FC2ブログ

上御霊神社・拝殿前の狛犬/京都市上京区

20200117

所在地:京都市上京区上御霊前通烏丸東入上御霊竪町495 上御霊神社・拝殿前
撮影日:2017年3月22日

上御霊神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は拝殿前に居る。
200117goryou01.jpg


年代:天保15年(1844)
材質:石造
型式:京うちわ型

右側が阿形。タテガミが巻き毛なので獅子。角は無い。
胸に筋肉の浮きがあり、蹲踞している。
200117goryou02.jpg


200117goryou03.jpg


200117goryou04.jpg


タテガミ、ほおヒゲが巻き毛。あこヒゲは無い。
耳を伏せ、眉は一文字、目を見開いて、鼻は普通。
大きい口を開き、舌をのぞかせ、上の歯が横に綺麗に並ぶ。
顔は、ヒヒを連想させる。笑っている感じ。
200117goryou05.jpg


左は吽形、タテガミが巻き毛なので獅子。角がある。
筋肉の浮きがあり、蹲踞している。
200117goryou06.jpg


200117goryou07.jpg


200117goryou08.jpg


頭に角がある。
タテガミ、ほおヒゲが巻き毛。あこヒゲは無い。
耳を伏せ、眉は一文字、目を見開いて、鼻は普通。
口を閉じているが、歯をのぞかせている。
顔は、ヒヒを連想させる。怒っている感じ。
200117goryou09.jpg


尾は平らな立ち尾で、根元に左右一つずつの巻き毛あり、そこから八つ手状に炎のように広がっている。
これが「京うちわ型」の特徴。
200117goryou10.jpg


200117goryou11.jpg


年代は、天保15年(1844)。
200117goryou12.jpg



この狛犬は「京うちわ型」という。
尾に特徴があり、姿勢はスフィンクス形。比較的大きい。
顔はけっこうバリエーションが豊富なようだ。


狛犬の記事一覧を見る



スポンサーサイト



太平山(おおひらさん)神社・拝殿前の狛犬

20191227

所在地:栃木県栃木市平井町659 太平山神社・随神門内
撮影日:2017年8月30日

太平山神社については、既に記事があります。

その記事を見る


今回の狛犬は拝殿前に居る。
191227ohira01.jpg


年代:不明
材質:石造
型式:宝珠・角型

右側に、吽形獅子。頭に角あり。
たてがみに巻き毛あり獅子。たてがみは、前の方に長く流れて肩を過ぎ前足にかかっている。
前足は直立。後足は蹲踞。
身体の筋肉や体毛、爪などの表現は、走り毛くらいで控えめ。
191227ohira02.jpg


191227ohira03.jpg


191227ohira04.jpg


角は一本で後ろに曲がっている。
顔は横長で扁平な感じ。
耳は伏せ、眉は巻き毛が横に並び、顎髭は直毛が並び、目は鋭い。
波打った唇を閉じてているが、閉じた歯をむき出して威嚇している感じ。
191227ohira05.jpg


191227ohira06.jpg


左側に、阿形獅子。頭に宝珠あり。
たてがみに巻き毛あり獅子。たてがみは、前の方に長く流れて肩を過ぎ前足にかかっている。
前足は直立。後足は蹲踞。
身体の筋肉や体毛、爪などの表現は、走り毛くらいで控えめ。
191227ohira07.jpg


191227ohira08.jpg


191227ohira09.jpg


宝珠は小さめ。
顔は横長で扁平な感じ。
耳は伏せ、眉は巻き毛が横に並び、顎髭は直毛が並び、目は鋭い。
たわみの大きい唇を開き、歯並びは綺麗。牙は大きめだが目立たない。
表情は威嚇している感じ。
191227ohira10.jpg


191227ohira11.jpg


尾は立っていて、根元の三つの巻き毛からスックとタケノコ状に毛が立っている。
191227ohira12.jpg


191227ohira13.jpg



この狛犬は、右に吽形左に阿形と、通常と異なる。
社殿の方向に寄るのかと調べたら、社殿は東南向きなので、太陽は右側から上る。
よって、阿吽の意味からすると、ここの狛犬は左右逆に置かれていると思えるのだが。
狛犬自体は、宝珠と角が分かりやすくて、体型も自然で、良いものだと思う。



狛犬の記事一覧を見る



太平山(おおひらさん)神社・随神門内の狛犬

20191212

所在地:栃木県栃木市平井町659 太平山神社・随神門内
撮影日:2017年8月30日

太平山神社については、既に記事があります。

その記事を見る


参道登り口の途中に、随神門がある。
191212ohira01.jpg


随神門をくぐった所に、今回の狛犬が置かれている。

年代:天保13年(1842)
材質:石造
型式:金沢型

金沢型というのは、石川県金沢市近辺に見られるもので、片方が逆立ちしていて、もう片方は構えているもの。
それが、栃木県のここにあるのを見て仰天した次第です。
金沢市にある金沢型は未アップのため、こちらが先に金沢型のお披露目になりました。

向かって右側が阿形獅子で逆立ちをしている。
191212ohira02.jpg


191212ohira03.jpg


191212ohira04.jpg


残念ながら右後足と尾を失っている。
191212ohira05.jpg


ネットで探したら、壊れる前の写真を見つけることが出来た。
191212ohira06.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
耳が大きく、たてがみは長く後足のほうにまで延びている。
横一直線に直毛が並んだような眉が目にかぶさっている。顎鬚もストレートなのが並ぶ。
目をカッと見開いて、横に大きな口を開いて、歯が並ぶ。
表情は威嚇的。
191212ohira07.jpg


191212ohira08.jpg


左側は、口を閉じた感じで、たてがみが巻き毛なので、吽型獅子。
頭を低くし後足を延ばして、跳躍寸前のような「構え型」
191212ohira09.jpg


191212ohira10.jpg


口を閉じ気味で、たてがみが巻き毛なので獅子。
耳が大きく、たてがみは腰まで延びている。
横一直線に直毛が並んだような眉が目にかぶさっている。顎鬚もストレートなのが並ぶ。
目を鋭くし、横に大きな口を閉じて、上の歯並びは見せている。
表情は、こちらを注視している感じ。
191212ohira11.jpg


191212ohira12.jpg


尾は、両側に大きな巻き毛を三つ作って、尾の先は横に平らな板状になっている。
191212ohira13.jpg


191212ohira14.jpg


金沢市近辺にしか無いと思っていた金沢型を発見して驚いた。
この地と金沢にゆかりのある人が奉納したのか、それともこの地の職人さんが独創的に制作したものなのか。
いずれにしても、狛犬の世界では「金沢型」として定着しているかたちだ。


狛犬の記事一覧を見る



太平山(おおひらさん)神社・六角堂前の狛犬

20191122

所在地:栃木県栃木市平井町659 太平山神社・六角堂前
撮影日:2017年8月30日

太平山神社については、既に記事があります。

その記事を見る


参道登り口に、六角堂がある。
191122rokkaku01.jpg


その前に、今回の狛犬は居る。

年代:昭和20年(1945)
材質:石造
型式:子連れ玉取り型

右側の阿形獅子。蹲踞して、玉を持った子獅子を押さえている。
191122rokkaku02.jpg


191122rokkaku03.jpg


191122rokkaku04.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
横一直線に剣が並んだような眉が目にかぶさっている。顎鬚もストレートなのが並ぶ。
上唇が大きくたわんだ横に大きな口を開いて、鋭い歯が並び、牙も鋭い。
四角い顔はほとんど毛に覆われ、表情はかなり威嚇的。
191122rokkaku05.jpg


191122rokkaku06.jpg


玉を持つ子獅子。
191122rokkaku07.jpg


191122rokkaku08.jpg


左側の吽形獅子。蹲踞して、玉を押さえている。
191122rokkaku09.jpg


191122rokkaku10.jpg


口を閉じており、たてがみが巻き毛なので獅子。
眉は直毛が横に並び目にかぶさっている。顎鬚も、直毛が横に並ぶ。
上唇がかなりたわんだ口を閉じて、歯を見せない。牙は出ている。
四角い顔はほとんど毛に覆われ、表情は静か。
191122rokkaku11.jpg


191122rokkaku12.jpg


たてがみと、尾は長く横に流れて美しい。
尾の巻き毛は、左右に一つずつ。
191122rokkaku13.jpg


191122rokkaku14.jpg



この狛犬は、向かって右の阿形が子獅子を連れて、吽形が玉を取っている、子連れ玉取り型。
しかも子獅子が更に玉を掴んでいるという、凝ったかたちだ。
たてがみと尾が横に長く流れて美しい。
苔むしていて、風化が進んでいる感じで、惜しい気がする。



狛犬の記事一覧を見る



大麻止乃豆乃天神社(おおまとのつのあまつかみのやしろ)の狛犬

20191107

所在地:東京都稲城市大丸847
撮影日:2015年7月26日(日)

この神社には、「武蔵国式内社めぐり」で参拝しており、既に記事があります。

その記事を見る


入口から石段を上がり、鳥居と手水舎の先にまた石段、そこを上がったところにこの狛犬が居り、そこからまた石段を上がってやっと社殿にたどりつく。
191107oomato01.jpg


年代:天保12年(1841)
材質:石造
型式:宝江戸流れ尾型、両子連れ型

右側の阿形獅子。蹲踞して、子獅子を抑えている。
191107oomato02.jpg


191107oomato03.jpg


191107oomato04.jpg


口を開いており、たてがみが巻き毛なので獅子。
たてがみは肩の辺まで。
耳を伏せ、目は横長で奥まっている。
眉が横に流れて、鼻鬚、顎髭ははっきりしない。
口は半開きで、歯や牙は目立たない。
顔は扁平で、笑ってこちらを見ている感じ。
191107oomato05.jpg


191107oomato06.jpg


連れている子獅子
腹の中にもぐり込んで、乳を吸っている。
191107oomato07.jpg



左側の吽形獅子。前右足を岩の上に乗せ、蹲踞して、背中に子獅子を乗せている。
191107oomato08.jpg


191107oomato09.jpg


191107oomato10.jpg


口を閉じており、たてがみが巻き毛なので獅子。
たてがみは肩の辺まで。
耳を伏せ、目はまん丸で目立つ。
眉が横に流れて、鼻鬚、顎髭ははっきりしない。
口は閉じているが、乱杭歯や牙を見せている。
顔は扁平で、笑ってこちらを見ている感じ。
191107oomato11.jpg


191107oomato12.jpg


背中に乗せている子獅子
勢いが良い。
191107oomato13.jpg


191107oomato14.jpg


尾は真ん中に巻き毛が一つ、両側に巻き毛が二つずつ。
そこから横に綺麗に流れて台座にまで延びている。
191107oomato15.jpg


191107oomato16.jpg


年代は、天保12年(1841)。
191107oomato17.jpg


この狛犬は、江戸流れ尾型で、阿吽両方とも子獅子を連れている。
片方の小獅子が乳を吸っているのは貴重な例。
顔は江戸狛犬の典型的なもの。



狛犬の記事一覧を見る



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop