ロビ第52号&53号組立/ロボット「ロビ」

20140429

【第52号】

第52号で紹介されているロボットは、(株)ココロの「アクトロイド-DER2」
140427robi01.jpg


恐竜ロボットとか、博物館などに歴史上の人物を再現したロボットを納入していた。
若い女性のロボットをチャレンジして、最初に発表したのが2003年の国際ロボット展。2005年の愛知万博では4体のロボットを製作。
動作は圧縮空気でシリンダーなどで実現。
現在、受付ロボットをレンタルしている。

デモンストレーションなどの動きは、3分ほどの動きを作るのに2~3週間かかるという。
140427robi02.jpg


下の写真のように、指を曲げることもできる。表情も豊か。
140427robi03.jpg



今回使用するパーツ
140427robi04.jpg


今回の作業
① 両脚をヒップカバーに取り付ける
140427robi05.jpg


② 腰フレームにサーボケーブルを通す
140427robi06.jpg


140427robi07.jpg


③ 腰フレームに充電ジャックケーブルを通す
140427robi08.jpg


④ 腰フレームを取り付ける
140427robi09.jpg


⑤ 右脚のケーブルにテープを貼る
140427robi10.jpg


⑥ 下腹カバーを取り付ける
140427robi11.jpg


140427robi12.jpg


完成品
下半身が出来上がった。
140427robi13.jpg



【第53号】

第53号で紹介されているのは、「ガンプラ」を開発生産する「バンダイホビーセンター」です。
140429robi01.jpg


人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズに登場するメカニックをプラモデルにした「ガンプラ」はこれまでに4億個以上を販売しているとのこと。
私は若い頃、飛行機のプラモデルはずいぶんと作った。
それ以外には、ほとんど手を出さなかったが、ガンダムは形に惹かれて、今でも数えてみたら6体持っている。

ガンダムシリーズは、二次元のアニメから三次元の製品を創りだす。
また飛行機や車とは違い「関節が動く」ことが求められるところに難しさがある。
だから、設計は本当に大変だと思う。

プラモの成形品と完成品
140429robi02.jpg


今回使用するパーツ
140429robi03.jpg


今回の作業
① ヘッドスタンドからマフラーを取り外す
140429robi04.jpg


140429robi05.jpg


② ヘッドスタンドを組み立て直す
140429robi06.jpg


140429robi07.jpg


③ マフラーにネックフレームを取り付ける
140429robi08.jpg


④ ネックフレームにワッシャーを取り付ける
140429robi09.jpg


⑤ サーポケーブルに保護シールを貼る


完成品
140429robi10.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

以前は会社の受付って、大抵、女性がいたのですが、最近と言うか、10年以上前から、インターホンみたいのを置くだけと言うのも増えてきましたね。まあ、人件費削減ってことだと思いますが、でも、訪問者にとってはガッカリ度が高いですね(笑)

でも、これが上記の人間型ロボットだとしたら、ううん、面白がる人もいるかもしれませんが、ふざけるなと言う人もいて、微妙なところだと思います。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
私は車関係の仕事をしていましたが、
そういうの、トヨタさんは早かったですね。
もちろんトヨタのお客さんが訪ねるような所は
美人さんがちゃんと居ましたが、仕事で訪ねる
事業部は、直接呼出し電話をかけるようでした。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop