ロビ第24号&25号組立/ロボット「ロビ」

20130831

【第24号】

第24号で紹介されているロボットは、「ロボカップジャパンオープン2013東京」のサッカーに出場しているロボットのうち、標準プラットフオームリーグで活躍しているフランスのアルデバラン・ロボティクス社のロボット「ナオ」である。
130819robi01.jpg


アルデバラン・ロボティクス㈱は2005年にフランスで設立された人型ロボットの開発、販売をする会社。
個人向きには販売してないが、2013年春の時点で3500台を超える数を販売している。
自由度は首2、腕6×2、足5×2、腰1の合計25。これにより、ダンスをしても実になめらかな動きをしてみせる。
人と触れ合うための会話は、日本語を含む19言語の聞き取りと発生が可能。
現在特に力を入れているのが、自閉症患者への活用だという。

今回使用するパーツ
130819robi02.jpg


今回の作業
① サーボモーターの裏ぶたを外す
130819robi03.jpg


② 右足首カバーに取り付ける
130819robi04.jpg


130819robi05.jpg


完成状態
130819robi06.jpg


【第25号】

第25号で紹介されているロボットは、泳ぐヒューマノイドロボット「スワマノイド」。東京工業大学大学院理工学研究科中島研究室で開発が続けられている。
130831robi01.jpg


この開発をしている中島准教授は、ロボットの専門家ではなく、人間の水泳の研究を行っていた。その中でコンピューターのシミュレーションツールを作ったのだが、シミュレーションの結果を検証するのに、ロボットがいいとなったのだという。韓国の大学で魚ロボットの研究をしていた人と出会い、その人に研究室に来てもらい本格的な開発が始まった。

本体は、オリンピック選手の泳ぐ姿を3Dプリンターによって再現している。
130831robi02.jpg


今回使用するパーツ
130831robi03.jpg


今回の作業
① 右足首フレームにサーボのシャフトを差し込む
130831robi04.jpg


② サーボケーブルに保護シールを貼る
130831robi05.jpg


完成状態
130831robi06.jpg






スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

「ナオ」の映像を探して観てみましたが、中々、なめらかな動きをしますね。また、手等を使った表情も中々ですし。ただし、私はてっきり人間大の大きさかと思っていたら、高さが50cm位なのには驚きました。それにしても、3500台以上の販売個数と言うことは結構な数ですね。自閉症の患者にも使われると言うことは、やはり、ペット療法みたいな感じにも使われているのでしょうね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
「ナオ」かわいいですよね。
ペットと同じ、あるいは犬と違っていろいろと会話も
こなしますから、それ以上でしょうね。

我が家にも、自閉症ではありませんが、
カミさんが「ロビ」を待ちわびています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop