真神 (まかみ)/日本の神々の話

20140912

現在は絶滅してしまった日本狼が神格化したもの。 大口真神(おおぐちまがみ)とも呼ばれる。
真神は古来より聖獣として崇拝された。

大和国(現在の奈良県)にある飛鳥の真神原の老狼は、大勢の人間を食べてきたため、その獰猛さから神格化され、猪や鹿から作物を守護するものとされた。人語を理解し、人間の性質を見分ける力を有し、善人を守護し、悪人を罰するものと信仰された。また、厄除け、特に火難や盗難から守る力が強いとされ、絵馬などにも描かれてきた。

しかし時代が流れ、人間が山地まで生活圏を広げると、狼は人と家畜を襲うものだという認識が広まった。そして狼の数が減っていくにしたがって、真神の神聖さは地に落ちていったという。

私は三峰神社と武蔵御嶽神社で「大口真神」にお参りした。

三峯神社
「お仮屋」で祭神として「眷属の大口真神(お使い神、お犬さま)」を祀っている。
以下、三峯神社HPでの説明:
三峯神社の御眷属、大口真神(お使い神、お犬さま)のお宮です。
御眷属は深い山中に身をひそめられている為にここを仮のお宮としてお祭りを行うので「お仮屋」と呼んでいます。
今から1900年ほど昔、第十二代景行天皇の皇子日本武尊が東夷御平定の帰り道に山梨県から奥秩父の山々を越えて当山に登り、初めて三峯神社を祀られた時、道案内をつとめたのが山犬でその忠実さと勇猛さによって三峯神社の御眷属に定められたと伝えています。
お犬さまはその霊力で三峯信仰の中心となり、山畑を荒らす害獣熊・猪・兎等を追い払い、家々を守護しては火防・盗賊除・諸難除の神と崇められています。

「お仮屋」
140912makami01.jpg


140912makami02.jpg


140912makami03.jpg


140912makami04.jpg


140912makami05.jpg


武蔵御嶽神社
大口真神社(おおくちまがみ しゃ)で大口真神を祀る。
本社玉垣内にあり、神明社の後方に瑞垣に囲まれて鎮座している。御嶽神社の眷属である狼を祀っている。古くは神饌を供える台のみであったが、江戸時代末期に社殿が建てられた。現在の社殿は昭和14年(1939年)に建てられた一間社流造の社殿で豪華な彫刻が全体に施されている。社殿後方は奥宮遥拝所となっている。

武蔵御嶽神社HPでの説明:
「おいぬ様」のみたけ山
 盗難除け・魔除けの神「大口真神」は江戸の昔から「おいぬ様」として親しまれ、広く信仰されてきました。現在も変わらず厚い信仰をいただいております。
 近頃では、おいぬ様にちなんで、ワンちゃん達の来山が非常に増えてきています。お山が賑わうことは大変有難いことです。
 この「おいぬ様」は、実は《犬》ではなく、《日本狼》です。今は絶滅したと言われていますが、御岳山にも一昔前までは、狼たちと共存して生活していました。狼は怖い存在で有りながら、畑を荒らす害獣を食べてくれる有難い存在でもあったのです。
 「おいぬ様」=日本狼ですが、狼が守り神となった由来が日本書紀に現れますが、御岳山では次のように伝えられています。
『日本武尊が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。尊は山蒜(やまびる=野蒜)で大鹿を退治したが、そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し、道に迷われてしまう。
 そこへ、忽然と白狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。尊は白狼に、大口真神としてこの御岳山に留まり、すべての魔物を退治せよと仰せられた。』

「大口真神社」
140912makami06.jpg


140912makami07.jpg


140912makami08.jpg


140912makami09.jpg



私がリュックに入れて持ち歩いている厄除けのお守りは、武蔵御嶽神社でいただいた「大口真神」です。
140912makami10.jpg


140912makami11.jpg


140912makami12.jpg



日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

なるほど、私はてっきり、「お犬さま」と「犬神」は同じものだと思っていたのですが、どうやら、異なっているようですね。お犬さまは狼、犬神は犬のようですし。まあ、いずれにしろ、人間に害するものを祭ることにより、その害から逃れようとするもののようですが。

狼と言えば、フランスの美人ピアニスト「エレーヌ・グリモー」が有名で、狼保護のために、センターを作り、狼と暮らしているのだそうです。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
エレーヌ・グリモーは、私も大好きなピアニストですが、
そういうことをしているんですか(笑)
知りませんでした。
狼男が実在したら、惚れていたかもしれませんね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop