石川啄木碑・三原堂・麟祥院

20130304

2月27日、湯島天神の続きです。
湯島天神を出て、湯島天神切通しを上がる途中に、石川啄木の碑があります。
130304yushima01.jpg


これは歌稿ノート(明治44年1月)の文字を拡大し彫り込んだもので、
<二晩おきに、 夜の一時頃に切通きりどおしの坂を上りしも――
勤めなればかな。>  (悲しき玩具、初出)

の歌碑です。 この「勤め」とはようやく安定した収入を得るようになった朝日新聞社勤務(明治42年3月から)である。3日に一回午前一時までの夜勤があった。夜勤の帰りは乗換えの電車はなく上野広小路の停留所からこの切通坂を、真っ暗なので湯島天神の石垣をまさぐりながら、いろいろな思いを抱きながらのぼったて、喜乃床(当初数か月は蓋平館)に帰った。月給25円の新米校正係にとっては一回1円の夜勤手当は大事な収入だった。 が、この勤務による過労は病を得る原因ともなった。明治43年12月には体調不調のため夜勤を辞さざるを得なくなったということでした。
130304yushima02.jpg


その日の、お土産として寄ったお店は、本郷の「三原堂」でした。
創業昭和7年の老舗です。
130304yushima03.jpg


名物の「大学最中」の看板
130304yushima04.jpg


季節がら、ウインドウにはお雛様がかざられていました。
130304yushima05.jpg


購入したのは下記の三品

もちろん大学最中、白餡を購入。
130304yushima06.jpg


果宝(かほうもの)
新しいお菓子らしいですが、美味しかった。
130304yushima07.jpg


天神太鼓。餡が三種類あると言われたので、全部買ってきて食べ比べ(笑)
美味しかった。
130304yushima08.jpg


麟祥院
徳川家光の乳母として知られる春日局の菩提寺です。
寛永元年(1624年)、春日局の隠棲所として創建。はじめ、報恩山天沢寺と称したが、春日局の法号をもって「天沢山麟祥院」と号するようになる。
1887年には井上円了が、この寺の境内の一棟を借りて東洋大学の前身である「哲学館」を創立した。そのため「東洋大学発祥之地」でもあり、碑も建てられていました。
当時はお寺の周囲にカラタチの生垣をめぐらせていたので、「からたち寺」と親しく呼ばれていたそうです。
130304yushima09.jpg


庫裡の前に立派な碑がありました。
細かい字でびっしりと書かれていて、時間が無くて読めず、説明もないので何の碑かは、わからず。
ただ、下の霊亀の彫刻が素晴らしいので、撮ってきました。
130304yushima10.jpg


130304yushima11.jpg


墓地の入り口付近には、どうして集まったのかわかりませんが、ものすごい数の石仏が置かれていた。
かわいそうですね。
130304yushima12.jpg


門を入って左手奥、樹木の茂みの中に春日局の墓があります。
左に葵の紋と、右の隅切角に三(すみきりかくにさん)の家紋は春日局の家紋です。
130304yushima13.jpg


春日局の墓は、無縫(むほう)塔(卵塔)の墓
春日局の墓石は、四方に穴が貫通している大変めずらしい形をしています。
これは局が「黄泉(よみ)からも天下のご政道(せいどう)を見守れる墓」を作ってほしいという遺言によってこのような形に建立されたものだそうです。
130304yushima14.jpg


斜め45度から見ると、四方に穴が開いてるのがよくわかります。
130304yushima15.jpg


麟祥院を出てからは、旧岩崎邸庭園に向かいました。次回記事です。

(続く)


「続き」に飛ぶ


「歴史クラブ行事記事一覧」に飛ぶ


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

先日、知ったのですが、石川啄木って、借金魔だったそうですね。特に、金田一氏には多額の借金があったそうで。貧乏だったことは間違いないようですが、お金が入ると、金田一氏らと酒を飲みに行ってほとんど使ってしまっていたそうで、亡くなった時の借金の合計が数千円に達したと言う話しです。

こう言う話しを読むと、「じつと手を見る」なんて言う短歌も、随分、違って感じるようになりました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
石川啄木が借金魔だったことは知っていましたが、
その内容までは知らなかったので、金田一先生にも、
そんなに迷惑かけていましたか。

まあね、詩でも歌でも、生まれると一人歩き
しますからね。
生んだ人間のことはどうでもよくなって・・・・・
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop