FC2ブログ

青春18キップの旅・2020春

20200329

今年も「青春18キップの旅」を楽しもうと、21日の夜に東京駅23:10発の快速普通列車「ムーンライトながら」に乗り込みました。
200329seishun01.jpg


200329seishun02.jpg


200329seishun03.jpg


全車指定席で、リクライニングシートです。
200329seishun04.jpg


「ムーンライトながら」は、車両が老朽化のため今年いっぱいなのではないかとウワサされている。
この車両とは、もしかしたら今回で乗り納めなのかも。

いつも「青春18キップの旅」では、「ムーンライトながら」を利用して関西方面を旅するようにしています。
今回は、四国に足を踏み入れることにしました。
・「全国一之宮めぐり」を基本に計画を立てた。淡路国一之宮も入れて5社の一之宮が対象となるが、高知県の土佐国一之宮だけ飛び離れているので、今回は割愛した。
・以前から念願の夢だった、淡路島にある沼島の、イザナギ・イザナミの神婚伝説の舞台「上立神岩」に行く。沼島は中央構造線上の島であり、ジオサイト的にも有名で、最近地球の歴史にも関心が強くなっているので、その意味でもぜひ行きたい場所だった。
・伊予国一之宮が「しまなみ海道」の大三島にあるので、「村上海賊の娘」を読んで以来関心を持っている村上海賊ゆかりのところを見る。
・淡路島と「しまなみ海道」の間を移動することになり、しかも帰途は「瀬戸大橋」を鉄道で渡ったので、四国といっても「瀬戸内」の四国側といった感じになった。
「青春18キップの旅」は前後夜行ではさみ三日と決めているので、二日目は21:30にホテルに到着など、非常にタイトな日程となった。

〇行程実績

3/21(土) 東京23:10発「ムーンライトながら」⇒大垣5:45着
【1日目】 3/22(日)  
大垣5:53⇒東海道本線米原行き⇒米原6:27、6:29⇒東海道山陽本線新快速播州赤穂行き⇒三宮8:22、8:26⇒東海道山陽本線新各停西明石行き⇒舞子8:49⇒徒歩5分⇒「高速舞子」9:25⇒高速バスハーバーライナー⇒明石海峡大橋⇒【淡路島縦断】⇒大鳴門橋⇒「高速鳴門」下車10:20⇒トヨタレンタカー鳴門店出発10:40⇒鳴門IC⇒淡路島南IC⇒一般道⇒沼島汽船㈱土生待合所11:55⇒渡船10分⇒沼島【上立神岩】、【自凝(おのころ)神社】(12:05~14:40)⇒渡船⇒沼島汽船㈱土生待合所に戻ってから1時間休憩
※両足が攣ったため、以後の予定あきらめ鳴門に戻る。
(【淡路国一之宮・伊弉諾神宮】、【鳴門公園・千畳敷展望台】は未消化)
⇒トヨタレンタ鳴門店17:20⇒鳴門駅18:07⇒鳴門線徳島行⇒池谷18:24、18:53⇒高徳線引田行⇒坂東駅18:56
※宿泊:徳島県鳴門市板東
①~:行程ポイント、Ⓐ~:立ち寄り地
200329seishun05.jpg


・舞子でレンタカーを借り、淡路島を縦断して鳴門で返却することで最初は計画した。そうなると「ワンウェイ料金」が11000円発生する。もったいないので高速バス(2550円)で鳴門まで行き、そこから車で淡路島に入ることにした。
・高速バスの車窓から、鳴門の「渦潮」を見ることが出来たので、これはラッキーだった。
・当初の計画なら、【伊弉諾神宮】⇒【沼島】だったので、日本最古の神社である伊弉諾神宮に確実に参拝できたので、ここは悔いが残った。

【2日目】 3/23(月)
【四国八十八ケ所第一番・霊山寺】(6:30~7:00)⇒【阿波国一之宮・大麻比古神社】(7:10~8:40)⇒高徳線・坂東駅9:05⇒高徳線板野行⇒9:11、9:39⇒高徳線特急うずしお8号高松行⇒志度10:15、10:29⇒栗林10:48⇒徒歩9分⇒ことでん琴平線・栗林公園駅11:08発⇒ことでん琴平行⇒一宮11:25⇒徒歩15分⇒【讃岐国一之宮・田村神社】(11:40~12:30)⇒徒歩15分⇒琴平線一宮12:52⇒琴平駅13:38⇒歩15分⇒【金刀比羅宮】(昼食含め13:25~17:00)⇒徒歩15分⇒JR琴平駅17:25⇒土讃線高松行⇒多度津17:38、17:51⇒サンポート南風リレー号観音寺行⇒観音寺18:28、18:51⇒予讃線伊予西条行⇒伊予西条20:00、20:43⇒予讃線松山行⇒今治21:27
※宿泊:愛媛県今治市
①~:行程ポイント、Ⓐ~:立ち寄り地
200329seishun06.jpg


200329seishun07.jpg


・私は神社参拝に軸足を置いているので、当初は四国八十八ケ所霊場を一切計画に入れていなかったので、ちょっと忸怩たる思いがあった。一日目の宿のすぐ近くに「四国八十八ケ所霊場」のよりによって「第一番・霊山寺」があることがわかり、どうしようと思っていたら、朝5:30に目が覚めたので、宿を7時に出発する予定だったが6:15に出て、霊山寺に参拝することができた。
・「阿波国一之宮」、「讃岐国一之宮」に加え「こんぴらさん」を計画したが、785段の階段が心配だったので、特急を使うという反則技で時間をかせぎ、「こんぴらさん」参詣に昼食と合せて3時間半の時間を確保した。おかげで、余裕な気持ちでゆったりと参拝することができた。

【3日目】 3/24(火)
トヨタレンタカー今治8:20⇒今治北IC⇒【しまなみ海道】⇒大三島IC⇒【伊予国一之宮・大山祇神社】(9:10~11:00)⇒【道の駅・多々羅しまなみ公園・昼食(11:30~12:15)大三島IC⇒大島北IC⇒【村上水軍博物館】(12:45~13:45)⇒大島南IC⇒今治IC⇒【今治城】(14:15~15:15)⇒トヨタレンタ今治返却15:30
今治16:30⇒予讃線観音寺行⇒観音寺18:30、18:42⇒⇒予讃線高松行き⇒坂出19:25、19:54⇒予讃線快速マリンライナー⇒【瀬戸大橋】⇒岡山20:35
岡山21:13⇒のぞみ96号⇒名古屋22:50
①~:行程ポイント、Ⓐ~:立ち寄り地
200329seishun08.jpg


200329seishun09.jpg


・当初は、今治でレンタカーを借りて「しまなみ海道」を走り尾道に抜けて、少し尾道で観光して名古屋に向かう計画をした。しかし「ワンウェイ料金」11000円がもったいなくて、今治と大三島を往復することにして、その代わり今治城を見ることにした。
・こちらでは、博物館も全部休館になっていたが、心配していた「村上水軍博物館」は開いていて、とても感謝だった。受付で何処から来たかアンケートしていたので見せてもらったら、この日も北海道をはじめ全国から沢山の人が訪れていた。「村上海賊」の人気の高さはすごい。

岡山から名古屋までは新幹線を使用して、名古屋23:20の「ムーンライトながら」で、3/25(水) 5:05に東京駅に無事帰って来た。

旅に出ると、いつも思うのは、旅先でいろいろと触れ合った人の心の温かさである。
八十八ケ所巡礼ではないので、「お接待」には会わなかったが、歩いていてそれに近い感覚を何度も味わうことがあった。

次回から、それぞれでの収穫を記事にしていきます。


まだ「青春18キップ」が1日分余っている。
期限の4月10日までに、日帰りで適当な場所に行こうと思います。
200329seishun10.jpg



「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト



今年もよろしくお願いします

20200101

明けましておめでとうございます。
皆さまにとって、よいお年であるようにお祈り申し上げます。


200101nenga.jpg


昨年は、まずまずの一年でありましたのを感謝しております。
今年も、のんびりとマイペースで、楽しみながら
このブログをやっていきますので、よろしくお願い致します。


カレッタ汐留と新橋駅前SLのイルミネーションショー

20191210

11月20日に歴史クラブ行事の下見で、旧新橋停車場鉄道歴史展示室、カレッタ汐留にある広告博物館「アドミュージアム東京」などに行った際に、カレッタ汐留で46階からの夜景と、イルミネーションショーを楽しみ、帰りがけに新橋駅前に置いてあるSLのイルミネーションショーを楽しみました。

他の場所の紹介は、本番の日のレポートとして、今回はイルミネーションショーを紹介しておきます。

〇カレッタ汐留イルミネーションショー2019「アラビアンナイト」
ディズニー映画『アラジン』の世界観をイメージしたイルミネーションを展開。アラビアンカラーに彩られた光の中にあの“魔法のランプ”が登場するなど、幻想的なムードを盛り上げる。
191210irumi01.jpg



〇新橋駅前SLイルミネーションショー2019
テーマは“新橋SL号が世界の五大陸をめぐる”。SL機関車が五大陸をめぐるというファンタジックなストーリーをイメージしたオリジナルサウンドと、美しく鮮やかな光に彩られた蒸気機関車のイルミネーションの競演。
191210irumi02.jpg


動画を撮影してきて、ユーチュープにアップしたので、それを見てください。

その動画を見る



また拙HPに、今まで撮った動画の一覧表のページを作成したので、
そのページから見ることも出来ます。

四季歩のYOUTUBE動画一覧を見る



ありがとう平成

20190430

今日は、午後4時くらいから「退位礼正殿の儀」のテレビ中継を見ていた。

平成の時代は、私にとって文字通り平和な時代で、無事に仕事からリタイアでき、悠々自適な毎日を送っているのには感謝しかない。
私は、災害に会ったことは皆無で、まったくの「一国民」で、したがって天皇・皇后両陛下にお会いしたことは一度もない。
そんな私が、いつからだろうか「天皇は日本の良心」と思うようになり、天皇・皇后両陛下のなさり様をテレビで見るのが楽しみになった。
仕事をリタイアした後の人生の規範は天皇・皇后両陛下であったような気がするほどだ。

今日のテレビを見ていると、天皇が退位を望まれてからずいぶんと歳月がかかってしまったようだ。
ほんとうに「間に合ってよかった」と、今日の陛下のご様子を見ていて思いました。

202年ぶりの退位と言う人もいるようだが、光格天皇のときとは背景は全然異なると思う。
なにしろ、「一国民」の私でさえ、感謝と大きなねぎらいの心で陛下のご退位をお送りしているのだから。
全国民のこぞっての感謝の中で退位されるというのは、歴代天皇の歴史のなかで「史上初」のご退位だと思う。
「象徴天皇はいかあるべきか」の姿を見事に完成されたと思います。

これからは、お好きなご研究の日々を楽しまれていただきたいと思います。

平成の世は、とても良い時代だったと感謝して、
「ありがとう、平成よさらば」



令和

20190401

新元号が決まった。
「令」は、まったく予想になかった。

テレビでいろいろな捉え方を語っていたが、「秩序ある平和」というのが私には一番しっくりくる。

万葉集の梅の花の序文からとられたそうだ。
序文「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」


今年撮った梅の花の中から、お気に入りの写真で飾っておこう。

「御詞(おことば)の梅」/埼玉県狭山市広福寺
190401reiwa01.jpg



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop