ロビ第26号&27号組立/ロボット「ロビ」

20130915

【第26号】

第26号で紹介されているロボットは、「Team OSAKA」による「ヴィジオン・ヴィーゴス」。
「Team OSAKA」は、大阪市と大阪産業創造館の呼びかけで結集した、ヴィストン㈱、㈱システクアカザワ、ロボ・ガレージ、大阪大学、石黒研究室による産学連携チーム。
2004年から2008年までロボカップで活躍しました。
当時、ロボット単体としての性能は世界一だった。
130908robi01.jpg


ボールを拾って、見事にキックします。
130908robi02.jpg


現在、「Team OSAKA」の活動は止まっているそうで、残念ですね。

今回使用するパーツ
130908robi03.jpg


今回の作業
① サーボをテストする。
130908robi04.jpg


② IDを書き込み、確認する。
130908robi05.jpg


③ サーボに足首テープを貼る。
130908robi06.jpg



完成状態
130908robi07.jpg



【第27号】

第27号で紹介されているロボットは、綜合警備保障㈱(ALSOK)が開発した巡回警備ロボット「リボーグQ」です。
130915robi01.jpg


ALSOKがロボットの研究を始めたのは30年以上前の1982年というから驚きです。
遠隔操作、エレベーターの乗り降り、タッチパネル、音声案内機能を持った「ガードロボC4」を2002年から販売開始しました。夜はガードマン、昼はインフォーメーション係りをこなします。
その発展形が「リボーグQ」です。
巡回警備については、天井にランドマークを貼るだけで済むので設置は簡単とのことです。

今回使用するパーツ
130915robi02.jpg


今回の作業
① 横回転サーボを取り付ける
130915robi03.jpg


130915robi04.jpg


② 縦回転サーボを取り付ける
130915robi05.jpg


130915robi06.jpg


③ 右足カバーを取り付ける
130915robi07.jpg


130915robi08.jpg


完成状態
右足の先が、ほぼ出来上がった。
130915robi09.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

私の経験だと、共同開発と言うか共同研究と言うか、ともかく、異なった会社や大学等と一緒にやるのは大変ですね。それが5年間以上、続いたのは大したものだと思います。このように共同で行う場合、予算もありますが、参加している人の熱心さが重要ですが、強力なリーダーシップを持った人がいて、その人が強引に進めない限り、中々、うまく行かない感じがします。

私が出ていた業界の研究会では、ある会社の人が強引に決めて、私を含めた他の会社の人がそれについていくと言う感じでしたが、その方のおかげで、決めた試験法が、今も公的な本に載っていて、そのまま使われています。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
日本人の特質なのですが、「和をもって尊しとする」は
ややもあって、何も決まらない、とかになりがちですよね。
強力なリーダーシップを持った人は貴重です。
創業者に多いですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop