FC2ブログ

小野照崎神社の狛犬

20190817

所在地:東京都台東区下谷2-13-14小野照崎神社拝殿前
参拝日:2019年7月15日

小野照崎神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、拝殿前の狛犬です。
190817onoteru01.jpg


年代:明和元年(1764年)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側の阿形獅子。頭に宝珠を載せている。蹲踞。
190817onoteru02.jpg


190817onoteru03.jpg


190817onoteru04.jpg


・右は口を開き阿形、たてがみが巻き毛で獅子。頭に宝珠を載せている。
・たてがみは流れ落ち、胸に達している。
・耳は聞き耳を立て、眉はまっすぐ巻き毛が並ぶ。顎鬚は直毛で小さい巻き毛が混ざる。
・口は横に大きく開き、唇の中舌をのぞかせ、歯は並んで居るが、牙は目立たない。
・表情は厳めしいが、すごみは無い。
190817onoteru05.jpg


190817onoteru06.jpg


左側の吽形獅子。頭に二又に分かれた角がある。蹲踞。
190817onoteru07.jpg


190817onoteru08.jpg


190817onoteru09.jpg


・左は口を軽く閉じ吽形、たてがみの巻き毛が大きい、獅子。頭に二又に分かれた角がある。
・たてがみは流れ落ち、胸に達している。
・耳は聞き耳を立て、眉は巻き毛が並ぶ。顎鬚は直毛で小さな巻き毛が混ざる。
・鼻の穴が大きく正面を向き、目はドングリ眼で奥目。
・口は軽く閉じ、唇の中、歯を噛み締めている。牙はわからない。
・表情は厳めしいが、すごみは無い。
190817onoteru10.jpg


190817onoteru11.jpg


・前足は短く真っ直ぐで筋肉が強調され、爪が立派。前足の走り毛は全長にわたってある。
・後足は蹲踞。爪は立派。走り毛は尾が覆っていてわからない。
190817onoteru12.jpg


190817onoteru13.jpg


・尾は、複雑に絡み合った尾が、両脇に垂れ下がり後足にかぶさっている。大きな巻き毛が混ざる。
190817onoteru14.jpg


190817onoteru15.jpg


宝珠、角が立派で、たてがみと尾の毛の流れが綺麗で、それに立派な巻き毛が絡む。
「宝珠・角型」の典型的なかたちで、綺麗な狛犬である。



狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



高田富士浅間神社の狛犬

20190809

所在地:東京都新宿区西早稲田三丁目5-43 水稲荷神社内高田富士登り口
撮影日:2019年7月15日

「高田富士」については、既に記事があります。

その記事を見る


この日は「富士祭り」と云って、年に2日しかない富士塚「高田富士」に登れる日です。
正門入り口の石段を上がり、少し進むと、右側に「高田富士」の入り口があり、この日は年に二日しかない登れる日です。
190809takada01.jpg


今回の狛犬は、高田富士の登り口にある浅間神社の狛犬です。
左側が浅間神社。
190809takada02.jpg


190809takada03.jpg


浅間神社の前に、今回の狛犬が居ます。
190809takada04.jpg


年代:安永9年(1780)
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側の阿形獅子。頭に宝珠を載せている。蹲踞。
190809takada05.jpg


190809takada06.jpg


190809takada07.jpg


・右は口を開き阿形、たてがみが巻き毛で獅子。頭に宝珠を載せている。
・耳は聞き耳を立て、眉は横に真っ直ぐ巻き毛が並ぶ。顎鬚は直毛。
・鼻が高く尖り、目は横長で奥目。
・口は大きく開き、たわみが大きい唇の中、乱杭歯が並び、牙は目立つ。
190809takada08.jpg


190809takada09.jpg


左側の吽形獅子。頭に角がある。蹲踞。
190809takada10.jpg


190809takada11.jpg


190809takada12.jpg


・左は口を閉じ吽形、たてがみの巻き毛が大きい、獅子。頭に角がある。
・耳は聞き耳を立て、眉は横に真っ直ぐ。顎鬚は直毛。
・鼻が高く尖り、目は横長で奥目。
・口は閉じ、たわみが大きい唇の中、歯を噛み締めている。牙はわかる。
190809takada13.jpg


190809takada14.jpg


・前足は、指と爪が大きく鋭い。足首の前に毛の表現。付け根に炎のような立派な巻き毛の表現。
・後足は蹲踞。走り毛は炎のような立派な巻き毛。爪先まで毛が覆っている。
190809takada15.jpg


190809takada16.jpg


・尾は、立っていて、根元中央に大きな巻き毛。左右に二つずつ巻き毛。そこから大きく炎が立っている。
190809takada17.jpg


190809takada18.jpg


普段、人目の付かない所にこのような立派な狛犬があって、吃驚した。
江戸時代当時の、富士講が盛んであった、一つの証でもある。



狛犬の記事一覧を見る



早稲田水稲荷神社の狛狐②

20190803

所在地:東京都新宿区西早稲田三丁目5-43 水稲荷神社脇の入り口
撮影日:2019年7月15日

早稲田水稲荷神社については、既に記事があります。

その記事を見る


拝殿に向かって左からの脇の入り口に、今回の狛狐が居ます。
190803mizu01.jpg


こういう説明がついている。
190803mizu02.jpg


年代:不明
材質:石造
型式:他眷属型-狐

今回の狛狐は、宙を飛んで着地した瞬間みたいな躍動的な姿である。
その代わり、普通狛狐は物を咥えたり持ったりしているが、そういうものは皆無。

右の狛狐
跳んで、いま着地したばかりというような体勢。
どこも丸っこい造形だが、躍動的である。
190803mizu03.jpg


190803mizu04.jpg


聞き耳を立て、注意深くこちらを見つめている。
表情は穏やか。
190803mizu05.jpg


190803mizu06.jpg


左の狛狐
跳んで、いま着地したばかりというような体勢。
どこも丸っこい造形だが、躍動的である。
190803mizu07.jpg


190803mizu08.jpg


190803mizu09.jpg


聞き耳を立て、注意深くこちらを見つめている。
表情は穏やか。
片方の耳が損なわれている。
190803mizu10.jpg


190803mizu11.jpg


丸い尾は、真っ直ぐ後ろに延びている。
190803mizu12.jpg



今までアップした狛狐は蹲踞した体勢だったが、
今回の狛狐は、跳んで、いま着地したばかりというような体勢の狛狐の嚆矢となった。
実に躍動的。
表情は、思慮深い感じで好感が持てる。
なにかの原因で片耳を損なってしまったのだろうが、「耳欠け神狐」と名付けられて、しかもご利益までうたわれている。
この神社側の配慮には、心が温かくなる。



狛犬の記事一覧を見る



早稲田水稲荷神社の狛狐

20190729

所在地:東京都新宿区西早稲田三丁目5-43 水稲荷神社拝殿前
撮影日:2019年7月15日

早稲田水稲荷神社については、既に記事があります。

その記事を見る


拝殿の前に、今回の狛狐が居ます。
190729mizu01.jpg


年代:昭和3年(1928)
材質:石造
型式:他眷属型-狐

右の狛狐は、玉を咥えて、左の狛狐は巻き物を咥えている。

ちなみに、狐が咥えたり、持っている物に、稲穂、巻物、鍵、玉の4種類あります。
それが現わしているものは、下記のとおりです。
稲穂:五穀豊穣
巻物:知恵
鍵:霊徳を身につけようとする願望の象徴、商売繁盛(蔵の鍵)
玉、宝珠:神さまの霊徳の象徴、米倉

右の狛狐
玉咥えて蹲踞。
シンプルな造形だが、筋肉が強調されていて、勢いを感じる。
190729mizu02.jpg


190729mizu03.jpg


190729mizu04.jpg


玉を咥えている口に牙が鋭い。
表情が厳めしく、猛々しい。
190729mizu05.jpg


190729mizu06.jpg


左の狛狐
巻き物を咥えて蹲踞。
190729mizu07.jpg


190729mizu08.jpg


190729mizu09.jpg


巻き物を咥えている口に牙が鋭い。
表情が厳めしく、猛々しい。
190729mizu10.jpg


190729mizu11.jpg


尾は、S字形にカーブして、一旦背中に触れてから立ち上がっている。
190729mizu12.jpg


年代は、昭和3年(1928)奉納のもの。
190729mizu13.jpg



この狛狐は、筋肉を強調した身体、牙が鋭く、表情が厳めしく、獰猛な感じで威圧している。
この神社の謂れ「藤原秀郷(俵藤太)が平将門(霊)調伏のために勧請した神社」にふさわしいたたずまいである。



狛犬の記事一覧を見る



熊野那智大社の狛犬

20190720

所在地:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 熊野那智大社参道
撮影日:2019年3月19日

熊野那智大社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は、社殿のある平地に上がる最後の石段下に居ます。
190720nachi01.jpg


年代:不明
材質:石造
型式:岡崎古代型


右側が阿形。タテガミが巻き毛なので獅子。角は無い、胸に鈴をつけている。
蹲踞している。
190720nachi02.jpg


190720nachi03.jpg


タテガミ、ほおヒゲ、あごヒゲが巻き毛。
耳を立て、太い眉が一文字、目は大きく、鼻は尖っている。
唇のたわみの大きい口を開き、丸い舌をのぞかせ、太い牙が目立つ。
表情はいかめしい。
190720nachi04.jpg


190720nachi05.jpg


左は吽形、タテガミが巻き毛なので獅子。角があり、胸に鈴をつけている。
蹲踞している。
190720nachi06.jpg


190720nachi07.jpg


190720nachi08.jpg


頭に角がある。
タテガミ、ほおヒゲ、あごヒゲが巻き毛。
耳を立て、太い眉が一文字、目は大きく、鼻は尖っている。
唇を閉じ、突き出た牙が長く鋭く怖い。
表情はいかめしい。
190720nachi09.jpg


190720nachi10.jpg


厚い胸を前に張り出し、筋肉質の長い前足で紙面を踏みしめている。
足の関節、筋肉を強調している。
胴は細長く、あばら骨が浮き、精悍な感じ。
前足、後足の走り毛が立派。
精悍で、威風堂々としている。
190720nachi11.jpg


190720nachi12.jpg


尾は立ち尾で、湾曲して背に当たってから立ち上がっている。
尾の形状は、中央に太く炎状に立ち上がり、両脇に大きな巻き毛が一つあり。
190720nachi13.jpg


190720nachi14.jpg



この狛犬は岡崎古代型といい、鎌倉初期の木造狛犬を模したもので、元の木造狛犬と比べ、前脚や胸板がより筋肉質となり、威厳のある風貌になっています。威嚇型の原型となっています。
木像を模しているので、タテガミ、足の走り毛、尾など細かな造形で見ごたえがある。
胸に鈴をつけているのが特徴で、ちょっと可愛い。



狛犬の記事一覧を見る



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop