ロビ第44号&45号組立/ロボット「ロビ」

20140213

【第44号】

第44号で紹介されているロボットは、防衛省研究所で詩作された「球形飛行体」。
140210robi01.jpg


細いフレームで組まれた球体の中に、沢山の羽と一本のプロペラ。
140210robi02.jpg


枠の中に垂直離着陸が可能な「テールシッター型」と呼ばれるプロペラ機を立てて入れている。
これは試作機なので、どのように実用化するかはまだこれからの話らしい。
人が通れる場所であれば、どこでも入っていける。障害物の多い森林や市街地でも飛行出来、空中でホバリングできるので、窓とかに接しながらの監視もできる。
ころがって目的地に近づくことも可能。
140210robi03.jpg


今回使用するパーツ
140210robi04.jpg


今回の作業
① 左股関節内側フレームを取り付ける
140210robi05.jpg


② 右股関節外側フレームを取り付ける
140210robi06.jpg


③ 右脚に股関節:横回転サーボを取り付ける
140210robi07.jpg


140210robi08.jpg


④ サーボケーブルに保護シールを貼る

完成状態
右脚がほぼ完成し、左脚もあと少しですべての関節ができあがる。
140210robi09.jpg



【第45号】

第45号で紹介されているロボットは、タケロボ(株)が開発したサービスロボット「サッチャン」。
140213robi01.jpg


大きな画面を手に持ち、頭部に女性の顔を表示させ、表情も豊か。30ケ国の言語に対応し、簡単な会話が可能。言葉と表情、口の動きがマッチングしている。
現在ある技術ですぐに利用できるロボットとして開発され、人が集まる場所でのサービスロボットだ。
移動は車輪、人が集まる場所を想定しているので、人とぶつからないようセンサーを充実。
クレジット決済、ブリンターでレシートやクーポン券などを発券できる。

今回使用するパーツ
140213robi02.jpg


今回の作業
① サーポにサーボケーブルを接続する
140213robi03.jpg


② サーボをテストし、IDを書き込む
140213robi04.jpg


140213robi05.jpg


③ IDの書き込みを確認する
140213robi06.jpg


④ 左脚に股関節:横回転サーボを取り付ける
140213robi07.jpg


140213robi08.jpg


左脚がほぼ完成した。
140213robi09.jpg


それぞれの関節を曲げたところ
140213robi10.jpg


これで、頭部、両腕、両脚がほぼ完成。
140213robi11.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おっ、ようやく、ロボットらしくなりましたね!

さて、防衛省の球形飛行体、普通に考えれば偵察用ですよね。まあ、後は、軽い荷物を運ぶ程度だと思います。

これを見て思ったのは、米国Googleが注文されたものをGoogleの倉庫から直接、注文主まで運ぶと言うヘリコプターです。このような形でしたら、万が一、低空で人が触っても、プロペラで怪我をする人も少ないのではと思いました。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
ほんとに、球形の飛行体は良さそうですね。
残念ながら防衛省の開発なので、民間では活用はされないでしょうが。
これでヒントを得て、民間でも取り組んでいくと面白いですよね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop