八丁道・前田利長公墓所/富山県高岡市

20130506

4日に行った瑞龍寺の続きです。
瑞龍寺の前から、一直線に前田利長公墓所までの参道「八丁道」が延びています。その長さ870mです。
130506yaka01.jpg


130506yaka02.jpg


130506yaka03.jpg


途中の参道沿いに、この道の歴史が書かれていました。
130506yaka04.jpg


普段は参道として親しまれているが、有事に備える防御線の一部だったらしい。
「高岡開闢由来記」には「八丁道幅員15間余。両側老松列せしは舞子浜移し植しなり。また両側に石灯篭真向い々々に建設、赤間石なり」とあり、幅の広い昼なお暗き森厳とした大参道であった。

明治8年:繁久寺住職が官許を得て老樹木を伐採。いつの間にか、道幅が狭くなり、石灯篭も次第に紛失し、殺風景な道路となる。
大正2年:古城公園とともに八丁道の整備も図り、桜を植える。
昭和22年:瑞龍寺、前田利長公墓所、八丁道を風致地区に指定
昭和42年から:区画整理事業を展開、道路の拡張を行う。
平成2年:八丁道歴史的景観整備事業を行う。高岡市は「うるおい」や「個性」を大切にしたまちづくりをめざし、八丁道では、この道の歴史的なイメージを継承させるよう整備を行う。

石灯篭は、なかには古い感じのものもあります。
130506yaka05.jpg


130506yaka06.jpg


両側の植え込みも整備されていて、綺麗すぎるくらい(笑)
130506yaka07.jpg


真っ直ぐ、まっすぐ続いています。
130506yaka08.jpg


黄色いつつじが咲いていました。
130506yaka09.jpg


墓所まで、もうちょっというところで途切れていました。
この灯篭は、2013年5月の「前田利長公四百年大遠忌記念」と、2015年3月の「北陸新幹線開通記念」で建てられたもの。
130506yaka10.jpg


途中に「繁久寺利長公墓所」という看板もあったので、お寺に先に寄ってみました。
130506yaka11.jpg


門から入ったところに、回廊に五百羅漢がずらっと並んでいて壮観でした。
130506yaka12.jpg


130506yaka13.jpg


お寺が閉まっている感じで、利長公墓所らしいものはわかりません。
もしかして、これかなと思えるものが駐車場から塀に設けられた覗き窓から見えました。
130506yaka14.jpg


台座にある紋は、梅鉢が前田家、五七の桐は豊臣秀吉、一番右の紋は誰のかわかりません。信長が使った紋の中にこれはありません。
130506yaka15.jpg


前田利長公墓所の入り口
130506yaka16.jpg


入ってすぐに、墓所の説明があります。
130506yaka17.jpg


1614年(慶長19年)に没した前田利長の冥福を祈るため、3代藩主前田利常(利長の異母弟、後に養嗣子)が33回忌にあたる1646年(正保3年)に造営したものである。周囲に堀を構えたその墓所の豪壮なことは武将のものとして全国的に珍しい。

八丁道の延長の方向に少し歩き、突き当たりを左に曲がると墓所が見えます。
130506yaka18.jpg


鳥居の前の大灯篭のデカイのにはびっくりです。
130506yaka19.jpg


鳥居のところで礼拝するようになっています。
130506yaka20.jpg


鳥居の先は、堀であり、石橋がかかっていて渡れますが、中には入れません。
130506yaka21.jpg


9月13日(前田利長が高岡に入城した日)に行われる前田利長公顕彰祭(利長公墓前祭)の時だけは一般公開されて中に入ることが出来るそうです。

石橋を渡り切った門のところから撮ります。
130506yaka22.jpg


130506yaka23.jpg


大名の墓としては日本一と言われる高さ11.9メートルの石塔(地表面から石塔の笠までの高さ)。
130506yaka24.jpg


石塔下部の戸室石で造られた基壇は、約250平方メートルの三層基壇となっており、高さが5.0メートルあり、側面には狩野探幽下絵とされる130枚もの蓮華図文様が彫刻されています。
130506yaka25.jpg


墓所の参道に満天星躑躅(どうだんつつじ)が見事に咲いていました。
130506yaka26.jpg


130506yaka27.jpg


130506yaka28.jpg



(了)

スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

ここ、行ったことがありますが、ほぼ記憶から消えていたので、四季歩さんが撮られた写真を見ながら、ああ、そうだったと思い出しました。すなわち、石畳道が長かったことと、墓所が大きかったことを思い出しました。

黄色いツツジの花は珍しいですね。根津神社にもある筈なのですが、今年は見つけることはできませんでした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
北陸にすんでいたころは、車で移動だったので、
瑞龍寺とか、前田公墓所とか、ポイントを
見るだけでした。
なので「八丁道」については、今回初めて歩いた
次第です。

なかなか整備されていて、感心しました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop