旭町・峰・田中地区史跡めぐりウォーキング/地域連携活動・旭町自治会

20141115

これは、旭町自治会が企画し、歴史クラブが支援して行いました。
歴史クラブから4名がガイドとして参加し、私も2ケ所をガイドしました。

141115shiseki01.jpg


141115shiseki02.jpg


実施したのは、11月9日(日)でしたが天気予報が思わしくなく、やきもきしましたが天気にめっぽう強い方のご託宣で実施することになり、結果多少パラパラッと一度降っただけで、逆に歩きやすい天気でした。

コースです。
141115shiseki03.jpg


参加者が54名とたくさんだったため、2つのグループに分け、最初の「市場の荒神さま」まで全員で行き、そこから分かれて、一方は逆回りのコースとなりました。

Aグループ(順コース)
① 市場の荒神さま (三柱神社)
② 天岑寺
③ 小笠原家墓所
④ 清水濱臣の墓
⑤ 田中稲荷神社
⑥ 亀にのる石碑
⑦ 岩船地蔵
⑧ 峰愛宕神社

企画担当が池田さんなので、やはり登場しました(笑)
明治14年の陸軍測量地図。通称「フランス式地図」です。
141115shiseki04.jpg


集合場所の自治会館で準備体操をした後で歩き出しました。
やはり54名というのは壮観でした。
141115shiseki05.jpg


【市場の荒神さま (三柱神社)】
伝承では加藤清正の末裔加藤太郎左衛門が三宝荒神を祀ったとされている。
江戸時代に養蚕農家から蚕の守り神として信仰された。例大祭には養蚕に必要な諸道具の市が立った。
141115shiseki06.jpg


141115shiseki07.jpg


【天岑寺】
戦国時代の文禄3年(1594)に天海盛呑によって開山、開基は徳川家旗本の小笠原安勝。曹洞宗。

惣門
火災から逸がれ、唯一創建当時の建物。
沖縄風の洋式が漂う総ケヤキ造りの四脚門。天に通じる門という意味の「通霄関(つうしょうかん)」の扁額がかけられている。
141115shiseki08.jpg


141115shiseki09.jpg


月待供養塔
「月待」とは十三夜・十五夜・二十三夜など特定の夜に村人が集まり、月の出を待ってこれを拝む行事。
この供養碑は、武蔵型板碑で阿弥陀三尊来迎図が刻まれている。
141115shiseki10.jpg


【小笠原家墓所】
小笠原家は、徳川家康の関東入国に伴い、三河国からやってきた戦国武将小笠原安勝が初代。安勝の父安元の法名「天岑紹恩」から「天岑寺」の寺号となっている。以降12代にわたる家族の石塔43基が安置されている。
141115shiseki11.jpg


【清水濱臣の墓】
江戸時代に江戸で生まれた国学者。松平定信の命により徳川家斉に御前講義を行うなど高名で、著書も130冊にのぼる。狭山市に墓があるのは、彼の父親が江戸に出る前当地で医者をしていたから。
141115shiseki12.jpg


【田中稲荷神社】
小笠原家の奉納。本殿の厨子の中の神像は稲を担いで鎌を持った老翁の姿をしている。
その横の墓地には「カンカン地蔵」がある。
141115shiseki13.jpg


141115shiseki14.jpg


【亀にのる石碑】
この亀のような姿をしているのは中国の伝説上の生き物「贔屓」で、龍の子供「龍生九子」の一つで重きものを担うのを好むといわれている。この石碑を負った姿から「贔屓の引き倒し」という日本の諺が生まれた。
石碑には2300余りの文字で「指月和尚」が11歳で仏門に入ってからの業績や人生訓が刻まれている。
所沢で寺子屋をやっていた沢田泉山という人が江戸時代に解読したといわれているが、読みだけが伝わっている。
141115shiseki15.jpg


【岩船地蔵堂】
岩船地蔵とは栃木県岩舟にある高勝寺の地蔵菩薩で、岩船地蔵信仰が18世紀に急速に関東一帯に広まった。高勝寺の地蔵堂宮殿建設のための熱心な布教活動と各地の念仏信仰が結びついたもの。
左側には薬師堂があり薬師如来が祀られている。
141115shiseki16.jpg


【峰の愛宕神社】
向かって右の拝殿が愛宕神社で、小笠原安勝が勧請したもの。本殿は拝殿の中にあり「杮(こけら)葺き」。各所に小笠原家の紋「三階菱」がある。
左側の拝殿は蚕影神社であり、蚕の守り神として信仰された。
境内には「疱瘡神」と「水天宮」の石祠もあり。
141115shiseki17.jpg


141115shiseki18.jpg


これで、無事に終了し、スタート位置の自治会館で参加者の皆さんと一緒にお弁当を食べて解散となりました。
皆さんが書いてくれたアンケートを見せていただいたが、皆さん「楽しかった」、「分かり易かった」と書いてくれていたので嬉しかった。
次に希望する場所についても、ほとんどの方が2ケ所以上マークしてくれていたので、また参加してくれるのは確実だと思った。

今回好評だったので、旭町自治会では年に三回この催しを実施していくことになりました。
私ももちろん大賛成で、これからも参加させていただきたいと思っています。


歴史クラブ行事一覧に飛ぶ





スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

参加者50名以上ですか! すごいですね。それだけの人数でしたら、力も入りますね。

それにしても、私も外をよく歩いていますが、結構、前後に旗を立てて歩いている集団を見ます。やはり、歩くことは最も簡単と言うか、やりやすい健康法なんだと思います。

また、最近はボランティアで説明する方も結構、多いですね。本日は新宿御苑に行ったのですが、10:30からのボランティアの説明を受けながらの園内散策に参加する集合の案内をしていました。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
普段は、私もあちこちに出かけるので、
ボランティアのガイドさんのお世話になることが、
多いです。
また私もガイドの会に所属しているので、
機会があればガイドをしています。
ボランティアというのは、誰かのお役に立つことが
喜びなので、感謝されると嬉しいのです。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop