国僧日蓮/童門冬二

20121226

121226nichi01.jpg


121226nichi02.jpg


鎌倉街道を調べていて、色々ある史実の中で、日蓮が佐渡に流された時この道を通っていったということがあります。
埼玉県児玉町にある鎌倉街道沿いの寺で、玉蓮寺というのがあり、この寺の由来は日蓮が佐渡に流された時、当所児玉六郎時国邸に一泊したことが記録に残っています。児玉党は武蔵七党と呼ばれる武士団のなかで最有力な存在だったそうです。
時国は、日蓮に帰依し、日蓮が赦免されて帰るときも久米川まで送っていき、そこで別れるとき、日蓮から「久米」の姓をもらい、以後久米と名乗りました。そして日蓮入寂後、邸宅を廃して寺院とし、「玉蓮寺」と名付けたそうです。

で、日蓮についても関心が湧きました。
たった一晩泊めただけで、人の心を虜にする日蓮の魅力とは?

「過激」というイメージがありましたが、若き日の日蓮を突き動かしていたのは飽くなき探求心でした。
当時、後鳥羽上皇が隠岐に流され、そこで崩御されたが、王城鎮護の祈りを高僧たちが行っているのに、何故そんなことが起こるのか?

日蓮は、鎌倉で、それに飽きたらずついに比叡山に上ります。そこにあるお経を片端から読み、ついには若年にありながら比叡山内の2ケ寺を任されるまでになる。
比叡山内のお経を読破し、そこで「法華経」こそ正しい教えと確信する。
そして、この本によれば、比叡山を開いた最澄は法華経を第一としていたが、第三代慈覚大師のときから、法華経の上に大日経が置かれ、日蓮が比叡山に上がったころには、真言密教が主流を占めていた。

日蓮は、釈迦が開いた仏教の教えが、どうして真言密教やら、禅宗やら、念仏の浄土宗やら色々な教義に分かれてしまったのかと嘆き、釈迦の晩年、正しい教えは「法華経」であると言っていると、法華経以外の経文を信ずる宗派は全て間違っていると攻撃します。

私はというと、特にどの宗派が良いというのではないが、「関東36不動尊めぐり」をしている最中で、真言密教の悪口が出てくると、ちょっと面白くなかった(笑)

だいたい、日本は「八百万の神」、「曼荼羅の仏たち」を信じる国だから、そこに「正しいのはこれ一つ」という主張は、なかなか受け入れられない。
当然日蓮は、迫害されたり、罪に問われたりします。

しかし、念仏宗の盛んな佐渡に流され、念仏宗を攻撃していた日蓮は「野垂れ死に」するように扱われても、いつしか周囲に日蓮の信者が出来て行き、ついには地頭の本間重連でさえ帰依するようになったのだから、日蓮の人間的な魅力がすごかったということだろう。

この本では、日蓮の沢山残っているという手紙から、日蓮の緻密な心遣いや慎重な行動を述べている。
さもありなん、という感じで、日蓮の信者が増えて行ったことは納得できました。

もう一つ、この頃の北条政権の姿が書かれています。
この頃には、北条一族のなかでの北条得宗家の利権死守の闘争に明け暮れ、これでは北条が滅びたのも無理ないなと言うことが良くわかった。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

宗教が大きくなると、政治的権力を持とうとするのが問題ですよね。日蓮の頃の日蓮宗は権力を持とうとしたと言う話は聞きませんが、現代では日蓮宗の一種の創*学会が政党を作って多数の議員がいますし。戦国時代は一向宗がそれこそお城みたいな感じの本願寺を作りましたし。また、平安時代だったかには僧兵が無理難題を持ち出してきましたし。

まあ、釈迦の教えだって、釈迦が亡くなるまでは今のお経に相当するものはなく、釈迦が語った言葉が文章として残っていただけでしょうから、法華経も真言密教も釈迦が亡くなってからかなり経ってからできたと言うことで、位置的にはそれ程変わらない感じがします。

身近に感じます

おはようございます。
玉蓮寺には一度行ったことがあるので、実に身近に感じるものですね^^
無宗教者としては是非は別としても、おっしゃるとおり北条政権と鎌倉新宗教の関わりは興味深いですね。
改めて勉強したくなりました^^

コメントありがとうございます

matsumoさん
私は、ほんと宗教には不熱心なので、
宗教家がどうすべきなのかは、よくわかりません。
日蓮がどういう人物だったのか、
理解しましたが、それだけですね。

薄荷脳70 さん
玉蓮寺も、良かったのは墓地にある武蔵型板碑と、
俳句の碑くらいでした。
鎌倉五山も、そこにあったから行ったという
くらいのもので、改めて何も知らなかったな、
と反省しています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop