軽井沢・千住博美術館

20121011

深川の記事に時間をかけていたので遅くなりましたが、10月7日に軽井沢に行ってきました。
介護している母親がショートステイに行き、介護から解放されたカミさんと一緒。
前から、日光の金谷ホテルにでもと話していたのだが、母親の体調が思わしくなく、ショートステイが大丈夫か危ぶまれたので、予約できなかった。
結局、体調が良くなってショートステイに預けられたので、何処が良いか聞くと軽井沢が良いというので行ったわけです。

この美術館は2011年10月にオープンしたそうです。
日本画家・千住博の作品もさることながら、建築家・西沢立衛設計の建物がすごく良かった。

駐車場からのアプローチ
121010senju01.jpg


建物の外観は周囲の植物に隠れる感じで、控えめな感じ。
121010senju02.jpg


121010senju03.jpg


入り口のガラスドアに映っているのは、背後の木々です。
121010senju04.jpg


建物は、ゆるやかなカーブの全面ガラス張りで、まるで自然の中に居るようで、そこに点々と作品が置かれています。
実に気持ちよく作品を見て回れ、その空間にいつまでも居たい感じです。
絵葉書から
121010senju05.jpg


121010senju06.jpg


作品は連作となっていて、タイトルとしては「フォール」、「「クリフ(崖)」、「スカイ」、「星のふる夜に」の四つでほとんど。あと少々でした。

作品は絵葉書とパンフレットから

「フォール #?」
121010senju07.jpg


ここだけ閉ざされた部屋になっており、ブラックライトの光につつまれていました。
「ナイトフォール」
121010senju08.jpg


「星の降る夜に #5」
121010senju09.jpg


「スカイ #14」
121010senju10.jpg


作品に満足して外に出ると、この美術館のもう一つの魅力「カラーリーフガーデン」です。
もう秋が近いですね。
121010senju11.jpg


121010senju12.jpg


121010senju13.jpg


葉の裏が真っ白な種類のカエデがありました。
121010senju14.jpg


可愛いピンクの花が咲いていた。
121010senju15.jpg


真っ赤な落ち葉が目立ちます。
121010senju16.jpg


実にカラーリーフの種類が豊富で、私は、そっちのほうは弱いので名前すらわかりませんが、カラーリーフが好きな人にはたまらない空間ではないでしょうか。

別の建物「ギャラリー」で、千住博の「源氏物語」が展示されていました。
121010senju17.jpg


121010senju18.jpg


パンフレットからのコピーです。
額装 第一帖「桐壷」
121010senju19.jpg


巻物 第八帖「花宴」
121010senju20.jpg


巻物 第三十帖「藤袴」
121010senju21.jpg


これはすごかった。
現在、世界限定94部を予約受付中で、価格は、94万5千円だそうです。

美術館の横にある、カブトガニみたいな建物にミュージアムショップとベーカリーカフェがありました。
121010senju22.jpg


ショップで買い物をして、他にまわり、夕方帰る前にまた戻ってきてベーカリーカフェでパンを買って紅茶を飲んでから、軽井沢インターに向かいました。
ベーカリーカフェは浅野屋がしているもので、以前から旧道にお店があって知っていましたが、買ってきたパンが美味しいので、調べてみました。
なんと東京麹町で昭和八年創業です。ミッドタウンとか銀座松屋、東京駅などにもお店があることがわかったので、これから楽しみです。


(続く)


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

軽井沢ですか、紅葉が始まっていますね。秋の軽井沢は二度しか行ったことがないので、また、雲場池周辺等の紅葉を撮影したいです。

千住氏の本、印刷なのだと思いますが、その割には値段が高いですね。印刷の一種のリトグラフも結構、高いそうですので、94部しか作らないことに意義があるのだと思います。でも、94部しか作らないのでしたら、国会図書館への献本5冊は行わないのでしょうね。

上記3枚の絵では「花の宴」が最も好みですが、この巻ではあの「朧月夜の君」が出てくるので、華やかなのでしょうね。

No title

中も外もすてきな美術館ですね。
美術作品は実物を見ないとわからないので、
植物についてだけコメントさせてくださいね。
裏の白い葉はギンドロではないでしょうか?
確かポプラの仲間だったような・・・
ギンドロの大木がある所を知っているのですが、
風が吹くと葉裏がきらきらと輝いてそれはそれは
美しいのです。

ピンクの花はラミウムですね。

軽井沢はもう紅葉が始まっているのですね。

コメントありがとうございます

matsumoさん
雲場の池周辺、お好きらしいですね。
何度か写真を貴サイトで拝見しました。

千住博の源氏物語、巻物にほぼ原図と同様の品質で印刷、
ということで、それなりの価値は十分にあると
思いました。
私は、買えないですが(笑)

Jさん
とても気持ちのいい美術館でした。
建物のほうを、まず気に入りましたね。
さすが、薔薇だけじゃなしに植物にお強いですね。
いままでも、ずいぶん教えていただきました。
私も、覚えなきゃと思って図鑑を買ったりするんですが、
いまは好きな歴史のことで一杯いっぱいですね。
でも、わかるようになりたいんです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop