ロビ第67号&68号組立/ロボット「ロビ」

20140710

【第67号】

第67号で紹介されているロボットは、千葉大学大学院工学研究科機械系コース並木研究室で開発された「エアホッケーロボット」。
140708robi01.jpg


目と手を連動させたロボットの研究を行っていて、人間の目より早いものを見ることが出来る高速ビジョンの応用を考えて、エアホッケーゲームにたどりついたという。
毎秒500コマの画像高速処理を行い確実にパックを打ち返す。
140708robi02.jpg


今回使用するパーツ
140708robi03.jpg


今回の作業
① 音声認識/リモコンケーブルを接続する
140708robi04.jpg


② 音声認識ボードをヘッドベースに取り付ける
140708robi05.jpg


140708robi06.jpg


完成状態
人間と同じように脳の場所に 音声認識ボードがある。
140708robi07.jpg


140708robi08.jpg



【第68号】

第68号で紹介されているロボットは、(株)タカラトミーの2か国語を理解する元気な犬型ロボット「ハローズーマー」。
140710robi01.jpg


アグレッシブに動き回り、鳴き声や目で感情を伝える。白黒の模様は一万種類ほどのバリエーションがあり、一体一体異なっている。40以上の犬のしぐさが出来る。音声による命令が可能で、日本語と英語に対応している。実際の「しつけ」のように「お座り」や「伏せ」を覚えさせ、命令を聞くようになっていく。
7月26日発売で、15000円という価格は衝撃的だ。

今回使用するパーツ
140710robi02.jpg


今回の作業
① リモコンボードに配線する
140710robi03.jpg


140710robi04.jpg


② 音声認識ボードの上に取り付ける
140710robi05.jpg


完成状態
脳みそがまた増えた。
140710robi06.jpg


140710robi07.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

昨日の新聞にGoogleのロボットについての特集が書かれていました。何でも東大から派生したロボット研究会社?を買収したり、勿論、欧米のロボット会社も買収、加えて、自動運転自動車の開発を行っているとの話でした。

まあ、お金がありすぎていることもあるのでしょうが、多分、パソコンやPDAと同様に考えていて、プログラムのバグや、機械の故障による人身事故が起これば、リセットすればいいと思っているのでしょうね(笑)

matsumo さん

コメントありがとうございます。
どこで開発するにせよ、人間並みの、またはそれ以上の
力を持ったロボットということになると、
故障の際の暴走が気になりますね。
「フールセーフ」に徹してもらいたいものです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop