北口本宮冨士浅間神社(1)

20141022

所在地:山梨県富士吉田市上吉田5558

8日(水)に参加した歴史クラブの定例見学会「世界遺産 富士山文化を訪ねる」で、御室浅間神社、小室浅間神社、世界遺産展示室、御師・旧外川家住宅の後に向かったのがここで、最後の訪問地となります。

社号標
旧県社、別表神社
141022kita01.jpg


当社は世界文化遺産「富士山」の構成資産「富士山域Jを構成する要素です。富士登山道「北口(吉田口)」の「本(もと)」のお宮さんという意味で、「北口登山道の起点」であること、古代から継承されてきた「麓(=本)で祭祀を行う場所」であることを表しています。(神社サイトから)

【由緒】
景行天皇40年(110)日本武尊が東征の折、箱根足柄から甲斐国酒折宮に向かう途次、当地の大塚丘に立って、富士山の神霊を造拝し、祠を建てて祀ったのがこの神社の始まりとされています。その後、延麿7年(788)に甲斐固守・甲斐守紀豊庭(きのとよひろ)が現在の地に社殿を建て浅間の大神を奉った、武田信玄が富士権現を造営し、これが現在の富士浅間神社の元となった、などの説があります。
実際はわかりませんが、現存する社殿の造営の歴史をたどると:
【戦国期~江戸時代前期】
・永禄4年(1561):武田信玄が富士権現(現東宮本殿)を造営。
・文禄3年(1594):浅野氏重が西宮本殿を造営。浅野氏重は広島藩主(1619~)浅野家の家老。浅野家は1593~1600年、甲斐国を領していた。
・元和元年(1615):谷村薄主鳥居成次が現在の本殿を造営。
【江戸時代中期】
享保18年~延事2年(1733~1745)に富士講「村上講」の祖、村上光漕が境内社殿の大造営を行いました。
現存する社殿と境内構成のほとんどはこの時のもので、明治初期の神仏分離令により、仁王門、鐘楼、絵馬殿、五重塔が廃されましたが、現在もなお当時の荘厳な趣を伝えています。
境内にある諏訪神社は、富士浅間神社ができる前から鎮座していたとも言われ、地主神と伝えられています。
拝殿後方の鳥居が「吉田口登山道」の起点となっています。「吉田口登山道」も構成資産「富士山域」の構成要素です。

一の鳥居
141022kita02.jpg


掲額が「冨士山」となっている。「冨」を使っているのはここだけのようであるが、意味はわからない。
141022kita03.jpg


いつもコメントを下さるmatsumoさんが教えてくれたのですが、
北口本宮富士浅間神社のホームページのFAQに書いてありました。
http://sengenjinja.jp/faq/index.html


真っ直ぐの、杉の巨木と、江戸時代からの風格ある灯篭に囲まれた、厳かな参道が長く続きます。
141022kita04.jpg


141022kita05.jpg


141022kita06.jpg


141022kita07.jpg


途中に「各行の立行石」がある。
141022kita08.jpg


141022kita09.jpg


仁王門礎石
141022kita10.jpg


141022kita11.jpg


巨大な大鳥居が迎えます。
141022kita12.jpg


まず神橋があります。
141022kita13.jpg


141022kita14.jpg


昭和9年建立の狛犬
141022kita15.jpg


141022kita16.jpg


141022kita17.jpg


141022kita18.jpg


日本で最大の木造鳥居。両部鳥居の形式です。
巨大すぎて圧倒されます。
141022kita19.jpg


141022kita20.jpg


掲額には「三国第一山」とある。
141022kita21.jpg


福地八幡社(祭神:誉田別尊)
神社パンフレットでは八幡社とのみ記されています。福地とは徐福あるいは彼の子孫が居住する地を意味しているそうです。
141022kita22.jpg


141022kita23.jpg


141022kita24.jpg


向背蟇股の彫刻は「霊亀」でした。
141022kita25.jpg


随神門の手前には、明和5年(1768)建立の大きな灯篭がある。
141022kita26.jpg


141022kita27.jpg


随神門
141022kita28.jpg


掲額には「富士嶽」とある。
141022kita29.jpg


ここの装飾に「七福神」の彫刻があったので、全部撮ってきました。
141022kita30.jpg


141022kita31.jpg


141022kita32.jpg


141022kita33.jpg


141022kita34.jpg


141022kita35.jpg


141022kita36.jpg


随神
141022kita37.jpg


141022kita38.jpg


随神門をくぐると、目の前に神楽殿がある。
141022kita39.jpg


その前に、左手に手水舎があるのでそちらから。これも巨大です。
141022kita40.jpg


霊水を導いています。
141022kita41.jpg


141022kita42.jpg


141022kita43.jpg


神楽殿
141022kita44.jpg


141022kita45.jpg


ここで行われる太々神楽をぜひ観たいものだ。
141022kita46.jpg


神楽殿では、4面に十二支の彫刻があったので、全部撮りました。

141022kita47.jpg



141022kita48.jpg



141022kita49.jpg



141022kita50.jpg



141022kita51.jpg



141022kita52.jpg



141022kita53.jpg



141022kita54.jpg



141022kita55.jpg



141022kita56.jpg



141022kita57.jpg



141022kita58.jpg


本殿の左に樹齢1000年の「富士太郎杉」
141022kita59.jpg


141022kita60.jpg


141022kita61.jpg


本殿の右に「富士夫婦桧」
141022kita62.jpg


141022kita63.jpg


141022kita64.jpg


今回はここまでとし、次回いよいよ社殿からの記事となります。


北口本宮冨士浅間神社(2)に続く


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

いやあ、立派な神社ですね!! 角行の立行石まで残っているのには驚きました。

「冨士」を使っている理由は、神社のホームページのFAQに書いてありますが、どうやら、昔は音を文字にあらわすのに、きちんとした決まりが無かったと言う説のようです。

http://sengenjinja.jp/faq/index.html

随神門の彫刻、七福神ですか! ううん、私が行っていたら、絶対に気がつかないと思います。一般的なものとかなり異なりますので。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
お宮のFAQに書いてあったんですね。
気が付きませんでした。
ありがとうございました。
さっそく本文に追加しておきます。

彫刻については、いつもこだわっているので、
勘が働くようになりましたね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop