天満社(延喜式内論社)/東京都八王子市

20140817

所在地:東京都八王子市北野町550番1号

14日に回った「武蔵国式内社めぐり」の二社目です。阿伎留神社から向かったのは八王子市北野の天満宮。京王線北野駅の近くだというので、ナビに「北野駅」を入力してその案内で向かいました。近くまで行くと森があったのですぐに分かりました。

入り口のところに、高さ70センチほどの小さな社号標があった。
村社
当社を延喜式内社の大麻止乃豆乃天神社の論社とする説があり、「式内社調査報告」には当社に断定するのは難しいとの記載がされているそうであるが、候補の一つとしてお参りした。
140817kitano01.jpg


創建は不明、横山党の一族が京都北野天満宮を勧請したとされている。
1591年(天正19年)〜1860年(万延元年)5石の社領を拝領する。
江戸時代将軍に武運長久の祈願札を毎年献上していた。
1600年代ご神木であるケヤキが植えられる。
1664年(寛文4年)社殿を再建する。
1880年(明治13年)唐破風向拝の社殿を再建する。
1963年(昭和38年)北野駅周辺の区画整理により由井第一小学校内にあった北野石器時代住居跡(市指定文化財)が移設される。
1976年(昭和51年)菅公1075年忌事業により社殿を銅板葺きに改修する。

鳥居は両部鳥居。
140817kitano02.jpg


境内は、周りを大きな樹に囲まれた気持ちのいい空間。
正面に社殿。その横に末社の鹽竈神社が並ぶ。
140817kitano03.jpg


手水舎
140817kitano04.jpg


「菅公千年祭」の碑が立つ。
菅原道真の千年忌は明治35(1902)年にあたります。
140817kitano06.jpg


拝殿
140817kitano07.jpg


向拝唐破風
唐破風の懸魚は鯉でした。
140817kitano08.jpg


向拝の彫刻は梅と龍
140817kitano09.jpg


木鼻は唐獅子
140817kitano10.jpg


拝殿の社額には「天神宮」と書かれていました。
140817kitano11.jpg


拝殿内部
140817kitano12.jpg


もちろん、ご祭神は菅原道真公。

神紋は「梅鉢」でした。北野天満宮の神紋は「星梅鉢」なので、ちょっと残念。
140817kitano13.jpg


拝殿の後ろに本殿がありますが、覆殿の中です。
140817kitano14.jpg


140817kitano15.jpg


拝殿から本殿に渡る橋が、優美なカーブで良いですね。
140817kitano16.jpg


本殿
140817kitano17.jpg


140817kitano18.jpg


140817kitano19.jpg


木鼻の彫刻、獅子と貘が素晴らしいですね。
140817kitano20.jpg


本殿背面に非常に大きな絵馬が立て掛けられているのに気が付きました。残念ながら劣化が激しく画は残っていませんでした。
140817kitano21.jpg


神楽殿
140817kitano22.jpg


末社の鹽竈神社。
安産の神として信仰されているそうです。
140817kitano23.jpg


140817kitano24.jpg


140817kitano25.jpg


向拝彫刻は、分り難くかったがどうも唐獅子の親子です。
140817kitano26.jpg


木鼻は龍
140817kitano27.jpg


正面に掲げられた絵馬。獅子舞を描いている。
140817kitano28.jpg


拝殿内部
140817kitano29.jpg


祭神は武甕槌命(たけみかづちのみこと)、塩土老翁(しおつちのおじ)、経津主神(ふつぬしのかみ)。

拝殿内にあった絵馬は、安産願いでしょう。
140817kitano30.jpg


140817kitano31.jpg


天満宮社殿横に池があり、その近くに末社があるが何れも内訳は不明。
140817kitano32.jpg


140817kitano33.jpg


140817kitano34.jpg


140817kitano35.jpg


ご神木
140817kitano36.jpg


140817kitano37.jpg


境内周りには巨木が多い。
140817kitano38.jpg


140817kitano39.jpg


140817kitano40.jpg


境内には石器時代の住居の遺蹟があり、八王子市の文化財にも指定されている。
140817kitano41.jpg


140817kitano42.jpg


140817kitano43.jpg


(八王子天満社了)


神社巡拝記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

北野駅は高尾山等に行った時に電車で通りますが、駅から外には出たことがありません。と言う訳で、ここは行ったことがありませんが、写真を見せていただいた限りでは、末社の鹽竈神社の社殿、八王子天満社と同じくらいの大きさですね。安産の神様として信仰が厚いのでしょうか。

安産の神様と言えば、人形町の「水天宮」が有名ですが、日光に「香車堂」と言うのがあり、前に沢山の「香車」(将棋の駒)が置かれています。ここの駒を1つ借り、無事出産を終えたら、新しく作った駒と一緒に奉納することを思い出しました。

それにしても、不思議に思ったことは、梅の木が見あたらないことで、天満宮と言えば、すぐに「梅」と思っている私には、無いことが不思議でした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
人形町の「水天宮」はお参りしたことがありますが、
日光の「香車堂」というのは初めて聞きました。
日光に行く用事もあるので、今度行ったときに
寄りたいですね。

梅については、私も不思議に思っていました。
あれだけ巨木に囲まれているのに・・・・
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop