オオシマヤタテ(大縞矢立)

20140625

140625ooshima01.jpg


140625ooshima02.jpg


140625ooshima03.jpg


140625ooshima04.jpg


科 目 :ふでがい科
収拾者 :父
採取場所:不明(沖縄と推察)
採取日 :不明(1936年以前)

分布:本州中部以南、インド・太平洋域
生息場所:潮間帯の岩礁や珊瑚礁の上

生貝は、深緑の色合いだそうです。

殻は螺塔低小で体層は大きく、表面は殆ど平滑で体層底部に僅かの螺脈を見る。黒地に白色の細縦線を縞状に並べる。殻口は狭まらず軸唇上に4個のヒダがある。外唇内縁に小歯を刻む。外唇内側の突起は無い。

縦線の間隔は個体によってさまざまだが、他のヤタテとの判別のポイントとなる横線が一本だけ入る。
軸唇上に4個のヒダがある。
140625ooshima05.jpg


外唇内縁に小歯を刻む。外唇内側の突起は無い。
140625ooshima06.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop