ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調作品125 「合唱つき」/朝比奈隆

20121210

121210asahina01.jpg

ソプラノ : 菅 英三子
アルト : 伊原直子
テノール : 福井  敬
バリトン : 多田羅迪夫
合唱 : 大阪フィルハーモニー合唱団
管弦楽 :大阪フィルハーモニー交響楽団
指 揮 : 朝比奈隆
収録 : 2000年12月29、30日  大阪フェスティバルホール(ライブ)

朝、風邪ぎみで、ちょっと調子がすぐれないので、カーテンを全部あけて太陽の光を浴びながら聴くことにした。
今年の「第九」聴きはじめである。
最初は、なんといっても朝比奈御大のものから聴きたい。

このCDは、二枚セットで、一枚目が2000年12月29日演奏で朝比奈御大250回目の「第九」、
二枚目が翌30日で20世紀最後の演奏ということで、二枚セットにしてあります。
同じ曲を同じ指揮者・演奏者・場所での2日連続の、それぞれライブ録音をセットで出しているのは珍しいと思う。
今日聴いているのは、朝比奈御大250回目の「第九」のほう。

第一、第二楽章、朝比奈御大の力強いタクトの動きが目に見えるようだ。
大阪フィルの重厚な音の行進が心地よい。
第三楽章の繊細な音の連なりに、朝比奈御大の真摯な表情を思い浮かべる。
第四楽章、満を持して歌がはじまる。歌詞はうろ覚えでとぎれとぎれでも心が洗われる。

こんな雄大な音楽を作ってくれたベートーヴェンに、感謝、感謝。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

第九ですか。昨日、A席1,500円と言う低価格コンサートで聴きました。

さて、朝比奈の第九ですが、新日本po.(1988)、大阪po.(1985)の全集で持っていますが、全体的に明るい感じと言う印象を持っています。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
低価格コンサートといえども、生はいいですよ。
特に合唱つきですからね。
私も、一度くらい生で聴きたいんですが。

とにかく朝比奈御大のものは好きです。

こんばんは

クラシックの記事がまとめて削除されていたのでびっくりしました。ひょっとしてクラシック聴くのを止めてしまわれたのかと思っていましたが、そうでもなさそうでホッとしました。そろそろですよね。第9を聴きたくてむずむずしだすのは。私もそろそろ第1段を聴こうかと思ってます。準備万端です(笑)

珍しいCDお持ちですね。

kurtさん

コメントありがとうございます。
驚かしてすみません。

最近、歴史のほうが忙しくなったものですから、
ブログの軸足を変えました。

決してクラシックを聴かなくなったわけではありません。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop