貝殻のコレクションについて

20131227

今年の夏に富山の田舎に帰ったときに、藏の中身を整理しました。
そのときにダンボールにぎっしり詰まった貝殻が出てきました。
その量に驚いたので、とりあえず現在の住まいに送り、整理を始めました。
父親がていねいに貝の名前、収集場所などを書いて添付してありましたが、離れてしまったものも多く、既に40年以上経っているので紙が虫に食われて、書いたものの一部しか読めないなど、苦労しましたが、父親の蔵書のなかに貝の図鑑もあったので、それで調べ、インターネットで調べたりして、作業を続けました。

本棚の一部に並べることにして、入れ物は最初コレクションボックスをネットで購入していましたが、一部は役立ちましたが、結果的に失敗したものも多かった。
役立ったのは、100円ショップで求めたいろいろなプラケースでしたね。このほうが格段に安い(笑)
131227kai01.jpg


131227kai02.jpg


名前がはっきりして、リスト化できたのが72種でした。

一番古いのが、1898年に三浦海岸で祖父が収集したもの。
大半が戦前のものです。8割くらいが父親の収集したものですが、父は戦争で身体を壊したので戦後はほとんど収集していません。
父が収集していたのは、父の仲間で知られていたらしく、○○氏から寄贈というのもわりと多いです。

私も、能登でホネガイを購入したり、沖縄に遊びに行ったときには、ホテルの近くで貝殻がゴロゴロしていたので、沢山拾ったりしてあったので、それを追加しました。

祖父や父の収集した立派なもの。
131227kai03.jpg


131227kai04.jpg


131227kai05.jpg


まだ綺麗に陳列できないでいるもの。
131227kai06.jpg


131227kai07.jpg


参考にしている、父の蔵書のなかにあった図鑑。
私も、最近の図鑑で良いのが無いかとアマゾンで探しましたが、なかなか超えていると思えるのが見つかりません。詳細はやはりネットで検索しています。
昭和38年発行、(株)保育社「原色・日本貝類図鑑」
131227kai08.jpg


せっかくなので、これからも機会があればコレクションを充実させていこうと思っています。

このブログでは順を追って紹介していきます。





スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

お父様が集めた貝ですか、大きいものが結構、ありますね。集めるの、結構、大変だったと思います。この手の収集品って、集めた人が亡くなると、捨てられたり売られたりして散逸してしまうことが多いのですが、息子さんが飾るのでしたら、幸せなコレクションだと思います。

さて、私も小学生の頃、貝を集めたことがあります。と言っても、その頃の小学校には「臨海教室」と言うのがあって、希望者が1週間ほど、千葉県の岩井海岸の民宿に泊まり、昼間は海岸で泳ぐと言うものでしたでしたが、その時に海岸に結構、貝が流れついていて、それを集めたと言う訳です。今も、3cm程の小さなあこや貝が机の中にあります。

立派なコレクション

三代にわたる立派なコレクションですね。盆地に育ったせいか、海や貝に憧れを持っています。ホネガイなどは、黒い背景で光をあてると、神秘的なほど美しい貝ですね。
そういえば、平成のごく初期に、FM-TOWNSで微小貝データベースというのを作っていた女性がおられて、感心した記憶があります。調べてみたら、今も6000種以上の微小な貝のデータベースを公開しているようです。
http://bigai.world.coocan.jp/
写真の素材としても、魅力的なものだと思います。大事になさってくださいね〜!

コメントありがとうございます

matsumoさん
私が興味なかったら、手を出しませんでしたが(笑)
私自身も、海で貝を拾ったりしていましたから。
やはり、海に対するアコガレがあると思います。
なにしろ育ったのは信州の山の中でしたから。
大きいのも素晴らしいし、小さいのはまた可愛くてしかたないですね(笑)

narkejpさん
私も信州の山の中で育ったので、すごいアコガレが
ありますね。
ホネガイは、本当に不思議です。
あんな形でよく海の中で生活してますよね(笑)
教えていただいたサイト、ちょっと見てきました。
とても面白そうです。
販売もしているようなので、そのうちお世話になるかも。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop