麦屋まつり/富山県南砺市城端

20170921

所用があり、16日から18日まで家族で北陸に帰っていました。
16日は富山県南砺市福光で用事を済ませ、その後ちょうどこの日は城端で「麦屋まつり」があったので、楽しみました。
平家落人部落として有名なのが「白川郷」と「五箇山」です。
隣接していて、岐阜県側が「白川郷」、富山県側が「五箇山」となります。

約800年前、権勢と栄華を極めた平家一門は屋島・壇の浦の合戦に敗れてついに滅亡。日本各所へ落ちのびた平氏の中に、人里離れた越中五箇山を安住の地とした人々がいました。慣れない山仕事や農作業の合間に落人たちが都を偲んで唄い踊ったのが麦屋節の始まりだと言われています。 哀調を帯びた旋律にのせて描かれる落人たちの切なる心模様。凛とした気概を映し出す風格ある舞い。その独特の魅力は富山県を代表する祭として、人々の心を魅了しつづけています。

「五箇山」の麓にあるのが城端(じょうはな)町で、この日は五箇山と城端でそれぞれ「麦屋まつり」があります。

何か所かに会場が設けられていましたが、私たちは「城端別院善徳寺会場」と「浄念寺会場」で楽しみました。
170821mugiya01.png


【城端別院善徳寺会場】
善徳寺は、浄土真宗大谷派の別院です。

踊りは、本堂の回廊で奉納されます。
170821mugiya02.png


●麦屋節/善徳寺
この唄の歌詞には、平家の落人であることが唄いこまれています。

主な歌詞:
麦や菜種は二年で刈るが
麻が刈らりょか 半土用に

浪の屋島を遠くのがれ来て
薪(たきぎ)こるてふ 深山辺(みやまべ)に

烏帽子(えぼし)狩衣(かりぎぬ)脱ぎうちすてて
今は越路(こしじ)の杣刀(そまがたな)

心淋しや落ち行くみちは
川の鳴瀬と鹿の声

川の鳴瀬に布機たてて
波に織らせて岩に着しょう

鮎は瀬につく鳥は木に止まる
人は情の下に住む

麦屋踊りを動画で撮りました。

その動画を見る


●古代神(こだいじん)/善徳寺
 「古代神」は五箇山三村で、麦屋節についで重要なレパートリーで、飛騨白川郷でも盛んに歌われている。「小大臣」ともいわれ越後の「新保広大寺」の系統をひき、江戸時代中期に五箇山に入り明治の頃には製紙の作業歌として歌われ軽妙な楽しい歌です。

主な歌詞:
○家のサーエ 小娘ふじゃけたじゃけた 赤い襷を ちょいちょいかけて
背戸の小川へ 朝水汲みに 船の船頭さんに 晒三尺もろた
  何に染めよかと 紺屋の兄さんに問えば  一に朝顔 二に杜若
 三に下がり藤 四に獅子牡丹 五つ伊山の千本桜 六つ紫 桔梗に染めて
  七つ南天 八つ八重桜 九つ小梅を ちらしに染めて
  十で殿御の 好きなように染めやしゃんせ サーエ

○おらちゃサーエ お背戸に山椒の木がござる そのマ山椒の木に 蜂が巣をかけた
  蜂も蜂かよ 足長蜂じゃ 羽が四枚あって 足が六本ござる
  そのマ蜂めは 尻に剣もござる わしとお駒が 御拝の縁で
  心中話をしておりますと そこへ蜂めが パーッと来て チクリ刺す
  ツーッと来ちゃ チクリ刺す
  わしもそのときゃ 死ぬかやと思うた サ-エ

動画を撮ってきてアップしましたが、二つの地域の踊りを繋げてあります。
地域に寄って踊りが違うのを楽しんでください。

その動画を見る


●といちんさ節/善徳寺
「といちんさ」は、五箇山地方に生息する日本一小さい鳥「みそさざい」をこの地方では「サイチン」と云い、水屋の樋(とい)のそばで遊んでいる様子を「トイのサイチン」と言っていたものが詰まって「といちんさ」となりました。春を告げるサイチンの歯切れの良い鳴き声や軽やかな動きが唄のテンポや明るさにも現れています。


歌詞:
樋のサイチン機(はた)織る音に
ア トイチン トイチン トイチンサー
ヤーサレーチ トチレチ トイチンサ トイチンサ
拍子そろえてサーサうたいだす
ア やれかけはやせよ トイチンサ トイチンレチヤサレチ

わしがナー 若いときゃ 五尺の袖で
道のナ 小草も サーサなびかせた

鳥がナーうたえば
早や夜も明けて
紙屋ナーのぞきの
サーサー窓もはる

声はナーかれても
まだ木(気)は枯れぬ
藤のナー花咲く
サーサほととぎす

来いナーと言われて
手で招かれず
笹のナー五笹(いささ)の
サーサ葉で招く


動画は、「といちんさ」を少女たちが踊ったのを撮りました。

その動画を見る



【浄念寺会場】
続いて、浄念寺会場に移動して見ました。
小雨が降りだしていて、囃し手はお堂の屋根の下で、踊り手さんは小雨の中濡れて踊っていました。
会場は坂の途中で、私たちは坂の上のほうから見下ろす形で見ていました。
170821mugiya03.png


●麦屋節/浄念寺会場

その動画を見る


●古代神・四つ竹節/善徳寺
「四ツ竹節」は五箇山地方に伝承されている盆踊り唄。
この唄が「四ツ竹節」と呼ばれて歌われるようになったのは昭和30年頃からで、それまでは「島心中」の名で歌われていた長編の口説きでした。
昭和30年頃平村に転勤してきた教員が歌詞を作り「島心中」のメロディで歌うようになってから広がりました。
伴奏楽器には『四つ竹』が入ることから「四つ竹節」となったといいます。

主な歌詞:
<なげ節>
○牛と主との 心の通い 手綱便りに 道語る
○牛は六歳七ツが盛り 人は二十一、二が盛り  <ハイ トッパメー>

<追分>
○五斗俵かづいてもイナ 道若杉ぬイナ (ハ オッソコソコソコ)
  男伊達なら 二俵かづくイナ (ハ オッソコソコソコ)      (以下、唄ばやし同様)
○五斗俵二俵はイナ 及びもないがイナ  せめて楮(こうぞ)の いわごいをイナ
○姿見えねどイナ 朝霧ついてイナ 唄は追分 鈴の音イナ
○朴峠(ぼとうげ)追分イナ 身の毛もよだつイナ  下は谷底 人喰らいイナ
○牛の二俵はイナ 鈴の音高いイナ 追うは無駄ごと ひかれづめイナ
○高い山からイナ 谷底見ればイナ 瓜や茄子の 花盛イナ 

その動画を見る



その後、「じゃんとこい・むぎや」(よさこい)を見ようと会場に向かいましたが、残念ながら雨のため中止となった直後でした。
一時間半くらい、麦屋踊りを中心に見られたので、満足してホテルに向かいました。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



スポンサーサイト

笹井・豊年足踊り/埼玉県狭山市

20170417

2017年4月16日(日)に、歴史クラブの行事で見学を企画しました。

14時くらいに笹井の白鬚神社に到着。
ここの春祭りで行われます。
170417hounen01.jpg


170417hounen02.jpg


拝殿
170417hounen03.jpg


今回は、団体で見学に訪れたので、保存会の方が演じる前に、説明をしてくださいました。
また、事前に詳しい説明の記事をいただいていたので、とても参考になりました。
170417hounen04.jpg


「豊年足踊り」は、明治中期に地元の百性桜井藤太郎氏が土蔵や屋根裏でひそかに工夫を重ね苦心の末、完成させたもので、踊り手は床に寝て足を立て、右足に「おかめ」、左足に「ひよつとこ」の面と衣装を付けて、舞扇,日傘などを使い磯子に合わせて踊るものです。
独特の動き・豊富な色彩は、素朴な「男女相愛」の様を表すとともに、「五穀豊穣」を祈る心情表現として永く地元白鬚神社に奉納されている所から「笹井豊年足踊り」と呼ばれています。
昭和52年狭山市の無形文化財に指定されました。
山車の上では一人で演じますが大きな舞台になりますと3~5人で演じます。

最初に演じられたのは「天狐の舞」

【天狐の舞】
白狐は神の使者、正しき事は何処までも通す強い意志と迫力を表し幣束を打ち振り、悪霊を追い払い、この世に平和を招く。
右手に持った2本の幣束を両手に分け頭上に掲げる所作は山車に天降った神が昇天していく様を表しています。
どのような舞台でも屋台の曲で「天狐の舞」を最初に舞うのがしきたりです。
一連の踊りは別名「翁漉し」と呼ばれます。
170417hounen05.jpg


動画を撮影してきたので、ユーチューブにアップしました。

その動画を見る



【豊年足踊り】

このように足の先に面をつける。
(2015年10月の秋祭りの際に撮ったもの)
170417hounen06.jpg


足を高くあげて、色々な踊りを披露します。
10分以上、ずっと足を上げたまま踊りを披露しているのは、すごいものだと感心します。
170417hounen07.jpg


こちらも、動画を撮影してきたので、ユーチューブにアップしました。

その動画を見る



踊りを見たあと、山車に残る戦災の跡を見せてもらいました。
昭和20年5月、狭山市の黒須地区、笹井地区に、B29爆撃機500機のうち1機が、迷って飛んできて焼夷弾5000発を投下しました。
この一帯は火の海となり、死者13名、被災所帯69戸に達しました。
白鬚神社も拝殿と社務所を焼失、本殿は無事でしたが、奏上門の破風にその黒焦げの跡が残っています。
山車小屋は被弾しましたが、幸いにも不発弾で山車の消失は免れました。
山車には、今でも弾の跡が残っています。

山車
170417hounen08.jpg


今も残る弾の跡
170417hounen09.jpg


前回、個人で見に来た時には、神楽殿で行われたのを見ましたが、今回は山車の上で演じられたので、それがとても良かった。
豊年足踊りは、何度みても感心してしまいます。
とてもいい伝統芸能です。
ぜひ地域の宝として、守っていって欲しいと思います。



歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「狭山市の歴史を訪ねる」に飛ぶ



「お気に入りの場所」に飛ぶ



浅草寺・白鷺の舞&隅田川散策

20161106

11月3日に浅草寺で行われた白鷺の舞を、歴史クラブ行事として観にいきました。
11時半から行われるということで、11時ころに地下鉄浅草駅に到着。
浅草寺境内の、演奏される場所で待っていると、なんということか、開始が一時間遅れると(汗)

この日は、その後色々と予定を組んでいたので、まずは順番を変えて浅草観光センターに行きました。
雷門の向かいにある、このビル、気になってはいたんですが、まだ入ったことは無かった。
下見に来たときに入ってみたら、展望テラスからの眺めが気に入って、この日のコースに組み込んでいた。

浅草観光センターの建物
隈研吾氏の設計で、平屋の家屋を縦に積み重ねたようなデザイン
161106asakusa01.jpg


展望テラスからの仲見世。人出がすごいのがよくわかる。
161106asakusa02.jpg


161106asakusa03.jpg


スカイツリーとサントリービル
161106asakusa04.jpg


二階には、台東区の観光案内のパンフレットがびっしりと並んでいる。
二階からの雷門
161106asakusa05.jpg


12時に、再び浅草寺境内で、場所取りをして白鷺の舞の開始を待つ。
12半に始まったが、ここで大変な事態が(汗)
バックに浅草寺本堂を入れて撮ろうと、場所を確保していたら、なんとお囃子の山車が入ってきて、目の前に停まってしまった。
お陰で、その辺は大混乱(笑)
しかし、執念で山車の横の辺で、なんとか良いポジションを獲得できた(嬉)

やはり、白鷺の舞は優雅な舞でした。
161106asakusa06.jpg


161106asakusa07.jpg


カメラの動画機能で、撮影しました。
ユーチューブにアップしたので、観てください。
下記をクリック

白鷺の舞の動画を観る


白鷺の舞を見終わって、お腹がペコペコになった皆を案内したのが、「まるごとにっぽん」という面白いビル。
木馬亭の先にあります。
161106asakusa08.jpg


ここには、日本全国の優れものが集まっていて、とても楽しいビル。
そこの4階に、各地から美味しいお店が集まっています。
161106asakusa09.jpg


お腹が一杯になり、買い物も済ませたので、その後のんびりと隅田川沿いに散策しました。
吾妻橋を渡って、隅田公園から三囲神社まで行きました。

吾妻橋を渡ってすぐ、川岸に気持ち良く寝ている人発見(笑)
この日は天気がよく、風もなく、気持ちの良い日だった。
161106asakusa10.jpg


勝海舟の銅像
161106asakusa11.jpg


161106asakusa12.jpg


161106asakusa13.jpg


源森川を渡る「枕橋」
161106asakusa14.jpg


スカイツリーと源森川
161106asakusa15.jpg


安政の絵図では、「源兵エ橋」と書かれているのが、今は「枕橋」
161106asakusa16.jpg


そして、この繪図では、水戸藩下屋敷、ミメグリ稲荷社(三囲神社)、牛御前(牛島神社)と続きます。

しかし今は、隅田公園(水戸藩下屋敷跡)、牛島神社、三囲神社となっていて、神社の位置が入れ替わっている。
これが、時代の変遷というやつですね。
161106asakusa17.jpg


隅田公園にある、水戸藩下屋敷跡の説明。
161106asakusa18.jpg


明治天皇行幸碑
161106asakusa19.jpg


明治天皇御製歌碑
「いつみてもあかぬ景色は隅田川  難美路の花は冬のさきつつ」
161106asakusa20.jpg


その後、参拝した「牛島神社」、「三囲神社」は別記事とします。

牛島神社の記事を見る



三囲神社の記事を見る




歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「お気に入りの場所」に飛ぶ



木場の角乗り

20161020

10月16日に江東区木場公園で行われた「角乗り」を、歴史クラブ行事として参加し、見てきました。
これは、「江東区民まつり」の中のイベントとして開かれたものです。

木場公園は、東西線「木場」駅から歩いて6、7分。
すごく広い会場で驚きました。
161020kaku01.jpg


「角乗り」は、上の図で④の入り口広場にあるイベント池で行われました。
沢山の見物客が集まりましたが、私たちは早目に行ったので、うまく場所を取ることが出来ました。
私の場合は、最前列にカメラマンが三人座っていたので、この辺が良いのかなと思い、その後ろに陣取りました。
そしたら、そのカメラマン達が場所を詰めてくれて、私を最前列に入れてくれました。
とても有難かったですね。
おかげで、とても良いものが撮れました。感謝、感謝です。

「角乗り」はとても素晴らしいものでした。
後半に「秘技」を披露してくれて、こういう伝統の技がちゃんと継承されているこがとても嬉しかった。

全て、動画で撮ってきましたが、その中からショットを幾つか載せておきます。
161020kaku02.jpg


161020kaku03.jpg


161020kaku04.jpg


161020kaku05.jpg


161020kaku06.jpg


動画は、ユーチューブにアップしてあります。

全部で1時間半と長かったので、そのダイジェストを二回に分けてアップしました。
下記をクリックすれば、見ることができます。

「木場の角乗り(前半)」を見る


「木場の角乗り(後半)」を見る



見終わって、満足して、お腹が空きました。
ところが、すごい人出で、各地から出ている屋台の食べ物を楽しもうと予定していたのですが、ものすごい行列です。
で、参加者で相談して、隣の門前仲町に移動して、「もんじゃ焼き」でも楽しもうという事になりました。

私は、所用があって、午前中だけの予定だったので、そのまま帰途につきました。

(了)


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



「お気に入りの場所」に飛ぶ



神楽舞「高麗照耀」&薩摩琵琶「高麗王若光」

20160920

昨日、9月19日(月)に、高麗神社の音楽祭の中で行われるというので、出かけました。
家を出る時は、降っているか分からないくらいの雨。
しかし、高麗神社に着いたら、しっかりと降っていました(泣)

幸い、テントの観客席の最前列に場所を確保できたので、雨のカーテン越しに(笑)
撮影することが出来ました。

高麗神社には立派な神楽殿があります。
160919koma01.jpg


【神楽舞「高麗照耀」】
これは高麗郡建郡1300年記念として創作された、高麗神社オリジナルの神楽舞です。
160919koma02.jpg


雨の影響で、ピントがずれた部分を除きましたが、全編を二回に分けてユーチューブにアップしました。
下記クリックすれば、見ることが出来ます。

神楽舞「高麗照耀」前半を観る



神楽舞「高麗照耀」後半を観る




【薩摩琵琶「高麗王若光」】
これは高麗郡建郡1300年記念として、琵琶奏者:藤野水銘氏が創作されたオリジナルの薩摩琵琶です。
160919koma03.jpg


「高麗王若光」の物語なので、省略せず全編を二回に分けてユーチューブにアップしました。
下記クリックすれば、見ることが出来ます。

薩摩琵琶「高麗王若光」前半を観る



薩摩琵琶「高麗王若光」後半を観る



高麗神社でしか観ることが出来なくて、しかも大好きな神楽舞と琵琶演奏だったので、大満足でした。
伝統芸能は素晴らしいですね。

(了)


「お気に入りの場所」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop