常陸国歴史探訪/舟塚山古墳、大洗磯前神社

20180526

5月9日に歴史クラブの定例見学会で行きました。
最初に常陸国府跡、総社宮、常陸国分寺跡を訪ねて、次いで「舟塚山古墳」を訪ねようと向かったら、思わぬ障害が起きました。
石岡駅前から舟塚山古墳に向かう県道に入ろうとした時、バスの運転手さんが「大型バスが通行禁止になっている」と言うのだ??!!
確かに「大型トラック・バス禁止、路線バスのみ可」となっている。
下見には普通乗用車で来たが、県道だし路線バスも走っているし、そんなに狭い道でもなく、全然疑いもしなかった。大体において、観光会社に立ち寄りポイントを言ってコースを設定してもらっているのである(怒)
しばらく地図とにらめっこしたが、あきらめざるを得なかった。
クラブの皆さんには申し訳ないことになりました。

ここでは、下見(3月1日)の際の写真を載せておきます。

【舟塚山古墳】
180526hitachi01.jpg


180526hitachi02.jpg


円墳の方には神社が出来ている。
180526hitachi03.jpg


前方後円墳の周囲に沿って、歩いた。
円墳の部分
180526hitachi04.jpg


方墳のヘリから円墳を見る。
180526hitachi05.jpg


方墳の角に来た。
180526hitachi06.jpg


ちょっと離れたところから全景を見る。
180526hitachi07.jpg


上に乗った。
方墳の上から円墳を見る。
180526hitachi08.jpg


上を歩いて行って、円墳の上から方墳を見る。
180526hitachi09.jpg


定例見学会の頃は、もう草が青くなっていたはず。
ネットで画像を探した。
こういう感じだったに違いない。
180526hitachi10.jpg


次の目的地は、那珂湊漁港のおさかな市場にあるレストラン。
ここで海鮮丼や刺身定食で、新鮮なお魚を食べて大満足。
美味しい海産物をお土産に購入。
満足したところで、最後の予定地「大洗磯前神社」に向かった。

【大洗磯前神社】
所在地:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町

延喜式内社:常陸國鹿嶋郡 大洗礒前薬師菩薩(明)神社 名神大社
旧國幣中社
由緒:
当社の創立は「文徳実録」に、斉衡3年(856)12月29日と記されており、創立年代の明確な数少ない神社である。そして翌天安元年(857)8月には官社に列せられ、更に10月には、「大洗磯前薬師菩薩明神」の神号を賜った。そして延喜の制では、式内社(明神大社)に、また明治に入ると国幣中社に列せられるという由緒ある神社である。 現在は神社本庁の別表神社である。
但し、社殿は永禄年間(1558~1570)の兵乱で悉く焼失、その後水戸藩2代光圀公が元禄3年(1690)に造営開始、3代綱篠公の享保15年(1730)再興された。爾来、歴代水戸藩主の厚い崇敬を受けた。

既に、「関八州式内社めぐり」で参拝した際の記事をアップしてあります。

その記事を見る


最初に、ご祭神が降臨したという「神磯」に皆さんを案内しました。
180526hitachi11.jpg


ほどほどに波があって見ごたえがありました。
180526hitachi12.jpg


日の出の名所です。
180526hitachi13.jpg


下見(3月1日)に来た時は、前日爆弾低気圧が通過した後だったので、ものすごい波で、動画を撮ったものをユーチューブにアップしてあります。

その動画を見る



社殿に戻る、石段の下に狛犬が居るのだが、来るたびに上に乗っている小石がものすごいことになっている(笑)
180526hitachi14.jpg


180526hitachi15.jpg


180526hitachi16.jpg


180526hitachi17.jpg


石段を上がると、随神門の前となる。

随神門前の明治3年奉納の陶器製狛犬だが、今回尾が左右で違う事に気づいた。
そもそもこの狛犬は、ちゃんと本来の獅子・狛犬のセットになっている。
右が、たてがみが巻き毛になっていて獅子である。
180526hitachi18.jpg


180526hitachi19.jpg


尾にも巻き毛がある。
180526hitachi20.jpg


左は、たてがみが綺麗に流れていて狛犬である。
180526hitachi21.jpg


180526hitachi22.jpg


尾も綺麗に毛が流れていて、巻き毛は無い。
180526hitachi23.jpg


今回も、本殿の茅葺屋根の優美なカーブには見とれた。
180526hitachi24.jpg


「関八州式内社めぐり」の際にはアップ出来ていなかったもの。

大黒さん
180526hitachi25.jpg


180526hitachi26.jpg


塀の上に焼き物が一杯に奉納されている。
180526hitachi27.jpg


180526hitachi28.jpg


神馬舎
180526hitachi29.jpg


180526hitachi30.jpg


以上で、定例見学会の予定は全て完了。
満足して帰途につきました。



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

常陸国歴史探訪/常陸国府跡、国分寺跡

20180514

5月9日に歴史クラブの定例見学会で行きました。
この日は、午前中は小雨、午後は曇りの天気でした。

【常陸国府跡】
石岡市中心部、石岡台地上に位置する常陸国の国府の遺構である。この国府は、初代常陸国司の百済王遠宝の頃に計画が始まり、9代目の百済敬福、10代目の佐伯今毛人の頃までには完成したと推測されている。
国府内では国衙を西端に配置して条坊制が敷かれ、北に常陸国分寺(位置)や常陸国分尼寺(位置)、南に総社(現・常陸國總社宮、位置)が配置された。国衙は方2町で内部に国庁を置き、周囲には土塁と堀が巡らされ、東西南北には門が設けられたとされる。また国府の周囲は北を国分寺境界、南をビンズル谷津、東を山王川低地、西を恋瀬川低地で限ったと推測され、周囲に土塁が、東西南北には門が設けられたとされる。なお、国分尼寺跡のさらに北方には、関連遺跡として工房跡と見られる鹿の子遺跡(位置)が確認されている。

国府の中枢をなす国衙の遺構は、石岡市立石岡小学校(石岡市総社一丁目)の校庭において発見された。同地が国衙跡と認識されるに至ったのは、昭和45年(1970年)の石岡小学校の建て替えに伴う発掘調査で大型建物が発見された時になる。平成10年(1998年)には小学校の施設建設に伴う調査がなされたが、大型建物が検出されたことから当地での建設は中止され、遺構は保存された。そして平成13年(2001年)から平成19年(2007年)にかけて本格的な調査が実施され、国衙の詳細が明らかとなった。発掘調査からは7世紀末から11世紀までの施設の変遷が明らかとなっており、国衙の誕生から衰退までが通して確認可能な遺跡になる。これらの遺構は平成22年(2010年)に国の史跡に指定された。現在は石岡小学校校庭の地下に保存された状態で、史跡整備等はなされていない。

隣の市民会館駐車場から国府跡に行く途中、「陣屋門」があり。

〇陣屋門
180514hitachi01.jpg


180514hitachi02.jpg


石岡小学校校庭にある、国府跡・ふるさと歴史館を訪ねる。
180514hitachi03.jpg


あらかじめお願いしてあった、ボランティウガイドさんの説明で見て回る。
180514hitachi04.jpg


〇国府跡碑
180514hitachi05.jpg


〇箱式石棺
舟塚山古墳から出土したもの。
180514hitachi06.jpg


180514hitachi07.jpg


〇府中城の土塁
ここは、府中城でもあったので、土塁の一部が残っている。
180514hitachi08.jpg


180514hitachi09.jpg


〇常陸大掾氏について
180514hitachi10.jpg


〇石仏「風間阿弥陀」
180514hitachi11.jpg


180514hitachi12.jpg


この校庭が国衙跡である。
180514hitachi13.jpg


ワンちゃんがお座りして感じの石があった。
180514hitachi14.jpg


【ふるさと歴史館の展示】
〇一階
常陸国府跡全体図
180514hitachi15.jpg


たくさんの発掘調査写真があったが、その中から一枚。
180514hitachi16.jpg


石岡と云えば、獅子頭らしい。
180514hitachi17.jpg


180514hitachi18.jpg


〇二階展示
180514hitachi19.jpg


最近、地質学に目覚めていて、特産鉱物には目が無い。
180514hitachi20.jpg


180514hitachi21.jpg


180514hitachi22.jpg


◇鹿の子遺跡
180514hitachi23.jpg


180514hitachi24.jpg


◇漆紙文書
180514hitachi25.jpg


奈良・平安時代は紙が貴重品で、リサイクルしていた。
漆が蒸発しないように容器の落とし蓋として再利用された文書が、漆が付いているため腐らずに残っていたもの。
180514hitachi26.jpg


180514hitachi27.jpg


180514hitachi28.jpg


◇ガラス玉鋳型
180514hitachi29.jpg


180514hitachi30.jpg


◇日立国分寺復元模型
180514hitachi31.jpg


180514hitachi32.jpg


これで、国府跡・ふるさと歴史館の見学は終り、続いて総社神社に参拝したが、総社神社は別記事として、その後見学した国分寺跡の記事を続けます。

バスで10分ほど移動して、国分寺跡に到着。

【常陸国分寺跡】
創建は不詳。『常陸府中鏡』によれば天平15年(743年)に起工し、天平勝宝4年(752年)に成就したという。『延喜式』主税寮では諸国本稲に「国分寺料六万束」と見え、諸国国分寺のうちでも屈指の寺領を有したとされる。
『扶桑略記』仁和4年(888年)11月23日条では、『本朝法華験記』の引用として、常陸国書生の飛鳥貞成が国分寺で供養を盛大に行なったと見える。また税所文書によると、嘉吉2年(1442年)の常陸国留守所からの下文で、天平神護2年(766年)・延暦24年(805年)の太政官符に従い三宝布施300束と講読師并謂僧布施5,624束が奏上されている。
『府中平邑巡覧記』によると、創建80年後での兵火による焼失のほか、天慶2年(939年)の平将門の乱で焼失、天正13年(1585年)の佐竹氏・大掾氏の兵火で焼失し、以後衰退したという。

中門跡から遺構が残っている。
180514hitachi33.jpg


180514hitachi34.jpg


残っている遺構
180514hitachi35.jpg


180514hitachi36.jpg


中に入ると、大きな銀杏があり。
180514hitachi37.jpg


こちらの参道が突き当たったところにあるのが、国分寺跡の金堂の位置に建てられている薬師堂
180514hitachi38.jpg


薬師堂
180514hitachi39.jpg


180514hitachi40.jpg


横に、綺麗な菖蒲が咲いていた。
180514hitachi41.jpg


180514hitachi42.jpg


〇講堂跡
180514hitachi43.jpg


180514hitachi44.jpg


〇七重塔芯棒の礎石
本来は、ここの場所ではない。
あった場所は住宅地になってしまっており、ここに移設されたもの。
180514hitachi45.jpg


180514hitachi46.jpg


180514hitachi47.jpg


〇都々一坊扇歌堂
都々逸節の創作者として知られる都々逸坊扇歌が嘉永5年(1852年)に府中で没したことから、記念として昭和8年(1933年)に建立されたもの。石岡市指定文化財に指定されている。
180514hitachi48.jpg


180514hitachi49.jpg


【現在の国分寺】
中世末期頃からは無住であったとされるが、慶長年間(1596年 – 1615年)に近隣の菩提山千手院来高寺の住職が国分寺住職を兼務するようになった。『府中平邑巡覧記』では、国分寺は千手院末寺である旨が記されている。
大正8年(1919年)、千手院と国分寺との合併によって現在の国分寺が成立し、千手院は廃寺とされた。

下見の時の写真
180514hitachi50.jpg


180514hitachi51.jpg


〇山門
旧千手院の山門。千手院は府中の大寺の1つであったが、大正8年(1919年)に国分寺と合併して廃寺となった。この山門は、その千手院の唯一の遺構になる。石岡市指定文化財に指定されている。
180514hitachi52.jpg


180514hitachi53.jpg


180514hitachi54.jpg


山門の前に、雨のため枝が垂れた桜の木に実がついていた。
180514hitachi55.jpg


180514hitachi56.jpg


続いて、次回は総社神社の記事を載せます。

総社神社の記事を見る


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



蔵の街・とちぎ(後半)

20171028

10月11日(水)に、歴史クラブの定例見学会で行きましたが、その後半の記事です。

巴波川沿いに歩いていくと、両方が石の蔵に挟まれた旧家が見えて来た。
横山郷土館である。
171028tochi01.jpg


常磐橋から、巴波川と横山郷土館。
171028tochi02.jpg


麻苧真縄問屋横山家の荷揚場
171028tochi03.jpg


171028tochi04.jpg


かって県庁の建物でもあった、旧町役場の建物が見える。
171028tochi05.jpg


171028tochi06.jpg


【横山郷土館】
171028tochi07.jpg


171028tochi08.jpg


171028tochi09.jpg


麻問屋として成功し、明治32年に栃木共立銀行を創立した横山家の居宅と庭園を公開したもの。
両袖切妻造りの建築は、商家として現存する貴重な建物。内部には麻問屋時代の帳場や昔の銀行の事務所などが再現されており、明治・大正時代の豪商の暮らしぶりや当時の栃木の隆盛を今に伝えている。市内随一といわれる回遊式の庭園は、四季折々め花が咲き誇る。
 店舗の両側には鹿沼産の深岩石で作られた蔵が、左右相対して建てられており、石が麻蔵、左が文庫蔵で腰まわりに、岩舟石、軒まわりに赤レンガを組み、災害にも十分対策をほどこした造りとなっている。
 それぞれ、間口四闇(7.2m)奥行き五闇(9m)もある大きな石蔵です。
店舗兼住居・蔵、洋館は文化庁の登録有形文化財に認定(HlO.9.2)されている。

入ると、帳場だったところには、吊り雛やお雛様が所狭しと置かれていた。
なんでも、この期間お雛様のスタンブラリーが企画されているとのことだった。
171028tochi10.jpg


171028tochi11.jpg


麻蔵
171028tochi12.jpg


171028tochi13.jpg


二階に上がって見る。
171028tochi14.jpg


凝ったタンスが色々と。
171028tochi15.jpg


古式雛が飾られていた。
171028tochi16.jpg


171028tochi17.jpg


見事な裾模様の着物
171028tochi18.jpg


171028tochi19.jpg


歌舞伎役者の浮世絵
171028tochi20.jpg


銀行の執務室
171028tochi21.jpg


当時の規模
171028tochi22.jpg


文庫蔵
171028tochi23.jpg


171028tochi24.jpg


171028tochi25.jpg


洋風別館
171028tochi26.jpg


171028tochi27.jpg


中に、昭和26年に採られた猿翁の隈取りがあった。
171028tochi28.jpg


171028tochi29.jpg


母屋
171028tochi30.jpg


実に重厚な棟瓦
171028tochi31.jpg


庭園
171028tochi32.jpg


横山郷土館を出て、昼食自由行動の解散・集合場所の観光会館に向かう途中、「山本有三ふるさと記念館」の前を通った。中には入らず。
171028tochi33.jpg


171028tochi34.jpg


観光会館の前で、午前中お世話になったガイドさんと別れ、昼食自由行動の解散となった。
あらかじめスタッフが下見で目途をつけていた、幾つかのお店に分かれて昼食。

集合時間に集まったのは、半分くらい。
一つのお店が混んでいて、まだ料理が来ないと電話連絡。
集まった人は、先行して自由行動に。

第一グループは、太平山神社に参拝。

下見のときに私は参拝したので、その記事はあります。

その記事を見る


第二グループは、遊覧船に乗ってから、自由散策。
第三グループは、まったくの自由散策。

遊覧船に乗りたいという希望者が8名居たので、案内しました。

こういう感じです。
171028tochi35.jpg


それから、私は自由散策。

まずは、江戸時代の狛犬が居るというので、「神明宮」に参拝。
171028tochi36.jpg


「神明宮」については、別に記事があります。

その記事を見る


例幣使街道保存地区に向かって、街を見ながら行きます。

これは山車会館、時間が無く入らず。
171028tochi37.jpg


こういう家が所々にある。
171028tochi38.jpg


「蔵の町広場」にあった彫刻
171028tochi39.jpg


【例幣使街道重要伝統的建造物保存地区】
171028tochi40.jpg


例幣使とは、天皇の代理として、朝廷から神への毎年の捧げものを指す例幣を納めに派遣された勅使のことである[2]。例幣使は、中山道と例幣使街道を経て日光に向かい、4月15日に日光に到着したのち、翌朝に東照宮に捧げものを納め、そのあとは江戸にまわって将軍に対面してから京都へ帰ることに決まっていた。
日光例幣使街道(にっこうれいへいしかいどう)は、江戸時代の脇街道の一つで、徳川家康の没後、東照宮に幣帛を奉献するための勅使(日光例幣使)が通った道である。倉賀野宿を起点とし、中山道と分岐、太田宿、栃木宿を経て、楡木(にれぎ)宿にて壬生通り(日光西街道)と合流して日光坊中へと至る[1]。楡木より今市(栃木県日光市)までは壬生通り(日光西街道)と重複区間である。

保存地区に入ります。
171028tochi41.jpg


昔の街道は、真っ直ぐでない。
建物を見ながら歩きます。
171028tochi42.jpg


171028tochi43.jpg


171028tochi44.jpg


171028tochi45.jpg


私は、神明宮に寄ってからきたので、先行したグループとすれ違い。
171028tochi46.jpg


いい感じの道です。
171028tochi47.jpg


【岡田記念館】
171028tochi48.jpg


171028tochi49.jpg


171028tochi50.jpg


この日、岡田記念館は閉館日でした。

カフェはやっていた。
171028tochi51.jpg


神明神社
171028tochi52.jpg


拝殿の前には、明治24年奉納の威嚇型狛犬が居た。
「威嚇型」というのは、明治になって神道の権威を高めようとしていたので、それまでの親しみやすい狛犬から威嚇するような狛犬に変化したもの。
171028tochi53.jpg


171028tochi54.jpg


171028tochi55.jpg


171028tochi56.jpg


171028tochi57.jpg


171028tochi58.jpg


これで、急いで歩いていかないと、集合時間に間に合わないので、ちょっと汗かきながら栃木駅に向かいました。

同じ蔵造りの町と云っても、川越とは様子が違って、川越のようにずらっと蔵が並んでいるわけではないが、記念館、資料館が多くて、当時の生活や文化がよくわかり、とても良いところだった。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



蔵の街・とちぎ(前半)

20171023

10月11日(水)に、歴史クラブの定例見学会で行きました。

JR川越駅に7:35集合、7:51の電車に乗り、大宮で乗換、栗橋で東武日光線に乗換え、栃木駅には9:46に到着しました。

「蔵の街とちぎ」の概要:
 蔵の街とちぎは日光例幣使街道の宿場町として、また江戸との舟運で栄え、「小京都」、「小江戸」とも呼ばれており、独特の風情を感じさせる街である。
 巴波川沿いや日光例幣使街道沿いには、黒塗りの重厚な見世蔵や、白壁の土蔵群が残り、多<の建物は国の登録有形文化財になっている。
市内には約400の蔵造りの建築物が残っているが、中でも江戸時代後期から巴波川(うずまがわ)の舟運を活かし、木材回漕問屋を営んできた豪商塚田家の歴史を辿る「塚田歴史伝説館」と麻問屋、銀行などを営んだ明治の豪商横山家の店舗が当時のまま残る「横山郷土館」は蔵の街とらざを代表する建物となっている。
そのほか、約200年前に建てられた土蔵3棟を改修して美術館として現代によみがえらせ、栃木市ゆかりの作家の作品を中心に収蔵する「蔵の街美術館」、当代で26代目を数える栃木市屈指の旧家で、日光例幣使街道の開通とともに名主役や本陣を勤め、代官職を代行するなど要職を担った岡田家の歴史にふれる「岡田記念館」、質商板倉家の土蔵と母屋からなる約200年前の建物の「栃木市郷土参考館」など蔵の見どころが満載である。
 栃木宿は皆川氏5代広照が天正19年(1591)に南端の城下町に栃木城を形成したのに始まる。その後1609年に皆川氏が改易されて廃城になるが、巴波川の河川交通を利用した市場町として、また例幣使街道の宿駅として発展した。明治維新後、一時は宇都宮、栃木ともに県庁が置かれたが宇都宮に県庁が移り、栃木は県名に残るだけになった。

午前中は、栃木市観光案内所で手配していただいたボランティアガイドさん2名に案内を頼みました。

コースは、栃木駅前⇒富士見橋⇒うずま公園⇒巴波川橋⇒幸来橋⇒塚田歴史伝説館⇒常磐橋⇒横山郷土館⇒昼食(自由行動)⇒午後はフリー
午後のフリーは三つのパターンに分かれました。
①太平山神社参拝
②遊覧船に乗り、その後は市街散策
③遊覧船に乗らないで、日光例幣使街道を中心に市街散策
171023totcigi01.jpg


駅前で二つのグループに分かれた。
171023totcigi02.jpg


駅前にモニュメントが立つ駅前から。正面の道が日光例幣使街道。
171023totcigi03.jpg


富士見橋から巴波川沿いに歩いて行く。
171023totcigi04.jpg


綱手道というのは、川を上がる舟を、両側から綱で引いていく道のこと。
171023totcigi05.jpg


ここはまだ、巴波川の本流でないので狭い。
171023totcigi06.jpg


巴波川の本流
171023totcigi07.jpg


【うずま公園】
船着き場が残されている。
江戸からの物資がここで陸揚げされた。
171023totcigi08.jpg


江戸までは、このように渡良瀬川、利根川を使って行った。
171023totcigi09.jpg


しばらく歩くと巴波川橋。
171023totcigi10.jpg


巴波川橋を渡って、川を挟んで美しい塚田歴史伝説館の建物を見る。

ここで遊覧船に乗れます。
171023totcigi11.jpg


塚田歴史伝説館の建物
171023totcigi12.jpg


171023totcigi13.jpg


もう一つのグループは、塚田歴史伝説館の建物沿いに歩いてきた。
171023totcigi14.jpg


幸来橋で、二つのグループが一緒になり、幸来橋の上で塚田歴史伝説館をバックにして記念写真撮影。

【塚田歴史伝説館】
蔵の街・栃木の木材回漕問屋 塚田家が、貴重な資料を公開する博物館に。展示室には貴重な焼き物や屏風など、塚田家の家宝がずらりと並ぶ。三味線をひくおばあちゃんの語り部ロボットや、人柱伝説「うずま川悲話」を語るハイテク人形ロボットなど、ユニークな趣向もおもしろい。屋敷の奥には、豪商にふさわしい数寄屋造りの離れや、水琴窟の響きが清らかな日本庭園がある。
171023totcigi15.jpg


171023totcigi16.jpg


ハイテクロボットが色々とあった。
171023totcigi17.jpg


文庫蔵の入り口の毘沙門天
171023totcigi18.jpg


171023totcigi19.jpg


まずはおばあちゃんロボットがお出迎えして、巴波川の舟運、幸来橋、天狗党などを語ってくれた。
171023totcigi20.jpg


動画で撮りました。

その動画を見る


展示館では、象牙細工が素晴らしかった。
宝船
171023totcigi21.jpg


171023totcigi22.jpg


171023totcigi23.jpg


この象牙細工も素晴らしい。
171023totcigi24.jpg


171023totcigi25.jpg


人形山車
171023totcigi26.jpg


お囃子とヒョットコが人形ロボット
171023totcigi27.jpg


ここには、たくさんの銘木が展示してあった。
171023totcigi28.jpg


171023totcigi29.jpg


171023totcigi30.jpg


171023totcigi31.jpg


庭園
171023totcigi32.jpg


水琴窟
とても、いい音がしていた。
171023totcigi33.jpg


大王松
171023totcigi34.jpg


171023totcigi35.jpg


下に落ちていた松葉が、あまりに長いのでビックリ!
持ち帰りましたが、帰って計ってみると40cmありました。

蔵芝居「うずま川悲話」
この地に伝わる人柱伝説を全自動の人形劇で、13分の長さで見せてくれました。
暗いので、あまり良い写真は撮れなかった。
171023totcigi36.jpg


171023totcigi37.jpg


171023totcigi38.jpg


171023totcigi39.jpg


これで、塚田歴史伝説館の見学を終え、また巴波川沿いに歩く。
幸来橋のたもとに、盛んだった舟運のレリーフがあった。
171023totcigi40.jpg


171023totcigi41.jpg


ナマズの恩返し
171023totcigi42.jpg


171023totcigi43.jpg


再び、巴波川沿いを行きます。
171023totcigi44.jpg


171023totcigi45.jpg


171023totcigi46.jpg


続き(後半)を見る




歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



巾着田・曼殊沙華まつり

20170926

9月22日(金)に、歴史クラブ行事「巾着田曼殊沙華まつり」に参加しました。

歴史クラブの行事ゆえ、巾着田だけでなく、周辺の史跡もめぐりました。
コースは、西武線高麗駅⇒高麗村石器時代住居跡⇒台の高札場跡⇒水天の碑⇒巾着田「曼珠沙華」鑑賞⇒あいあい橋⇒高麗郷民俗資料館⇒高麗郷古民家(旧新井家住宅)⇒高麗駅
170925manju01.jpg


西武線高麗駅を降り立ちました。
170925manju02.jpg


ガードをくぐって反対側へ
170925manju03.jpg


【高麗村石器時代住居跡】
170925manju04.jpg


170925manju05.jpg


170925manju06.jpg


時期が異なる2軒の住居跡の一部が重なっている。
170925manju07.jpg


170925manju08.jpg


【台の高札場跡】
170925manju09.jpg


170925manju10.jpg


170925manju11.jpg


復元された高札は、正徳元年(1711)発行の切支丹禁制についてのもの。
170925manju12.jpg


【水天の碑】
170925manju13.jpg


170925manju14.jpg


この辺は、栗の畑が多く、はじけて食べごろになっている。
170925manju15.jpg


高麗川、遠くに曼殊沙華の咲いているのがわかる。
170925manju16.jpg


いよいよ、巾着田の曼殊沙華群生地に入ります。

【巾着田の曼殊沙華群生地】
170925manju17.jpg


高麗川の土手沿いに進む。
170925manju18.jpg


170925manju19.jpg


出入り口から中に入ると、一面に曼殊沙華が咲いている。
170925manju20.jpg


170925manju21.jpg


170925manju22.jpg


170925manju23.jpg


170925manju24.jpg


170925manju25.jpg


170925manju26.jpg


170925manju27.jpg


170925manju28.jpg


170925manju29.jpg


170925manju30.jpg


170925manju31.jpg


170925manju32.jpg


170925manju33.jpg


170925manju34.jpg


170925manju35.jpg


170925manju36.jpg


170925manju37.jpg


170925manju38.jpg


170925manju39.jpg


170925manju40.jpg


カメラマンがしきりに上を向いて撮っていたので気が付いたが、マユミの葉の緑と白のコントラストが綺麗だったので撮った。
170925manju41.jpg


170925manju42.jpg


170925manju43.jpg


昼食時になったので、持参した弁当を河原で食べることにして、ドレミファ橋に通じる場所から河原に下りた。

ドレミファ橋
170925manju44.jpg


170925manju45.jpg


弁当を食べ終わって、集合時間にはまだ大分時間があるので、河原で石を拾った。
普段入間川沿いにウォーキンクすることが多いが、いつしか河原に下りて石を拾うのが楽しみになった。
色の綺麗な石を拾うのだ。
その時の気分によって、拾いたい色が違うのも、面白い。
あまり重くならないように、小さくてきれいな石を拾った。
170925manju46.jpg


集合時間が近づいたので、あいあい橋に向かって歩いた。
170925manju47.jpg


170925manju48.jpg


170925manju49.jpg


170925manju50.jpg


あいあい橋
170925manju51.jpg


あいあい橋からの眺め
170925manju52.jpg


170925manju53.jpg


170925manju54.jpg


【高麗郷民俗資料館】
170925manju55.jpg


高林謙三氏の製茶機
170925manju56.jpg


170925manju57.jpg


私が子供だった頃に身近だった農作業の道具が沢山展示されていた。
170925manju58.jpg


機織り機や部品
170925manju59.jpg


170925manju60.jpg


蚕養神社の神像
170925manju61.jpg


私は信州で育ったので、新鮮なものもあった。

盆棚
170925manju62.jpg


170925manju63.jpg


毎年葺き替えるお宮
170925manju64.jpg


170925manju65.jpg


【高麗郷古民家(旧新井家住宅)】
 新井家の古文書から、江戸時代末の文化、文政、天保は高麗本郷村の名主を務めていたことが分かっています。
明治時代になると地域の行政事務の責任者として戸長を置きました。戸長はかつての庄屋・名主層などから選出される場合が多〈ありました。新井家も戸長を務め、後に高麗村の村長も務めました。
 新井家は名主、戸長、村長として地域の政治を担った歴史があります。

白い壁の大きな家なので、遠くから旧家であることがわかる。
170925manju66.jpg


170925manju67.jpg


国指定の文化財です。
170925manju68.jpg


敷地配置図
170925manju69.jpg


巨大な母屋。二階は養蚕をするようになっている。
170925manju70.jpg


母屋とL字形に繋がる客殿
170925manju71.jpg


170925manju72.jpg


客殿玄関の唐破風の破風木目が龍になっている。
170925manju73.jpg


母屋の一番奥に一する「出居」
出居とは、平安時代、寝殿造りに設けられた居間と来客接待用の部屋とを兼ねたものを言った。のち、客間を言う。
170925manju74.jpg


台所の囲炉裏と:煙出し
170925manju75.jpg


170925manju76.jpg


以上で、予定のコースが終了。
高麗駅に向かい、適宜山里の特産物の買い物を楽しみながら、帰途につきました。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



お気に入りの場所一覧に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop