ロビ第28号&29号組立/ロボット「ロビ」

20130924

【第28号】

第28号で紹介されているロボットは、神戸の甲南大学にいるロボットの漫才コンビ「あいちゃんとゴン太」です。
130916robi01.jpg


当初はオープンキャンパスにやってきた高校生向けに、新設された「知能情報学部」をアピールするために単体のロボットを作った。「あいちゃん」のほうですね。
当初は、学部のことを質問されたときに答えられる自動応答機能、簡単なあいさつ、時間を教える、音声指示によって移動する、という機能だった。
それがうまくいったため、もう一台作り、同学部の灘本明代教授が以前から手掛けていた「漫才シナリオ自動生成システム」を使って漫才をさせることになった。
Webサイトに掲載されているニュースを選ぶと、そこからキーワードを拾って漫才を作り、二台で「のり」と「つっこみ」を演じる。


今回使用するパーツ
130916robi02.jpg


今回の作業
① すねのパーツを取り付ける
130916robi03.jpg


130916robi04.jpg


② サーボケーブルに保護シールを貼る


完成状態
130916robi05.jpg



【第29号】

第29号で紹介されているロボットは、パナソニック㈱の病院内搬送ロボット「ホスピー」です。
130923robi01.jpg


いつも薬剤部のそばに待機しており、タッチパネルで行先を入力、表示される。本体の後ろの扉を開けると収納庫。IDカードでないと扉は開けられない。移動は建物のCADデータから作成したマップを使用。障害物の感知には、例えば待合室で足を組んで座っている人の靴のつま先まで感知できるようにしている。
安定性は抜群で、大人が倒そうとしても倒せない程度だという。
近くに移動している人や物ががあると、停止して待つ。

今回使用するパーツ
右ひざのサーボモーター。
130923robi02.jpg


今回の作業
① サーボにサーボケーブルを接続する
130923robi03.jpg


② サーボをテストし、IDを書き込む
130923robi04.jpg


130923robi05.jpg


③ IDの書き込みを確認する
130923robi06.jpg


完成状態
130923robi07.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

「病院内搬送ロボット」は役にたちそうですね。薬剤とかカルテとかを処置室等に運ぶものだと思いますが。

以前にどこかの病院で、天井にレールが敷いてあって、四角いボックスの中にカルテ等を入れて運ぶシステムがあったのを思い出しました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
ほんとにロボットが色々なところで活躍するように
なりましたね。

天井のレールシステムは、私が「くも幕下出血」で
入院した病院もそうでした。
面白いな、と思い見ていました。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop