河越・流鏑馬

20131117

11月16日(土)に国指定史跡河越館跡において、流鏑馬が行われるという情報を入手し、楽しみに出かけました。

場所は、東武東上線「霞が関」駅の近くです。
案内に従って、入間川の河川敷に駐車し、会場に向かいます。

河越館跡の標柱
131117yabu01.jpg


河越館について簡単に説明しますと、河越太郎重頼は1180年源頼朝に臣従し、鎌倉幕府創立に大きく貢献しました。1184年、重頼の娘京姫は源義経に嫁ぎますが、1187年義経の縁者との理由により謀殺されました。
しかし、所領は安堵され重頼の子重時、重員は鎌倉幕府の御家人として鎌倉北条氏に仕えたということです。

現在、ここには常楽寺というお寺になっています。
131117yabu02.jpg


駐車が心配で早目に来たので、日陰で本を読みながら待ちます。
お馬さんもスタンバイしてます。
131117yabu03.jpg


当初は、常楽寺での出陣式を見てから会場に向かうつもりでしたが、ふと会場の方を見ると既に馬場には沢山の人が場所取りをしています(汗)
私も、出陣式を見るのをあきらめて走っていき、なんとか最前列を確保しました。
的が3ケ所ありますが、私の陣取った位置は、一の的と二の的の真ん中辺でした。

行列がやってきて、民俗芸能が披露されてから、いよいよ流鏑馬の開始です。

「天地人三才の儀」
天に向かって矢を射ります。
131117yabu04.jpg


「扇舞の儀」
扇と鈴とで、優雅に行進してました。
131117yabu05.jpg


騎馬術を披露する武者の行進
131117yabu06.jpg


131117yabu07.jpg


131117yabu08.jpg


131117yabu09.jpg


131117yabu10.jpg


131117yabu11.jpg


131117yabu12.jpg


騎馬術演武(薙刀)
131117yabu13.jpg


騎馬術演武(抜刀)
131117yabu14.jpg


騎馬術演武(槍)
131117yabu15.jpg


騎馬術演武(弓)
131117yabu16.jpg


落馬もありました(笑)
131117yabu17.jpg


姫も負けてません。
131117yabu18.jpg


いよいよ、騎射です。
的に当たると、「カンッ」と気持ちのいい音がして、真っ二つに的が割れます。
131117yabu19.jpg


逆光で、一の的はうまく撮れませんでした。
ところが、二の的は難しいようです。
二の的を当てた人は、一の的も三の的も、全て当てていましたね。

姫の騎射
一の的を的中しました。
131117yabu20.jpg


二の的は射ることができませんでしたね。
131117yabu21.jpg


しかし三の的は的中でした。
遠く離れていても、的中すると、いい音が聞こえてくるのでわかります。

この武者も一の的は的中しました
131117yabu22.jpg


二の的は、惜しくも外しました。
131117yabu23.jpg


流鏑馬なるもの、初めて拝見しましたが、興奮しきりでした。
アッという間に駆け抜けていくので、撮るのは大変でしたが、楽しかったです。


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おっ、流鏑馬をご覧になられたのですね。私はTVでは見たことがありますが、実際のものは見たことがありません。浅草とか、鎌倉の鶴岡八幡宮でやっているので、一度は見たいと思っているのですが。

さて、撮影の方は難しそうですね。やはり、ピントが素早く合う高価格の一眼レフか、あらかじめ構図を決めておきピントを合わせておく「置きピン」で、丹念に撮影しないと無理っぽいみたいですね。

それにしても、最前列での撮影ですか。力が入っていますね!

matsumoさん

コメントありがとうございます。
一の的が逆光方向なので、そっちがほとんど見えないので、
いきなり近くに来て見えるという状況でした。
馬場の幅が狭いので、撮影は難しかったですね。
これから毎年撮るつもりなので、いろいろと工夫を
しようと思っています。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop