琵琶劇唱~鶴田錦史の世界

20131125

前回の記事で、鶴田錦史について書いた本のことを書きましたが、鶴田錦史の演奏を聴きたくなって、アマゾンで検索したなかで、良さそうだと思って購入したのが、これです。

前回の記事



131125kinshi.jpg

1. 俊寛
2. 壇の浦
3. 義経

唄:鶴田錦史
琵琶:田中鶴旺、斎藤鶴竜、岩佐鶴丈

CDが届いて、レビューを読んでみたら、なんと鶴田錦史のラスト・レコーディングでした。それも亡くなる一週間前に録音されたものです。

レビューの記事によると、晩年、錦史はリウマチの痛みを薬で抑え、演奏活動を続けたが、弟子の成長を待って弾を止めた。奪われた力は補えばいい。自分の手が思うにまかせぬのなら、弟子の手がある。しかも一人ではない。三者三様、異なる旋律を奏でるアンサンブルをバックにすれば、それは一人の弾き語りではかなわなかった広がりのある音の世界が生み出せる。既に何回か試みていた合奏形式という琵琶楽の未知の領域に、本格的に二取り組んでいく。

その最も充実した果実が、このCDに収められた3曲だそうです。
自ら作曲した「好きな曲」である。いずれも平家物語に題材をとった作品。
平家滅亡の前奏曲ともいえる「俊寛」、壮絶な戦いと西海の泡と消えた栄華の虚しさを語る「壇の浦」、そして源氏の英雄九郎判官の生涯を三つのエピソードでつづる「義経」である。

三面の薩摩琵琶を駆使して織り成される源平音絵巻は、ひとつのオーケストラに匹敵する色彩を持っています。
普通に録音すると、あの迫力ある琵琶の音はマイクでひろえなくて、違った音になってしまうのだそうです。
それで工夫を重ねて、実の音に近づけた録音だそうです。
その張りつめた緊迫感がすさまじいです。
そして巨匠の語りは鬼気迫る迫力があります。

届いてから、毎日一度は聴いていますが、当分これを聴いていればいい、という感じです。
すごいですねえ、鶴田錦史という人は。




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、良い音楽に出会えて良かったですね!! 私もたまに、何回も続けて聴くことがあります。

さて、私が持っている琵琶のCDですが、田中之雄、瀬戸龍介と言う琵琶奏者が弾いているもので、この中では「薩摩琵琶 湖水乗切」と言う、明智左馬介が琵琶湖を馬でわたる場面を描いた琵琶弾き語りの曲が好きです。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
明智左馬之助の「湖水乗切り」ですか。
琵琶では聴いたことがないですが、
話からして絵になるだろうなと思われ、
良いのでしょうね。
一度聴いてみたいですね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop