鉢形城の桜/埼玉県寄居町

20130326

以前鎌倉街道がらみで、鉢形城の写真を撮りにきたときに良い桜があるなと見つけたので、今年写真を撮るのを楽しみにしていました。
それで今朝、様子をネットで見ていたら、なんと21日の記事で「咲いた」とあったので、吃驚して飛び出したわけです。
予想よりもずいぶん早くて、今日も予定していた用事が3つばかりあったのですが、翌日以降に変更して車で飛んでいきました。
関越自動車道の花園インターを降りて、15分ほどで着いてしまいます。

鉢形城は、蛇行する荒川の流れに削られ、切り立った岸壁の上に築かれた多くの郭を持つ城郭です。
いつ築かれたかは明らかではありません。鉢形に陣をはった平将門を追って源経基が鉢形城に入ったという記録や畠山重忠が居城したという伝説がありますが、文明8年(1476年)に長尾景春が主家の山内上杉顕定に叛いて、鉢形城に拠点を構えたのが資料として明らかな最初の出来事・長尾景春の乱です。
この乱を鎮めたのは、扇谷上杉家の家宰を務めていた太田道灌でした。荒川の上流から兵を乗せた筏を流し、岸壁の下に着いた兵士が岩の壁をよじ登り城兵を慌てさせたといいます。
長尾景春の乱が治まった後は山内上杉氏の勢力下に入りました。
しかし、天文15年(1546年)にあったとされる河越夜戦で上杉方が北条氏康に敗れると、山内上杉氏の家臣で鉢形城の城主であった藤田重利は氏康の三男氏邦を娘の大福の婿に迎え、北条氏の体制に組み込まれる事になりました。氏邦は当初長瀞町の天神山城に入りましたが、永禄3年(1560年)には鉢形城を改修し居城としました
鉢形城は、戦国時代、豊臣秀吉の全国制覇に最後まで抗した小田原の北条氏の配下にあり、北条早雲から三代目の氏康の三男氏邦が守っていました。守兵は3500名。
この城を攻めた豊臣秀吉軍は、前田利家・上杉景勝・島田利正、徳川家康麾下の浅野長吉、本多忠勝、鳥居元忠 らの連合軍、実に5万の兵でした。
北条方は、それに良く耐え、1ケ月の攻防戦を繰り広げたといわれます。

「のぼうの城」で忍城は有名になりましたが、同じ時期に鉢形城も豊臣方と戦ったわけです。

昨年の5月に「寄居北条まつり」を楽しみました。
その記事があります。下記をクリック。2回に分けて記事にしています。

http://tamtom.blog44.fc2.com/blog-entry-951.html

http://tamtom.blog44.fc2.com/blog-entry-952.html

さて、鉢形城に着きました。二の曲輪と三の曲輪近くの臨時駐車場に車を置きました。
この辺は良く整備されています。
二の曲輪から三の曲輪方面
130326hachi01.jpg


馬隠しから馬出への通路
130326hachi02.jpg


三の曲輪
130326hachi03.jpg


目的の桜が見えます。
130326hachi04.jpg


道路から初めて見える桜
130326hachi05.jpg


ぐるぐるっと、まずは四方から眺めます。

土塁の縁に生えています。
130326hachi06.jpg


逆光に映えるシルエット。
130326hachi07.jpg


土塁にしっかり根を下ろしています。
130326hachi08.jpg


エドヒガン桜、樹齢150年ほど。
この桜は、二本の幹が一旦伐採され、その株元から12本の芽が成長したものです。
見事な樹形ですよね。

12本の幹がしっかりと立っています。
130326hachi09.jpg


130326hachi10.jpg


青空に映えています。
130326hachi11.jpg


130326hachi12.jpg


130326hachi13.jpg


エドヒガンの花を楽しみましょう。
130326hachi14.jpg


130326hachi15.jpg


130326hachi16.jpg


130326hachi17.jpg


根本の辺には、オオイヌフグリがたくさん咲いていました。
130326hachi18.jpg


散り始めていて、そんなに多くないですが、桜の花びらもあります。
130326hachi19.jpg


桜のすぐ近くの土塁の北側の斜面に、カタクリも咲いていました。
130326hachi20.jpg


可憐な、いい形をしています。
130326hachi21.jpg


130326hachi22.jpg


130326hachi23.jpg


桜と一緒に撮ろうと頑張ったのですが、なかなか難しくて、これが精一杯でしたね。
130326hachi24.jpg



櫻行脚トップページ(桜の一覧)には、下記クリック
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/sakuratop.html






スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

インターネット時代になって、よくなったことの1つは情報が簡単に、かつ、早く入ることですね。特に、花が咲いているかどうかなんて言うことは、極めて簡単に入手できることになりました。昔は新聞とかテレビとかで知るしかなかったのですが。

城跡って、石垣が無いと、中々、城跡と言う感じがしませんが、これは空堀があるし、柵も作ってあるので、確かに城跡に見えますね。

それにしても、変わった感じの桜ですね。伐採された根本から出た芽が立派な幹になったのですか! 全く不思議ですね。そう言えば、以前に鎌倉「鶴岡八幡宮」の大銀杏の木も、倒れた後の根元から芽が出ていましたが、もしかして、それも何十年かすれば、このようになるのかもしれませんね。

可愛いですね☆^^☆

四季歩さん、こんにちは~♪
満開の桜の足元に咲くカタクリの花
可愛いですね☆^^☆

寄居の鉢形城、素敵な所のようですね。
いつか訪れてみたいです。
情報ありがとうございます^^☆

コメントありがとうございました

matsumoさん
植物の生命力も、なかなかどうして大したものです。
切り倒されたくらいでは、また復活しますからね。
反対に、枯れてくると、一気にダメになりますしね。

いまは、ほんとにネットのおかげで助かります。
matsumoさんにも、いつも教わってばかりですね。

misaki26さん
寄居には、いろいろ良いところがたくさんありますよ。
5月の「寄居北条まつり」は楽しいですよ。
河原で合戦をしますから(笑)
名水百選の「大和水」もあります。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop