山高神代桜2018/山梨県

20180401

所在地:山梨県北巨摩郡武川村大字山高 実相寺境内
樹種:シロヒガンザクラ
樹齢:2000年以上
撮影日:2018年3月31日

日本三大桜のひとつ。
大正11年10月に国指定天然記念物第一号に指定されている。
日本最古の巨木の桜。
一説には、日本武尊が東夷征定の折りにこの地に留まり、記念にこの桜を植えたのだという。
その後、日蓮聖人がこの木の衰えを見て、回復を祈ったところ再生したため、「妙法桜」ともいわれている。

前回、この桜を記事にしたのは1998年4月5日に撮影したものだから、20年ぶりということになる。

この間、新聞に載っていて、樹勢が衰えていたのだが、樹木博士などの協力により長年の努力で樹勢が復活したとあったので、訪れた。

実相寺の山門を入る。
180401yama01.jpg


雄大な南アルプスを背景にして、神代桜は一番右の背の低い白い花の桜。
180401yama02.jpg


まずは、真っ先に神代桜を見に行く。
北側から
180401yama03.jpg


この堂々たる巨魁を見たら、それだけで満足。
天然記念物指定第一号。
ヤマトタケルの時代から生きている桜なのだ。
180401yama04.jpg


樹齢2000年の桜を守るのは、並大抵のことでしない。
180401yama05.jpg


180401yama06.jpg


明治40年(1907)の神代桜は、まだ元気だった。
180401yama07.jpg


土壌改良工事(平成14年~17年)の直前の様子。
180401yama08.jpg


南西側から
180401yama09.jpg


勢いよく咲いているのに感動。
180401yama10.jpg


180401yama11.jpg


手鞠のように咲いているのが独特である。
180401yama12.jpg


180401yama13.jpg


南側道路から
前回来た時には、樹の直ぐそばが道路で、樹の近くに石垣が巡らされていて、それが樹を傷めていたらしい。
今は撤去され、道路も迂回していて、樹がのびやかに見える。
180401yama14.jpg


180401yama15.jpg


この枝が、もっと長く伸びていた記憶があるが、傷んでしまっている。
180401yama16.jpg


こちら側の枝も、勢いよく花をつけている。
180401yama17.jpg


180401yama18.jpg


180401yama19.jpg


ヒコバエを発見。嬉しくなる。
180401yama20.jpg


神代桜の向こうにも桜が並んでいる。
180401yama21.jpg


「神代桜の宇宙桜」が同じ境内にあった。
180401yama22.jpg


若々しい樹だ。
180401yama23.jpg


花は、神代桜とは異なる。
宇宙の無重力の洗礼を受けて、変化したのだろうか。
180401yama24.jpg


180401yama25.jpg


180401yama26.jpg


山門から入ってすぐのところに、「身延山久遠寺の枝垂れ桜の子桜」があった。
180401yama27.jpg


180401yama28.jpg


180401yama29.jpg


180401yama30.jpg


山門前の道路から塀越しに、花で埋め尽くされている境内の全景を撮る。
山門から参道あたりから、反時計回りに撮った。
180401yama31.jpg


180401yama32.jpg


180401yama33.jpg


背が低いので判りにくいのだが、神代桜を望遠で撮った。

屋根の左の白い桜がそうだ。
180401yama34.jpg


撮る位置を変えて。
真ん中の白い桜がそうだ。
180401yama35.jpg


180401yama36.jpg


雄大なアルプスをバックに。
180401yama37.jpg


(了)


櫻行脚トップページ(桜の一覧)に飛ぶ



スポンサーサイト

伊豆国一之宮・三嶋大社の桜

20170410

所在地:静岡県三島市大宮町2丁目1−5
撮影日:2017年4月9日

4月9日(日)に、「全国一之宮めぐり」ということで参拝しました。
まだ「青春18キップ」が残っていて、使用期間が4月10日まででした。
福島県三春の滝桜が昨年は11日が満開だったので、それに使う予定でしたが、今年は全然開花していないので、あきらめました。
それではということで、自宅の最寄駅から普通列車を乗り継いで3時間程度で行ける、静岡県三島にある「伊豆国一之宮・三嶋大社」に参拝することにしました。

それで、行ってみたら桜の名所だということで人出がすごくてビックリしました。

「三嶋大社」については後日記事にするとして、見事な桜について紹介しておきます。

三嶋駅からのんびり歩いて10分足らずで三嶋大社に到着。
170410mishima01.jpg


あいにく、このころからポツリポツリと雨が降り出しました。

鳥居をくぐると、若山牧水の歌碑があります。
170410mishima02.jpg


170410mishima03.jpg


驚いたことに、池の真ん中に築いた参道が桜並木です。
参道の右側から。
170410mishima04.jpg


同じく参道の左側から。
170410mishima05.jpg


参道は桜のトンネル。
170410mishima06.jpg


参道から池を介して、池の縁の見事な桜を眺められます。
170410mishima07.jpg


170410mishima08.jpg


170410mishima09.jpg


桜のトンネルの下を、傘の行列が行きます。
170410mishima10.jpg


桜の種類が多いので、その取り合わせの景色が素晴らしい。
170410mishima11.jpg


170410mishima12.jpg


170410mishima13.jpg


参道の狛犬も、桜が咲いて嬉しそう。
170410mishima14.jpg


総門の近くに、傾いて延びている頑張り屋の桜が(笑)
170410mishima15.jpg


170410mishima16.jpg


立派な総門です。
170410mishima17.jpg


170410mishima18.jpg


170410mishima19.jpg


総門の中も桜並木が続きます。
170410mishima20.jpg


170410mishima21.jpg


古木がありました。
170410mishima22.jpg


きれいに花を咲かせている。
170410mishima23.jpg


170410mishima24.jpg


170410mishima25.jpg


神鹿園にも桜の木があります。
170410mishima26.jpg


鹿も花見
170410mishima27.jpg


小さい子も嬉しそう。
170410mishima28.jpg


境内では、結婚式も行われていた。
満開の桜の下での結婚式。新郎新婦には素晴らしい思い出となったことでしょう。
170410mishima29.jpg


また、古木があり。
170410mishima30.jpg


170410mishima31.jpg


170410mishima32.jpg


若芽が開花していました。こんなの、いいですね。
170410mishima33.jpg


170410mishima34.jpg


「全国一之宮めぐり」で参拝したら、思いがけず目の保養となりました。
やはり桜は素晴らしい。


櫻行脚・桜の一覧に飛ぶ



小生瀬の地蔵桜(こなませのじぞうざくら)/茨城県久慈郡大子町

20160411

所在地:茨城県久慈郡大子町大字小生瀬4050
枝垂桜(江戸彼岸桜)、樹齢約500年(推定)。
撮影日:2016年4月9日

毎年、樹齢何百年という「名桜」を訪ねるのを楽しみにしていますが、今年訪れる予定にしているうちの一つで、この日、同じ大子町にある外大野のしだれ桜を訪ねた後、そこから車で10分ほどでこの桜を訪ねて来ました。

あちこちに設けられた「小生瀬地蔵桜」の案内に従って進み、駐車場に車を停めましたが、そこから小さい丘を上がって下ったところに目的の桜はあった。

案内
160411namase01.jpg


丘を降りていくと、地蔵堂の向こうに桜があった。
160411namase02.jpg


地蔵桜全景
160411namase03.jpg


説明
160411namase04.jpg


私たちが越えて来た、小高い丘に広大な寺屋敷があり、竜骨が秘蔵されたという伝説があるようです。八竜山地福寺の寺跡があります。現在、寺跡に地域有志により子安地蔵堂が祀ってあります。
シダレザクラは、幹周り約4m、推定樹齢500有余年、樹高約15m、幹周りは中央部が朽ち果て無惨な姿でありますが、四方に伸びる枝は隆々とたくましく、地域の有志が支柱を施して管理しているそうです。

中央の幹
160411namase05.jpg


見ると、地蔵堂参道の石段があったのでそこを下りて、下から桜を眺めながら上がりました。
160411namase06.jpg


石段の中間点から。
160411namase07.jpg


参道を左に外れて桜を撮る。
160411namase08.jpg


石段を上がりきる直前に、振り仰ぐ。
160411namase09.jpg


こっち側からの幹。
160411namase10.jpg


石段を上がりきると、桜越しに地蔵堂が見える。
160411namase11.jpg


改めて、桜を撮る。
160411namase12.jpg


160411namase13.jpg


160411namase14.jpg


160411namase15.jpg


160411namase16.jpg


160411namase17.jpg


160411namase18.jpg


160411namase19.jpg


160411namase20.jpg


160411namase21.jpg


伝承に出てくる「竜骨」とは、やはり龍の骨ということだろうか・・・・・・・・・

なんだか聞いたことがあるような気がしたので、家に帰ってから調べると、漢方薬の材料で「竜骨」は存在する。
基原(素材):古代哺乳動物(象・犀・牛など)の骨の化石。中国の北部および四川省に産する。
薬効:鎮静作用、収斂作用、止血作用 
薬理作用:臍(へそ)下の動悸を鎮め、不眠を治す薬として用いられる。
禁 忌:収斂の効能が強いので、湿熱・実邪には禁忌。

材料の「竜骨」の写真もあった。
160411namase22.jpg


秘蔵品の伝承が、「龍の骨」だというほうが、ロマンがあって私は好きだが。

この桜を見てから、続いて「袋田の滝」にカミさんを案内した。


櫻行脚トップページ(桜の一覧)に飛ぶ



外大野のしだれ桜/茨城県久慈郡大子町

20160410

所在地:茨城県久慈郡大子町大字外大野
エドヒガンの一種で別名糸桜、樹齢約320年(推定)。茨城県指定天然記念物。
撮影日:2016年4月9日

毎年、樹齢何百年という「名桜」を訪ねるのを楽しみにしていますが、今年訪れる予定にしているうちの一つ、この桜を昨日訪ねて来ました。
この桜を選んだのは、水戸光圀が植えたという伝承の桜だから。
去年から、水戸光圀にかなり惹かれています。
今年の観梅も、そういうわけで偕楽園に行ってきました。

事前に調べた情報では、地元では俗に「下大倉(しもおおくら)の桜」と呼ばれ、伝承によれば、かつて水戸光圀公お手植えの桜といわれ、「他所へ移植されても根付くな」と言う意味の和歌を作られたといいます。今その和歌の記録はありませんが、この木は挿木しても根付かないといわれています。

常磐高速を那珂インターで降りて国道118号線を北上、袋田駅の近くで461号線に乗り換えて、袋田の滝入り口を過ぎてから、「外大野のしだれ桜」の案内を頼りに到着しました。
大子町には有名な桜が多く、あちこちにしっかりと案内板が立っていて、迷わずにすみました。
とても有難かった。

駐車場から入り口の案内のところから斜面を上がります。
160410oono01.jpg


すぐに桜の下の広場に出ました。
160410oono02.jpg


県の説明
160410oono03.jpg


下からの全景
160410oono04.jpg


樹齢300年を越す、堂々とした幹。
160410oono05.jpg


廻りを柵で囲んであり、ぐるっと一周できます。
向かって右の斜面から。
160410oono06.jpg


背後から
160410oono07.jpg


背後からの眺めを少しアップで。
160410oono08.jpg


160410oono09.jpg


160410oono10.jpg


160410oono11.jpg


160410oono12.jpg


下に戻ってきて、横の家で接待をしていたので、寄らせていただきました。
160410oono13.jpg


中は桜の写真のギャラリーとなっていた。
160410oono14.jpg


桜の正面には祭壇があり。
160410oono15.jpg


改めて正面から。
160410oono16.jpg


各部のアップ。
160410oono17.jpg


160410oono18.jpg


160410oono19.jpg


160410oono20.jpg


160410oono21.jpg


160410oono22.jpg


160410oono23.jpg


160410oono24.jpg


160410oono25.jpg


そばに、水芭蕉が少し咲いていた。
160410oono26.jpg


水芭蕉と桜のツーショット。
160410oono27.jpg


良い桜だったので、これで満足して次の桜に会いにいった。

(了)


櫻行脚トップページ(桜の一覧)に飛ぶ



サイクリングロードの桜のトンネル

20160402

所在地:埼玉県狭山市柏原

家のすぐ近くに、入間川沿いのサイクリングロードが通っていて、そこに1Kmくらいにわたって桜のトンネルがある。
そろそろ満開だろうと、今日はその下をウォーキングした。
今日は曇りなので、ちょっと花の色は冴えないが「花曇り」そのものだった。

ほぼ満開
160402sakura01.jpg


けっこう大きくなった樹もある。
160402sakura02.jpg


160402sakura03.jpg


ほんとうに桜のトンネルで、毎年ここを歩くのを楽しみにしている。
160402sakura04.jpg


160402sakura05.jpg


幹のあちこちから花が咲いている。
160402sakura06.jpg


七分咲きくらいかな。
160402sakura07.jpg


160402sakura08.jpg


自転車で楽しむ人。
160402sakura09.jpg


気持ちよさそうにランニングする人。
160402sakura10.jpg


のんびりと歩く人
160402sakura11.jpg


160402sakura12.jpg


160402sakura13.jpg


横でグラウンドゴルフを楽しんでいた。
160402sakura14.jpg


なんと結婚式の写真を撮っている人も(笑)
160402sakura15.jpg


ラッパ水仙と
160402sakura16.jpg


何の花?
160402sakura17.jpg


桜の花だった(笑)
160402sakura18.jpg


ムラサキサギゴケの花のところにも
160402sakura19.jpg


ムラサキサギゴケもずいぶん咲いていました。
160402sakura20.jpg


土筆を発見!
160402sakura21.jpg


花桃もきれいだ。
160402sakura22.jpg


160402sakura23.jpg


道路をはさんで反対側に、純白の花桃があった。
160402sakura24.jpg


これは素晴らしい!!
160402sakura25.jpg


160402sakura26.jpg


160402sakura27.jpg


満足して、振り返りながら帰途についた。
160402sakura28.jpg


(了)


櫻行脚トップページ(桜の一覧)に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop