ウォーキング

20140914

私は秋も花粉症に苦しむので、今つらいです。
しかし血圧対策で、そんなことでめげていられないので歩いています。

今日は入間川沿いに安比奈親水公園の辺を歩きました。
140914walking01.jpg


140914walking02.jpg


ドッグランがあります。
140914walking03.jpg


見ていたら、人懐こいのが寄って来た。
140914walking04.jpg


グランドに出ました。
左のほうは、サッカーグランド、野球場が広がっています。
140914walking05.jpg


小川がある。
140914walking06.jpg


目的地まで着いて、小休止して戻りかけたら、投網を繕っている人が居た。
140914walking07.jpg


140914walking08.jpg


140914walking09.jpg


ちょっと話しかけたら、気安くお話することが出来ました。
もうちょっとしたら「落ちアユ」の季節だそうです。
川越市も狭山市も「ヤナ」の設置を認めていないので、投網でけっこう取れるとのこと。
一投で20匹くらい取れることもあるらしい。
25センチくらいの大型も。

「いいですねえ」と羨ましがったら、「網がすぐ破れるから、網の費用も馬鹿にならない」と云っていましたが、まんざらでもない顔でしたね(笑)


空に、いい雲が浮かんでいました。
左が頭だとすると、獅子かワンちゃんか。
右が頭だとすると牛でしょうか。
140914walking10.jpg



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

春だけでなく、秋も花粉症ですか! それは大変ですね。昔はセイタカアワダチソウが原因だなんて言われたこともありましたが、花粉の量が少ないとのことでそれは否定されたようですので、菊とかブタクサ等が原因でしょうか。

親水公園と言っても、私が知っている王子駅近くの「音無親水公園」等の都会のものと随分違いますね。堤防等があるにしろ、自然っぽいです。

鮎と投網と言うと、矢口高雄氏の漫画「釣りきち三平」中の「茜屋流小鷹網の巻」を思い出しました。この話、実在の茜屋流小鷹網を繰る「茜屋新兵衛」を描いている話で、あまりに素晴らしい話だったので、茜屋氏の著作を入手のほか、氏が鮎をとっている「紀ノ川」の「妹背の渕」を見るために、紀州線「西笠田駅」まで行き、写真を撮ってきました。と言っても、私が行った時は、誰も網を投げていなかったのですが。

matsumo さん

コメントありがとうございます。
すごいですね、さすが matsumo さんです。
行動力抜群ですね。
「紀ノ川」の「妹背の渕」まで飛んでいくなんて。

それにしてもmatsumo さんをその気にさせるなんて、
「釣りきち三平」中の「茜屋流小鷹網の巻」、俄然興味が
わきました。
私も読んで見ます。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop