松江城

20151223

11月12日から14日の出雲地方の旅の最終日、玉作湯神社、八重垣神社、揖夜神社、黄泉比良坂と回って、最後に訪ねたのは、今年国宝に指定されたのでここに行かなくてはどうすると考えた松江城でした。

とはいえ、15時に出雲空港を飛び立たねばならないので、あまり時間がありません。
松江市内に入ってから松江城にたどりつくのに、思いのほか時間がかかってしまい、城の近くで急いで昼食を食べて、走るようにして天守閣の前まで行き、中には入らず外観だけ見て戻りました。

松江城の全体図。
151223matsue01.jpg


駐車場から大手門から入ろうと内堀のところに来たら、堀遊覧の船着き場があった。
今度来たら、あれに乗りたいなと眺めた。
151223matsue02.jpg


石垣越しに、はるかに天守が見えた。
151223matsue03.jpg


松江城公園入り口のところに、堀尾吉晴像が立っていた。
151223matsue04.jpg


151223matsue05.jpg


堀尾 吉晴(ほりお よしはる)は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人に仕えた。
織田信長時代には、稲葉山城攻め。
豊臣秀吉時代には、天正10年(1582年)の備中高松城攻め、山崎の戦い。
秀吉死後は徳川家康に接近し関ヶ原の戦いでは東軍に与した。
ありとあらゆる合戦を経験したキャリアで、その経験を活かして設計したこの松江城は難攻不落の城として有名。

1600年(慶長5年) 関ヶ原の戦いで戦功のあった堀尾忠氏(堀尾吉晴の子)が、24万石を得て月山富田城に入城し松江藩が成立。月山富田城は中世山城であり近世城下町形成には不利であったので、末次城跡を近世城郭の候補とした。
1607年(慶長12年) 末次城のあった亀田山に築城を開始。
1611年(慶長16年) 冬、松江城落成。(堀尾吉晴はこの年6月に完成目前で急死している。)

松江市街の北部に位置し、南に流れる京橋川を外堀とする輪郭連郭複合式平山城である。宍道湖北側湖畔の亀田山に築かれ、日本三大湖城の一つでもある。なお、城の周りを囲む堀川は宍道湖とつながっており薄い塩水(汽水域)である。

この日は土曜日なので、「城攻め体験」のイベントの参加者を募っていた。
151223matsue06.jpg


私も時間があれば参加したのに、残念(涙)

まず最初は「馬溜」である。
ここは大手門の前にある「桝形構造」で、大手門を守る構造になっていると同時に、いざという時にはここに馬を集めて城外に討って出る場所である。

ここに入っていくと、正面に横に長い巨大な石垣と、その上に設けられた櫓と塀に圧倒される。
高さ13mである。
151223matsue07.jpg


151223matsue08.jpg


大手門は残っていなくて、両側の石垣からその巨大さがわかる。
大手門の幅は15mで、二階建て、屋根に鯱が載っていたという。

大手門を入ると、左に折れて石段を上がっていく。
左手には、太鼓櫓があって圧倒してくる。
151223matsue09.jpg


「石落とし」がよくわかる。
151223matsue10.jpg


長い石段には途中に踊り場が設けられ、「鉄砲櫓」があり、石段も位置をずらしてあり、攻め上がる勢いを削ぐ工夫がしてある。

石段を上がりきると、左手は二の丸。
右に行くと、三の門から天守閣に通じていくのだが、ちょっと真っ直ぐ進んで「坤櫓跡」まで行って見た。

野面積の石垣が面白かった。
151223matsue11.jpg


151223matsue12.jpg


151223matsue13.jpg


三の門、二の門、一の門と天守閣に近づいていくのだが、「桝形構造」になっていて、真っ直ぐには行けない。
三の門、二の門は現在は無いので、石垣などで想像するしかない。

一の門の前も、「桝形構造」で左右を櫓で挟まれている。
151223matsue14.jpg


一の門を入って、右手に少し坂を上がると、見事な天守閣が姿を見せる。
151223matsue15.jpg


天守は外観4重内部5階地下の穴倉1階、天守の南に地下1階を持つ平屋の付櫓を付ける。外観は重箱造の二重櫓の上に3階建ての櫓を載せたようなもので3重目の南北面に入母屋屋根の出窓をつけている。
意匠は下見板張りで桃山文化様式である。1・2階平面は東西12間に南北10間あり、高さは、本丸地上より約30m(天守台上よりは22.4m)ある。
姫路城、松本城に次いで、三番目の高さである。

黒と白のコントラストが美しい。
黒下見板張りと白塗り漆喰壁である。
大きな千鳥破風の飾り屋根から、別名「千鳥城」と呼ばれる。
151223matsue16.jpg


最上階は内部に取り込まれた廻縁高欄があり、雨戸を取り付けている。
151223matsue17.jpg


鯱は、木製の銅板張で現存天守の中では最大の高さ約2m。現在の鯱は昭和の修理の際に作り直されたもので、旧鯱は別途保管展示されている。
151223matsue18.jpg


窓は突上窓と華頭窓あり。
151223matsue19.jpg


大きな「附け櫓」が出入り口で、外には「石落とし」も備え、内部は「桝形構造」になっていて、周囲から「狭間」で狙われる構造になっている。
151223matsue20.jpg


横に回ると、「附け櫓」がけっこう大きいのがよくわかる。
151223matsue21.jpg


正面は白い壁が目立つが、側面はほとんど黒で重々しい。
側面の破風は実に巨大だ。
151223matsue22.jpg


151223matsue23.jpg


紅葉とのポイントを探して撮って、これで松江城の撮影は終了。
151223matsue24.jpg


松江城から一路、高速を使って出雲空港に。
空港の近くでレンタカーを返して、空港まで送ってもらう。
151223matsue25.jpg


151223matsue26.jpg


着いた時には、気が急いていて見つけなかった、床のハートマークを探す。
これを探すと幸運だとか(笑)
151223matsue27.jpg


待合室の壁にも、大きな注連縄が飾ってあった。
151223matsue28.jpg


これで、三日間の出雲地方の旅を終えたが、「神話のふるさと」を訪ねるというテーマで廻ったので、結局神社は10社参拝できた。
行く前に、行きたい神社をリストアップしたら16社挙がっていたので、まだまだ行きたい神社が多い。
また、ぜひとも来ないといけない。


「お気に入りの場所」一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

晩秋

20111122

いつもの公園で、ウォーキングしながら「晩秋」の写真を撮ってきました。
111122inariyama01.jpg


111122inariyama02.jpg


111122inariyama03.jpg


どこかの幼稚園から散歩に来てました。
今日は天気がいいので、楽しそうです。
111122inariyama04.jpg


111122inariyama05.jpg


木漏れ日が気持ちいい
111122inariyama06.jpg


どちらも「こうよう」
111122inariyama07.jpg


落ち葉
111122inariyama08.jpg


111122inariyama09.jpg


晩秋の光
111122inariyama10.jpg


落ち葉
111122inariyama11.jpg


111122inariyama12.jpg


111122inariyama13.jpg


くつろぎ
111122inariyama14.jpg



(了)


秋の公園には実がたくさん

20111026

いつもウォーキングしている公園の緑化植物園で、実が目立ったので撮ってきました。
ハナミズキ(花水木)
111025hana01.jpg


111025hana02.jpg


カラタチ(枸橘)
意外と実が大きいのでびっくりしました。
111025kara01.jpg


111025kara02.jpg


ピラカンサス、別名:橘擬(たちばなもどき)、あるいは:常盤山櫨子(ときわさんざし)
ところどころに、かたまって実があるのが面白い。
111025pira01.jpg


111025pira02.jpg


サンシュユ(山茱萸)、別名アキサンゴ、あるいはヤマグミ
樹形も実もハナミズキと似ているが、ハナミズキは葉がきれいに紅葉するのに対して、これは葉が黒く萎れていくのが惜しい。
111025san01.jpg


111025san02.jpg


サネカズラ(実葛)、別名:ビナンカズラ(美男葛)。
昔、樹液を整髪料として使ったので「美男葛」と呼ばれたそうです。
111025sane01.jpg


111025sane02.jpg



花が少なくなってきましたが、薬草園でこんな花が咲いていた。
いろいろあったが「ジンジャー」で落ち着きました。

名札が無かったので、調べたらカルダモン(別名:小豆蒄 しょうずく)と花と葉の形が似ている。
しかし、資料では5mの高さに育つ多年草とあるのが引っかかる。
これは1mにも満たない低い草だった。

と、ここまで記事に書いたら、コメントにて「ジンジャーではないか」と教えてもらい、調べたらこっちのほうがぴったりくる。背丈があてはまるので。
「ジンジャー」ということで落ち着きました。


111025kal01.jpg


111025kal02.jpg



(了)

川沿いのウォーキング

20110131

今日は、家の近くの川沿いにウォーキング。

ちょっと風があったが、天気が良くて気持ちいい
110131walk01.jpg


この辺は、芝生が広がっていて気持ちがいい。
110131walk02.jpg


川べりで、いつも休むところにきた。あのテトラポットやコンクリートの枡があるところだ。
110131walk03.jpg


コンクリートの枡に、たくさん小さい魚が住んでいる。
こんな冬でも元気に泳いでいる、可愛いものだ。
いつも、これを眺めながら小休止している。
110131walk04.jpg






いつもサッカーや野球でにぎわっている河原のグランドで凧を揚げていたので、見とれた。
110131walk05.jpg


110131walk06.jpg


110131walk07.jpg


110131walk08.jpg


110131walk09.jpg


110131walk10.jpg


写真を撮っていたら、そのうちの一人の方に話しかけられた。
ここでは、毎週月曜に集まって上げているとのこと。
土日はサッカーとか野球で混みあっているから。
私もウォーキングしていて、凧を揚げているのは、よくみかけていた。

私も、中学のころは冬には凧を、このように高く上げて楽しんでいたので話がはずんだ。
その人は、世界の大会にも出場していて、4、5位くらいでまだメダルは無いと謙遜されていたが、こっちは吃驚してしまった。
どうやらすごい人らしい。
いろんな凧を楽しんでいるようで、見せてくれたのは鳥の形の凧。
110131walk11.jpg


その人の車には、いろんな凧がびっしりと積まれている。
110131walk12.jpg


競技では、けんか凧というのもあって、うまく凧を操作して相手の凧の糸を切るのだそうだ。
ちょっと上げて見せてくれた。
110131walk13.jpg


いやあ、楽しかった。
もしかしたら、何カ月か後には、私も凧を揚げているかもしれない(笑)




水鳥

20110128

毎日1時間ウォーキングをあちこちの場所でやっている。
この公園は、大外周りで廻るとだいたい一時間かかるので、良く行く。
途中池があり、そこに居る水鳥を眺めながら歩いていると、なかなか可愛いので、写真を撮ってみた。

今日も良い天気だ、平和だ。
110128bird01.jpg


110128bird02.jpg

おいおい、ボウヤたち、そんなブボラな泳ぎでいいのかい(笑)
110128bird03.jpg


波紋がきれい
110128bird04.jpg


すごく水を跳ね上げながら潜るのが居る。
110128bird05.jpg


いつも一緒にいる二羽を追いかけてみた。
110128bird06.jpg


一緒に潜り
110128bird07.jpg


お~~い、上がってこいよ。
110128bird08.jpg


一緒に毛づくろい
110128bird09.jpg


水がうんまい
110128bird10.jpg


かくれんぼ
110128bird11.jpg


眠い、眠い、ねむい~~
春眠暁を覚えず
110128bird12.jpg


プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop