世界遺産展示室

20141017

8日(水)に参加した歴史クラブの定例見学会「世界遺産 富士山文化を訪ねる」で、御室浅間神社、小室浅間神社に続いて訪れました。

富士吉田市歴史民俗博物館の展示ですが、現在改装工事で休館中のため、隣接する旧郡内地域産業振興センター内に「世界遺産展示室」を開設し、富士山世界遺産の構成資産や富士山と信仰の関わりなどを紹介しています。
国道138号沿いで、道の駅の斜め向かいに位置します。
141017isan01.jpg


入ってすぐ、ロビー上の掲示
141017isan02.jpg


展示室入り口横には、雄大な「富士吉田市周辺鳥瞰図」が。
141017isan03.jpg


ロビーに北口本宮浅間神社の神輿と火祭りのタイマツのミニチュア。
141017isan04.jpg


富士山神輿
141017isan05.jpg


作業室に大きな火祭りのタイマツが置かれていた。
141017isan06.jpg


展示室
141017isan07.jpg


展示内容は素晴らしかった。
141017isan08.jpg


141017isan09.jpg


141017isan10.jpg


141017isan11.jpg


141017isan12.jpg


下見の時と合せて、貴重な本をここで三冊購入した。

【おめでたいカタチ 富士の意匠】/富士吉田市歴史民俗博物館
141017isan13.jpg


これを見ることができると喜んだのだが、実物は展示されていなかった。
木花開耶姫命像 江戸時代 富士吉田市歴史民俗博物館蔵
141017isan14.jpg


木花開耶姫命/葛飾北斎
141017isan15.jpg


こういうシリーズがあるのを知らなかった。手に入れなければ。
東海道五十三対/歌川広重
141017isan16.jpg


【富士の女神のヒミツ】/富士吉田市歴史民俗博物館
141017isan17.jpg


明治以降の木花開耶姫命像
141017isan18.jpg


木花開耶姫命像 江戸時代 御室浅間神社で祀られている
141017isan19.jpg


富士山胎内巡之図 北口本宮浅間神社所蔵
141017isan20.jpg


【富士吉田の文化財 富士講】/富士吉田市教育委員会
141017isan21.jpg


角行東覚の「御身抜き」の一例
富士講の根本教典である。
141017isan22.jpg


角行東覚は信仰世界を表わすため造字も行った。
141017isan23.jpg


角行と徳川家康の面白い話が載っていた。
141017isan24.jpg


食行身禄の「御身抜き」
141017isan25.jpg


読むことが出来れば、前掲の角行東覚「御身抜き」から理解は出来る。
141017isan26.jpg


以上、ちょっと紹介しましたが、やはりこういう所でないと入手出来ない貴重な本を手に入って嬉しかった。


この後、道の駅で昼食後、「御師 外川家住宅」に向かいました。


次の「御師 外川家住宅」を読む


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

富士吉田市歴史民俗博物館ですか、行ったことはない場所です。それにしても、ご興味がある本、入手できて良かったですね! 

市立博物館とか区立資料館とか、結構、面白い出版物を出していますよね。私が持っているものでは「富士市立博物館:富士見十三州 富士塚調査報告書」及び「杉並郷土博物館:目で聞くソノシート展」がありますが、前者はともかく、後者のソノシートに関する網羅的な本はこれだけだと思っています。板橋郷土資料館が出している「板橋と光学 Vol.2」は欲しかったのですが、結局、展示を見ただけで入手しませんでした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私がいつも利用しているのは、さきたま史跡の博物館と
嵐山史跡の博物館です。
さきたま史跡の博物館はさきたま古墳群にあり、
古墳時代の資料が手に入ります。
嵐山史跡の博物館は、畠山重忠の菅谷館跡に隣接していて、
ここでは東国中世武士に関する資料が豊富です。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop