クリスマスローズ

20180218

本日、智光山公園にウォーキングに行ったら、緑化植物園で「クリスマスローズ展」をしていた。
180218crirose01.jpg


かなり昔の早春に、神代植物園で露地に咲いているのを見た記憶がありますが、それ以来です。

家に帰ってから調べてみました。

学名:Helleborus × hybridus
その他の名前:ガーデン・ハイブリッド、レンテンローズ、ヘレボルス・ヒブリドゥス
科名 / 属名:キンポウゲ科 / クリスマスローズ属(ヘレボルス属)

クリスマスローズ(ガーデン・ハイブリッド)は無茎種(茎がなく、根茎から葉柄と花柄が別々に伸びる)のヘレボルスで、無茎種の原種を交雑させてできた園芸種を指します。人気の高い多年草で、多くは常緑ですが、落葉するものもあります。ヘレボルス・オリエンタリスが主要な交配親として用いられていたため、以前はオリエンタリス・ハイブリッド(Helleborus orientalis hybrids)と呼ばれていました。
かつては濁った花色で花弁によれがある花ばかりでしたが、濁りのない花色、丸い花弁、整った花形を目指して品種改良が行われた結果、優れた花が多数誕生しています。花色、花形のバリエーションが多く、タネでふやされている株は、1株ごとに異なる花を咲かせるので、好みの花を探す楽しみがあります。

花に見える部分は、植物学上では「花」ではなく「萼片」という部分である。そのため、鑑賞期間が比較的長い。ただし、本来の花弁も蜜腺として残り、これが大きく発達したものを選別した品種もある。多くの品種は、クリスマスのころではなく、春に開花する。
180218crirose02.jpg


比較的よく撮れたものを載せておきます。
180218crirose03.jpg


180218crirose04.jpg


180218crirose05.jpg


180218crirose06.jpg


180218crirose07.jpg


180218crirose08.jpg


180218crirose09.jpg


180218crirose10.jpg


180218crirose11.jpg


180218crirose12.jpg


180218crirose13.jpg


180218crirose14.jpg


180218crirose15.jpg


180218crirose16.jpg


180218crirose17.jpg


180218crirose18.jpg


180218crirose19.jpg


180218crirose20.jpg


180218crirose21.jpg


180218crirose22.jpg


180218crirose23.jpg


180218crirose24.jpg


(了)


スポンサーサイト

智光山公園の、冬の花

20180130

雪が降ったりで、運動不足だなあと感じたので、智光山公園でウォーキングをした。

毎日寒い日が続くので、公園の中の森の道はこのとおり、まだ雪道である。
180130chikou01.jpg


180130chikou02.jpg


日時計のある広場も、このように雪の中だ。
180130chikou03.jpg


今日は「チャリティー」の花を撮影した。
いつもこの樹の横を通るので、面白い植物だなと思っていた。
驚いたことにこの間NHK総合テレビ18時台の首都圏ネットワークという番組に「狭山市緑化植物園のチャリティー」が放送されたのである。
この厳しい冬の最中にたくさんの花が咲くということで。

ネットで調べると「マホニア・チャリティー」というのが見つかった。
マホニア・メディアはメギ科ヒイラギナンテン属(マホニア属)の常緑低木である。
中国原産の柊南天(ヒイラギナンテン:Mahonia japonica)とマホニア・ロマリフォリア(Mahonia lomariifolia)との人工交雑種である。
チャリティー(Charity)はそうした園芸品種の1つである。
樹高は1メートルから3メートルくらいである。
幹は太く、立ち性である。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は長い楕円形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は12月から1月くらいである。
枝先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、黄色い小さな花をたくさんつける。
特徴は花穂が垂れず立ち上がることである。

智光山公園にあるのは、花穂が垂れているのが多いが、これは垣根状に密集して植えてあるためなのだろう。

チャリティーは、花壇を挟んでバラ園と向かい合う場所にある。
通路の右側の垣根がチャリティーである。
180130chikou04.jpg


180130chikou05.jpg


蕾が小さい間は紫色の穂である。
180130chikou06.jpg


180130chikou07.jpg


蕾が大きくなると黄色になる。
180130chikou08.jpg


上に立ちあがった穂は勢いがあって綺麗だ。
180130chikou09.jpg


180130chikou10.jpg


下に伸びた花穂が多い。
180130chikou11.jpg


開花しているところもある。
180130chikou12.jpg


端の一本が、綺麗な色に黄葉している。
180130chikou13.jpg


黄葉と花穂の取り合わせが綺麗だ。
180130chikou14.jpg


180130chikou15.jpg


「マンサク」も咲いていた。
180130chikou16.jpg


180130chikou17.jpg


180130chikou18.jpg


180130chikou19.jpg



(了)


古代蓮の里&田んぼアート

20170722

所在地:埼玉県行田市小針2375番地1
訪問日:2017年7月20日

昨年初めて訪れて、とても良かったので今年は歴史クラブの行事にした。
参加者の数が程々だったので、二台の車に分乗して行った。
着いたのが10時ちょっと前。

園内は、すごく広い。
170722kodai01.jpg


まずは古代蓮の説明を。
「古代蓮の里」ホームページの説明:
1971年(昭和46年):
市では、小針地内に新しい焼却場施設を建設するための造成工事をはじめました。
掘削によってできた場所に水がたまって池となり、地中深く眠っていた蓮の実が静かに目覚めたのです。
1973年(昭和48年)
池の水面に多くの丸い葉が浮いているのが発見されました。
その後、葉の数もふえつづけ、ついに7月13日、長い眠りから覚めた古代の蓮が可憐なピンクの花を咲かせたのです。 
5月15日 焼却場職員が水面に浮く丸い葉に気付く。
6月17日 調査を行い、古代蓮と推測できるものと判明。
6月23日 花柄が1本見つかる。
7月13日 開花
7月19日 花の数は合計52本となる。
市教育委員会から依頼をうけた埼玉大学の江森貫一元教授が、出土した縄文土器と、古代蓮として知られている大賀蓮の例を参考に、2500年から3000年前ころのものと推定。
(この辺は、すぐ近くに「さきたま古墳群」がある地ならではの、行政の対応でした。)
1974年(昭和49年)
3月25日から3日間にわたって、蓮の研究家である神奈川県歯科大学の豊田清修教授が、学生とともに市教育委員会の協力のもとに蓮の実の採集を行い、日本アイソトープ協会に年代測定の調査を依頼しましたが、期待したような結果を得ることはできませんでした。
1975年(昭和50年)
4月7日、豊田教授は再び学生と市教育委員会の協力を得て、調査、採集を行いました。
2回目の日本アイソトープ協会の測定はおよそ1400年前のものという結果でした。結局、行田蓮は考古学的には2500年から3000年前のものとされていることから、豊田教授はおおむね1400年から3000年前のものと推定しています。
(ただし、種子を直接測定したものではなく、ずっと新しい時代の種子が発芽した可能性も否定できない。なお、現在種子を直接測定した最も古い古代蓮は中国の約1,300年前のものである。)

ふるさと創生事業 の一環とし、行田市の天然記念物であり市の花である「古代蓮(行田蓮)」をシンボルとする公園「古代蓮の里」は、その古代蓮の自生する付近(旧小針沼)に「古代蓮の里」として1992年(平成4年)から2000年(平成12年)にかけて整備された。2001年(平成13年)4月22日には、園内に「古代蓮会館」が開館した。

園内は広く、特に「古代蓮(行田蓮)」は幾つもの池に咲いていて、圧巻です。
しかし、この日は遅い時期という事もあり、心配したが奥の二つの池でほどほどに咲いてくれていた。

【古代蓮(行田蓮)】
170722kodai02.jpg


170722kodai03.jpg


170722kodai04.jpg


170722kodai05.jpg


170722kodai06.jpg


170722kodai07.jpg


170722kodai08.jpg


【甲斐姫】
甲斐姫(かいひめ、元亀3年(1572年)[注 1] - 没年不詳)は、行田が誇る歴史上のヒロイン。
映画「のぼうの城」でもヒロインでした。
安土桃山時代の女性。忍城城主・成田氏長の長女。豊臣秀吉の側室。天正18年(1590年)の小田原征伐の際、父・氏長が小田原城に詰めたため留守となった忍城を一族郎党と共に預かり、豊臣軍が城に侵攻した際には武勇を発揮して城を守りぬいたと伝えられている。
甲斐姫の武勇伝を聞いた秀吉は、姫を気に入り側室として召抱えることになった。蒲生氏郷に預けられていた氏長は姫の口添えもあって、天正19年(1591年)に下野国烏山城主として2万石の領主に取り立てられた(後の烏山藩)。
平成24年(2012年)8月、甲斐姫が秀吉の主催した醍醐の花見に列席した際に詠んだと考えられる和歌の短冊が発見された。
秀吉没後の甲斐姫の消息は色々な伝承は残っているものの、定かではない。
170722kodai09.jpg


170722kodai10.jpg


170722kodai11.jpg


170722kodai12.jpg


【鬼ハス】
6日に下見に来たときには、苦労して一つ咲いているのを見つけたが、この日は割と咲いていた。
170722kodai13.jpg


170722kodai14.jpg


170722kodai15.jpg


170722kodai16.jpg


今日は、あの展望タワーに登って「田んぼアート」を見るのが楽しみだ。
170722kodai17.jpg


世界の蓮コーナーで、綺麗に咲いているのを撮った。

【大洒錦】
170722kodai18.jpg


170722kodai19.jpg


170722kodai20.jpg


【ヴァージニア蓮】
170722kodai21.jpg


170722kodai22.jpg


【小舞妃蓮】
170722kodai23.jpg


170722kodai24.jpg


170722kodai25.jpg


【紅万々】
170722kodai26.jpg


170722kodai27.jpg


【剣舞蓮】
170722kodai28.jpg


170722kodai29.jpg


170722kodai30.jpg


【原始蓮】
170722kodai31.jpg


170722kodai32.jpg


【舞妃蓮】
170722kodai33.jpg


170722kodai34.jpg


【碧台蓮】
170722kodai35.jpg


170722kodai36.jpg


【酔妃蓮】
170722kodai37.jpg


170722kodai38.jpg


170722kodai39.jpg


【西光寺白蓮】
170722kodai40.jpg


170722kodai41.jpg


【姫蓮】
170722kodai42.jpg


170722kodai43.jpg


【大賀蓮】
170722kodai44.jpg


170722kodai45.jpg


170722kodai46.jpg


ここで、園内のうどん屋さんで昼食・休憩。
冷房が効いていて、生き返りました(笑)

いよいよ、展望台に上って、「田んぼアート」です。
170722kodai47.jpg


一階のエレベーター乗り場付近に、蓮の説明図があった。
中国製らしく、中国語である。
170722kodai48.jpg


170722kodai49.jpg


☆田んぼアート
ここ、行田市の「田んぼアート」は、10年目を迎えたそうです。
今年のテーマは「イナダヒメノミコトとスサノオノミコト」
田植えには、2日間で939名が参加したとのことです。

素晴らしい、に尽きます!!!
170722kodai50.jpg


170722kodai51.jpg


170722kodai52.jpg


170722kodai53.jpg


170722kodai54.jpg



別の場所に、TBSの番宣田んぼアートがあった(笑)
170722kodai55.jpg


蓮の池の蓮の花は、この時間になると、もちろん閉じてしまっています。
170722kodai56.jpg


170722kodai57.jpg



この後、まだ時間があったので、「忍城(行田市郷土博物館)」に寄り、最後に行田名産「十万石まんじゅう」の本店にてお土産を買って、帰途につきました。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「お気に入りの場所」に飛ぶ



稲荷山公園のヤマユリ

20170715

所在地:埼玉県狭山市 西部池袋線稲荷山公園駅そば

この間の例会で案内があったので、カミさんと二人で見に行きました。
170715yamayuri01.jpg


9時半ちょっと前くらいに、稲荷山公園駐車場に車を停め、芝生を直線に突っ切って、愛宕神社に降りる階段を降りて、斜面の道を進みます。

斜面の下の道は、ちょうど日陰になっていて良い散歩道です。
170715yamayuri02.jpg


歩きはじめた辺は、栽培地ではなく、ものすごい雑草の中に自生しているもの。
170715yamayuri03.jpg


170715yamayuri04.jpg


栽培地になると、雑草は刈られていて、点々とヤマユリが咲いている。
170715yamayuri05.jpg


170715yamayuri06.jpg


170715yamayuri07.jpg


170715yamayuri08.jpg


170715yamayuri09.jpg


木立の中にも咲いている。
170715yamayuri10.jpg


170715yamayuri11.jpg


170715yamayuri12.jpg


170715yamayuri13.jpg


展望台に上がる階段が「ヤマユリの小径」になっていた。
170715yamayuri14.jpg


170715yamayuri15.jpg


途中に、説明のためスタンバイしていた人が、なんと「さやま市民大学 ボランティアコーディネーター養成コース」で一緒だった、小川さん。
170715yamayuri16.jpg


この斜面は、ボランティアの方が、カタクリ、ツツジ、桜、ヤマユリを保護、栽培している。
メンバーは男性5名、女性2名だそうだ。

小川さんの案内で、ヤマユリ鑑賞のため、期間中だけ斜面に設けられた小道に入り、ヤマユリを楽しんだ。
170715yamayuri17.jpg


170715yamayuri18.jpg


170715yamayuri19.jpg


170715yamayuri20.jpg


ヤマユリの蜜を吸いに、名前はわからないが、コガネムシの大きいやつが来ていた。
170715yamayuri21.jpg


170715yamayuri22.jpg


空を入れて撮った。
170715yamayuri23.jpg


170715yamayuri24.jpg


斜面はもう少し。
170715yamayuri25.jpg


展望台まで上がった(嬉)
170715yamayuri26.jpg


展望台のベンチがちょうど日陰になっていて、嬉しかった。
のんびりと眺望を楽しんだ。
170715yamayuri27.jpg



おかげ様で、気持ちのいい午前中を過ごせました。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



古代蓮の里

20170714

所在地:埼玉県行田市小針2375番地1
訪問日:2017年7月6日

昨年初めて訪れて、とても良かったので今年は歴史クラブの行事にした。
それで、今回は団体で行くということで、電車で行く必要があり、この日は下見で訪れた。

「古代蓮まつり」の期間中は、JR行田駅からシャトルバスが出ているということで、まずは行田駅にてその確認。
行田駅からピストン輸送しているのかなと思ったら、そうではなくて定時運行だった。
本数は、土日はすごく多い。平日は期間によって多いのと少ない期間があるので、要注意。

そんなに待たずに、シャトルバスが来て乗り込む。平日なので満席にはならず出発。
車で訪れる人が多いので、電車とバスで行く人はそうでもない感じだ。
行田駅から20分で到着。

園内は、すごく広い。
170714kodai01.jpg


まずは古代蓮の説明を。
「古代蓮の里」ホームページの説明:
1971年(昭和46年):
市では、小針地内に新しい焼却場施設を建設するための造成工事をはじめました。
掘削によってできた場所に水がたまって池となり、地中深く眠っていた蓮の実が静かに目覚めたのです。
1973年(昭和48年)
池の水面に多くの丸い葉が浮いているのが発見されました。
その後、葉の数もふえつづけ、ついに7月13日、長い眠りから覚めた古代の蓮が可憐なピンクの花を咲かせたのです。 
5月15日 焼却場職員が水面に浮く丸い葉に気付く。
6月17日 調査を行い、古代蓮と推測できるものと判明。
6月23日 花柄が1本見つかる。
7月13日 開花
7月19日 花の数は合計52本となる。
市教育委員会から依頼をうけた埼玉大学の江森貫一元教授が、出土した縄文土器と、古代蓮として知られている大賀蓮の例を参考に、2500年から3000年前ころのものと推定。
(この辺は、すぐ近くに「さきたま古墳群」がある地ならではの、行政の対応でした。)
1974年(昭和49年)
3月25日から3日間にわたって、蓮の研究家である神奈川県歯科大学の豊田清修教授が、学生とともに市教育委員会の協力のもとに蓮の実の採集を行い、日本アイソトープ協会に年代測定の調査を依頼しましたが、期待したような結果を得ることはできませんでした。
1975年(昭和50年)
4月7日、豊田教授は再び学生と市教育委員会の協力を得て、調査、採集を行いました。
2回目の日本アイソトープ協会の測定はおよそ1400年前のものという結果でした。結局、行田蓮は考古学的には2500年から3000年前のものとされていることから、豊田教授はおおむね1400年から3000年前のものと推定しています。
(ただし、種子を直接測定したものではなく、ずっと新しい時代の種子が発芽した可能性も否定できない。なお、現在種子を直接測定した最も古い古代蓮は中国の約1,300年前のものである。)

ふるさと創生事業 の一環とし、行田市の天然記念物であり市の花である「古代蓮(行田蓮)」をシンボルとする公園「古代蓮の里」は、その古代蓮の自生する付近(旧小針沼)に「古代蓮の里」として1992年(平成4年)から2000年(平成12年)にかけて整備された。2001年(平成13年)4月22日には、園内に「古代蓮会館」が開館した。

園内は広く、特に「古代蓮(行田蓮)」は幾つもの池に咲いていて、圧巻です。

【古代蓮(行田蓮)】
170714kodai02.jpg


170714kodai03.jpg


170714kodai04.jpg


170714kodai05.jpg


170714kodai06.jpg


170714kodai07.jpg


170714kodai08.jpg


170714kodai09.jpg


【鬼ハス】
170714kodai10.jpg


これで全開なんです(笑)
170714kodai11.jpg


【甲斐姫】
甲斐姫(かいひめ、元亀3年(1572年)[注 1] - 没年不詳)は、行田が誇る歴史上のヒロイン。
映画「のぼうの城」でもヒロインでした。
安土桃山時代の女性。忍城城主・成田氏長の長女。豊臣秀吉の側室。天正18年(1590年)の小田原征伐の際、父・氏長が小田原城に詰めたため留守となった忍城を一族郎党と共に預かり、豊臣軍が城に侵攻した際には武勇を発揮して城を守りぬいたと伝えられている。

この蓮は、とてもいい花だと思います。
170714kodai12.jpg


170714kodai14.jpg


170714kodai15.jpg


170714kodai16.jpg


170714kodai17.jpg


現在42種の蓮が集められているという事ですが、あとは、「世界の蓮」のコーナーに咲いている中から、撮ったものです。

【剣舞蓮】
170714kodai18.jpg


170714kodai19.jpg


170714kodai20.jpg


【漢蓮】
170714kodai21.jpg


170714kodai22.jpg


170714kodai23.jpg


【小舞妃蓮】
170714kodai24.jpg


170714kodai25.jpg


【桜蓮】
蕾と、蓮の葉に乗った水玉の取り合わせが面白くて撮った。
170714kodai26.jpg


170714kodai27.jpg


170714kodai28.jpg


銘、不確認
ピンクの筋が綺麗。
170714kodai29.jpg


銘、不確認
170714kodai30.jpg


この日は下見という事で、食事の確認とか色々と確認のほうに神経が行っていて、あまり花の方は撮らなかった。
20日にまた訪れるので、またアップします。


プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop