入間川の天王さま/狭山市

20130714

今日、私の歴史仲間の友人が役員をやっていて、教えてくれたので見にいきました。
八幡神社の境内社に八雲神社がありますが、毎年7月中旬の日曜日に「天王さま」の夏まつりが行われ、お神輿が担がれています。
ここで「天王さま」というのは、牛頭天王のことであり、須佐之男命のことです。
牛頭天王は、悪疫・悪病をもたらす怖い神様という事で、それを鎮める祭りなわけです。
これは京都をはじめとする祇園祭と同じです。
狭山市では、広瀬神社の神輿が市指定文化財となっていますが、入間川のお神輿は、狭山市の中でも群を抜いて大きく、重量も400キロを超えるほどです。
お神輿は八雲神社の中に納められており、安永2年(1773)6月の造営です。屋根には、「ともえ」と寺紋の「卍まんじ」が描かれています。
卍については、明治時代の神仏分離で廃寺となった成円寺(現中央公民館敷地に在った)の頃からの存在を意味し、その古さを伝えています。

八幡神社の境内社の八雲神社。今日は扉が開いています。
130714tennou01.jpg


神輿
130714tennou02.jpg


130714tennou03.jpg


保護のため、さらしを巻いてあります。
130714tennou04.jpg


手締めで気合を入れます。
130714tennou05.jpg


担ぎました。
130714tennou06.jpg


八幡さんの境内から、いよいよ出ます。予定より早く11時半ちょっと過ぎくらいでしたね。
130714tennou07.jpg


「枝に引っ掛けるなよ!」と気合が入ります。
130714tennou08.jpg


ここで行列を組みます。

先導役
130714tennou09.jpg


神職
目が合ったら、「やあ」って。ビックリしました(嬉)
去年、獅子舞の巡幸ルートを教えてもらいに行って、一度会っただけなんですけどね。
130714tennou10.jpg


神輿が続きます。
130714tennou11.jpg


130714tennou12.jpg


神輿が暴走しないよう、先導。大変ですね。
130714tennou13.jpg


交差点で方向転換。担ぎ手の多いこと!
130714tennou14.jpg


「祭りの華」は健在!!
130714tennou15.jpg


130714tennou16.jpg


まだ担いでいたいよ~~
後ろから入って、前にずれていき、先棒から脱けます。
130714tennou17.jpg


つぶされる~~
130714tennou18.jpg


せいや!  せいや!
130714tennou19.jpg


駅にさしかかったので、ロータリーのテラス回廊に駆け上がって、上から撮りました。
130714tennou20.jpg


130714tennou21.jpg


ガンバレ!  ガンバレ!
130714tennou22.jpg


130714tennou23.jpg



まだまだ上から追います。
130714tennou25.jpg


それにしても担ぎ手の多いこと!!
130714tennou26.jpg


ガンバレヨ~~
130714tennou27.jpg


130714tennou28.jpg


130714tennou29.jpg


再び、横から撮ります。
130714tennou30.jpg


外人さんも参加してますね。
130714tennou31.jpg


水で冷やしてあげるよ~~
130714tennou32.jpg


ようやく、最初の休憩ポイント「市民の広場」にやってきました。

シャワーが待ってましたよ~~
130714tennou33.jpg


130714tennou34.jpg


休憩所に、無事に神輿が到着。
130714tennou35.jpg


お疲れ様でした!!!
予定では、各所を巡幸して、八幡さんに戻るのが17時だそうです。
私は、朝が早かったので、ここで失礼しました。
担ぎ手がものすごく多くて、盛り上がっていて、とても良かったですね。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

この神輿は京都風と言うか、昔風の木と漆で作られた感じのものですね。絵ではよく見ますが、実物の写真は初めて見ました。

それにしても、都区内の神輿渡御と異なり、見物人は非常に少ないですね。むしろ、担ぎ手の方が圧倒的に多いですね。これならば、撮影は楽だと思います。また、意外だったのは、歩道橋みたいな所からの見物人もいることで、都区内では足の下を神輿が通るのは恐れ多いと言うことで、役員の人達が注意してどかします。以前は建物の2階から見るのも上から見ると言うことでうるさかったのですが、最近はそれに関しては文句は無くなりました。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
江戸時代の神輿といいますから、古いものですよね。
貴重だと思います。

指摘されて、考えたのですが、駅前のテラスの下を
通るのは、今年が初めてだと思います。
来年からは、そうなるのでは。
上から撮るのも、控えたほうがいいですかね?

削除しました

matsumoさんに言われてから、気になってしまって(汗)

問題提起として、神輿の上に立っちゃダメと書くのも
方法なんですが。

神輿の上の場所に人が立ってる写真を載せたら、
なんだか、それを認めちゃってるようで・・・・
やはりまずいですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop