富岡八幡宮と深川めし

20130207

2月3日は、カミさんが介護から解放される日で、一日案内役です(笑)
深川めしを食べたいというので、富岡八幡宮に行きました。

130207tomi01.jpg


130207tomi02.jpg


富岡八幡宮は、別名を「深川八幡」ともいいます。
建久年間に源頼朝が勧請した富岡八幡宮(横浜市金沢区富岡)の直系分社で、大相撲発祥の地。
主祭神は応神天皇(八幡神)
相殿神は、ずいぶんいます。神功皇后、仁徳天皇、天照皇大神、常磐社神、武内宿祢命、日本武尊、天児屋根命、竈大神。

鳥居をくぐってすぐの所に、伊能忠敬の銅像が建っています。
130207tomi03.jpg


近代日本地図の祖である伊能忠敬は近くの黒江町(現在は門前仲町1丁目)に隠宅を構えており、全部で10回の測量旅行を企画しましたが、遠国に出かけた第8回までは、出発の都度必ず、内弟子と従者を率いて富岡八幡宮に参詣して、無事成功を祈念したのち、千住、品川宿など測量開始地点に向かって歩き出したということです。
「天地明察」の小説のなかでも、安井算哲が「北極測地」の測量に参加した際、一行がここに集合して、富岡八幡に参詣後出発していますね。

銅像の傍らに建てられたGPSによる国家基準点(三等三角点)もあります。
130207tomi04.jpg


日本最大の神輿とされている一の宮神輿が展示されていました。
あまりの大きさに1991年(平成3年)に初渡御が行われただけで以後は展示のみらしいですね。
重量が4.5トン。鳳凰の眼は4カラットのダイヤです。
130207tomi05.jpg


狛犬
130207tomi06.jpg


130207tomi07.jpg


社殿は、天和3年に焼失し、元禄16年には地震により損壊し、大正12年の関東大震災でも損壊し、さらに空襲でも被害を受けるなどし、再建や修復を繰り返したようです。
現在の社殿は昭和31年に造営され、鉄筋コンクリート製。
130207tomi08.jpg


この日は、15時から豆まきということで、舞台が用意されていた。
130207tomi09.jpg


江戸勧進相撲の発祥の地としても知られ、しばしば境内で本場所も開催されました。特に明治維新以降、幕府や大名家の加護を失った相撲界が、神道との関わりを強調することで生き残りをはかったためもあり、相撲との結びつきが強まったようです。現在も新横綱誕生のおりの奉納土俵入りなどの式典が執り行われています。

大関力士碑、巨人力士身長碑
130207tomi10.jpg


横綱力士碑、超五十連勝力士碑、出羽海一門友愛之碑ほか、相撲にまつわる数々の石碑が建っています。
130207tomi11.jpg


力持ち碑、力石
130207tomi12.jpg


130207tomi13.jpg


七渡神社
御祭神は市木嶋姫命。
八幡宮が創祀される以前から祀られる地主神。関東大震災・東京大空襲の災難もくぐりぬけ、このときに弁天池に避難した人は一命を取りとめたといいます。また、ご祭日にはお使いの白蛇が出てくるという話もよく聞かれ、神社の職員も度々目にしているそうです。
130207tomi14.jpg


鳥居をくぐってすぐの所に、三猿なので庚申塔だと思うが「針塚」とあった。
130207tomi15.jpg


弁天池を渡っていきます。
130207tomi16.jpg


きれいな社殿です。
130207tomi17.jpg


永昌五社稲荷神社
御祭神は倉稲魂命。
五穀豊饒・商売繁盛の神様として、特に地元の肥料商関係者から絶大な信仰を集めています。近隣の稲荷社五社が合祀された神社だそうです。
130207tomi18.jpg


狛犬が二組置いてありましたが、とても良い感じです。
130207tomi19.jpg


130207tomi20.jpg


130207tomi21.jpg


130207tomi22.jpg


御神木のいちょうの木
130207tomi23.jpg



さて、いよいよ「深川めし」です。富岡八幡宮の境内に有る「深川宿」というお店で食べました。
130207tomi24.jpg


ここ深川は、江戸時代は漁師の町として栄え、江戸前の魚貝類や海苔などを捕る漁師さんたちが大勢いました。 特に、良質のあさりやカキが沢山捕れ、それらは深川名物とされていたのです。
忙しい漁の合間に手早く作れ、しかもおいしく栄養価の高い「深川めし」は、漁師の日常食としてもてはやされました。
「深川めし」には、もう一つ、あさりの炊き込みご飯もありますが、それは大工などの職人さんが弁当に持っていけるものをという事で、生まれたと言われています。

ということで、「深川めし」と「あさりの炊き込みご飯」がセットになったものを食べました。
130207tomi25.jpg


美味しかったですね。
食の細いカミさんが完食しましたから。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

横綱碑は彫った字の分厚さがすごいですよね。七渡弁天社の辺りは、秋のススキが良かった記憶があります。

深川めしは、アサリの味噌汁をご飯にぶっかけたものだと思っていたのですが、炊き込みご飯もあったのですか。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
相撲関係の碑がすごかったです。
巨人の碑など、あんなに背の高い力士が
目の前に居たら、腰を抜かすんじゃないかって(笑)

深川めし、堪能しました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop