蜩ノ記

20150205

この映画を見たのは、昨年10月の15日です。
かなり日が経ってしまっているので、ちょっと気が引けますが、すごく良い映画だったので記事にしておきます。

本を読んでいて、映画が出来たと聞いてそれを観るのを楽しみにしていました。

その本の感想記事を読む


150204higura01.jpg


スタッフ
監督:小泉堯史 、原作:葉室麟 、脚本:小泉堯史、古田求 、製作:市川南

キャスト
戸田秋谷:役所広司
檀野庄三郎:岡田准一
薫:堀北真希
織江:原田美枝子
水上信吾:青木崇高

郡奉行だった戸田秋谷(役所広司)は藩主の側室との不義密通および小姓を斬り捨てたことにより10年後の切腹とそれまでの間に藩の歴史である藩主・三浦家の家譜を編さんし完成させるよう命じられる。
それから7年後、刃傷沙汰を起こしてしまったものの家老・中根兵右衛門の温情により切腹を免れた檀野庄三郎(岡田准一)は、幽閉中の秋谷の監視役を命じられる。
監視の内容は、藩の秘め事を知る秋谷が7年前の事件を家譜にどう書くか報告し、秋谷が逃亡のそぶりを見せた場合には妻子ともども始末するというものだった。
はじめは秋谷のことを懐疑的に思う庄三郎だったが、編さん途中の三浦家譜と『蜩ノ記』と名づけられた秋谷の日記には、前藩主の言葉を守り事実のまま書き留め、切腹が迫りつつも編さんに誠実に向き合い一日一日を大切に生きる彼の姿があり、感銘を受ける。
そして7年前に一体何が起きたのか、事の真相を追ううちに、彼の人間性に魅せられていく。
秋谷に深い愛情と信頼を寄せる妻・織江(原田美枝子)や心の清らかな娘・薫(堀北真希)らとともに暮らす中で、いつしか庄三郎と薫との間に恋が芽生えていた。
やがて庄三郎は不義密通事件の真相に辿り着き、事件の謎を解く文書を入手するが、そこには藩を揺るがすようなことが記されていた……。


「晴耕雨読」という言葉がありますが、この映画にはうらやましいばかりの、それがありました。
「雨あがる」「阿弥陀堂だより」などで定評のある小泉監督の描く日本の自然と四季の美しさ、そして、人間のやさしさを詩的に描かれていました。
2時間ちょっとという映画ならではの時間制約があるので、本に描かれているような農民の階層的悲劇。
その農民に寄り添い助けようとした、郡奉行時代の戸田秋谷。
そして登場人物の心の機微はなかなか出しにくいのですが、本を読んでいたので、只ただ映像の美しさを楽しんでいました。

現代の世知辛い世の中からみると、うらやましいばかりの、頑固で一徹な人物ばかりです。
その心根の美しさを代弁するように、自然の映像美があります。

150204higura02.jpg


150204higura03.jpg


150204higura04.jpg


150204higura05.jpg


150204higura06.jpg


150204higura07.jpg



スポンサーサイト

まぼろしの邪馬台国

20140309

少し前だが、この映画が放送された。
いま私は、以前録画したDVDの画質が大画面テレビには耐えられないものは、こういう機会に再度録画してブルーレイに焼いている。
この映画もそうした。
この映画は、歴史好きな私にはとてもうらやましい映画だ。
二人三脚で支えてくれるのが吉永小百合だから、なおさらである(笑)

ストーリー:
邪馬台国があった場所を生涯探し続けた宮崎康平と、盲目の彼を支え続けた妻・和子の物語。

NHK福岡放送局のラジオ番組「九州の歴史」でMCを務めるフリーのラジオ声優(現代で言うパーソナリティー)・和子は、島原鉄道(島鉄)社長かつ郷土史家である全盲の奇人・宮崎康平を番組に迎える。彼は情熱と頑なさと包容力を併せ持つ人物であり、一声で惚れた康平は帰り際に島原へ来るよう勧める。
康平に対して怪訝な印象を持ったが番組の打ち切りで時間の空いた和子は、島鉄本社を訪ねる。そこで彼女が見たものは、傲慢なワンマン社長でありながら情の篤い康平の姿だった。康平は賃金の安さに不満をもつ社員のために観光バス事業を始め、和子をバスガイドの教師(講師)に任命すると言いだすが、和子の宿泊先として送り込んだ旅館で附けを溜め込んでいる事を知り、康平は金に対して非常に無頓着であることを知る。
観光バスは軌道に乗ったように見えたが、のちの集中豪雨で鉄道が土砂災害に遭う。線路沿いを歩いていた康平はふとしたことから縄文土器に命を救われ、「邪馬台国は九州にある」と仮説を立てることになる。しかし放漫経営が祟り康平は島鉄社長罷免の憂き目に遭い、和子は福岡に帰ろうとするが、康平からプロポーズを受け引き留まる。人となりに惹かれた和子は事実婚となり、魏志倭人伝を和子の読み聞かせにより読み解くなど邪馬台国の位置を研究することに情熱を燃やすことになる。家計が逼迫するものの、康平の助言で島原鉄道から有明銀行に転職した矢沢の計らいで頭取から当座の生活費の支援を受け、九州中を行脚する旅に出る。
1967年(昭和42年)に「まぼろしの邪馬台国」のブームが巻き起こる。康平は社業に復帰しバナナ園を開設させ、誠からは実妻の朋子の署名捺印入りの離婚届を受け取り、事実婚であった和子と正式に婚姻する。そして「まぼろしの邪馬台国」の内容に満足しなかった康平は新たな探訪を初める。1973年(昭和48年)、康平は「邪馬台国が埋もれている場所」を探し当て、そこに卑弥呼と邪馬台国が存在したと回想し、その場で倒れ、生涯を終える。

キャスト
宮崎和子・卑弥呼:吉永小百合
宮崎康平:竹中直人

私は、まだ「邪馬台国」については腰を据えて調べたことが無いので、畿内説と九州説があることくらいしか、頭には無い。

宮崎康平氏については、盲目でありながら、人を見る目の確かさとか、好きなことに対する徹底的な執念については、すごいと思い、私のような平凡な人間にはうらやましくてたまらない。
盲目の宮崎康平氏を支えたのは妻の和子さんである。九州全域から朝鮮半島にまでいたる調査に同行し、本人の目となり手となり支え続けた。無論本は口述筆記である。古代史のロマンを絡めながら、二人三脚で歩いた二人の人生は夫婦愛そのもの。

映画での妻の和子さんは、我々が思っている「吉永小百合その人」である。
献身ぶりも、品の良さも、明るさも、我々が吉永小百合に期待する、そのままの姿だった(笑)

会社から追い出され、二人の子供を抱えて途方に暮れる宮崎康平と和子が駅のホームで出合い、立ち尽くす二人。そこにSLがホームに入ってくる。
140308yama01.jpg


二人で歩む決心をし、海辺を歩く4人。
140308yama02.jpg


140308yama03.jpg


「魏志倭人伝」を読み、テープレコーダーに録音する。
140308yama04.jpg


和子は康平のために、九州の立体地図を作り上げる。
140308yama05.jpg


二人の史跡を訪ねる旅が始まる。
140308yama06.jpg


140308yama07.jpg


140308yama08.jpg


ついに二人は「邪馬台国」のあった場所を探し当てる。
140308yama09.jpg


宮崎康平の著書が「第一回吉川文学賞」に選ばれる。
二人三脚での労作として、妻和子との連名での受賞である。
140308yama10.jpg



マルドゥック・スクランブル・圧縮編

20140222

140222maldock01.jpg


140222maldock02.jpg


冲方丁(うぶかた・とう)氏のSF小説をアニメ映画化したものです。小説の方は第24回日本SF大賞受賞作品。
冲方丁氏の最近の本、「天地明察」、「水戸光圀伝」は大ヒットしました。
私は、そのころSFもよく読んでいたこともあって、「日本SF大賞」となった冲方丁著「マルドゥック・スクランブル」を2003年に読んで、その面白さにはまって、冲方丁氏のファンとなりました。
ところが、いつしか氏の本が出なくなって、私も忘れかけたころ、「天地明察」が出てきたので本当にビックリしました。

この劇場版『マルドゥック・スクランブル 圧縮』は、2010年11月に公開されていたんですが、私は知らなくて最近アマゾンでひょんなことから知って、ブルーレイを購入しました。

【ストーリー】
孤独な少女娼婦バロットは、彼女を拾い、生かしたシェルに対してその真実を求める。しかし、自分に与えられた全てを知ろうとしたバロットの行為を知ったシェルは、彼女が乗った車を爆破する。死の淵を漂う間、バロットは意識の奥深くで自問する。「自分は生きたいのか。死にたいのか。
そして、シェルの裏の顔を知り、彼を追っていた委任事件担当官のドクター・イースターとウフコックは、人命保護を目的とした緊急法令“マルドゥック・スクランブル-09”により、バロットの全身の皮膚を強化繊維で再構成させ、彼女を救う。
「何故、殺されたのか」「何故、私なのか」…相次ぐ疑問が押し寄せる中、バロットはウフコックやイースターとの関わりを通していくうちに、 「生きる」ことを選択する。
そんな中、彼女が生きていることを知ったシェルは、09委任事件担当官であるボイルドを雇い、バロット抹殺を指示。バロット、そしてボイルドと深い因縁関係にあるウフコックによる、決死の戦いが始まる…。

【キャスト】
ルーン=バロット(RUNE BALOT):
140222maldock03.jpg


140222maldock04.jpg

本作の主人公。少女娼婦だった。
シェルの計画により命を落としそうになるが、生命の保護などに限って禁じられた科学技術の使用を認める「マルドゥック・スクランブル-09法」に基づき、全身に金属繊維による人工皮膚を移植され一命を取り留め、それにより常人より遥かに優れた身体能力と体感覚、あらゆる電子機器を触れずに操作する能力を得る。もともと一保護証人であったが、とあることをきっかけにウフコック、イースターとともに積極的にシェルの犯罪を追う事になる。その過程で否応なく多くの戦いに巻き込まれ被害者から加害者へと変わり、そこから様々な人間や弱肉強食の世界に生きる者たちと語らい、時に戦うことで真に闘う意味と自分の存在の意義を確立していく。

ウフコック・ペンティーノ:
140222maldock05.jpg


140222maldock06.jpg

委任事件担当捜査官。人語を解する金色のネズミ型万能兵器。体を複数の次元に分割しており、また亜空間に貯蔵してある物質を使って様々な兵器や道具に変化(ターン)することができる。イースター、フェイスマン等が在籍した宇宙戦略研究所で開発され、匂いを元に人間の感情を読み取る能力を持っており、研究所では「金の卵」と呼ばれた。かつてはボイルドとパートナーシップを組み、マルドゥック・スクランブル-09法に基づく証人保護プログラムに従事していたが、とある麻薬事件においてボイルドに濫用され、それを機にボイルドとは決別、道具存在としての自我を確立した。またその時の経験により、周囲を感知するセンサーを全身に装備している。誠実で思慮深い性格だが、物事を真面目に考えて悩む癖があり、名前と引っ掛けて「煮え切らない」と周囲から揶揄されることもある。尻尾をつままれて持ち上げられると怒る。
何にでも変身できるので、バロットのボディスーツに変身して一緒に行動する事が多い。

ドクター・イースター:
140222maldock07.jpg

委任事件担当捜査官。かつては宇宙戦略研究所(今の"楽園")の研究者だったが、戦争終結による研究所の廃棄が決定された際、ウフコック、ボイルド等と共に研究所を出てマルドゥック・スクランブル-09法に基づく証人保護プログラムに従事した。またバロットの人工皮膚の技術やボイルドの擬似人工重力の技術はこの研究所で開発されたもので、ボイルドの不眠活動機能についてはイースターも直接開発に関与した。シェルに殺されかけて全身大火傷を負ったバロットを救い、バロットの証言を元にシェルの犯罪を追う。

ディムズデイル・ボイルド:
140222maldock08.jpg

かつてのウフコックのパートナー、そしてウフコックを濫用の限りを尽くした男。委任事件担当捜査官。かつての大陸国家との戦争では空挺部隊員、いわゆるエリートであったが、戦争の激化により、任務に就く際に覚醒剤を服用しその中毒により味方を誤爆する。その後軍隊を除隊し、宇宙戦略研究所に保護される。その時の枯れ果てたような姿から「錆びた銃(ラスティ・ポンプ)」というあだ名をつけられる。研究所で麻薬中毒の治療を受けたが、その際に研究所の創始者、“三博士”の一人のクリストファー・ロビンプラント・オクトーバーの提案により開発されたばかりのウフコックとパートナーシップを結んだ。また、研究所で特殊検診を受け人工的に擬似重力を発生させる能力と、睡眠をまったく必要としない体を得た。


原作は、冲方丁氏らしく心の襞の一枚一枚に至るまで書き込んでいく感じなので、当然時間の制約がある映画ということになると、やはり不満は残りますが、印象はかなり良かった。
深刻なトラウマであろう悲惨な過去を抱えた少女の心理変化の描写が丁寧で好印象。

蘇ったバロットは同じ技術を用いられ様々な道具や武器にターン(変化)することが可能な金色のネズミ「ウフコック=ペンティーノ」と街へ出掛け、会話し、その優しさに触れ「何故自分が殺されかけたのか?」「何故自分だったのか?」を探す場面はいいですね。

だが過去の事件により袂を分かつ事となったものの、再びウフコックをその手に取り戻さんとするボイルドはバロットの事件を無かったものにするべく暗殺集団を雇いバロットの元へ向かわせる。
その暗殺集団がすごくグロテスク。
殺害した相手の「眼」を体に移植しコレクションする「ミンチ・ザ・ウィンク」
殺害した女性の乳房を身体中に移植している「フレッシュ・ザ・パイク」
殺害された相手の髪や皮膚を移植している「レア・ザ・ヘア」
殺害した相手の指を自らの指に移植し、更にアクセサリーにもしている「ミディアム・ザ・フィンガーネイル」
リーダーであり、殺害した女性の性器を左手の手のひらに移植している「ウェルダン・ザ・プッシーハンド」

しかし彼ら「畜産業者」は超人的な能力を得たバロットの敵ではなく、次々と撃破されていきます。
その中で敵を倒すという「征服感」とそれを自らの力で成し遂げる「達成感」、そしてそれらから来る「快感」から己に酔いしれてしまうバロット。
だが手にしたウフコックの銃から大量の流血が起こる。
それは拒絶反応を示した事による出血です。
そこへボイルドがウフコックがパートナーだった頃に身体の一部が変化させた銃を手にバロットの前に姿を現す。
しかしウフコックは流血し嘔吐する拒絶反応を起こしながらもそれに耐え、バロットを救おうとする。
「何故濫用するバロットを許すのか?」
超人的な能力を得たバロット以上の戦闘力で迫るボイルドの追撃から必死に逃げるバロット。
「ごめんなさい、ウフコック。ごめんなさい、行かないで。私の手の中にいて!」
140222maldock09.jpg



紅の豚

20130914

130914buta01.jpg


宮崎駿監督が引退を表明して、世界中大騒ぎとなった。
私も彼の作品は大好きだったので、とても残念だが、私にも経験あるけれども、「あ、もうダメだな」と思う時は誰にでもやってくる。
それは視力だったり、体力だったり、根気だったりする。
それでも続けるひともいる。いさぎよく身を引く人もいる。

私も、もちろん「となりのトトロ」なんてすばらしい作品で好きだが、一番好きな作品となると「紅の豚」である。
これは男心をほんとにくすぐってくれるし、癒しもしてくれる。

最後の作品となるであろう「風たちぬ」も飛行機に関した作品となったが、生家が航空機産業に関係していたため、幼い頃から空を飛ぶことに憧れていた宮崎が、自分の夢として描いた作品である。宮崎自身がその演出覚書において、「疲れて脳細胞が豆腐になった中年男のためのマンガ映画」にしたいと記している。
まさに脳細胞が豆腐になった私が好きでたまらないわけだ(笑)

あらすじ:
賞金稼ぎを生業とする飛行艇乗りjマルコは、以前から対立している空賊・マンマユート団に襲われたバカンスツアーの女学校の生徒達を助ける。
130914buta02.jpg


その夜、幼なじみのジーナが経営するホテルアドリアーノへ出かけたマルコは、そこでカーチスというアメリカ人と出会い、彼の飛行技術の優秀さを察知する。同時刻のアドリアーノでは、マルコに業を煮やした空賊連合が、マルコに対抗するため若きアメリカの飛行艇乗りカーチスを雇う相談をしていた。
数日後、飛行艇の整備のためにミラノに向かって飛んだマルコは、飛行途中でカーチスに遭遇。離脱を試みるが格闘戦中エンジンが停止し、撃墜されてしまう。辛くも一命を取りとめたマルコは、大破した愛機とともにミラノへ向かい、馴染みのピッコロ社に修理を依頼する。人手不足のピッコロ社で修理・再設計を担当したのは、ピッコロの孫で17歳の少女フィオだった。
フィオの才能と献身的な努力により見事復活した愛機と共に、マルコは、アドリア海の飛行艇乗りの名誉を賭けて、カーチスとの再戦に挑む。だがその時、国家に対して非協力的なマルコを空賊たちもろとも葬ろうと、イタリア空軍の大部隊が迫りつつあった。

キャスト:
130914buta03.jpg

マルコ・パゴット:本作の主人公。黒眼鏡、口ひげをたくわえている豚人間。。真紅の飛行艇に乗って空中海賊を相手にする賞金稼ぎ。かつてはイタリア空軍の大尉でエース・パイロットだったが、軍隊社会に嫌気がさしたため、自らに魔法をかけて豚の姿となり、軍を去った。
ジーナに惚れていて、ただ純粋に飛行艇を操縦していたころ、彼女を載せて遊覧飛行をしたことがあったが、従軍した戦争や戦友の死など様々な経緯の末、現在の関係に至っている。
普段は、アジトの無人島でワインを飲みながらラジオで音楽を聴き、ジタンの煙草をくゆらせる気ままな日々を送っている。
130914buta04.jpg


街に出る時は白いスーツに赤いネクタイを着用し、ボルサリーノの中折れ帽をかぶる。その上にカーキ色のトレンチコートを着るのが常である。
終盤のカーチスの反応から、最終的には人間に戻った様子。

130914buta05.jpg

マダム・ジーナ:本作のヒロイン。マルコの幼なじみ。ホテル・アドリアーノのジーナと呼ばれ有名。空賊達を含め近隣の飛行艇乗りにとってはマドンナであり、「アドリア海の飛行艇乗りは、みんなジーナに(一度は)恋をする」と言われている。彼女がいるホテル・アドリアーノ近辺は事実上の中立地帯。歌い手としても非凡。これまでに三度、飛行艇乗りと結婚したものの、全員と死別している。
自室の隠し無線機を使用し「ハートのG」のコールサインで秘密裏に軍の情報を入手している。フェラーリンと共にポルコを本名で呼ぶ数少ない人物であり、密かにポルコを愛していた様子。

130914buta06.jpg

フィオ・ピッコロ:本作のもう1人のヒロイン。17歳。ピッコロのおやじの孫娘で飛行機設計技師、アメリカでの修行経験がある。マルコが高く評価するほどの腕前。秘密警察に追われ改修後のサボイアの飛行テストもままならずに、ピッコロ社を去ろうとするマルコに「自分の仕事に最後まで責任を持ちたい」理由で同行する。男勝りで勝気な反面、マルコにはその際の内心の怖さも吐露している。

ピッコロのおやじ:イタリア ミラノの飛行艇製造会社「ピッコロ社」の経営者で、フィオの祖父。マルコの昔馴染み。金払いにはシビアだが、面倒見の良い性格。3人の息子がいて、普段はその息子たちが設計を担当するのだが、不況の折の出稼ぎで3人とも不在で男手が足りないことから、仕事が入ると多くの親戚(全員女性)を従業員として工場を運営する。サボイアの改修に関しては機体全般はフィオに任せ、自らは最も得意とするエンジンチューニングに専念する。

130914buta07.jpg

マンマユート・ボス:大きな鼻にゴーグルが特徴の空中海賊マンマユート団の親分。マンマユート団は、直訳すると「ママ助けて団」であるが、原作『飛行艇時代』によると「ママ怖いよ団」。空賊連合とは一定の距離を置いて一匹狼を気取っていたが、マンマユート団単機ではマルコに抗しきれず、不本意ながら連合と仕事を共にする。直情的ではあるが人情に厚く部下にも慕われる。マルコの過去を知る人間の一人。メインキャラクターであるが、正式な名前は設定されていない。空賊なので金品の強奪は行うが、仲間外れを作ってはかわいそうだと襲撃した船に乗っていた子供を全員人質に取るなど優しい一面も。

130914buta08.jpg

ドナルド・カーチス:アメリカ人(祖母はイタリア人のクォーターらしい。空賊連合が雇った用心棒で、マルコのライバルとなる飛行艇乗り。マルコには「アメリカ野郎」と呼ばれているが同時に腕前も認められている。惚れっぽい性格で、ジーナやフィオを次々口説くも玉砕する。後日、アメリカに帰国し西部劇の主演俳優となる。彼にとっては空賊の用心棒、映画俳優はあくまでも彼の人生の最終目標であるアメリカ合衆国大統領への布石に過ぎない。


作品名に含まれる「紅」だが、これはもちろん主人公が操縦する機体色なのだが、実に良い色です。
この「イタリアン・カラー」には、特に思い入れもあります。
F1に夢中だった頃、フェラーリのこの色にはほんとにワクワクしましたね。
130914buta09.jpg


加藤登紀子の歌がいい。「さくらんぼの実る頃」と 「時には昔の話を」の二曲を唄っています。


『攻殻機動隊ARISE/ border:1 Ghost Pain』

20130818

これに興味を持ったのは、ひょんなことで脚本が冲方丁(うぶかた とう)氏だと知ったからです。
もともと、こういうアニメは嫌いではない。
「エヴァンゲリオン」はテレビで放送されたものは全て録画してDVDで持っている。
調べたら最新の「ARISEシリーズ」がこれから出るというので、ブルー・レイをアマゾンで予約した。
忘れたころに届きました(笑)

冲方丁氏の「天地明察」、「水戸光圀伝」は大ヒットしたので、皆さんご存知だと思います。
私は、そのころSFもよく読んでいたこともあって、「日本SF大賞」となった冲方丁著「マルドゥック・スクランブル」を2003年に読んで、その面白さにはまって、冲方丁氏のファンとなりました。

ところが、いつしか氏の本が出なくなって、私も忘れかけたころ、「天地明察」が出てきたので本当にビックリしました。
いつの間にSFから歴史時代ものに転向したの?と。

「天地明察」、「水戸光圀伝」共に素晴らしいので不満はなく、次は何が出るのだろうと楽しみなのだが、あの素晴らしいSFものも書いて欲しいなと思っていたら、これがありました、ということです。
しかも私の好きな「エヴァンゲリオン」の作画監督で知られる黄瀬和哉氏が総監督を務めているんですね。
これは見るしかないですよね(笑)

130818Kouki01.jpg

【スタッフ】
原作:士郎正宗
総監督:黄瀬和哉
構成・脚本:冲方丁
音楽:コーネリアス

攻殻機動隊は士郎正宗氏による原作コミック、押井守監督による「GHOST IN THE SHELL /攻殻機動隊」(1995年)「イノセンス」(2004年)、神山健治監督による「攻殻機動隊S.A.C.」シリーズ(2002年〜2006年)、そして第四の攻殻機動隊として今回の「攻殻機動隊ARISE」が企画されました。

今回の「ARISE」は公安9課発足に至るストーリーを描くという事でスタッフも一新、慣れ親しんだ声優も全て変更されているそうです。
と云っても、私は今回初めて「攻殻機動隊」を見るので、どうこうということはありません。

4章仕立てで、今回の第1章でメインとなるのは、全身をサイボーグ化した草薙素子が率い、サイバー犯罪に立ち向かう「攻殻機動隊」。本作はその創設にいたる「前夜」を描く。陸軍に所属する素子は、汚職容疑をかけられ殺された上官の謎を探るうち、後に「攻穀」設立に携わる荒巻や、部下となるバトーらと出会う。
ウイルスによる記憶の書き換え、サイボーグ同士のハードな格闘など「攻殻」らしさを盛り込んだ中、ドラマの殻となるのは素子の出生の秘密。

これまでのシリーズの中心メンバーである素子、バトー、トグサといったキャラクターはもちろん、 素子が後に上司となる荒巻に銃を向けるシーン、人気キャラクター・タチコマを思わせる機体など、 これまでのシリーズを知っている人だからこそ楽しめる箇所も多数含まれているとのこと。
130818Kouki02.jpg


130818Kouki03.jpg


ついてきたプログラムに、かなりな量の冲方丁氏のコメント記事があった。
その中で、私が気に入ったのは、「草薙素子はサイボーグだから、服を着ていようが着ていなかろうが、変わらないはずなんだが、下着姿でくつろいでいる姿とか、シャワーを浴びるシーンとか、おんならしさを出したのが良かったかな」である。
全身義体とはいえ、脳は人間だから、人間らしい感情こうして出ているのは、良いことだと思う。
130818Kouki04.jpg


130818Kouki05.jpg


やはり人気作家だけのことはある。ツボがよくわかっていると思った。
これからのシリーズが楽しみである。

それで、第2章のブルーレイを予約してあるんだけど、12月24日だって。
ちょっと長すぎますよね(泣)

早く見たいのだ。


プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop