ビルエバンス at モントゥルー・ジャズ・フェスティヴァル

20081130

081130Bill01.jpg

1. イントロダクション/ワン・フォー・ヘレン
2. ア・スリーピング・ビー
3. 伯爵の母
4. ナーディス
5. 愛するポーギー
6. あなたの口づけ
7. エンブレイサブル・ユー
8. いつか王子様が
9. ウォーキン・アップ
10. クワイエット・ナウ(追加曲)

Bill Evans (piano)
Eddie Gomez (bass)
Jack DeJohnette (drums)

「お城のエヴァンス」という愛称で親しまれている有名盤。
エディ・ゴメス(B)は66年にビル・エヴァンス・トリオに参加。彼はエヴァンスとラファロが築き上げたスタイルをきっちり踏襲し、以後11年の長きにわたってエヴァンスの女房役をつとめる。
ドラムスは、現代ジャズ界最高のドラマーであるジャック・デジョネット。
ジャック・ディジョネットが録音に加わっているのは、これ一枚だけ。
エヴァンスより15歳ほど年下の、若手2人は本盤録音時点ではまだまだ無名。後にコンテンポラリー・ジャズ界を背負って立つ2人のはつらつとしたプレイと、それに刺激されいつになく力強いタッチのエヴァンス。
さらに、世界有数のジャズ・フェスティヴァルでのライヴという付加価値が加わり、稀にみる名演が生まれた。

有名なスタンダードナンバー「愛するポーギー」、「いつか王子様が」などは学生のころ、よく聴いたナンバーだ。
いい曲というよりは、懐かしい曲ばかりである。

このアルバム、クリアーで臨場感あふれる録音のため、オーディオ・チェック用に聴いている人も多いというのを読んだことがある。
べ-スの音に圧倒され、ドラム特にシンバルの繊細さに気持ちが揺らぎ、エヴァンスのピアノに体が揺れてくる。

日本で最も売れているジャズのレコードは、ビル・エバンスの「ワルツ・フォー・テ゜ビー」かヘレン・メリルの「ヘレン・メリル ウィズ クリフォード・ブラウン」と言われている。
しかも曲で言えば、マイルスの「カインド・オブ・ブルー」と。
これにもエバンスは参加している。
というよりマイルスの要望で、ジャズ史に大きな影響を与えた1959年の「カインド・オブ・ブルー」のセッションに参加したのだ。
モードに根ざしたアドリブをこのアルバムで目指していたマイルスは、エヴァンスのアイディアが必要だった。
「カインド・オブ・ブルー」にはビル・エヴァンスの色彩が濃い。

マイルス信者の私にとっては、ビル・エバンスも何時聴いてもしっくりくる好きなプレイヤーである。

「カインド・オブ・ブルー」録音時のマイルスとエバンス
081130Bill02.jpg
スポンサーサイト

ブラックティ

20081124

081124blacktea.jpg

岡本勘治郎という方が作出した薔薇。

私が出た大学には園芸学部があったが、その前身の園芸高等専門学校をこの方が出ていることを知り、とても嬉しかった。
関東大震災が起こった大正12年に在学中とあるから、大々先輩である。

そして卒業後1年間、これも私の大好きな京都府立植物園に勤めている。
その後5年間フランスとイギリスに園芸の勉強のために留学する。
ここで薔薇を専門とすることに決めたようだ。
帰国後、京都伏見の桃山に「桃山花苑」を開設する。

第二次大戦後、京阪電鉄にバラ園の開設を任され、「ブラックティ」や「高尾」など、現在もなお栽培され続けている人気品種を作出した。

「ブラックティ」は、1973年に発売されると同時に若い女性を中心に大人気となり、現在も切り花として花店で購入することができるロングセラーである。

岡本勘治郎さんは、バラの系統と歴史を解説した「実際園芸」に連載記事「薔薇の研究」を書いたが、
私が敬愛してやまない「ミスターローズ」鈴木省三さんも、これを読んでバラ育種への想いを駆り立てられたとあった。




ただいまのんびり

20081122

081119kyoto.jpg

一週間もずっと出ていて、まあまあうまく仕事は片付いて、
今日は一日のんびりと、音楽聴いてすごしています。

まったりと。

途中、彦根では琵琶湖のほとりのホテルだったので、
琵琶湖を眺めながらの朝食は、とても気持ちよかった。

京都に行くたび、ヒマがあれば上がってみる大階段のところには、
今年も見事なクリスマスツリーがありました。
トップの写真です。

カップルがいっぱい(汗)

081119kyoto2.jpg


京都駅南北通路からJR伊勢丹に入ったところ。
ここは毎年同じツリーですね。
081119kyoto3.jpg


昨日は岩手県でしたが、二日前に降った雪がまだだいぶ残っていました。
この冬初めて眼にした雪でした。

ちょっと旅に出ます

20081116

明日から、仕事で出かけます。

月曜、火曜は愛知県春日井市の工場で仕事。
火曜の夜は彦根に泊まり、
水曜日午前は滋賀県秦荘にある工場、午後は京都山科にある工場で仕事。
水曜の夜は京都市内で泊まり、
木曜日朝京都を発って、お昼にこっちに入り埼玉県川越市の工場で仕事。
金曜日朝にこっちを発って、岩手県の工場にお昼に入り午後仕事。

一週間、ほぼ日本列島の半分くらいを廻ります(笑)

で、しばらく留守にします。

おめでとう伊達選手

20081115

081115date1.jpg

伊達公子が全日本選手権決勝で瀬間友里加を破って優勝した。

優勝した直後、ご主人に祝福のキスをされているところ。
081115date2.jpg


やはり彼女の武器であるライジングショットには、日本の選手レベルだと
対応に苦しんでいる様がありあり。
決勝の相手の瀬間選手もそうだった。
ボールが早く帰ってくるため、自分ゲームを作れずに苦しんでいた。

さすが元ツアー選手。
動きが全然違う。
081115date3.jpg



4月に復帰したのには驚いたが、とても嬉しかった。
なんといっても、世界に出ていって活躍してくれて、
ずっと日本のテニスのマドンナだったのだから。
彼女が引退してから、日本の選手がいまいちパッとしなくて
寂しい思いをしていた。

これからも活躍お願いします。


敗れたが瀬間友里加選手は、ガッツのあるプレイで
伊達選手に食い下がり、なかなか良かった。
バックスイングが大きいので、世界に出ていったときにプレイの早さに
付いていけるかが心配だが、がんばって欲しい選手だ。

081115sema.jpg

日光

20081113

nikkou4.jpg


「グルース・アンテブリッツ」(Gruss an Teplitz(9オールド) 
1892年 ケシュウィンド作 ハンガリー

ミスター・ローズ鈴木省三の父は、東京物理学校(現在の東京理科大)を卒業した後、
ヤマサ醤油の社長が興した中学校の教頭をしており、好きな植物の研究もしていたようだ。

本郷の「ばら新」で一株200円もするバラ苗を買い、小さな自邸の庭に植えて大切に育てていた。
当時大学を卒業して就職した銀行員の初任給が40円程度だったというから、バラの苗はものすごく高価だったのだ。
後に「日光」「グルース・アンテブリッツ」とわかる深紅のバラは、甘い香りを発し家族を喜ばせていたという。

鈴木省三が花巻温泉にある宮沢賢治が作った南斜花壇の跡地をバラ園にしたいと依頼されて、
賢治が愛した薔薇と紹介されたのがこの薔薇だった。
その薔薇こそが父親が育てていて、自分が初めて親しんだ薔薇であったことを知ったそうである。

鎌倉の海とテニス

20081109

081108kamakoumae.jpg

昨日は、毎年2回春と秋にやっている大学の同級生でテニスを楽しむ会。
いつも鎌倉でやっている。

鎌倉の海が見たくなって、集合時間より早く行った。
あいにくの雨。
ならばと江ノ電に乗って、鎌倉高校前まで。
ここなら駅のホームの目の前が海。

トップの写真が、ホームからの
江ノ島と江ノ電のツーショット。


雨がかなり小降りになってきたので、海岸に出た。
ここからの江ノ島の風景がいい。

081108enoshima.jpg


沢山の人がサーフィンを楽しんでいた。
081108sarfin.jpg



テニスのほうは、12時に集まってまだ雨が降っているので、
食事をして車でぶらぶら。
天皇と美智子妃がお忍びでテニスをしに来るテニスクラブとか、平山画伯のお宅とか。
1時ころに雨がほとんど止んだので、勇んでテニス。
今年は4人とちょっと寂しい。
そこのテニスクラブの人にも入ってもらって楽しんだ。

大学のときにテニス部に入っていた者は誰も居ないが、
いま休日にはテニスを楽しんでいるという者が4人居て、
この面々が核になって、春と秋に楽しんでいる。
これがすごく楽しい。

アフターテニスの楽しみは、おいしい料理とおいしい酒と楽しい語らい。
やはり青春時代を一緒に過ごした仲間だから、
みんなの気持ちが若々しくて、とても楽しい。
最初のころは、「あれはこういうことだったんだよ・・・・・」とか、
大学のときの色々な出来事の振り返りが多かった。
今だから笑って話せることも沢山あって。
それも一段落ついて、いまはお互いの身辺のこととか、悩みとか、相談ごととか。

H君が、ガンかも知れないということで、月曜に検査とのこと。
そうでなくて欲しいと、切実に祈っている。

仲間にいろいろなことが起きるんだろうけど、
励ましあって、喜びあっていきたいね。

ラ・フランス

20081105

081105france.jpg


ハイブリッド・ティーローズ第1号のバラ。
ラ・フランス誕生以前のバラを「オールドローズ」(Old Roses)、
誕生以降のバラを「モダンローズ」(Modern Roses)と称している。



この薔薇について面白い記事を読んだ。

明治時代、開拓使官園が東京の青山にあった。
いまの青山学院大学のあたりがそうだという。
北海道だけでなく各地の開拓を手がけていたようで、
例えばリンゴは、黒田清隆がアメリカから苗木を持ち帰って官園で育て、
青森などの農家に一軒に一本などと配ったようだ。

バラの苗もけっこうあったようで、明治六年に皇后が官園を訪れた際に、
バラを献花したと記録にあるそうだ。

ラ・フランスも、和名「天地開」という名でここにあって、
あまりに香りが良くて人が大勢集まるため、金網で囲って触らせないようにしていた。

すると、西郷隆盛が現れ、金十両で分けてもらいたいと言ったが、
開拓使では売らないからとことわったそうだ。
金十両は現在の価値で言えば、数十万円といったところ。

しっかし・・・・・・
西郷隆盛が薔薇を欲しがったとはね・・・・・
(笑)

寒桜

20081102

kansakura02.jpg

しばらく、別のところでテニスを楽しんでいたので
テニスクラブには1ケ月ぶりくらい。

テニスをしていて、コート脇の寒桜が満開なのに
気がついた。

毎年、寒くなってくると楽しませてくれる。

テニスを上がってから、一旦家にカメラをとりに戻って
撮影した。

kansakura01.jpg


kansakura03.jpg

フェルメール展(2)

20081101

どんな楽器が登場していたか紹介しておこう。

「リュートを調弦する女」
fermeer01.jpg

床に、ビオラ・ダ・ガンバが見えていることから
これからロマンチックなデュエットをしようと
待っているところだと推測されているらしい。

窓の外に、その相手が見えたのだろうか?

「ヴァージナルの前に座る若い女」
fermeer02.jpg


こちらを見て、何を弾きましょうかと見つめている。
まさか、「猫踏んじゃった」じゃないよな・・・・・・・
(笑)


これはフェルメールでなく、ヤン・フェルコリエ作
「楽器を持つ優雅な男女」
fercolie01.jpg


シターンを持って立つ女性の手を取って、男性がヴィオラ・ダ・ガンバを指差している。
好きあっている男女の合奏は、どんなにか楽しいことだろうか・・・・・

フェルメール展

20081101

fermeer03.jpg


8月から開催していたフェルメール展に、やっと行ってきた。

どうしてフェルメールに惹かれるのか?

「増えるメール」という名前のせいか?
(笑)

絵に物語があるとか
光と空気が素晴らしいとか
いろいろあるんだろうけど、うまく説明はできない。
絵の前に立って、絵が放つ光をあびているだけだ。

今回7点出ているが、これは世界初らしい。
以前「フェルメールとその時代展」を見に行ったとき、フェルメールが1点しかなく吃驚したことを覚えている。
フェルメールを多く所蔵している美術館でさえ3点だというから、画期的とのこと。

添付したのは「ワイングラスを持つ娘」
なんだかしつこそうな男に迫られて、困ったように笑いながら救いを求めている。
絵の前に立つと、この娘と視線が合ってしまった。
救いを求められたら、助けに行かなくてはならんじゃないか・・・・・・
かくて絵の中に私は入り込んでしまったのだ・・・・・(笑)
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop