橘樹(たちばな)神社の狛犬

20170221

所在地:千葉県茂原市本納 橘樹神社参道
撮影日:2015年9月15日

年代:享保5年(1720)
材質:石造
型式:江戸狛犬(付き尾)

歴史クラブ行事「関八州式内社めぐり」で、旧上総国式内社を訪ねた際に橘樹(たちばな)神社に参拝しました。

その記事を見る


ここには、三組の狛犬が居ました。

もう二組ですが、拝殿直前にあるのが一番古いものでしたが、造立年代が不明で片方の狛犬の首が欠落していたのでこれは省きました。
もう一組の、文久3年(1863)奉納の狛犬は、後でアップします。

拝殿前に台座上に安置されている。
170221tachibana01.jpg


右側に阿形獅子
170221tachibana02.jpg


170221tachibana03.jpg


170221tachibana04.jpg


170221tachibana05.jpg


子獅子を連れている。
170221tachibana06.jpg


左側に吽形獅子
170221tachibana07.jpg


170221tachibana08.jpg


170221tachibana09.jpg


玉を持つ
170221tachibana10.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・顔は、前髪&眉がカールして中央分け、顎髭も豊かで前髪と同様にカールしている、唐獅子のスタイル。
・表情は親しみやすい笑顔。
・前足は、子獅子を連れているか、玉を持っている。
・後足は蹲踞。足の付け根に巻き毛あり。
・尾は、背中に沿って豊かに流れている。


「江戸狛犬」は、「関東型」とも云われ、左右とも唐獅子となり、子連れ、玉持ちが多い。
尾が、初期は「立ち尾」、後期が「流れ尾」と云われている。
今回のは、顔は唐獅子のものであり、子獅子を連れ、玉を持っているので、「江戸狛犬」として間違いない。
しかし、尾が背中に付いて流れており、唐獅子特有の巻き毛もそんなに協調されていないのは、まだ「はじめ型」の影響が残っているのではないかと思われる。



狛犬の記事一覧を見る


スポンサーサイト

浅草神社の夫婦狛犬

20170216

所在地:東京都台東区浅草 浅草神社境内
参拝日:2015年3月17日

年代:江戸時代(1600年代後半~1700年代前半)
材質:石造
型式:はじめ型

浅草神社については、既に記事にしています。

その記事を読む



浅草神社の参道には、天保7年(1839)奉納のものと、昭和36年奉納のブロンズの狛犬がありますが、境内の一角に、引退してのんびりと過ごしている「夫婦狛犬」が居ます。

しかも相合傘で(笑)
170216asakusa01.jpg


神社の説明
170216asakusa02.jpg


阿形、吽形がくっついて並んでいる。
170216asakusa03.jpg


阿形
170216asakusa04.jpg


吽形
170216asakusa05.jpg


斜め後ろから
170216asakusa06.jpg


特徴:
・右側が吽形、左側が阿形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・阿吽ともに頭に窪みがあるが、はめ込み式の角があったと説明あり。
・両方とも角だったのか、片方が宝珠で片方が角だったのか、興味をひくところである。
・顔は、実に親しみやすい笑顔。
・前足は太くたくましく、短い。
・後足は蹲踞。足の付け根の巻き毛から三本長く延びているのが特徴。
・尾は手のひらのように伸びた付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。

頭の窪み
170216asakusa07.jpg


足の付け根の巻き毛と、付き尾。
170216asakusa08.jpg


神社の「夫婦狛犬」という演出と相まって、「はじめ型」の特徴である、小型で四つん這い、ユニークな笑い顔の親しみやすい顔によって、実に親しみやすい狛犬である。
彫りがシンプルなのも、親しみやすい印象を与えている。



狛犬の記事一覧を見る



川越・氷川神社(境内社柿本人麻呂神社)の狛犬

20170209

所在地:埼玉県川越市宮下町 氷川神社境内社柿本人麻呂神社前
参拝日:2016年2月21日

年代:享保3年(1718)
材質:石造
型式:はじめ型

川越の氷川神社境内社・柿本人麻呂神社の狛犬です。

川越氷川神社と境内社柿本人麻呂神社については、既に記事にしています。
記事は2013年に作ったもので、柿本人麻呂神社周囲がその当時と現在では、ちょっと変わっています。

その記事を読む


柿本人麻呂神社
170209kawa01.jpg


170209kawa02.jpg


阿形獅子
170209kawa03.jpg


170209kawa04.jpg


170209kawa05.jpg


吽形獅子
170209kawa06.jpg


170209kawa07.jpg


170209kawa08.jpg


吽形の足に、享保3年と刻まれている。
170209kawa09.jpg


特徴:
・右側が阿形、左側が吽形で、両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・阿吽ともに頭に窪みがあるが、何故かは不明。
・顔は下半分がずいぶんと前に突き出され、ユーモラスな笑顔と相まって、親しみやすい。
・前足はまっすぐで、前に出しかげん。
・後足は蹲踞。
・尾はシンプルな真っ直ぐな付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。

阿吽ともに頭に窪みがある。
170209kawa10.jpg


170209kawa11.jpg


・尾はシンプルな真っ直ぐな付き尾。根元のほうにわりと多い巻き毛あり。
170209kawa12.jpg



玉を持っているのは、江戸狛犬型の(中期)以降だが、尾のかたちほか全体がまだ「はじめ型」である。
頭の上がお皿のようにくぼんでいるので、まるでカッパのように見え、人気を集めているようです。
特徴は獅子といえ、彫りが実にシンプルなため、和犬のような親しみやすさがある。



狛犬の記事一覧を見る



春日大社の狛犬/東京国立博物館「春日大社展」

20170203

昨日、2日に東京国立博物館平成館で開催されている「春日大社展」に行ってきました。
他にもたくさんの興味を引く展示品がありましたが、私にとっては鎌倉時代の狛犬を間近に見ることが出来て、とても嬉しかった。
この狛犬については、「春日大社式年造替」(2016年に行われた)のテレビ特集番組で取り上げられていました。
鎌倉時代から昨年まで本殿の前回廊に置かれていた狛犬が役目を終え保存されることになり、新しい狛犬が作られる様も放送されていました。

その役目を終えた、第一殿から第四殿までの四組の狛犬が展示されていました。
それを間近に見ることが出来て幸いでした。
撮影は禁止なので、別途手に入れた写真で説明をします。

年代:鎌倉時代(1185~1333年) 、第三殿の狛犬と第四殿の獅子は室町時代
材質:木製
型式:神殿型

【第一殿】
ずんぐりとして、筋肉の起伏を見せる鎌倉時代の特徴が出ている。
動きのない姿勢や巻き毛を強調しない点は平安時代の影響が残る。
阿形が獅子、吽形が狛犬。
吽形狛犬の頭にはV形の日本の角があり、これは初めて見た。
口の周りには、ヒゲを植毛した跡が残る。
尾は炎のような尾で背中に付きぎみ。

阿形
170203kasuga01.jpg


170203kasuga02.jpg


吽形
170203kasuga03.jpg


170203kasuga04.jpg


【第二殿】
ずんぐりとして、筋肉の起伏を見せる鎌倉時代の特徴が出ている。
阿形が獅子、吽形が狛犬。
吽形狛犬の頭にはV形の日本の角がある。
首をひねって顔を上げていて、姿勢に人懐こさが感じられる。
口の周りには、ヒゲを植毛した跡が残る。
尾は炎が後ろになびいているようなかたち。

阿形
170203kasuga05.jpg


170203kasuga06.jpg


吽形
170203kasuga07.jpg


170203kasuga08.jpg


【第三殿】
ずんぐりとして、筋肉の起伏を見せる鎌倉時代の特徴が出ている。
阿形が獅子、吽形が狛犬。狛犬は室町時代で、時代が異なる。
眼は透明なガラスの玉眼。
吽形狛犬の頭にはV形の日本の角がある。
吽形狛犬が中腰の、面白い姿勢をしている。
尾は、両方炎状だが、阿形は巻き毛が目立ち、吽形は筋状に流れて広がっている。
獅子と狛犬の毛の特徴を尾に出しているような感じ。

阿形
170203kasuga09.jpg


170203kasuga10.jpg


吽形
170203kasuga11.jpg


170203kasuga12.jpg


【第四殿】
ずんぐりとして、筋肉の起伏を見せる鎌倉時代の特徴が出ている。
阿形が獅子、吽形が狛犬。獅子は室町時代で、時代が異なる。
眼は透明なガラスの玉眼。
吽形狛犬の頭にはV形の日本の角がある。
阿形獅子が立ち上がって、走りだしそうな姿勢をしている。
尾は、両方炎状で立っていて、阿形は八つ手の葉のように広がり、吽形は炎がすぼまっているようなかたち。

阿形
170203kasuga13.jpg


170203kasuga14.jpg


吽形
170203kasuga15.jpg


170203kasuga16.jpg



神殿型の狛犬は、木製であり彩色されていた。
残存している色から、金や群青などで彩色されていたことが伺われるが、この狛犬たちに替わって現在本殿に置かれている狛犬は、テレビで放送されたのでわかっている。
とても鮮やかで素晴らしい配色である。

狛犬が置かれている場所
170203kasuga17.jpg


新しく作られた狛犬
(ちょうど地震警報が出ていた)
170203kasuga18.jpg


第一殿狛犬
170203kasuga19.jpg


170203kasuga20.jpg




狛犬の記事一覧を見る



六郷神社の狛犬/東京都大田区

20170130

所在地:東京都大田区東六郷・六郷神社境内
撮影日:2014年1月17日

年代:貞享2年(1685) 
材質:石造
型式:はじめ型

今から3年前、「武蔵国式内社めぐり」で六郷神社を訪ねた際にこの狛犬を見て、その「ブサカワ」ぶりにビックリして、それ以来狛犬を楽しむようになった。
いわば、狛犬の楽しさを教えてくれたのが、この狛犬である。

六郷神社については、既に記事にしています。

その記事を読む


境内の一角に、頼朝奉納の手水鉢などと一緒に、植木のなかにわりと無造作に置かれている。

説明
170130rokugou01.jpg


阿形獅子
170130rokugou02.jpg


170130rokugou03.jpg


170130rokugou04.jpg


吽形獅子
170130rokugou05.jpg


170130rokugou06.jpg


170130rokugou07.jpg


特徴:
・阿形、吽形両方ともたてがみが巻き毛なので獅子。
・吽形の頭に角らしき突起がある。
・顔は典型的な「ぶさかわ」で、ユーモラスな笑顔で、親しみやすい。
・前足は短くまっすぐ。付け根から長く毛が延びて翼のようになっている。
・後足は蹲踞。
・尾はシンプルな短い付き尾。毛先が背中に向けて巻いている。

「はじめ型」の特徴である、髪の毛先だけがカールしていて、尾が背中にくっついている。

髪の毛先だけがカールしている。
170130rokugou08.jpg


尾はシンプルな短い付き尾で、毛先が背中に向けて巻いている。
170130rokugou09.jpg


短い前足の付け根から長く毛が延びて翼のようになっている。
170130rokugou10.jpg


「はじめ型」の、小型で四つん這い、髪の毛先だけがカールしている、尾が背中にくっついている特徴を表わしていて、彫りが実にシンプルで、それが親しみやすい印象を与えている。
「はじめ型」の特徴である、ユニークな笑い顔の親しみやすい顔であり、とても可愛い狛犬だ。
「ぶさかわ」の典型的な狛犬で、私にとってはこれが一番好きと云ってもいいくらいだ。



狛犬の記事一覧を見る



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop