さやま環境ウォークに参加

20121113

11月11日(土)に「NPO法人さやま環境市民ネットワーク」主催のウォーキングに、歴史の仲間と参加しました。
去年市の歴史講座の史跡めぐりで訪れたところが多いようなので、懐かしいと思い参加したものです。
121113walk01.jpg


入間川の河原に集合、受付をして、9時半に出発。
老若男女子供一緒で、ゾロゾロと一列に進みます。

最初は廣瀬神社。延喜式内社ですから格式あるお宮さんです。
良い梅の木もあるし、アオバズクの営巣子育ても見られるし、例大祭には猿田彦も出てくるし。
ずいぶん私も普段通っているお宮さんです。
この写真は、以前撮ったものです。中央の大欅が樹齢800年、県の天然記念物に指定されています。
121113walk02.jpg


当日は、この大欅の大きな枝が折れて、樹木医による補修中で大きな足場に囲まれていました。

説明してくださった総代さんからのプレゼントは、無患子(むくろじ)の実でした。
真っ黒な真ん丸な実で、羽根つきの羽根の玉にも使われるそうです。
「無患子」という名前から縁起物としていただいて来ました。

無患子(むくろじ)の樹
121113walk03.jpg


無患子(むくろじ)の実
121113walk04.jpg


次いで「禅龍寺」
ここでは「千手観音」が公開されていました。
細かな部分まで極めて精巧に作られている、立派なものです。
121113walk05.jpg


次は「信立寺」
ここには、鬼子母神が祀られているお堂があります。
121113walk06.jpg


この日公開されていて中に入れたので、鬼子母神像を初めて見ました。
角のある像と無い像があり、改心前と改心後のそれぞれの像があります。
写真は禁止だったので、残念ながら撮っていません。

次いで、「広瀬浅間神社」の富士塚です。
7合目から頂上を写しました。
121113walk07.jpg


次に「清水宗徳の墓」
清水宗徳は、この地の産業史の偉人です。
川越から国分寺まで「川越鉄道」を引きました。今の西武線の前身です。
狭山市から飯能まで馬車鉄道を引きました。
織物業では「広瀬斜子(ななこ)織」を広め、三越など百貨店で人気が出て、米国にもだいぶ輸出され、シカゴで開催された博覧会で賞を取るなど栄えました。
残念なことに羽二重が出てから、急速に衰えたそうです。

お墓の下に、二本レールが敷いてあります。
121113walk08.jpg


高台のお茶畑に出ました。
121113walk09.jpg


この日は、残念なことに曇っていて富士山は見えませんでした。
後日お茶畑と富士山の写真をご覧にいれます。

お茶の花が咲いていました。
121113walk10.jpg


下に下りてきて、お茶屋さんで一服。もちろん狭山茶ですよ。
121113walk11.jpg


お茶屋さんの店先に、額縁に入ったシクラメンが。洒落ていますね。
121113walk12.jpg


この辺は、とても水が豊富なところで、道端の小川も水がきれいで鯉が泳いでいました。
121113walk13.jpg


根堀地区には、蔵が多い。
お茶とか織物とかで栄えたのと、入間川がよく洪水したので、家財をまもるためもあったようです。
この山崎家には、入間川の洪水のたびに村境の紛争が起こったが、幕府が裁定した証文などが残っている。
この時の測量の基点をちゃんと残した「証文塚」も市内に数か所現在も残っています。
121113walk14.jpg


121113walk15.jpg


最後は「明光寺」で、ここは高尾山の出張所にもなっている寺です。
121113walk16.jpg


屋根の置き瓦で変わったのがありました。
上は宝珠ですが、その下は何の花を象っているのでしょうか。
121113walk17.jpg


このお寺には「紙本十王図」があります。
一般には、地蔵菩薩、脱衣婆を一緒に描き12幅としているそうですが、ここのは更に修羅を加えて13幅としています。
それぞれ縦93cm、横39cmの見ごたえのある図です。
121113walk18.jpg


十王のうち、閻魔さまだけが有名ですが、亡者の審判は閻魔様だけが裁くのではなくて、初七日から三年忌まで、十王が順番に審判していくの、知ってました?

このお寺の紅葉は実に見事です。
121113walk19.jpg


121113walk20.jpg


モミジのヘリコブターみたいな種が、いつ飛ぼうかと待っていました。
121113walk21a.jpg


これでコースは終了。
スタート地点の入間川の河原に戻ってきたのが12時半。芋汁(美味しかった)のサービスを受けて、お弁当を食べて解散でした。

打ち解けた仲間と、のんびりと三時間歩きました。
市の歴史講座の史跡めぐりで、大概のことは知っているつもりでしたが、今日は又色々と発見があり、楽しかったです。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おっ、狭山でも紅葉が始まっているのですね! 急いで調べたら、奥多摩や高尾山辺りのモミジもそろそろ、撮影に行っても良さそうな感じですし。

「広瀬浅間神社」の富士塚、調べてみたら1860年に築造らしいので、1世紀半も経っているものなのですね。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
そろそろ里のほうも色づいてきましたね。
今回の記事では触れませんでしたが、
あの辺は、修験道が大変栄えたところみたいです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop