ロビ第32号&33号組立/ロボット「ロビ」

20131123

【第32号】

第32号で紹介されているロボットは、(有)創和の「プレン」。
131016robi01.jpg


開発コンセプトは「一人暮らしのOLさん向け」で、組立用キットとして発売された。
デスクトップロボットとして、運動性抜群で、バランス性がいいためローラースケートをこなす。
200台生産されて完売。追加生産の予定は無く、次のロボットを開発中らしい。


今回使用するパーツ
131016robi02.jpg


今回の作業
① 右股関節フレームを組み合わせる
131016robi03.jpg


② サーボケーブルに保護シールを貼る
131016robi04.jpg


完成状態
股関節の内側フレームが組み込まれた。
131016robi05.jpg



【第33号】

第33号で紹介されているロボットは、東洋初といわれるロボットを復元した「学天則」。
131111robi01.jpg


大阪市立科学館に常設されている圧縮空気で動くロボット。
サイズは、全長3.2m、全幅3.2m。
毎時ちょうどになると、3分ほどのデモンストレーションを行う。まず瞑想を行い、インスピレーションがわいたら、それをペンで書き留める。
表情も変化する。
131111robi02.jpg


オリジナルは、1928年に西村真琴氏が制作。無数のイボ状突起を持つ回転軸(ドラム)とゴム管の組み合わせで動かした。復元された現在のものは、もちろんマイコン制御となっている。

今回使用するパーツ
131111robi03.jpg


今回の作業
① サーボをテストする
131111robi04.jpg


② IDを書き込み、確認する
131111robi05.jpg


完成状態
131111robi06.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

「プレン」って、キットでたった200台、販売ですか! ううん、それでは、新たに金型を起こすのはとても無理だと思いますし(金型代って、ものすごく高いので)、汎用品を組み合わせない限り、採算に合わないでしょうね。「学天則」はインスピレーションがわくと、ペンで記すと言うことですが、実際の所、どんなことを書くのでしょうね。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
200台というのは、私もずいぶん少ないなあ、
と思いました。
全部汎用品だったのか、どうなんでしょうね。

「学天則」が何を書くかは、実際に行ってみれば
わかると思うのですが、遠いですよね(汗)
せっかく、あっちに行ったら、その前に行きたいところが
たくさんあるんですよね(笑)
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop