FC2ブログ

千歳烏山寺町散歩(後半)

20200310

2月20日(木)に、歴史クラブの「江戸再発見」グループの企画に参加しました。

26 の寺院が連なる趣き深い寺町のうち10の、次のお寺を訪ねました。
①常福寺⇒②玄照寺⇒③源良院⇒④妙裕寺⇒⑤専光寺⇒⑥高源院⇒⑦妙寿寺⇒⑧稱往院⇒⑨源正寺⇒⑩多門院

千回の記事で、専光寺までを紹介しましたが、今回はそれに続く後半の5寺です。

【高源院】創建は元禄16年(1703)。開山の怡渓宗悦は近江国小谷城主浅井長政の後裔とされる人物。開基は久留米藩主有馬頼元で、仏門に帰依して品川に創立。昭和11年(1936)に復興のため北烏山に土地を購入して移転した。敷地内の弁天池にはカモが飛来し、訪ねる人々を楽しませてくれる。

入口
200310karasu01.jpg


弁天池に浮かぶ浮御堂
200310karasu02.jpg


鴨池の説明
200310karasu03.jpg


浮御堂にお参り。
200310karasu04.jpg


浮御堂に祀られている弁天さまは、琵琶を持って立っている。
200310karasu05.jpg


浮御堂と白梅のツーショット。
200310karasu06.jpg


【妙壽寺】
寛永8年(1631)江戸谷中に創建。その後深川猿江に移り、震災により昭和2年(1927)烏山に移転した。震災で破損した名工藤原正次作の梵鐘がある。客殿は、現在ロシア大使館のある麻布狸穴にあった蓮池鍋島家の邸宅を移築したもので、世田谷区有形文化財の指定を受けている。

山門
200310karasu07.jpg


山門を入ると、広い境内が広がっている。
200310karasu08.jpg


宮沢賢治の「雨にも負けず」の碑があり、賢治の手帳に書かれたのを忠実に写したとある。
200310karasu09.jpg


この中の、「北にケンカやソショウがあれば つまらいからやめろといひ」
の部分の「北」という字に、参加者の皆が飛びついた。
「この字は北という字なのか?」、「賢治が本当にこの字を書いたのか?」
200310karasu10.jpg


一時期、賢治のことを調べて歩いた私は、帰ってから持っていた資料で調べた。

この有名な「雨にもまけず」は、賢治が生前発表したものではなく、賢治の死後発見された彼の手帳に書き込まれていたものである。

賢治の手帳
200310karasu11.jpg


手帳の、「北にケンカやソショウがあれば」の部分。
たしかに、賢治はこの字で書いている。
200310karasu12.jpg


「雨にも負けず」を書いたころの賢治をおさらいする。

・昭和3年6月初 農産製造、水産製造の研究のため上京、心象スケッチ「丸善階上喫煙室小景」が残る。
    6月末 東京から帰京
    8月  稲作不良を心配し、風雨の中奔走し病に倒れる
・昭和4年、5年は病床
・昭和6年3月 全快を機に、東北砕石工場の技師として就職 宣伝販売を担当
※給料の代わりに貨車3台の石灰を受け取り、農家に配った。当時、賢治は土壌改良を農家に指導していたが、冷害に苦しむ農家は、石灰を買う金が無かった。賢治が就職したのは、土壌を少しでも改善して死んでいこうと考えたから。
   8月頃 「風の又三郎」の執筆進む
 9月20日 石灰宣伝で上京中に発熱。遺書を書く
 9月28日 帰郷 自宅で病臥

 11月3日 手帳に「雨にも負けず」を書き留める 

病状悪化にもかかわらず、農民の肥料相談に応じ続ける
・昭和8年9月21日 死去
・死後、彼のトランクから昭和6年の手帳と遺書が見つかる

賢治の「雨にも負けず」なかの「北」の字が特殊なので、用例が他にもあるか調べてみた。
くずし字を調べるのに利用しているサイト「東京大学資料編纂所」の203例から。
下の横棒が無くても「北」と読んでくれるらしい。
200310karasu13.jpg


203例の中から賢治の「北」に似た字を選ぶと、この字が一番近い。
200310karasu14.jpg


東大の「くずし字」サイトは、あくまで古文書が対象だということがありますが、
賢治の字は、かなり独創的と言えるかもしれません。

名工藤原正次作の梵鐘
200310karasu15.jpg


200310karasu16.jpg


堂々たる本堂
200310karasu17.jpg


境内は、竹の林があったりして広大なものでした。
200310karasu18.jpg


蓮池鍋島家の邸宅だったという客殿と本堂に上がらせていただきました。
200310karasu19.jpg


大きな柱時計
200310karasu20.jpg


室内は、古雅な雰囲気に包まれている。
200310karasu21.jpg


200310karasu22.jpg


二階の外廊下
200310karasu23.jpg


渡り廊下と本堂が見える。
200310karasu24.jpg


入口と賢治の碑が見える。
200310karasu25.jpg


中に貼られているポスターや写真を見ると、この客殿は色々なイベントに使用されているようで、客殿から本堂に向かう渡り廊下に、竹にロウソクを並べてあった。
灯した風景を想像すると、なかなか良い感じだと思う。
200310karasu26.jpg


200310karasu27.jpg


外には、素心蝋梅が咲き誇っていた。
200310karasu28.jpg


200310karasu29.jpg


山茶花も咲いている。
200310karasu30.jpg


本当内陣
200310karasu31.jpg


本尊の日蓮ご真筆
200310karasu32.jpg


【称往院】
200310karasu33.jpg


200310karasu34.jpg


本堂
200310karasu35.jpg


そば禁制の碑
200310karasu36.jpg


境内の置き石とプリムラ
200310karasu37.jpg


【源正寺】
昭和7年(1932)に築地からこの地に移転。本堂の左右に江戸時代の鋳物師、釜六(太田六右衛門)と釜七(太田七右衛門)作の天水桶が置かれている。
200310karasu38.jpg


本堂
200310karasu39.jpg


片方しか撮らなかった(汗)
200310karasu40.jpg


その中には、メダカが泳いでいた。
200310karasu41.jpg


【多聞院】
開山は述誉法印。新宿角筈村に元和元年(1615)に創建。昭和20年(1945)の戦火により堂宇のすべてを焼失。昭和24年に現在地に墓地を改葬移転。同29年の末には本堂・庫裡を再建した。天保の大飢饉による落命者568人の墓がある。

入口
200310karasu42.jpg


本堂までの境内には色々なものが置かれていた。
200310karasu43.jpg


石仏群
200310karasu44.jpg


私の好きな、獅子に乗っている文殊菩薩
200310karasu45.jpg


石造浮彫涅槃図
奈良の壺坂寺より寄贈されたもの。
多聞院の先々代住職が壺坂寺の住職をしていた縁によるもの。
200310karasu46.jpg


200310karasu47.jpg


568人無縁墓
200310karasu48.jpg


これで、予定していた10のお寺の参拝を終え、帰途につきました。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト



千歳烏山寺町散歩(前半)

20200308

2月20日(木)に、歴史クラブの「江戸再発見」グループの企画に参加しました。

1923 年の関東大震災により未曾有の被害を受けた浅草・築地・麻布のお寺は、当時畑地や雑木林の一帯であった烏山に新しい土地を求め、次々移転してきました。その後区画整理や戦火焼失のお寺も加わり、現在では 26 の寺院が連なる趣き深い寺町となりました。 今回はそのうち10の、次のお寺を訪ねました。
①常福寺⇒②玄照寺⇒③源良院⇒④妙裕寺⇒⑤専光寺⇒⑥高源院⇒⑦妙寿寺⇒⑧稱往院⇒⑨源正寺⇒⑩多門院

千歳烏山寺町のマップ。
200308chitose01.jpg


少しゆるりと最寄りの駅を出発して、京王線千歳烏山の駅を降りたのが11時をちょっと過ぎていた。これから回るコースの途中には食べるところが無いので、その前に参加者思い思いのお店でお昼を食べました。

昼食後集合場所は区民センター。
200308chitose02.jpg


壁には、しゃれた壁画が(笑)
200308chitose03.jpg


参加者が揃ったところで、スタート。

【常福寺】
顕本法華宗の常福寺は、法立山と号し、天文20年(1551)浄徳院日立上人が浅草鳥越に創建しました。浅草吉野町への移転を経て、昭和3年に当地へ移転しました。
本尊は、十界曼荼羅。
タヌキ寺として親しまれている。

入口
200308chitose04.jpg


入口から本堂までの間に、無数のタヌキの置物と藤棚がある。
200308chitose05.jpg


タヌキの集団
200308chitose06.jpg


200308chitose07.jpg


可愛いタヌキで一杯である。
200308chitose08.jpg


200308chitose09.jpg


石灯篭にも、よく見るとタヌキが居る(笑)
200308chitose10.jpg


200308chitose11.jpg


地蔵尊像
200308chitose12.jpg


白梅と地蔵尊のお顔
200308chitose13.jpg


【玄照寺】
慶長19年(1614年)、開山は小湊誕生寺第18世忠禅院日延上人、開基は覚隆院日諦上人によって広宣流布、万民教化のために東京都芝区白金三光町105番地に開かれた。関東大震災後の区画整理のため、第25世伊丹霊瑞(瑞牙院日光上人)の代の昭和2年(1927年)、芝白金の地より、現在地に移転した。
当山の日蓮大菩薩は、雨乞い(女乞い)の祖師として知られ、農家の人や女人の信仰が厚い。墓所には帯江戸川家代々の墓、堂内には子育鬼子母神像、大黒尊天像、清正公像などが勧請安置されている。

朝鮮より捕虜として来日し加藤清正により育てられた、朝鮮王子の臨海君の二子のうち弟のほうが開山上人となっている。本堂には清正公像が安置されている。

入口
200308chitose14.jpg


入り口には「中国獅子」がお出迎え。
200308chitose15.jpg


200308chitose16.jpg


入口から、真っ直ぐに参道が延びる。
200308chitose17.jpg


本堂の前にも、中国獅子が。
200308chitose18.jpg


両方とも口を開く阿形なのが中国獅子の特徴。
200308chitose19.jpg


200308chitose20.jpg


枝垂れ梅が咲きかかっていた。
200308chitose21.jpg


【源良院】
浄土宗寺院の源良院は、向旭山と号し、延宝4年(1676)、浅草西福寺末として神田に開基されました。その後湯島・浅草への移転を経て、関東大震災後当地へ移転しました。当地へ共に移転してきた向旭院と合併、向旭山源良院と称しています
本尊:阿弥陀如来像
火事を防いだと逸話の残る火伏観世音菩薩がある。

入口
200308chitose22.jpg


入ってすぐ左手に観音堂があり、その中に三体の観音様が安置されている。
200308chitose23.jpg


聖観世音菩薩
200308chitose24.jpg


楊柳観世音菩薩
200308chitose25.jpg


十一面観世音菩薩
200308chitose26.jpg


本堂は、見上げる高みにあり。
200308chitose27.jpg


庫裡の前にも、とても良いお姿の石仏が二体あり。
200308chitose28.jpg


庫裡の玄関の前に、立派な岩苔が。
今は冬なので元気が無いが、良い季節には素晴らしいことだろう。
200308chitose29.jpg


次の妙裕寺の門前に、立派な枝垂れ梅があった。
200308chitose30.jpg


200308chitose31.jpg


【妙裕寺】
嘉永2年(1625)、土中から発見された阿弥陀仏像を本尊とし、京都の公卿の宮仕えを嫌って出家した了頓法師が渋谷村宮益坂に廃寺となっていたものを再建。昭和24年に烏山に移転した。
築地本願寺の流れを汲む古代インド様式の本堂は昭和37年に建立された。
本尊:阿弥陀如来

本堂
200308chitose32.jpg


広い境内には、咲き始めた木も多かった。

枝垂れ梅
200308chitose33.jpg


200308chitose34.jpg


寒桜
200308chitose35.jpg


200308chitose36.jpg


【専光寺】
浄土宗単立寺院で、創建は慶長9年(1604)、貞蓮社穏誉上人が馬喰町に新たな堂宇を建立。のちに浅草新寺町へ移転し、関東大震災後に烏山へ。
本尊:阿弥陀如来
喜多川歌麿の墓がある。

入口
200308chitose37.jpg


本堂
200308chitose38.jpg


喜多川歌麿の墓
200308chitose39.jpg


200308chitose40.jpg


近くに、紅梅、白梅があり。
200308chitose41.jpg



続きの「後半」の記事に飛ぶ



「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



雑司ヶ谷七福神めぐり(後半)

20200127

1月6日に行われた、歴史クラブの「江戸再発見」、「伝統芸能・祭り」両グループ共催の催しに参加しました。
前回、①鬼子母神堂⇒②観静院⇒③大鳥神社⇒④清立院⇒⑤清土鬼子母神堂まで記事にしています。

清土鬼子母神堂からちょっと歩いたところにある護国寺の門前に、食べもの屋さんが並んで居るので、分散してお昼を食べ、護国寺門前に集合することにしました。
私らは、そんなに混んでいないお店で食べて護国寺門前に戻ったのですが、ファミレスなどに入った人たちが混んでいるため遅れてしまい、その間護国寺境内を散歩してました。

〇護国寺
仁王門
200127zoushi01.jpg


仁王門から入ったところの参道
200127zoushi02.jpg


不老門
200127zoushi03.jpg


本堂
200127zoushi04.jpg


護国寺門前に全員が揃ったところで、雑司ヶ谷霊園に寄った後、残る二つに向かいました。

〇雑司ヶ谷霊園
ここには、永井荷風、小泉八雲、小栗上野介、金田一京助、泉鏡花、竹久夢二、夏目漱石、仲濱万次郎、島村抱月、サトウハチロー、羽仁もと子、荻野吟子など著名な人の墓がある。
時間が許す範囲で、お参りした人の墓を挙げておく。

夏目漱石
200127zoushi05.jpg


竹久夢二
200127zoushi06.jpg


泉鏡花
200127zoushi07.jpg


小栗上野介
200127zoushi08.jpg


200127zoushi09.jpg


荻野吟子
200127zoushi10.jpg


200127zoushi11.jpg


サトウハチロー
「ふたりでみると すべてのものは うつくしくみえる」
200127zoushi12.jpg


200127zoushi13.jpg


永井荷風
200127zoushi14.jpg


決めた時間に集合した参加者で、ここから東通りを行き、中野ビルに向かった。

【⑥中野ビル】 布袋尊
豊島区南池袋2-12-2中野ビル1F
中野家は大阪城の石材供給地小豆島の出身である。7代目は布袋尊を護持し、皇居の二重橋や国会議事堂等の石造建築を手掛けた。尊像は戦火を被ったが、今は池袋復興のシンボルとして地域に親しまれている。
200127zoushi15.jpg


200127zoushi16.jpg


200127zoushi17.jpg


中野ビルの向かいに、よくテレビで紹介されている眼鏡屋さんがあった。
200127zoushi18.jpg


200127zoushi19.jpg


200127zoushi20.jpg


そこから歩いて5、6分で、ゴールの仙行寺に到着。

【⑦仙行寺】 福禄寿
豊島区南池袋2-20-4
江戸時代初期創立、小石川・白山にあった善行院と隣接の仙応院が合併して仙行寺と改称、今日に至る。戦災により全堂宇を焼失したが、石造浄行菩薩像のみが残る。木彫妙法福禄寿像を安置する。
200127zoushi21.jpg


200127zoushi22.jpg


木彫妙法福禄寿像
一般的な福禄寿像とは違っている。
200127zoushi23.jpg


200127zoushi24.jpg


2018年に建立したという、「池袋大仏(二丈釈迦如来大佛)」があった。
高さ4.6m
200127zoushi25.jpg


200127zoushi26.jpg


ここのご住職は、朝比奈文邃という脚本家で、BSプレミアムで放送している「大岡越前5」を手掛けているらしい。
200127zoushi27.jpg


これで、全予定を完了。
すぐ近くの池袋駅から帰途に就いた。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



雑司ヶ谷七福神めぐり(前半)

20200120

1月6日に行われた、歴史クラブの「江戸再発見」、「伝統芸能・祭り」両グループ共催の催しに参加しました。
豊島区観光協会のマップを利用して回りましたが、順番は一部変更しています。
廻ったのは、①鬼子母神堂⇒②観静院⇒③大鳥神社⇒④清立院⇒⑤清土鬼子母神堂⇒護国寺前で昼食⇒雑司ヶ谷霊園⇒⑥中野ビル⇒⑦仙行寺の順番です。
200120zoushiga01.jpg


都営副都心線「雑司ヶ谷」駅で下車、七福神めぐりのスタートです。

雑司ヶ谷鬼子母神の参道
200120zoushiga02.jpg


【①鬼子母神堂】 大黒天
豊島区雑司ヶ谷3-15-20
拝殿・相の間・本殿からなる豪壮なお堂が深い木立の中にどっしりと構え、江戸後期には将軍の御成りもあったという歴史と格式を感じさせる。大国堂に祀られる大黒天は鬼子母神の夫神にあたる。

まだ時間が早いせいか、七福神めぐりの人よりも近くの保育園の子供たちが目立った。
200120zoushiga03.jpg


まずは、大国堂にお参り。
200120zoushiga04.jpg


大黒天
200120zoushiga05.jpg


本堂
200120zoushiga06.jpg


境内の駄菓子屋さんのおばあちゃんも健在。
200120zoushiga07.jpg


大銀杏も元気です。
幹周/8. 00m、樹高/30m、樹齢/推定600年以上。
200120zoushiga08.jpg


鬼子母神堂を出て、すぐに威光山法明寺の南無妙法蓮華経石碑が建っているところから法明寺の参道を進みます。
200120zoushiga09.jpg


参道途中の右手に観静院があります。

【②観静院】 弁財天
豊島区南池袋3-5-7
1200年以上の歴史のある日蓮宗威光山法明寺の塔頭(たっちゅう)です。
昔は一面の梅林であった。中に天神堂があり、加藤清正は御神体を供奉し、文禄・慶長の役を全うする。後年尊像はこの地に還るが、元の梅林は拓かれ、当院が創設されていた。
芸事上達の神・弁財天を祀る。
200120zoushiga10.jpg


弁才天にお参り。
200120zoushiga11.jpg


200120zoushiga12.jpg


本堂
200120zoushiga13.jpg


法明寺の入り口を出たら左に向かい、東京音楽大学の横を進むと、都電荒川線の手前に大島神社はあります。
200120zoushiga14.jpg


【③大鳥神社】 恵比寿神
豊島区雑司が谷3-20-14
正徳2年(1712)疱瘡除けの神として創始、以来雑司ヶ谷一帯の氏神として崇敬されている。江戸時代から続く酉の市は雑司ヶ谷の風物詩の一つ。地誌によれば、創始時には恵比寿神が合祀されていた。

鳥居のところに居る狛犬が、関東では極めて珍しい「出雲構え型」でした。
200120zoushiga15.jpg


200120zoushiga16.jpg


200120zoushiga17.jpg


200120zoushiga18.jpg


恵比寿さんにお参り。
200120zoushiga19.jpg


200120zoushiga20.jpg


拝殿にて参拝。
ご祭神:日本武命、(相殿神) 倉稲魂命
200120zoushiga21.jpg


拝殿前には、風格のある「岡崎古代型」狛犬がいます。
200120zoushiga22.jpg


200120zoushiga23.jpg


200120zoushiga24.jpg


200120zoushiga25.jpg


阿形狛犬の足元には、何故かカエルがいた。
200120zoushiga26.jpg


ここのお賽銭箱は、立派な巾着袋だった。
200120zoushiga27.jpg


大鳥神社の横の道(弦巻通り)を都電荒川線を越えて直進、三つ目を左折して進むと清立院の下に出ます。
200120zoushiga28.jpg


【④清立院】 毘沙門天
豊島区南池袋4-25-6
約770年前、真言宗・清瀧寺として創立。後に村を疫病から救った雲水が日蓮聖人像を寺に残したことから日蓮宗・清立院と改める。雨乞いと皮膚病の祈願寺として尊崇された。木彫り毘沙門天像は区指定文化財。
200120zoushiga29.jpg


本堂の建物内に毘沙門天は祀られている。
200120zoushiga30.jpg


毘沙門天像
200120zoushiga31.jpg


まぎらわしいが、前立の毘沙門天像もあり。
200120zoushiga32.jpg


甘酒は一杯百円で、そして泡盛を無料で(!)
200120zoushiga33.jpg


ちょっと疲れた身体に甘酒は有難かった。そのお金は首里城再建のためと書いてあった。
それでは、飲まずにおられません!!
聞いたら、先代の住職さんから沖縄に供養に通っておられて、沖縄と縁が深いのだそうです。
200120zoushiga34.jpg


ここから、次の清土鬼子母神堂までは距離がある。ずっと降っていく。

【⑤清土鬼子母神堂】 吉祥天(寿老人の代替)
文京区目白台2-16
雑司ヶ谷鬼子母神堂に祀られている鬼子母神尊像は、清土のこの地から出土した。清土出現所とはここからついた名前だが、地元では親しみを込めて清土鬼子母神と呼んでいる。
吉祥天はこの鬼子母神の娘神である。
200120zoushiga35.jpg


200120zoushiga36.jpg


吉祥天像にお参り。
200120zoushiga37.jpg


200120zoushiga38.jpg


本堂
200120zoushiga39.jpg


星ノ井(星の清水)は、形が三角形の井戸。鬼子母神像が出土した際、この泉は星影を宿したといい、この泉で像を浄めた。
200120zoushiga40.jpg


江戸名所図会『清土星の清水』にも、ちゃんと三角形の井戸が描かれています。
200120zoushiga41.jpg


芭蕉の句碑
「芭蕉庵桃青 此道に 出て涼しさよ 松の月」
200120zoushiga42.jpg


入口に入ってすぐのところに道標があるが、最初からここにあったのではなく、移されたもののようだ。
道標「文政六年/これより右みのぶ山ひながた七面堂きしも神出現所道」
200120zoushiga43.jpg


「みのぶ山ひながた七面堂」というのは、調べたら雑司ヶ谷にある「本浄寺」のことだった。
『新編武蔵風土記稿』には、こう記されている。
(雑司ヶ谷村)本浄寺
同(甲斐國身延久遠寺)末、眞要山と號す、本尊三寶祖師、開山眞珠院日要、寛永年中駒込邊に起立し、明暦三年三月十一日寂す、其後根津権現御建立の時御用地となり、寶永四年此地に引しと云。
七面社。相傳ふ此像は甲州身延山七面の像を造立せる頃試に造りし像にて、彼山の寶蔵にありしを、身延三十一世日脱元禄六年紫衣勅許の時、當寺五世正行院日保勤努あるを以て授與すと云、今の社は松平右近将監の寄進なり、大黒の像を合祀す、此像は日蓮仁治年中是性と云し頃、大願を起し自ら浄香と以て煉模し、其後宗門弘通の上弘安三年正月三日再ひ開眼す、運命守護の大黒と云。

「ひながた」というのは、山梨県の身延山久遠寺にある七面の像のひながた、という意味となる。

これで、午前の部は終わり、ちょっと歩いたところにある護国寺の門前に、食べもの屋さんが並んで居るので、分散してお昼を食べ、護国寺門前に集合することにした。

続きは、次回の記事で。


雑司ヶ谷七福神めぐり(後半)の記事を見る


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



根津・千駄木散歩

20190929

9月15日に、歴史クラブの企画で散歩しました。
190929nesen01.jpg



地下鉄南北線の「東大前」駅で下車。
直ぐ近くの、東大農学部入り口にある「帰って来たハチ公」を見に行きます。

【帰って来たハチ公像】
飼い主の故上野英三郎博士に飛び付く姿の銅像が、日本に農業土木学を創設した博士の没後九十年にあたる、
2015年3月8日に除幕式が行われた。

東大農学部正門
190929nesen02.jpg


「帰って来たハチ公」像
190929nesen03.jpg


190929nesen04.jpg


それから、願行寺、聖テモテ協会の前を通って、根津神社に向かいました。
根津神社に着く直前に坂を降りたが、それは森鴎外ゆかりの新坂(権現坂・S坂)だった。
190929nesen05.jpg


説明を見てから、振り返って撮った(汗)
190929nesen06.jpg


【根津神社】
正門の大鳥居
190929nesen07.jpg


随神門
190929nesen08.jpg


ここは、既に「根津神社つつじ祭り・権現太鼓」という記事を書いています。

その記事を見る


拝殿(以前撮った写真)
190929nesen09.jpg


境内の「乙女稲荷」の鳥居列をくぐった。
190929nesen10.jpg


ここで、ちょっと早目の昼食。
不忍通りに出ると、たくさんの飲食店があるのだが、収容数が限られているため、分散しての食事。

最集合して、へび道を通って、千駄木に向かいました。

【へび道】
へび道に入ると、「くねくね道」だよと、道路標識。
190929nesen11.jpg


何のお店かしらないが、ボートを立てて看板にしている(驚)
190929nesen12.jpg


たしかに「くねくね」です。
190929nesen13.jpg


190929nesen14.jpg


亀の子束子のお店発見!
190929nesen15.jpg


こちらは、トートーバッグ専門店。
190929nesen16.jpg


まだ、くねくねは続く(笑)
190929nesen17.jpg


団子坂からさんさき坂に続く道に出て、へび道は終わる。
指人形笑吉さんに予約を入れてあり、ちょっと時間があったので、谷中小に寄った。
190929nesen18.jpg


190929nesen19.jpg


190929nesen20.jpg


【指人形笑吉】
指人形笑吉工房は工房兼アトリエであり、主宰である露木光明によって指人形が制作されている。笑吉とはにっこりと笑ったおじいさんの指人形で、一体一体細かな表情が異なる。アトリエ内では指人形劇や人形による似顔絵描きなど楽しいパフォーマンスも実施(各パフォーマンスは有料)している。
190929nesen21.jpg


何度か来ているが、ここの人形はとても楽しい。
190929nesen22.jpg


190929nesen23.jpg


190929nesen24.jpg


指人形劇場を予約してあり、それまで少し時間があったので、人形による似顔絵描きを誰かしてもらおうということになり、参加メンバーの一人が描いてもらうことになった。

人形劇をするステージで、スダレの向こうから対象を見つつ、人形を操作して絵を描いていく。
190929nesen25.jpg


お店をのぞきに来た、小さな女の子が興味津々。
190929nesen26.jpg


似顔絵は、筆を持ち替えて彩色にかかる。
190929nesen27.jpg


見事に、そっくりに描いてもらった似顔絵。
190929nesen28.jpg


人形劇は、撮影禁止のため紹介出来ないが、抱腹絶倒の楽しいもので、皆さん大いに満足していた。

【森鴎外記念館】
文京区千駄木は、鴎外がその半生を過ごした地です。記念館が建つ場所は、鴎外の旧居「観潮楼」の跡地で、鴎外は1892(明治25)年から、亡くなる1922(大正11)年までここで過ごしました。
小説家、戯曲家、評論家、翻訳家、陸軍軍医と、いくつもの顔をもつ鴎外は、その業績から傑出した才能は明らかですが、文化人たちとの交流からも人間鴎外の大きさを知ることができます。
190929nesen29.jpg


私は企画展はパスして図書室で、復刻本ではあるが、当時の装丁を再現した、あの頃の作家の本をいろいろと眺めて楽しんだ。

踊り場の休憩スペースからの銀杏の木。とてもいい形をしている。
190929nesen30.jpg


森鴎外記念館横の、「薮下通り」入り口にある「夢」という彫刻。
森鴎外の「舞姫」にちなむ、一色邦彦氏制作のもの。
190929nesen31.jpg


ここで解散として、参加者は思い思いに帰ることになった。
千駄木駅に向かう道筋にある「あめんどろや」というお店が、最近テレビで取り上げられたので、寄る人が多かった。「芋蜜」の専門店としては、日本で唯一のお店である。
安納芋を使っているので、大学芋にしてもとても美味しい。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop