FC2ブログ

如意輪観音庚申塔/埼玉県川越市

20200905

所在地:埼玉県川越市上老袋自治会集会場
撮影日:2020年7月24日

この庚申塔は、上老袋自治会集会場にある。
200905nyoilin01.jpg


200905nyoilin02.jpg


ここにある三基の石仏のうち二基が庚申塔である。
手前から青面金剛庚申塔、次いで地蔵菩薩石仏、奥が今回の如意輪観音を主尊とする庚申塔である。
200905nyoilin03.jpg


塔身:蓮台座角柱の上に主尊
主尊:丸彫り如意輪観音坐像
造立年代:文化三年(1806)

塔身全体
200905nyoilin04.jpg


200905nyoilin05.jpg


銘文は、正面に「庚申待供養佛」、「文化三丙寅年三月吉祥日」とあり。
200905nyoilin06.jpg


如意輪観音を載せた角柱は、蓮の台座の上に立つ。
200905nyoilin07.jpg


如意輪観音全身
蓮の花の上に、如意輪観音特有の「輪王座」という座り方をしている。
右手を頬に当てている思惟像。
右腕と左足が欠落している。
200905nyoilin08.jpg


200905nyoilin09.jpg


200905nyoilin10.jpg


如意輪観音のお顔
風化がすすんでいるが、宝冠と慈愛に満ちた表情はわかる。
右腕は失われているが、頬にあてられた右手が残っている。
200905nyoilin11.jpg


200905nyoilin12.jpg


200905nyoilin13.jpg


1600年代には、まだ青面金剛が主尊だという形が確立していなかったので、仏像を主尊としている例が多い。
しかし、この像の造立は1800年代なので、青面金剛を主尊とすることが確立されている時代である。
あえて、如意輪観音を主尊としたということは、庚申講の人たちに「思うままに願いをかなえ苦悩を砕く」如意輪観音に対する信仰が強かったと思われる。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ




スポンサーサイト



一面六臂青面金剛立像/埼玉県川越市

20200820

所在地:埼玉県川越市上老袋自治会集会場
撮影日:2020年7月24日

この庚申塔は、上老袋自治会集会場にある。
200820kamioi01.jpg


200820kamioi02.jpg


ここにある三基の石仏のうち二基が庚申塔である。
手前から今回の青面金剛庚申塔、次いで地蔵菩薩石仏、奥が如意輪観音を主尊とする庚申塔である。
200820kamioi03.jpg


今回の庚申塔の上には、ちょうど白い百日紅が咲いていた。
200820kamioi04.jpg


200820kamioi05.jpg


200820kamioi06.jpg


塔身は駒形。
200820kamioi07.jpg


200820kamioi08.jpg


塔身:駒形
主尊:一面六臂青面金剛立像
日月:浮き彫り瑞雲付き
主尊の特徴:頭に蛇、邪鬼を踏んで立つ。
本手:合掌
他の手:法輪、弓、矢、三叉矛。
脇侍:二鶏、邪鬼、三猿
造立年代:寶暦8年(1758)


日月は浮き彫り、瑞雲が付いている。
200820kamioi09.jpg


青面金剛は、邪鬼を踏んで立つ。
200820kamioi10.jpg


200820kamioi11.jpg


頭に蛇が巻き付いている。
髪はオカッパのように肩まで垂らす。耳は見えない。
顔は、破損風化のためわからなくなっている。
200820kamioi12.jpg


200820kamioi13.jpg


手は六本で、本手は合掌。
他の手は、法輪、弓、矢、三叉矛であることが、なんとかわかる。
200820kamioi14.jpg


踏んづけられた邪鬼の表情は、ムスッとしているのがなんとかわかる。
青面金剛の足元、左右に鶏が浮き彫りで刻まれている。
200820kamioi15.jpg


200820kamioi16.jpg


邪鬼の下に刻まれた三猿は、左右の猿が横向き。
風化が激しくわかり難いが、右から「言わざる、聞かざる、見ざる」となんとかわかる。
200820kamioi17.jpg


200820kamioi18.jpg


この庚申塔は、標準的な合掌型。
日月、二鶏、邪鬼、三猿と、脇侍は全て揃っている。


「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ


一面六臂青面金剛立像/埼玉県川越市

20200810

所在地:埼玉県川越市中菅間 菅間の渡し道沿い
撮影日:2020年7月24日

この庚申塔は、川越工業団地と菅間緑地の間の道を入間川に向かって進み、入間川直前の辺にある。
川越市の資料には「菅間の渡し道沿い」とあるので、この道が入間川に突き当たった辺りに、渡しがあったのだろう。
200810sugama01.jpg


この道を車で入って行ったが庚申塔を発見できず、手前に車を置いて、分岐している小道を確認していった。
周りを生垣で囲んでいるので、「渡し道」からはまったく見えない状況だった。
200810sugama02.jpg


200810sugama03.jpg


塔身は駒形で、木製の屋根で保護されている。
200810sugama04.jpg


200810sugama05.jpg


銘文は見当たらず、川越博物館の資料にも「不明」とある。

塔身:駒形
主尊:一面六臂青面金剛立像
日月:浮き彫り瑞雲付き
主尊の特徴:髪双髷、頭に蛇、三眼、邪鬼を踏んで立つ。
本手:合掌
他の手:法輪、弓、矢、三叉矛を持つ。
脇侍:二鶏、邪鬼、三猿
造立年代:不明

日月は浮き彫り瑞雲付き。
200810sugama06.jpg


青面金剛は、邪鬼を踏んで立つ。
200810sugama07.jpg


200810sugama08.jpg


髪は双髷、頭に蛇が巻き付いている。
三眼で、目は吊り上り、歯をむき出して、忿怒の表情。
200810sugama09.jpg


200810sugama10.jpg


手は6本あり、本手は合掌。
他の手は、法輪、弓、矢、三叉矛を持つ。
200810sugama11.jpg


踏んづけられた邪鬼は、あきらめの表情をしている。
青面金剛の足元、左右に鶏が浮き彫りで刻まれている。
200810sugama12.jpg


200810sugama13.jpg


邪鬼の下の岩に刻まれた三猿は、左右の猿は横向き。
右から「見ざる」、「聞かざる」は判明できるが、三番目の猿は風化が激しくわからない。
200810sugama14.jpg



この庚申塔の特徴は、一面六臂で、持ち物などは最も多いタイプだが、
三眼がはっきりしている。
歯をむき出して忿怒している顔は珍しい。



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ


一面八臂青面金剛立像/埼玉県川越市

20200801

所在地:埼玉県川越市大字寺山5−1 西光院
撮影日:2020年7月24日

この庚申塔は、入間川沿い平塚橋の少し北にある西光院山門にある。
200801saikou01.jpg


山門の右側にお地蔵さん二基と一緒に並んでいる。
200801saikou02.jpg


塔身は唐破風笠付き角柱。
200801saikou03.jpg


200801saikou04.jpg


銘文は、
右側に「奉庚申造立所願成就祈所」とあり、
左側に「寶暦四甲戌歳八月吉祥日」とある。
200801saikou05.jpg


200801saikou06.jpg


塔身:唐破風笠付き角柱
主尊:一面八臂青面金剛立像
日月:浮き彫り瑞雲付き
主尊の特徴:髪双髷、頭に蛇、邪鬼を踏んで立つ。
本手:合掌
他の手:法輪、弓、索縄、ショケラ、矢、三叉矛を持つ。
脇侍:二鶏、邪鬼、三猿
造立年代:寶暦4年(1754)

塔身は、立派な唐破風笠の笠があり。
200801saikou07.jpg


日月は浮き彫り、立派な瑞雲が付く。
200801saikou08.jpg


青面金剛は、邪鬼を踏んで立つ。
200801saikou09.jpg


200801saikou10.jpg


髪は双髷、頭に蛇が巻き付いている。
髪は肩までオカッパ状に垂らし、耳は見えない。
顔は、破損風化のためわからなくなっている。
200801saikou11.jpg


200801saikou12.jpg


手は八本あり、本手は合掌。
他の手は、通常の法輪、弓、矢、三叉矛に加えて、ショケラと索縄を持つ。
200801saikou13.jpg


通常、ショケラが登場するときは、本手で剣と共に持つが、
この像は、7、8本目にショケラと索縄を持つ。
ショケラは幼児状である。
200801saikou14.jpg


踏んづけられた邪鬼の表情は破損風化のため、わからない。。
青面金剛の足元、左右に鶏が浮き彫りで刻まれている。
200801saikou15.jpg


200801saikou16.jpg


台座に刻まれたダイヤ型の三猿は、右から「言わざる、聞かざる、見ざる」となっている。
200801saikou17.jpg


200801saikou18.jpg


この庚申塔の特徴は、一面八臂、手が8本あること。
通常の、ほとんどのものは手が6本である。
合掌する本手と法輪、弓、矢、三叉矛を持つ手に加えて、
この像は、7、8本目にショケラと索縄を持つ。
通常、ショケラが登場するときは、本手が剣と共に持つが、この像は異なっている。
ショケラは通常の女性と異なり、幼児状である。



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



青面金剛立像/埼玉県川越市

20200722

所在地:埼玉県川越市鴨田1138先三叉路
撮影日:2017年10月27日

この庚申塔は、伊佐沼の近く田んぼの中の三叉路に、お地蔵さん二体と一緒に立っている。
200722kamota01.jpg


塔身は駒形。
200722kamota02.jpg


200722kamota03.jpg


銘文は、
右側に「奉庚申待塔 武州入間郡」とあり、
左側に「延享二巳丑季三月大吉祥日 鴨田村」とある。
200722kamota04.jpg


200722kamota05.jpg


塔身:駒形
主尊:一面六臂青面金剛立像
日月:浮き彫り
主尊の特徴:頭に蛇、邪鬼を踏んで立つ。
本手:合掌
他の手:法輪、弓、矢、三叉矛を持つ。
脇侍:二鶏、邪鬼、三猿
造立年代:延享2年(1745)

日月は瑞雲を浮き彫りにして、そこに日月を筋彫り。
200722kamota06.jpg



青面金剛は、邪鬼を踏んで立つ。
200722kamota07.jpg


高髻(こうけい)の頭に蛇が巻き付いている。
顔は、目が吊り上がり忿怒の表情。
200722kamota08.jpg


200722kamota09.jpg


本手は合掌。
他の手は、法輪、弓、矢、三叉矛を持つ。
200722kamota10.jpg


踏んづけられた邪鬼の表情は、怒り顔で、まだ降参した感じではない。
青面金剛の足元、左右に鶏が筋彫りで刻まれている。
200722kamota11.jpg


200722kamota12.jpg


その下の岩に刻まれたダイヤ型の三猿は、右から「言わざる、聞かざる、見ざる」となっている。
200722kamota13.jpg


この庚申塔の特徴は、像容がまだ明確に残っていてわかりやすい。
日月、二鶏、邪鬼、三猿と構成要素がきちんと揃っている、良い像だと思う。
頭の蛇も大きくてわかりやすい。
左右の鶏も、筋彫りなのにわかりやすい。
これは、定期的に洗われているのではないかと思う。
お地蔵さんとセットで、赤い前垂れも掛けられていて、大事にされているのが、嬉しかった。



「庚申塔の探訪記事一覧」に飛ぶ



プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop