三鷹周辺の社寺/井の頭弁財天・禅林寺・八幡大神社

20121212

昨日、私が所属する歴史クラブのイベントで三鷹周辺の社寺を廻ってきました。
吉祥寺駅から歩き始めて、まずは井の頭公園です。
井の頭公園も、すっかり晩秋の気配です。
121212mitaka01.jpg


すすきは少なかったですね。
121212mitaka02.jpg


それでも、まだ紅葉が楽しめる樹がありました。
121212mitaka03.jpg


徳川家康が好んでお茶をたてるのに使ったという通称「お茶の水」の井です。
121212mitaka04.jpg


今回の目的は、井の頭公園の池畔にある弁財天です。
121212mitaka05.jpg


ここは、関東源氏の祖・源経基の創建で、伝教太師が延歴8年(789)の作という天女神を本尊に祀ったことに始まると伝えられる。
このご本尊は8本の手を持った八臂像で、頭上に宇賀神を載せ、鳥居を冠しているそうです。秘仏なので、12年に一度、巳年にご開帳されているそうです。
ということは、来年ですね。絶対にみなければ。

社殿の前に、一対の狛犬がいましたが、調べてみると明和8年(1771)設置とされるものでした。
これはいいですね。気に入りました。
121212mitaka06.jpg


121212mitaka07.jpg


本殿向背の龍です。
121212mitaka08.jpg


その向かいの、社務所らしき建物にも龍の絵馬らしきものが飾られていました。
121212mitaka09.jpg


井の頭公園から徒歩で、下連雀4丁目にある「禅林寺」に向かいました。
ここは森鴎外と太宰治の墓があります。

禅林寺の山門、わりと独特のデザインをしていますね。鐘つき堂が一体化しています。
121212mitaka10.jpg


四方に厄除けの鬼瓦が頑張っていました。
121212mitaka11.jpg


森鴎外の墓、遺言により本名の森林太郎墓と彫られています。
121212mitaka12.jpg


本堂の前に、その遺言書が石碑に彫られていました。
121212mitaka13.jpg


121212mitaka13a.jpg


それから、墓地へと通じる通路に、森鴎外によせられた永井荷風の書の写しが貼られていました。
121212mitaka14.jpg


太宰治の墓です。
森鴎外を尊敬していた太宰治の希望で、この寺に墓が建てられたそうです。
121212mitaka15.jpg


毎年6月19日の桜桃忌には、全国から多くの太宰文学愛好者が集まってくるそうです。

本堂前の、広場の中央にそびえる大イチョウです。かなりの大木で高さは30mもあり、三鷹市では一番大きいイチョウで市の文化財に指定されています。
121212mitaka16.jpg


それから、そのすぐ近くにある「八幡大神社」にお参りしました。
ここは、明暦の大火(振袖火事)で罹災した神田連雀町から入植した人々の鎮守として、寛文4年(1664)に創建されたもの。
祭神は応神天皇です。

立派な、新しい山門が建てられていました。
121212mitaka17.jpg


この山門に御神輿が収蔵されていました。
この神輿の屋根の鳳凰の眼は、3カラットのダイヤがはめ込まれていて、豪華な神輿としてギネスブックに掲載されたそうです。
この日、天気が良すぎてガラス越しにのぞきこみますが、よく写せません。豪華さは伝わるのではないかと思います。
121212mitaka18.jpg


121212mitaka19.jpg


横に置かれた獅子頭も立派なものでした。
121212mitaka20.jpg


山門の前に、ご神木の「スダジイ」がありますが、三鷹市の天然記念物に指定されたもので、実に堂々としていました。
121212mitaka21.jpg


121212mitaka22.jpg


121212mitaka23.jpg


本殿
121212mitaka24.jpg


本殿向背の龍
121212mitaka25.jpg


本殿の屋根の千木と鰹木も立派でした。
121212mitaka26.jpg


驚いたのは、本殿の裏手にズラッと並んだ、各町内の神輿の収蔵庫です。
実に壮観ですね。
121212mitaka27.jpg


各町内の神輿が大事に保管されていました。
121212mitaka28.jpg


入り口の鳥居の近くに、紅葉の綺麗な木が一本残っていました。
これが今年の紅葉の見納めかな。
121212mitaka29.jpg


121212mitaka30.jpg


深大寺の記事に続く



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

井の頭公園ですか、1回だけ行ったことがあります。あ、目的は、「ぐるっとパス」を使用して、公園内にある「井の頭自然文化園」に入ることです。中に、リスの建物があって、中に入ると多数のリスが足下を走り回っていました。

それにしても、3カロットのダイヤをはめ込んだ神輿ですか!!

matsumoさん

コメントありがとうございます。
井の頭公園、このあいだもサラッと通りましたが、
いろいろとありそうですね。
リスが近くで見られるのもいいですね。

3カラットの鳳凰もいいですが、あれだけの
神輿が勢揃いしたら壮観ですよね。
できれば、来年その時に行きたいな、と思っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop