哄う合戦屋/北沢 秋

20100130

100130warau.jpg

哄う(わらう)合戦屋、という風変わりな題の小説が新聞の広告にたびたび載っており、興味を引いたので購入して読んだ。

作者は東大工学部卒で、会社員生活を経て作家となり、この本がデビュー作だという。

私の興味を引いたのは、新聞に載っていた、こういう紹介記事であった。
武田と長尾に挟まれ、土豪が割拠する中信濃。
山深い名もなき城に、不幸なまでの才を持つ孤高の合戦屋がいた。
「もはや拙者には、富貴もいらぬ、栄華もいらぬ。願うはただ、殿を天下人にすることのみである。

誰もが知っているように、この辺は武田信玄が斬り従え、上杉謙信と川中島で戦い、そしていよいよ上洛途上で信玄の夢はついえた。
その歴史の中で、どういう位置をなす話なのか?

私が生まれて育った信州の佐久は、武田信玄がまだ晴信と言っていた若い頃に征服され、抵抗が激しかったため戦の後、見せしめに首が1000も並べられたという所である。
私と同じ苗字を持つ武将が、武田11将のなかにいることもあって、武田に関係する本はかなり集めてもいる。
だから、この本も読まずにはいられなかった。

私は、読み出してすぐにこの合戦屋「石堂一徹」なる人間に惹かれた。

例えば、こうである。
(紹介したこの場面も要約であり、実際の文章はもっと二人の心模様をもっと詳細に描いている。)
一徹が仕える殿には娘があり、その姫の名は若菜といった。
若菜は絵心もあって、襖絵に自分で絵を書き込んでしまう。
この襖絵は自分としては会心の出来で、これならば気難しい一徹も素直に感嘆してくれるのではあるまいか。
襖絵をしばらくじつと見詰めていた一徹は、やがて若菜の方に向き直ると無表情のままぽつりと言った。
「結構な絵でござる」
 しかしその言葉には軽い失望がこもっていることを、若菜は敏感に見抜いた。
 「うそ」
 若菜はそう言って、眼にきらきらとした光をたたえて笑った。
「石堂様は、この絵を気に入ってはおられませぬ。教えて下さいませ、この絵のどこに不満がございますのか」
一徹は本心を言ったものかどうかしばらくためらった後に、意を決したように若菜の顔を真っ
直ぐに見据えた。
「十日ほどの日時を下され。拙者の思いは、その時にお分かりになりましょう」

 それから八日後に、若菜に見せたのは白木の童女の像だった。
その姿は、右手に毯を載せて斜め上に視線を投げた姿勢といい、透き通るような無邪気な表情といい、若菜の襖絵とよく似ている。ただこうして比べてみると、自分の絵の童女はただひたすらに愛くるしいばかりなのに対して、一徹の木彫にはあどけない中にも凄とした気品があって、どこかおごそかなまでの深味が漂っている。
そこまでの精神性を十人歳の自分に求めるのは無理だということは若菜にも分かっていて、そのことはさして衝撃というわけではなかった。
だが二人の作品には、それ以上に根本的な差異があった。それは若菜の絵には母親の姿があり、一徹の木彫にはそれがないことであった。
さらにその木像を凝視していた若菜は、やがて、「あっ」という声を上げた。その童女の信頼に満ちたひたむきな視線の先に、向かい合う母親の姿が鮮やかに浮かんで見えてきたのである。

「姫の筆使いは、本職の絵師にも勝っておりましょう。しかし姫の絵には、その技巧が表に出てしまっております。どうだ、うまいだろうという気持ちが先に立ってしまっては、見る者を心底感服させることはできませぬ」
 背中に投げ掛けられた一徹の言葉に、若菜は唇を噛んだ。

「何事も、奥が深いものでございますね」
若菜が溜め息をついてそう言うと、一徹は濃い髭が覆う頼を僅かに緩めた。

「姫の絵が箸にも棒にも掛からぬものならば、拙者も大仰に褒めてそれでおしまいでござるよ」
おおいに見所があるからこそ、あえて本気で厳しい指摘をするのだと一徹は言いたいのに違いない。そしてこの男の言葉に込められた温かい好意は、初めから若菜にも通じていた。
僅か八日の間にこれだけの作品を完成させるためには、一徹は自分の時間のほとんどをこのために費やしたのであろう。それでは、一徹をそうした行為に駆り立てた動機は何だろうか。若い娘の常として、若菜もそこに男女の感情を一瞬思い浮かべたが、すぐに苦笑して首を振った。

石堂一徹は、武者としても優れていたが、何よりも頭脳である。戦術であった。
彼が持ち上げようとした主人は、彼の期待に沿ったのか。
彼がものすごいということは、その上に立つ殿も器が大きくなければならない。
そして若菜という姫は・・・・・・・
二人は、ついに夫婦になる約束をするのだが、この乱世の中で姫というのは政略に使われるのが当たり前である。
姫の運命は?

読んでもらうしかないですね(笑)

最後の60ページほど、途中で止められなくて一気に読んだ。
寝る前だったので、寝る時間が一時間半ほど遅れ、次の日会社で眠くて困った(笑)


スポンサーサイト

花巻・宮沢賢治詩碑周辺/宮沢賢治ゆかり

20100125

宮沢賢治さんの言っていた、「下の畑」の方向。
耕地整理がされていて、宮沢賢治が農耕をしていた頃とはずいぶん違っているかも知れない。
その向こうの方に、地図で確かめておいた北上川があるのがわかった。
100125hanamaki11.jpg


宮沢賢治さんの言っていた、「下の畑」の辺をぶらぶらと、北上川まで歩いた。
とうとうと、雄大に流れていた。
100125hanamaki12.jpg


そろそろバスの時間だと、停留所に向かって歩いていく。
途中にも、こんな碑が置いてあった。
100125hanamaki13.jpg


バスの停留所がある「同心屋敷跡」
江戸時代、藩の同心が駐在していた屋敷跡だという。
100125hanamaki14.jpg



で、アクシデントがあり、大変な思いと、この土地の人の温かさに触れることになる。
私が戻ったときには、まだ時間があったがバスはもう駐車場にいた。
ちょっと時間があったので、「同心屋敷跡」をのぞいたり、ぶらぶらしていた。
そろそろ時間だと、バス停の標識のところに立っていたら、なんということか、バスは駐車場からスルスルと出ていってしまった。
あれよあれよという間に。

ええっ、そんなあ・・・・・・・
焦りまくっても、後の祭りである(泣)
標識の時刻表を見ると、次は2時間後である。


よほど、しょげた顔をしていたのだろう、通りかかった中年のご婦人が声をかけた。
「どうされました?」

事情を説明すると、違う路線のバスに近くから乗れるかも知れないと、
家に時刻表があるから持ってくるからと、小走りに走っていった。
そのご婦人が戻ってきて、説明してくれた。

この方向に、400mほど道なりに真っ直ぐ行けば、大通りに出て、そこに薬屋さんがある。
そのちょっと先にバス停があり、20分後に駅行きのバスがあると。

お礼もそこそこに、急ぎ足で向かって、たいしてロスも無く、また花巻駅に出られた。

わざわざ家まで、時刻表を見に走ってくれた、あのご婦人のことは感謝の気持で一杯である。

岩手県奥州市にある東北工場に、毎月くらいに行っているので、岩手県の人の純朴さとか、気持の暖かさは知っていたが、この日何度かそんな暖かさを経験した。
とても人のこころが温かい土地なのである。


それは2006年10月14日のことでした。

花巻・宮沢賢治詩碑/宮沢賢治ゆかり

20100123

花巻駅からバスで、宮沢賢治詩碑があるところに向かいました。
宮沢賢治がそこに住んで、自分で農耕をしながら、付近の農民に農業や芸術を教えたところです。


行ってみると、宮沢賢治さんは今日も下の畑で働いているようでした。
100122hanamaki08.jpg



森のなかに、ぽっかりと空いた広場に、詩碑は立っていました。
100122hanamaki09.jpg



碑に彫られていたのは、下の全文のうち、青字の部分でした。
100122hanamaki10.jpg




雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ


2006年10月14日 撮影

東北出張

20100122

昨日、今日と東北工場出張でした。さきほど家に帰ってきて、ほっと一息ついたところです。
昨日はみごとに出鼻をくじかれました。
最寄の駅で電車に乗ろうと思ったら、電車が止まっている。
架線にビニールが引っかかってしまい、動かないとか。
かなり風が強かったから。
駅で震えながら復旧を待つこと一時間半(泣)

新幹線の指定を取ってあったのだが、もちろん乗れず。
事故で遅れたのだから、もちろん取り直してもらったが、駅で一時間半も震えていたのだから、グリーンに乗せるくらいサービスしても良いんじゃないかと駅員に言ってみたものの、笑っているだけだった(苦笑)

東北は、チラチラと雪模様。しかし、積もるような降り方ではなく、
道には雪が無かったので、タクシーも支障が無くてよかった。

今朝、ホテルの窓からの町の景色。
100122tohoku01.jpg



雪景色を見ると、浮き浮きしてくるのは、以前スキーをやっていたためだろう。
スキーを履くのも、もどかしくゲレンデに飛び出していったものだったから。

工場にも日陰には、このとおり雪が残っていた。
100122tohoku02.jpg


向こうの工場で仕事をしてきただけだから、何も土産話は無し(汗)


花巻・駅前(2)/宮沢賢治ゆかり

20100119

100119hanamaki04.jpg

好きな曲の紹介の合間に、いままで撮りためた写真を紹介しています。
これまで、薔薇⇒イタリア⇒沖縄⇒美術館⇒好きな場所、とローテーションしているのですが、好きな場所としての花巻の一回目に皆さんの反応に吃驚しました。
宮沢賢治好きな人多いんですね。

連続して、花巻を載せようかなと思います。


朝、駅前で「雨にも負けず・・・・」の碑がある、宮沢賢治が暮らしたところにバスで行こうと、バスを待っていたら、駅から高校生が三々五々、高校に向かっていく。
それが剣道とか弓道の姿が、やけに多い。

それで思い出した。花巻は宮沢賢治ゆかりの地だけでなく、
「武士道」の新渡戸稲造のゆかりの地でもあることを。

花巻は「文武両道」の地なのである。

昨年は、菊池投手擁する「花巻東高校」が脚光を浴びたが、花巻は野球だけではないのだ。

いいよねえ、剣道とか弓道は。
高校健児、ここにあり。

100119hanamaki05.jpg


100119hanamaki06.jpg


100119hanamaki07.jpg

花巻・駅前/宮沢賢治ゆかり

20100117

100117hanamaki01.jpg

今回からしばらく、岩手県の花巻について紹介です。
以前から、宮沢賢治ゆかりの場所を訪ねたいと思っていて、ちょうど東北工場のへの出張が金曜日にあったときに、仕事が終わってから、そのまま残って一日花巻で、宮沢賢治しました。

東北工場は、奥州市にあります。いま話題の小沢幹事長の地元。胆沢ダムも近いです。この記事にはまったく関係ありませんが(汗)
仕事が終わって、タクシーで水沢駅に行き、そこから電車で花巻に出ました。ホテルは花巻駅前です。
このときに、駅の売店で気がついたこと。
それは小岩井農場のものでしたが、牛乳を懐かしいガラスの壜で売ってました。

花巻駅を出ると、「風の鳴る林」が目に付きました。トップの写真です。
風車のついた21本のステンレスポールで、このモニュメントは「賢治の作品から聞こえる風の音」をイメージして造られたそうです。
このモニュメントからは、午前8時から30分おきに午後9時まで、音楽家「姫神」によるオリジナルBGMが流れます。


花巻駅の光景。どこか暖かさを感じさせる眺めです。
100117hanamaki02.jpg



翌朝撮った、「風の鳴る林」
100117hanamaki03.jpg



2006年10月13日 撮影

沖縄/宿泊ホテル

20100114

100114okinawa15.jpg

昨日、久しぶりに名古屋の近くに出張したら、雪に出くわした。
名古屋に11時に到着したところで、出張先から携帯にメールが入り、雪が降っていると。
見回したが、名古屋では全然そんな気配なし。どうも朝から急に降りだしたらしい。

名古屋で電車に乗って、春日井に着いたら、たしかに一面真っ白。
出張先は春日井の山のほう。
タクシーで向かったが、幸い雪は止んで道にも雪は無かったので助かった。

半日仕事をして、また名古屋に出て新幹線に乗る前に家に電話したら、
「その辺、騒がしくないか」と。
渦中の小沢幹事長が、ちょうど名古屋駅に到着したらしい。
テレビで生中継している最中だって。
あえて探して見に行く気にもならなかったので、それだけの話(笑)


さて、このとき沖縄で泊まったのは、「ルネッサンス・リゾート沖縄」
以前にも、ここに泊まって感じが良かったので、今回沖縄が初めてのカミさんだから、ここにした。
新しいところに泊まってみたいという気もあったのだが、間違いのないところにした訳だ。

一階のホールは、吹き抜けで開放感たっぷりの南国情緒。
100114okinawa14.jpg


2007年10月20日撮影

ヘッドフォンスタンド

20100110

100110stand01.jpg

ヘッドフォンスタンドが、アマゾンから届けられて、やっとヘッドフォンも居場所が落ち着いた。
オールステンレスですっきりとシンプルな形だ。
実は、これはタオル掛けである(笑)

アマゾンも気が利いている。
ヘッドフォンスタンドを買おうと思って検索したら、いろいろな形状、材質のに混ざってこれもリストアップされていた。
値段が気に入った。
1890円である。
どうかなあ、やっぱりアクリル板のとか、木製のほうが落ち着くかなあ・・・・・・
迷ったのだが、駄目でもともとと購入してみた。

なかなか良いではないか。
ちょっと惜しいのが、もう1センチくらい高いほうがよかった。

2台購入して、このように並べた。
ここは、このあいだまでスキャナーを収納していた場所。
このあいだプリンターを買い換えた際に、複合機を買ったので、この場所が空いてくれたというわけ。
100110stand02.jpg


右側が、この間購入した、オーテクのATH-2000X
左側が、いままで使っていた、やはりオーテクのATH-AD1000
定価で、それぞれ8万と4万。
AD1000も、まだ捨てるには惜しいので、TVやDVDで映画とかドラマを観るときに使用している。
もちろん、「レッドクリフ」とか「4分間のピアニスト」とかのサウンドも大事というときには2000Xで聴いている。

一緒に購入した、マランツのSACDプレーヤーのヘッドフォン出力回路も評判がいいので、両方の効果なのだろうが、
それまで音の分解能はそれなりにあって、それぞれの楽器の音は明瞭だったが、比較してみるとライブハウスのステージくらいの音場の感じで鳴っていた。
いまはコンサートホールで音が鳴っている感じ。
音がクリアだけでなく、広々と音が抜けていく感じになって、聴いていてとても気持がいい。



ミラノ/ガレリア(3)

20100109

アーケードは十字形になっていて、中央で交差しているコーナーの4面にはこんな装飾がされている。       さすが美の都ミラノだ。
milanogalleria04.jpg



路面も見事なタイルで美しい。
milanogalleria05.jpg



右上のところに人だかりがしているが、それがこれ。
穴があって、そこにカカトを突っ込んで3回転倒れないで廻れば願い事がかなうと言われ、みんな必死に廻ったものだった(笑)
milanogalleria06.jpg


                     

2005年10月6日 撮影

ちょっと不完全燃焼

20100109

100108date.jpg

いつものように、会社の仕事が終わってから、夜にテニスのレッスン。
先週、みんなが調子よくて、ゲーム形式の練習でもいいラリーが続いて、
終わってから「今日は楽しかったね」と話しながら上がった。
だから今夜も期待してたのだが。

今夜は、とにかく寒かった。

それでも身体が暖まってきて、後半のゲーム形式の練習。
チャンピオンのペアに対して、チャレンジャーのペアが入れ替わり1球交代で挑む。
ポイントを累積で3つ取ったら、チャンピオンと入れ替わってチャンピオンになれる。

どうも組んだペアの若い人がおかしい。
二人の間の、センターに来た彼寄りのボールに対して反応するのだが、
あっ取るなと思って、私は次の展開に気持がもう行ってる。
ところが打たなくて、「あっ」「えっ」と二人の間をボールが抜けていく。
これがけっこう多かった。

どうもミスを怖がってしまっていて、取らなきゃという気持があるから、身体はそっちに動くのだが、最後に手が出ない。
こういうのは、私もそういう時期があって、真面目なタイプほど、このスランプに陥る。
ミスすると、組んでいるペアに悪いと、萎縮してしまうのだ。
あんまり気にしないように、私のほうで「ドンマイ」とか「惜しい」とか声をかけていたので、嫌なムードにはならなかったが。

ラリーが続かないから、不完全燃焼な感じで、終わった。

終わってから、コーチが彼に言っていた。
「やらなくて後悔するよりも、やって後悔したほうがいい」
「なぜなら、やれば、結果が悪くてもどこが悪かったのかはっきりするから、次につながる」

そうなのだ。これはテニスだけの話じゃないのだ。

今日から仕事

20100106

100106printer.jpg

正月休みボケの頭のまま、会社に(笑)
なんとも長い一日だった。
初仕事は、私が行う教育の調整。

国内6工場と本社の関係者に至急教育する必要があり、今月2回計画した。
経費節減ということで、7サイト同時にTV会議システムを使って行う。
一つのサイトに2ケ所、TV会議システムを行えるようになっているが、7サイト同時に空いている日と時間帯を探して予約しなければならない。最近TV会議が増えて、空きが少なくなっているので大変なのだ。

このあいだまで、優秀なアシスタントが居て助かっていたのだが、11月から彼女が産休(泣)
代わりに派遣の方に来てもらっているが、まだなかなか仕事の中身を飲み込んでもらえていないので、急ぐときには自分でやってしまったほうが早い。
7サイトそれぞれの会議室の大きさとか、わかっていないとダメなのだ。

TV会議システムの予約が終わったところで、今度は受講させる対象の人選。
基準は決めてあるので、各部門から選んでメールリストにして、いっせいに受講を指示する。
人選がやっと終わって、数えたら130名ほどになった。
人選に2時間くらいかかってしまった。

案内文をこしらえて、いっせいにメールで飛ばした。

途中で、いろいろとメールで問い合わせてくるのに対応しながらなので、今日はこれで終了。

家に帰ると、プリンターが届いていたので、夕食が終わったら、さっそくセット。ソフトもインストールして、これから色々とトライである。
プリンターとスキャナーと両方更新したことになるから、やることは山ほど。

まあ、楽しみではあるが(笑)


丹波ワイン/小式部(白)

20100104

100104koshikibu.jpg

この正月に楽しんだワイン。
暮れに、伊勢丹に買出しに行くときには、今度は北海道のものにしようかなと思いながら行った。
伊勢丹の売り場で、特設コーナーを設けて売っていた、このワインが良さそうなので、これにした。
北海道のワイン、今度はきっと飲むからね。

これは、冬季限定である。
“小式部”(コシキブ)for more trees ピノ・ブラン2008
壜のラベルには、こうある。
丹波鳥居野産ピノ・ブランを使用。発酵を早めに押さえ、フレッシュで上品な甘さが特徴。
マスカットの甘い香りと青リンゴの香りと共に、やさしい甘みが口の中を包み込み、その後のグリーンな柑橘系の酸味とかすかな苦味が心地よい。
限定醸造18000本とのこと。

丹波ワインの銘柄で、「鳥居野」というのがあるのは、以前から知っていた。
今回改めて調べてみると、1984年スペインのマドリードで開催されたモンドセレクションで金賞を受賞、その後6年続けて金賞を受賞している。

丹波ワインは創業以来、京料理や和食にも合わせやすく演出できるワイン作りを目指しているとのこと。

さて、「小式部」はどうかというと、すっきりとしたフレッシュな感じで、飲みやすかった。
上品な甘さがあって、やはり美味しい料理と一緒に飲みたくなる感じで、私には好印象のワインだ。

年賀

20100101

100101nenga.jpg


あけましておめでとうございます。

毎年、年賀状には桜の写真を載せています。

今年の桜は

秩父 清雲寺の桜

樹齢600年


今年もよろしくお願いします。
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop