久が原西部八幡神社(延喜式内論社)/大田区久が原

20140121

住所:東京都大田区久が原4-2-7  

久が原東部八幡神社から、北西300mのところにある西の八幡さまに向かいました。
道から石段で上がります。
140121kuga01.jpg


社号標
式内論社、武蔵國荏原郡・稗田神社
140121kuga02.jpg


由緒:
神護元年九月(七六五年)豊前の国 宇佐八幡宮の御分霊を勧請。 武蔵の南端久が原台地(弥 生時代の集落地)の住民の鎮守として、尊崇せられ、徳川入国以来 久我原は二分され、当 社は六郷領鎮守となり 明治六年(一八七三)村社に指定された。旧社殿(銅萱葺権現造)五二、 八九平方米は、文化七年七月約百七十年(一八一〇)前の御造営にして、長年月を経しにより 、諸所に朽損の箇所多く 今度氏子の奉賛により 新しく社殿が御造営され 且つ篤志 家の奉納により 手水舎をはじめ境内工作物 殿内調度備品等一切が完備した。 
-境内由緒石碑-

階段を登ると鳥居がある。昭和54年建立と新しい。
140121kuga03.jpg


140121kuga04.jpg


鳥居から見下ろすと、ずっと下りが続いている。この辺の最高地点。
140121kuga05.jpg


鳥居からの参道正面に美しい朱塗りの社殿がある。
140121kuga06.jpg


右手に手水舎。
140121kuga07.jpg


昭和五十四年建立と、新しい炎尾型狛犬。
140121kuga08.jpg


140121kuga09.jpg


拝殿は入母屋造銅板葺き。本殿共に昭和五十四年に造営されたコンクリート造。
140121kuga10.jpg


御祭神は譽田別之大神

各所、現代的なデザインです。
140121kuga11.jpg


140121kuga12.jpg


140121kuga13.jpg


こちらの神紋も同じく「右三つ巴」だが、かなり流水系ですね。
140121kuga14.jpg


拝殿の後ろに流れ造りの本殿。
140121kuga15.jpg


140121kuga16.jpg


140121kuga17.jpg


本殿の右手に境内社の稲荷神社(宇迦之魂大神)があるが、社殿が昔の本殿だとのことです。
140121kuga18.jpg


まずは新しい狛狐
140121kuga19.jpg


140121kuga20.jpg


落ち着いた感じの昔の狛狐
140121kuga21.jpg


140121kuga22.jpg


社殿
140121kuga23.jpg


140121kuga24.jpg


向拝正面蟇股(かえるまた)の龍
140121kuga25.jpg


向背柱の獅子
140121kuga26.jpg


社殿左右の小脇板。下部は波が、上部は雲が見え、登り竜と降り竜が社殿を護っています。
140121kuga27.jpg


140121kuga28.jpg


金網の隙間から覗き込むと、初期の流れ造り。
140121kuga29.jpg


階段の上の柱と、回廊四方の擬宝珠柱の天辺に、なにかがいます。
140121kuga30.jpg


140121kuga31.jpg


わりとマトモなのを発見。獅子ですね。他は風化してしまっていたんですね。
140121kuga32.jpg


稲荷社の前に、脇の入り口があります。
140121kuga33.jpg


そこの門柱の上に、昔は本殿の前にあったであろう、流れ尾型狛犬が鎮座していました。
台座が無いため、年代はわかりませんが、明治あたりではないかと。
140121kuga34.jpg


140121kuga35.jpg


神楽殿
140121kuga36.jpg


拝殿の左手にあった力石(歓喜石)。
140121kuga37.jpg


その横には「三角点」
三等三角点「久我原」は明治35年(1902)に、境内で現在地より21m東北に設置された。
140121kuga38.jpg


最後に、高台の境内からまわりを眺めて、当社を後にしました。
140121kuga39.jpg



いままでの神社巡拝リストは下記をクリック
http://www.lares.dti.ne.jp/~taka-ino/jinjyajyunpai.html


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

最近は建設費が安いためか、あるいは、保ちがいいためなのかわかりませんが、コンクート製のお寺や神社が増えてきましたね。私の知っている神社も1年程前に銅板葺き屋根の鉄筋コンクリート製になってしまいましたし。ただし、色は朱色ではなく茶色ですが。以前の木造の頃は味があったので、桜の季節に撮影に行っていたのですが、建て替えの際、桜の木の一部も切られてしまったこともあり、残念ながら写真的にはほぼダメになってしまいました。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
たぶん難しいんじゃないかと思いますね。
「宮大工」になる人が少ないと思います。
伊勢神宮の遷宮の番組でも、人はさることながら、
道具の確保が大変だと云っていましたね。

写真的には、まったくそのとおりですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop