FC2ブログ

讃岐国一之宮・田村神社境内社・歳徳神社の狛犬

20200921

所在地:香川県高松市一宮町字宮東286番地 田村神社境内社・歳徳神社前
参拝日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺、阿波国一之宮・大麻比古神社に参拝後、この神社に参拝しました。

讃岐国一之宮・田村神社については、既に記事があります。

その記事を見る


田村神社の5組目の狛犬ですが、今回の狛犬は境内社・歳徳神社の前に居ます。
200921saitoku01.jpg


年代:不明
材質:青銅製
型式:神殿型


右側が阿形獅子。
長めの前足を真っ直ぐ立て、蹲踞している。
200921saitoku02.jpg


200921saitoku03.jpg


たてがみは、流れて先端が渦を巻いている。
耳は聞き耳を立て水平。眉は中央の巻き毛から吊り上がり、横に連続している怒り眉。
眼は大きく開き睨んでいる。大きな鼻の横に頬が盛り上がっている。
鼻鬚は吊り上がり、顎髭も威勢がよい。
唇のたわみが強調され上下二本ずつの牙が鋭い。歯列は見られず。
表情は、怒り顔で、睨んでいる。
200921saitoku04.jpg


200921saitoku05.jpg


左側が吽形獅子、角あり。
200921saitoku06.jpg


200921saitoku07.jpg


角はけっこう寝ている。
たてがみは、流れて先端が渦を巻いている。
耳は聞き耳を立て水平。眉は中央の巻き毛から吊り上がり、横に連続している怒り眉。
眼は大きく開き睨んでいる。大きな鼻の横に頬が盛り上がっている。
鼻鬚は目立たない。顎髭は威勢がよい。
唇のたわみは控えめ。閉じた口から上の二本の牙が鋭い。
表情は、怒り顔で、しっと見つめている感じ。
200921saitoku08.jpg


200921saitoku09.jpg


胸が前に張り出し、前足はしっかり直立している。
後足は蹲踞。付け根からの足の曲線が明確である。
筋肉が引き締まって、あばらもしっかり出ている。
爪はしっかり大地を捉え、走り毛の表現が綺麗。
200921saitoku10.jpg


200921saitoku11.jpg


尾はうねって立ち上がり、背中に触れてから、3つの房となり直立。
200921saitoku12.jpg


200921saitoku13.jpg


この狛犬は、本来神殿の中に置かれる木製の狛犬の形を青銅で作り、外に置かれたもの。
彫刻家が木に彫り、それを鋳込んだものなので、実に繊細で勢いがあり立派なもの。
神殿型は、阿形が獅子で吽形が狛犬となっているのが基本だが、この狛犬は両方とも獅子のかたちになっているので、製作年代は新しい。


狛犬の記事一覧を見る


スポンサーサイト



讃岐国一之宮・田村神社北参道の狛犬

20200831

所在地:香川県高松市一宮町字宮東286番地 田村神社北参道
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺、阿波国一之宮・大麻比古神社に参拝後、この神社に参拝しました。

讃岐国一之宮・田村神社については、既に記事があります。

その記事を見る


田村神社の4組目の狛犬ですが、今回の狛犬は北参道入り口に居ます。
200831tamura01.jpg


年代:不明
材質:石造
型式:出雲・構え型

近寄れなくて年代が確認できませんでしたが、比較的新しいものだと思います。

右側が阿形獅子。
前足を折り、腰を高くして、今にも跳びかかりそうな姿勢をしている。
200831tamura02.jpg


200831tamura03.jpg


200831tamura04.jpg


かなり長い耳は垂れ、盛り上がった鼻筋の左右に巻き毛の眉が横に波打って伸びている。
目は吊り上がり気味だが、眉と大きな獅子鼻に隠れている。
二重の上唇のたわみが大きく、開いた口に歯列をむき出し、鋭い牙が前と奥に4本。
豊かな顎髭と頬髯が、何段にも豊かに流れている。
200831tamura05.jpg


200831tamura06.jpg


左側が吽形獅子。
前足を折り、腰を高くして、今にも跳びかかりそうな姿勢をしている。
200831tamura07.jpg


かなり長い耳は垂れ、盛り上がった鼻筋の左右に巻き毛の眉が横に波打って伸びている。
目は吊り上がり気味だが、眉と大きな獅子鼻に隠れている。
二重の上唇のたわみが大きく、閉じた口から鋭い牙が前と奥に4本むき出しに。
豊かな顎髭と頬髯が、何段にも豊かに流れている。
200831tamura08.jpg


200831tamura09.jpg


身体には筋肉や体毛の表現は無いが、構えている姿勢なので勢いがある。
爪は立派。足の走り毛も勢いのある炎状。
200831tamura10.jpg


尾は、豊かな炎状の尾が豊かに立ち、脇の巻き毛も勢いがよい。
200831tamura11.jpg


200831tamura12.jpg


ここで出雲・構え型にお目にかかるとは思っていなかったので嬉しかった。
本場の出雲では、来待石というもろい石(砂岩)を使っていて、風化が激しいものが多いが、
ここの狛犬は、比較的新しいこともあり、細部の造作が明確であるのが良い。
今にも跳びかかりそうな迫力があって、一之宮の狛犬にふさわしく威厳がある。


狛犬の記事一覧を見る



讃岐国一之宮・田村神社随神門前の狛犬

20200818

所在地:香川県高松市一宮町字宮東286番地 田村神社随神門前
参拝日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺、阿波国一之宮・大麻比古神社に参拝後、この神社に参拝しました。

讃岐国一之宮・田村神社については、既に記事があります。

その記事を見る


かってこの場所に随神門があったので随神門と呼ばれているが、実際は高麗門の前に今回の狛犬は居ます。
200818tamura01.jpg


200818tamura02.jpg


年代:天保13年(1842)
材質:石造
型式:付き尾型
阿形が獅子吽形が狛犬の、初期のタイプである。

右側に阿形獅子。
前足を直立。蹲踞。
200818tamura03.jpg


200818tamura04.jpg


200818tamura05.jpg


たてがみが巻き毛なので獅子。
耳は伏せている。
眉は巻き毛状に横に並ぶ。鼻鬚、頬髯は無く、顎髭が少し。
目はドングリ眼、瞳あり。鼻は扁平。
唇のたわみが少ない口を大きく開け、前の歯列をむき出している。牙は確認できない。
表情は、怒っている。
200818tamura06.jpg


200818tamura07.jpg


左側に吽形狛犬。角あり。
前足を直立。蹲踞。
200818tamura08.jpg


200818tamura09.jpg


200818tamura10.jpg


たてがみは直毛がスッと流れており、狛犬。
耳は伏せている。
眉は直毛が横に並ぶ。鼻鬚、頬髯は無く、顎髭は八の字。
目はドングリ眼で飛び出している。鼻は小さく頬が張っている。
大きな口を閉じ、歯列と牙を歯をむき出している。
丸っこい親しみやすい顔で、表情はかなりとぼけている。
200818tamura11.jpg


200818tamura12.jpg


前足の関節を強調、爪も大きくて立派。
前足の関節と足首に、長く羽根を延ばした立派な巻き毛があり。
胴体はずん胴、体毛の表現も無く、アッサリしている。
かなり頑丈な感じがある。
200818tamura13.jpg


200818tamura14.jpg


尾は付き尾型だが、左右阿形と吽形で異なる。

右の阿形は、中央の炎三つは大きく伸びて、脇に左右二つずつ巻き毛が付く。
200818tamura15.jpg


左の吽形は、団扇形に巻き毛が広がる。
200818tamura16.jpg


年代は天保13年(1843)。
200818tamura17.jpg


この参道には三組の狛犬が並び、入り口と中間の狛犬は、阿吽の位置が逆だったが、随神門前の今回の狛犬は通常タイプで、右側が阿形となっている。
そして嬉しいことに、江戸時代のものとしては珍しく、阿形が獅子、吽形が狛犬という、初期のタイプとなっている。
皆さん、狛犬、狛犬と呼ぶが、江戸時代からほとんどのものが、両方とも獅子のタイプになってしまっているのは寂しいじゃありませんか。
だから、こういう「獅子・狛犬」タイプを見つけると嬉しくなってしまう。
顔も、けっこう個性的な顔で、すっかり気に入りました(嬉)


狛犬の記事一覧を見る



讃岐国一之宮・田村神社参道中ほどの狛犬

20200808

所在地:香川県高松市一宮町字宮東286番地 田村神社参道中ほど
撮影日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺、阿波国一之宮・大麻比古神社に参拝後、この神社に参拝しました。

讃岐国一之宮・田村神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、参道入り口の鳥居と随神門の間の参道中ほどに居ます。
200808tamur01.jpg


年代:大正15年(1926)
材質:青銅製
型式:岡崎古代型
右側に吽形と、阿吽の位置が逆。吽形に角あり。

右側に吽形獅子。角あり。
前足を直立。蹲踞。
胸に鈴あり。
200808tamur02.jpg


200808tamur03.jpg


200808tamur04.jpg


角は、前が小さく後ろが大きい二股。
たてがみは、大きく広がり巻き毛と直毛がそのまま流れるもの、沢山ある。
耳は大きく垂れている。
大きな房状の眉が目に覆いかぶさっている。鼻ヒゲ、顎髭は直毛で豊か。
目は丸く奥目。鼻は大きく張り、鼻の穴が横に広がる。
たわみが大きい唇閉じ、牙だけを覗かせている。
表情は、丸っこい親しみやすい顔で、ジッとこちらを注視している感じ。
200808tamur05.jpg


200808tamur06.jpg


左側に阿形獅子
前足を直立。蹲踞。
胸に鈴をつけている。
200808tamur07.jpg


200808tamur08.jpg


角はない。
たてがみは、大きく広がり巻き毛と直毛がそのまま流れるもの、沢山ある。
耳は大きく垂れている。
大きな房状の眉が目に覆いかぶさっている。鼻ヒゲ、顎髭は直毛で豊か。
目は丸く奥目。鼻は大きく張り、鼻の穴が横に広がる。
たわみが大きい唇を開き、舌や歯列はあまり見えず、牙だけが目立つ。
表情は、丸っこい親しみやすい顔で、笑いながらこちらを注視している感じ。
200808tamur09.jpg


200808tamur10.jpg


胸を大きく張り出し、
身体と足の筋肉が強調され、爪も大きくて立派。
脚は長く、両足の走り毛は立派。
胴体にも肋骨が表現され、精悍な、堂々たる姿勢である。
200808tamur11.jpg


200808tamur12.jpg


尾は立っていて、八つ手状に広がった炎状の尾が前方にかぶさり、
先端に巻き毛を作っている。
200808tamur13.jpg


年代は大正拾五年(1926)。
200808tamur14.jpg


この狛犬は、岡崎古代型。
鎌倉時代の木製狛犬を模した姿で、しかも青銅製なので、木製狛犬のように精緻に作ることが出来ますね。
胸に鈴をつけています。
この狛犬も阿吽の位置が逆で、右側が吽形となっています。
その理由については前回説明したように、わかっていません。
しかも、この神社においても、次回から紹介する、随神門にあるもの・北参道にあるものは通常の右側が阿形となっているので、余計わからなくなります。


狛犬の記事一覧を見る



讃岐国一之宮・田村神社参道入り口の狛犬

20200729

所在地:香川県高松市一宮町字宮東286番地 田村神社参道入り口
参拝日:2020年3月23日

「青春18キップの旅2020春」の二日目、四国八十八ケ所第一番札所・霊山寺、阿波国一之宮・大麻比古神社に参拝後、この神社に参拝しました。

讃岐国一之宮・田村神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、参道入り口の鳥居前に居ます。
200729tamu01.jpg


年代:寛永元年(1624)
材質:石造
型式:付き尾型
右側に吽形と、阿吽の位置が逆。角あり。

右側に吽形獅子。角あり。
前足を直立。蹲踞。
200729tamu02.jpg


200729tamu03.jpg


200729tamu04.jpg


たてがみは、直毛がスッと流れて先端が巻き毛。一部は薄くスーッと胸に向かって流れる。
耳は大きく垂れている。
眉は巻き毛混ざりの直毛が横に並ぶ。頬髯、顎髭は目立たない。顎下に巻き毛。
目はドングリ眼、鼻が大きく張っている。
唇のたわみが少ない口を閉じ、牙を覗かせている。
表情は、丸っこい親しみやすい顔で、ジッとこちらを注視している感じ。
200729tamu05.jpg


200729tamu06.jpg


左側に阿形獅子
前足を直立。蹲踞。
200729tamu07.jpg


200729tamu08.jpg


200729tamu09.jpg


たてがみは、直毛がスッと流れて先端が巻き毛。一部は薄くスーッと胸に向かって流れる。
耳は大きく垂れている。
眉は直毛が横に並び、吊り上がっている。頬髯、顎髭は目立たない。顎ヒゲは房状に広がっている。
目はドングリ眼、鼻が大きく張っていて、鼻の穴は丸く大きい。
唇のたわみが少ない口を開き、歯をむき出し、舌をのぞかせている。牙も鋭い。
丸っこい親しみやすい顔だが、目を吊り上げ、口をクワッと開き、威嚇している。
200729tamu10.jpg


200729tamu11.jpg


前足の付け根の筋肉が強調され、爪も大きくて立派。
足首と付け根に、立派な巻き毛があり。
胴体に肋骨が表現され、精悍な感じが出ている。
後足の走り毛も立派。
200729tamu12.jpg


200729tamu13.jpg


尾は付き尾型。
中央に幅広に直毛が立ち上がり、根元に中央の直毛と左右に巻き毛の三本が形づけられ、更にその下から左右に二本ずつ細い巻き毛が延びている。
200729tamu14.jpg


200729tamu15.jpg


この狛犬は、阿吽の位置が逆だと云ったが、
阿吽の正しい位置というのは、狛犬を定義した最も基礎的な文献として平安末期の公事手引書『類聚雑要抄』 に拠っています。
そこには、「左獅子 於色黄 口開 右胡麻犬 於色白 不開口 在角」とあります。
「左が獅子であり色は黄色で口を開いている(阿形)、右が胡麻犬(高麗犬)で色は白く口は閉じている(吽形)、角がある」
この左右というのは、「天皇、祭神から見て」ということなので、私たちのような参拝者から見れば、祭神のいる社殿に向かって(参道なら社殿に進む方向で)右に阿形が在る、ということになります。
古代インドのサンスクリットでは、口を開いた「阿」の音で始まり、口を閉じた「吽」の音で終わるので、阿形・吽形と言いますが、左右の根拠は、天皇は常に南面して座りますが、天皇から見て左側から太陽が昇り右側に沈むことからきているみたいです。
なので、左大臣のほうが右大臣より偉い。

今回の狛犬は、身体と顔の向きから見て、最初から右が吽形だと作られている。
これには、何か意味があるのだろうか?
ちなみに、この神社の御祭神は、倭迹迹日百襲姫命、 五十狹芹彦命です。

私がこれまで経験した阿吽が逆な狛犬は、このブログで記事にした150例のうち3例ありました。
・島根県・日御崎神社楼門(主祭神:素盞鳴尊、相殿:宗像三女神)
・茨城県・阿彌神社拝殿前(ご祭神:普都大神、一説に、豊城入彦命、高来神)
・栃木県・太平山神社拝殿前(ご祭神:天照皇大御神、豊受姫大神、瓊瓊杵尊)

ネットで調べると地方の天満宮で、阿吽が逆だと書いているのが2例見つかりました。
しかし、私が行った太宰府天満宮では5組とも逆ではありませんでした。
天神さま系だからということではないようです。

どうも、祭神によるものではないようです。

方角はどうか?
日御崎神社楼門も、太平山神社拝殿も、南面しており、
この田村神社も南面しており、参道は、社殿に向かって北進の方向です。
いずれも、右側が東の方向となります。

ということで、阿吽を逆にすることの意味は、まだわかりません。


狛犬の記事一覧を見る


プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop