型
なんと一つの身体の半分ずつ雌と雄で構成するとは(驚)
191010inochihoshi44.jpg


タイタンオオトビナナフシ/オーストラリア
191010inochihoshi45.jpg


キョジンオオクモバチ(タランチュラホーク)/ブラジル
191010inochihoshi46.jpg


シタムラサキオオバッタ/仏領ギアナ
191010inochihoshi47.jpg


テナガカミキリ/ペルー
191010inochihoshi48.jpg


シラユキシロスジカミキリ/パプアニューギニア
191010inochihoshi49.jpg


ミイロタテハ/ブラジル
191010inochihoshi50.jpg


左側:エダシャクの一種/インドネシア
右側:ベニオビシロチョウ/ペルー
191010inochihoshi51.jpg


展示しているものの多様さに圧倒された。
191010inochihoshi52.jpg


見学時間2時間ということで、参加者は自由に見て歩いた。
私は小田原という場所から、フィリピンプレートに乗って移動してきた火山列が、ここで日本列島のフォッサマグマの位置に衝突して出来た「伊豆箱根ジオパーク」について、更に深く知りたいと思っていたのだが、陳列している物の多様さと素晴らしさに見事に舞い上がってしまい(笑)、初期の目的を忘れて見入ってしまった(汗)。
最近、香川照之の「昆虫スゴイゼ」というテレビ番組や、狭山市立博物館でこの夏開催した「残念な昆虫展」の影響で、昆虫の面白さにハマッてしまっているせいもある。
展示しているものがすごいし、展示方法も見事にドラマチックである。
上野の国立博物館は別格として、いままでいろいろな博物館を見てきたが、一番興奮した博物館だった。

ここにあるレストランで、参加者全員でお昼を食べて、二宮神社・小田原城に移動しました。


「地球最古の岩石・隕石」の記事を見る



「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



高円宮根付コレクション/東京国立博物館

20190922

トーハクの「日本のよろい」展を見に、9月12日に行ってきたが、そのときにこの展示をしていた。

江戸時代に盛んだった根付は、時々目にして、富岡八幡宮近辺をぶらついた時などには、根付のお店があって、ショーウインドウをのぞき込んだりしていた。

根付(ねつけ、ねづけ)とは、江戸時代に煙草入れ、矢立て、印籠、小型の革製鞄(お金、食べ物、筆記用具、薬、煙草など小間物を入れた)などを紐で帯から吊るし持ち歩くときに用いた留め具。江戸時代から近代にかけての古根付と、昭和、平成の現代根付に大別される。

製作国の日本以上に、日本国外では骨董的蒐集品として高く評価されている。日本では郷誠之助と高円宮憲仁親王とが蒐集家として著名である。2人が遺した膨大な蒐集品は、いずれも東京国立博物館に寄贈され、その名を冠したコレクションとして所蔵されている。

トーハク本館
190922netuke01.jpg


二階の、かって貴賓室だった部屋で展示されていた。
190922netuke02.jpg


190922netuke03.jpg


小さなものに、工芸の粋がこめられている。
190922netuke04.jpg


190922netuke05.jpg


190922netuke06.jpg


190922netuke07.jpg


190922netuke08.jpg


190922netuke09.jpg


190922netuke10.jpg



(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop