寄居北条まつり2013

20130513

昨日12日、埼玉県寄居町で行われる「寄居北条まつり」に、歴史好きの友人たちと行ってきました。
130513yorii01.jpg


昨年に引き続き、二回目です。
10時に寄居駅につき、ポスターで各種イベントを確認しながら会場に向かって歩いていきました。
「京亭」にさしかかると、入り口に粋なポスター。
130513yorii02.jpg


入り口横には、佐々紅華さんの碑もあります。
130513yorii03.jpg


「京亭」という料理旅館が解放されているのですが、浅草オペラの創始者であり、「君恋し」「祇園小唄」「唐人お吉の唄」などの作曲家「佐々紅華」がここを永住の地と定めて、自ら図を引いて建てたそうです。
それが、その後一時は某宮家の邸宅となったりしましたが、現在は「鮎の宿 京亭」となっています。
建物も庭も素晴らしいです。
130513yorii04.jpg


庭から、合戦の舞台となる玉淀河原がよく見えます。
130513yorii05.jpg


ちょうど、声楽家による「君恋し」をやっていました。
130513yorii06.jpg


それが終わったので、とりあえず玉淀河原に行ってみました。
武者行列に参加する馬が河原でのんびりしていました。
130513yorii07.jpg


130513yorii08.jpg


130513yorii09.jpg


11:10からの、北条華舞台で行われる、女性邦楽ユニット「花くれない」の演奏を聴きにいきました。
130513yorii10.jpg


このユニットは、普段は別々に活動している演奏者がこの日のためにユニットを形成して演奏してくれる、というものでした。
唄・三味線:山本晋乃さん、囃子:島村聖香さん、三味線:成瀬朋子さん、笛:望月太喜若さん。
130513yorii11.jpg


130513yorii12.jpg



そして、それに引き続き楽しみにしていた琵琶の演奏が12:00からありました。
去年とても良かったので、今年は動画を撮ろうと楽しみにしていました。

演奏は、首藤久美子さんという薩摩琵琶では若手の実力者です。
130513yorii13.jpg


130513yorii14.jpg


この日は、「那須与一」と「創作琵琶曲 大福(おふく)御前」を演奏。
「大福(おふく)御前」は、昨年ここで初演されたものです。
大福(おふく)御前というのは、北条氏邦の奥方。
鉢形城を攻撃した豊臣方の藤田信吉(上杉景勝勢の先鋒)は弟であった。大福御前は寄せ手の弟を介して城兵の安全を図った。このため多くの城兵の命が助けられたといわれる。彼女は北条氏邦を追って自刃する。

演奏のかたわら、首藤さんが琵琶の構造、演奏方法を説明してくれたのは、とてもよかった。
130513yorii15.jpg


後半の「大福(おふく)御前」はここが舞台だけに聴いていてグッとくるものがありました。
130513yorii16.jpg


ところが最後の山場にさしかかった時に、警察の迷子の放送が長々と流れ、琵琶の名調子にカブッてしまい、動画を撮っていた私としては、もうガックリでした(泣)
まあ、外の舞台での、迷録画ということで(笑)

続いて、京亭で12:45からの、女性ジャズボーカルによる「君恋し」を聴きにいきました。
女性ボーカリストは、MASUMIさんという方で着物で登場です。
ユニットは、峰岸慶典トリオ。
130513yorii17.jpg


スタンダードナンバーと「君恋し」でしたが、良かったですね。
ハスキーなボーカルと、演奏もベースの音もしっかり出ていて、ギターのテクもばっちり。
久々に生の演奏を聴いて嬉しかったですね。
130513yorii18.jpg


130513yorii19.jpg


いよいよ、玉淀河原での合戦の再現です。

ここには、荒川の流れを見下ろす形で「鉢形城」があったのですが、ちょっと説明しておきます。
鉢形城の歴史
鉢形城は、蛇行する荒川の流れに削られ、切り立った岸壁の上に築かれた多くの郭を持つ城郭です。
いつ築かれたかは明らかではありません。鉢形に陣をはった平将門を追って源経基が鉢形城に入ったという記録や畠山重忠が居城したという伝説がありますが、文明8年(1476年)に長尾景春が主家の山内上杉顕定に叛いて、鉢形城に拠点を構えたのが資料として明らかな最初の出来事・長尾景春の乱です。
この乱を鎮めたのは、扇谷上杉家の家宰を務めていた太田道灌でした。荒川の上流から兵を乗せた筏を流し、岸壁の下に着いた兵士が岩の壁をよじ登り城兵を慌てさせたといいます。
長尾景春の乱が治まった後は山内上杉氏の勢力下に入りました。
しかし、天文15年(1546年)にあったとされる河越夜戦で上杉方が北条氏康に敗れると、山内上杉氏の家臣で鉢形城の城主であった藤田重利は氏康の三男氏邦を娘の大福の婿に迎え、北条氏の体制に組み込まれる事になりました。氏邦は当初長瀞町の天神山城に入りましたが、永禄3年(1560年)には鉢形城を改修し居城としました

北條まつりについて
鉢形城は、戦国時代、豊臣秀吉の全国制覇に最後まで抗した小田原の北条氏の配下にあり、北条早雲から三代目の氏康の三男氏邦が守っていました。守兵は3500名。
この城を攻めた豊臣秀吉軍は、前田利家・上杉景勝・島田利正、徳川家康麾下の浅野長吉、本多忠勝、鳥居元忠 らの連合軍、実に5万の兵でした。
北条方は、それに良く耐え、1ケ月の攻防戦を繰り広げたといわれます。
「北条まつり」は、これを再現しようという祭りです。

いよいよ部隊が入場してきます。
130513yorii20.jpg


130513yorii21.jpg


130513yorii22.jpg


鉄砲隊もいます。
130513yorii23.jpg


チビッコ軍団も
130513yorii24.jpg


砲撃戦が始まりました。
先ほどの火薬を、入れ子にセットして砲口から入れて火縄に火をつけるとズドン!! です。
大砲は丸太に穴を開けたものですが、けっこう派手な音と煙で迫力がありましたね。
一門で30発くらいは撃ったのではないでしょうか。
ずいぶん派手に撃っていて、なかなか楽しかったです。
130513yorii25.jpg


130513yorii26.jpg


130513yorii27.jpg


最初は槍部隊の乱戦。
130513yorii28.jpg


130513yorii29.jpg


こんな子も、立派に戦ってます(笑)
130513yorii30.jpg


外人さんも
130513yorii31.jpg


水中での熱戦も
130513yorii32.jpg


130513yorii33.jpg


けっこう迫力です。
130513yorii34.jpg


いよいよ大将戦
130513yorii35.jpg


130513yorii36.jpg


130513yorii37.jpg


130513yorii38.jpg


130513yorii39.jpg


130513yorii40.jpg


これも、すごい戦いでしたね。
130513yorii41.jpg


130513yorii42.jpg


130513yorii43.jpg


130513yorii44.jpg


今年は、しつこく何度も大将戦があったりして、長時間の合戦となりました。この日はものすごく暑い日になったのですが、合戦に参加された方の頑張りはすごいものでした。
ほんとに脱帽ものでしたね。

この辺で、今年の合戦はお仕舞にしようかのう・・・・・・
130513yorii45.jpg


本当にお疲れ様でした。



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

5月、6月は都区内の夏祭りで、昨日(5/12)は神田明神の祭りで、撮影と録音を行っていたのですが、寄居でも面白そうなのをやっていたのですね。でも、寄居は私の家からだと遠すぎるのが困りものです。

鉄砲や大砲の音の生録音を行いたかったです。


matsumoさん

コメントありがとうございます。
今年は、神田祭とカブッてしまいました。
昨年は日枝山王祭り御幸祭と、寄居北条祭りの
両方行けたのですが。

今年は、薩摩琵琶の演奏を動画で撮って、なかなか
良かったのですが、来年は大砲と鉄砲の音を
ぜひ録音しましょうか。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop