ホワイトメィディランド

20140207

140207white01.jpg


140207white02.jpg


系統: S  シュラブ・ローズ
作出: フランス
作出年: 1986年
作出者: M L Mailland 
花色: 純白
花型: 丸弁ロゼット咲き
花径: 中輪
香り: 微香
花季: 四季咲き

この花は、オールドローズを思わせるロゼット咲で、エレガントな感じの花を咲かせてくれます。
花付が良く、5月中旬から晩秋まで絶え間なく咲き続けるそうです。

銘花「ピース」を生んだフランシス・メイアンの妻、マリー・ルイーズ・メイアン(マリー・ルイーズ・パオリーノ)によって1986年に作出されました。
彼女は、ピエール・ドゥ・ロンサールの作出者(1987年)でもあります。

「ピエール・ドゥ・ロンサール」の記事に飛ぶ


やっぱり、「白い薔薇」はいいですね。


2011年6月1(日) 狭山市智光山公園ばら園にて



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

白いバラですか。私はやはり、ピンクのバラの方が好きです。白は清楚な感じですが、やはり、バラは華やかさが欲しいです。

さて、作者のマリー・テレーズですが、どこかで聞いた名前だと思ったら、ナポレオンの皇妃だった人でした。まあ、作者とは全く関係はないでしょうが。それにしても、夫婦でバラの新種作りですか!!


matsumo さん

コメントありがとうございます。
この夫婦の育成家ですが、ご主人の方が作った「ピース」が
戦後日本に来たときに、日本の薔薇の関係者は、
「何だ、これは!」と腰を抜かしたらしいですね。
あんな大きな薔薇を見たことが無かったそうです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop