無量寺/寒緋桜&梅

20130319

西ヶ原で宮澤賢治の足跡をたどった際に、ここ無量寺にもお参りしました。
ここのしだれ梅が有名だからです。

無量寺は、平安時代から続く歴史あるお寺で、古くから江戸六阿弥陀の三番目として広く知られているようです。
古くは長福寺と言いましたが、将軍吉宗の治世に、吉宗の世子長福(後の将軍家重)の名をはばかり、無量寺と改称。福寿無量に諸願を成就させるというところから、無量寺と名付けられました。
江戸時代将軍が岩淵筋で鷹狩をした時に休息所にしたといわれています。
元禄14年には五代将軍「綱吉」の生母・桂昌院の参拝記録が残されています。

阿弥陀如来坐像の右手には、本尊である不動明王像が安置されていますが、ある晩、忍び込んだ盗賊がこの不動明王像の前で急に動けなくなり、翌朝捕まったと言い伝えられおり、「足止め不動」と呼ばれ信仰されています。
130319muryo01.jpg


門から入ると、山門との間、両側に竹が植えられています。
130319muryo02.jpg


山門の瓦が三つ葉葵ですね。
130319muryo03.jpg


山門をくぐると桜が咲きかけていました。
130319muryo04.jpg


そこで目白が櫻を忙しくついばんでいました。
130319muryo05.jpg


130319muryo06.jpg


お寺の人に聞いたら、桜は、「琉球寒緋桜」だとわかりました。
130319muryo07.jpg


130319muryo08.jpg


130319muryo09.jpg


130319muryo10.jpg


130319muryo11.jpg


有名な枝垂れ梅は、まだまだでした。ガックリ。
130319muryo12.jpg


これが満開だと、傘のうちに入ると、ほんとに良い眺めだと思います。
130319muryo13.jpg


それでも、てっぺんの辺で咲きはじめていた。
130319muryo14.jpg


130319muryo15.jpg


これは、随分くねくねした梅でした(笑)
130319muryo16.jpg


130319muryo17.jpg


130319muryo18.jpg


本堂の近くの梅。この梅も花が少なかったが、他に蕾が見当たらないのを見ると、この梅はこのくらいの花着きなんでしょうね。
130319muryo19.jpg


130319muryo20.jpg


130319muryo21.jpg


130319muryo22.jpg


本堂の前の宝篋印塔
130319muryo23.jpg


その陰から梅がのぞいていた。
130319muryo24.jpg


石仏が集められていたが、どれも姿のいいきれいな石仏でした。
130319muryo25.jpg


130319muryo26.jpg


130319muryo27.jpg


「御茶所」という庵の前の石灯篭が見事だった。
130319muryo28.jpg


130319muryo29.jpg


これは、何という花でしょうか。珍しいと思って撮ってきました。
130319muryo30.jpg


130319muryo31.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

メジロの写真、ちょうど良い瞬間に撮られましたね。

大通り(本郷通り)から行かれたのだと思いますが、旧古河庭園より王子寄りの路地の所に「西箇原 六阿彌陀三番目無量寺」と書かれた古い石碑があります。これ、ちょっと、寺から離れた所にあるので、余程、知っていないと見逃すところで、私も随分、後から知りました。また、旧古河庭園の石垣を過ぎた所に「ことぶき地蔵」が無量寺から出張して安置されています。

無量寺の枝垂れの梅は散ってしまいました。咲いていたのは3月上旬で、私も今年は天気が良くない日に1回しか撮れないませんでした。天気が良くなって行ったら、もう散った後でした。

matsumoさん

コメントありがとうございました。
無量寺の近くの由緒のポイント、ありがとうございます。
今度行ったときの楽しみにあります。
このように教えていただけるとありがたいです。

私の家の近くに、思いっきり遅い枝垂れ梅があるので、
その類かなと思いましたが、終わっていたのですね。
残念!
また来年ですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop