ロビ第08号&09号組立/ロボット「ロビ」

20130517

【第08号】

第8号で紹介されているロボットは、「ゴミ箱ロボット」
130517robi01.jpg


豊橋技術科学大学の開発したこれは、体を揺らしながらゆっくり施設内をぶらつき、ゴミを入れてもらえば体を曲げてお礼する。このロボットのできることは、これくらいである。
アーム類は無いので、自分でゴミを拾うことはできない。
このロボットは、わざと頼りなく作られている。その理由はロボットと人間社会の関わりを探るために作られた。

今回使用するパーツ
130517robi02.jpg


今回の作業
① 耳にパネルを取り付ける
② サーボケーブルに保護シールを貼る
③ サーボにサーボブルを接続する
④ サーボのテストをする
⑤ サーボIDを書き込む

130517robi03.jpg


130517robi04.jpg


130517robi05.jpg


130517robi06.jpg


完成状態
130517robi07.jpg



【第09号】

第8号で紹介されているロボットは、川田工業の「ネクステージ」である。
130517robi08.jpg


130517robi09.jpg


工場で働く産業用ロボットだが、顔があり2本の腕で、複数の仕事をこなす。
もともとの川田工業という会社は、本四連絡橋など橋梁事業で有名な会社。そういう会社も今は「ロボティクス事業部」でロボットに取り組んでいる。
位置情報を判断できるので、レイアウトの都合でちょっと場所をずらしたり、工具の位置がちょっとずれても、いつもどおり作業を続けることができるのが特徴。

今回使用するパーツ
130517robi10.jpg


今回の作業
① 指ホルダーを取り付ける
② 親指を取り付ける
③ サーボモーターを取り付ける
④ ひじのパーツを取り付ける
⑤ 前腕カバーを取り付ける

130517robi11.jpg


130517robi12.jpg


130517robi13.jpg


130517robi14.jpg


130517robi15.jpg



完成状態(二方向から)
130517robi16.jpg



130517robi17.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

私は初めて知りましたが、この「ゴミ箱ロボット」、結構、有名みたいですね。インターネットで検索したら、結構な数がヒットしました。

私はてっきり、外に置くプラスティック製ゴミ箱位の大きさだと思っていたら、室内用のゴミ箱位の小さなものなのですね。それにしても、乳児のように弱さを武器にして、それをコミュニケーションの道具にすると言う考えなのだそうですが、もし、自分の部屋に置くのであれば、やはり、自動的にゴミをゴミ箱に入れてくれる方がいいですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
これ、アプローチの仕方が変わってて、
すごいなと思いました。

いろいろと子供の反応とか、じっとしてたらどうなのか、
ユラユラしてたらどうなのかとか、
反応の話も載ってて面白かったです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop