サイクリングフェスタのガイド

20150328

今日、狭山市の団体「狭山まちづくリストの会」主催の「サイクリングフェスタ」での史跡のガイドを個人的に頼まれ、してきました。
150328cycling01.jpg


コース
150328cycling02.jpg


私がガイドしたのは「城山砦」、「智光山公園」、「今宿遺跡」です。

朝8:30から受付開始。参加者は45名。
まずはラジオ体操で身体をほぐします。
150328cycling03.jpg


地元のケーブルテレビも取材してました。

ここ、柏原のサイクリング・ロードは、もう4、5日後なら、見事な桜のトンネルだったのですが。残念。
150328cycling04.jpg


150328cycling05.jpg


去年の満開のときの写真を載せておきましょう。
150328cycling06.jpg


「城山砦」に到着です。
150328cycling07.jpg


城山砦の歴史を見ると、古くは柏原を本拠地とした武蔵武士の柏原太郎の館(やかた)跡ではないかという説があります。柏原太郎は源頼朝の奥州藤原氏征伐の先陣として従った畠山重忠の従軍5騎のうちの1人といわれた人物です。
2番目に初代鎌倉公方で「入間川殿」と呼ばれた足利基氏(もとうじ)が、南北朝時代に新田義興(よしおき)・義宗(よしむね)兄弟の鎌倉攻めに対する北の防御の要として、入間川宿(現在の徳林寺の辺り)に文和2年(1353)から9年余り長期滞陣したときの出城という説があります。
3番目に山内(やまのうち)上杉氏と扇谷(おおぎがやっ)上杉氏の対立で、明応5年(1496)山内上杉顕定(あきさだ)が扇谷上杉朝良(ともよし)の河越城を攻めたときに、山内上杉氏と手を組んだ足利政氏(まさうじ)が着陣したと伝えられています。
4番目に天文14年(1545)から15年(1546)にかけて半年近くに渡り、山内上杉憲政(のりまさ)が陣を敷いたため別名を上杉砦ともいわれています。
この布陣は扇谷上杉朝定(ともさだ)が天文6年(1537)の三ツ木原の合戦で、北条氏に奪われた河越城を奪い返すため、また憲政にとっても河越城は目の上のたんこぶで、北条氏の武蔵国への進出を阻止する上でも重要な布陣でした。この戦いは河越夜戦といい、日本三大奇襲戦といわれ、8千の北条軍が8万の両上杉・古河公方連合軍を破って劇的な勝利に終わった戦です。この戦が上杉家没落のきっかけといわれ北条氏の武蔵国の覇権が確立した戦です。
5番目に城山砦は北条氏の手に移り、北条氏照(うじてる)の滝山領に組み入れられ、氏照配下の出城として徐々に手を加えられたと推察されます。この地域に居住して槍などを生産していた柏原鍛冶集団を統率するに当っても有効に機能したと思われます。
河越夜戦後の山内上杉氏は上野国の平井城(現在の群馬県藤岡市)に退却していました。北条氏に対応していた憲政は平井城も攻撃され、天文21年(1552)越後の長尾景虎(のちの上杉謙信)を頼つて落ち延び、保護を受ける代償として上杉氏の家名と管領職などを譲り、関東管領として君臨した上杉氏も終わりを告げました。

世上有名な「川越夜戦」のときに、のちに関東管領職と上杉の苗字を上杉謙信に与えた、上杉憲政が陣を敷いたところだというのが、一番の出来事です。

新撰武蔵風土記稿に載っている城山砦の図。
150328cycling08.jpg


現在の砦跡もそれに変りがありません。
150328cycling09.jpg


この砦が良く出来ていると評判が良いのは、「虎口」の守りです。
城や砦のウイークポイントは、日常出入り口にしている場所。それを「虎口」といいます。
城山砦を再現したジオラマでの虎口の守り。
土塁を伸ばして「横矢掛かり」を作って虎口に突入しようとする敵兵を弓や鉄砲で攻撃するようにしている。
150328cycling10.jpg


それから、「折り」といって、堀を曲げて作り、堀を越えて入ろうとする攻撃方の兵を横から弓や鉄砲で攻撃できるようにしています。
150328cycling11.jpg


本郭の中を散歩。
150328cycling12.jpg


「虎口」から出てくる参加者。
150328cycling13.jpg


柏原の槍鍛冶、刀鍛冶、鋳物師の話もしました。
城山砦のすぐ近くに常楽寺があり、その墓地に「増田大水正金500年誌」という碑があります。
150328cycling14.jpg


150328cycling15.jpg


150328cycling16.jpg


増田家の初代・増田大水正金(ますだたいすいまさかね)は応永年間(1394~1428)に大和国(奈良県)の大和郡山から柏原に移住し、槍鍛治を業として応永32年(1425)2月に亡くなっています。槍鍛治としての増田家は4代、約125年程度は続いたと考えられますが、その後は荒井(新居)、岡、豊田、入子姓の柏原鍛治集団に引継がれたと推察されます。

市文化財の「増田大水正金作の槍」
150328cycling17.jpg


柏原で、製鉄産業が可能だったのは、入間川で良質な砂鉄が採れたからです。

民家の間の小道をいきます。
150328cycling18.jpg


智光山公園の横の道。
150328cycling19.jpg


現在の智光山公園。
150328cycling20.jpg


フランス式測量地図『第一軍管区地方2万分1迅速測図』、明治14年の地図です。
これによると、当時は「九頭竜池」しかなかったことが分かります。
150328cycling21.jpg


今も公園内にお墓があり、この戒名に「智光院」とあり、ここから智光山という地名となったことがわかります。
また裏面に彫られている名前から「森本」という苗字がわかります。
150328cycling22.jpg


江戸時代柏原の領主は誰だったかということは、「武蔵田園簿」によると、松平伊豆守、酒井紀伊守、高室喜三郎代官所、森本助右衛門、永井五右衛門であることがわかります。
松平伊豆守は「知恵伊豆」と言われた松平信綱であり、川越藩主ですから川越藩の飛び地です。
酒井紀伊守は酒井忠吉、幕府直轄地もあったので高室喜三郎が代官所を構えていた。
森本助右衛門と永井五右衛門は旗本です。
よって、智光山のところは森本助右衛門の領地だったことがわかります。
150328cycling23.jpg


また、ここにある碑から、修験道のお寺があったという話も裏付けられます。
150328cycling24.jpg


150328cycling25.jpg


それから、近くにある「開園記念碑」の裏面に書かれたことを読むと、ここを有志の方々が整備をして公園にしようと七年間も努力して市に働きかけた結果、今のような立派な公園にする足がかりとなったことがわかります。
150328cycling26.jpg


150328cycling27.jpg


智光山公園から「今宿遺跡」に移動しました。

市内には入間川の左右の河岸段丘上をはじめ、智光山公園から流れ出る小河川流域や久保川流域に62ケ所の遺跡の所在が確認されています。これらの遺跡は旧石器時代から平安時代までの遺跡です。
ここ今宿遺跡は入間川左岸の段丘上にあり、奈良・平安時代を主体とする集落跡で、大規模宅地である日生団地の造成に伴い昭和44年(1969)4月に発掘調査が行われました。
今宿遺跡は市内で最初に実施された大規模調査の遺跡で、市内で唯一の復元住居があり、昭和51年(1976)4月1日に狭山市指定文化財・史跡に指定されました。
調査面積は78,000㎡で、稲荷山公園の約3分の1強の広さです。調査の結果48軒の竪穴住居跡が発掘されましたが、それらの住居跡は正方形かそれに近いもので、地面を掘り下げて床とし、周囲は溝を掘って板を埋めて壁としていました。竃(かまど)は住居の北側または東側に築かれ、煙り出しの煙道は住居外に設けてありました。
縄文時代の住居には竃は無く炉を使っており、板壁もありません。
復元された住居を見ると、平城京などの復元された建物との落差が大きく、朝廷・貴族と庶民との落差の大きいことに驚かせられます。
150328cycling28.jpg


今宿遺跡の建物内にメタセコイアの化石株が展示されています。
150328cycling29.jpg


150328cycling30.jpg


これは笹井堰下流の入間川の河床から発掘されたものです。
メタセコイア(アケボノスギ)は300万年から200万年前までは北半球に多く分布していました。日本では百数十万年前までは繁茂していたといわれ、その後、絶滅したと考えられていました。しかし、昭和20年(1945)に中国四川省で自生しているのが発見され、生きている化石といわれました。
その後、メタセコイアは挿し木などで多くの地に育てられ、現在日本でも公園や学校などで見ることができます。

これは新宿御苑で撮ったメタセコイア。
150328cycling31.jpg


笹井堰下流の入間川の河床からは、「アケボノゾウ」の化石も発掘されています。
前身の骨格が全部発掘されているのは、日本でも珍しいようです。
150328cycling32.jpg


おなじく発掘された「アケボノゾウの足跡」の化石
150328cycling33.jpg


今宿遺跡から、歩いて「陰隠し地蔵」まで散策しました。
150328cycling34.jpg


「鎌倉街道」である、「信濃坂」の脇に「陰隠し地蔵」はあります。
150328cycling35.jpg


このお地蔵さまには、その陰に隠れて追手の難を逃れたという話があります。
誰が隠れたかというと、「清水冠者・源義高」という12歳の少年です。
寿永3年(1184年)のことでした。
清水義高は木曽義仲の子です。
源氏再興で平家を滅ぼすのに、木曽義仲と源頼朝が別々に兵をあげ、戦いました。
平家をやっつけられそうだとなった時に、源氏の大将を巡って木曽義仲と源頼朝の仲が険悪になりました。
それで一旦は仲直りをした時に木曽義仲は人質として息子の清水義高を鎌倉に送りました。
清水義高は源頼朝と奥さんの北条政子に気に入られて、頼朝の娘大姫の婿になりました。
ところが、結局木曽義仲と源頼朝は争って、木曽義仲が討たれてしまったのです。
そのため、大姫の助けで清水義高は鎌倉から逃げだします。
この横の信濃坂は、「鎌倉街道」で信濃に通じていますが、ここから車で一時間くらいのとこに「嵐山」があります。そこで清水義高の父親木曽義仲は生まれました。そこに逃げて、それから木曽義仲に協力した信濃の人を頼ろうと思ったのでしょう。
一旦は、このお地蔵さまのおかげで難を逃れましたが、結局つかまり入間川の河原で頼朝の家来に討たれてしまいました。
入間川の近くに、義高を祀った「清水八幡」というお宮があります。

お地蔵様と参加者
150328cycling36.jpg


信濃坂を歩いて上がります。
150328cycling37.jpg


今宿遺跡に戻って、また自転車で走ります。

お茶畑のなかをいく。
150328cycling38.jpg


ちょうど、お茶を機械で刈っていました。
150328cycling39.jpg


150328cycling40.jpg


笹井にある、NPO法人「ぶどうの会」の「いっぷく亭」がゴール!!
ここで、参加者が和やかに持参のお弁当を食べました。
150328cycling41.jpg


150328cycling42.jpg


ここには、本格的なピザの石窯もあるんですから、すごいですね。
150328cycling43.jpg


今日は、色々な年代の人達と一緒に行動して、楽しく語り合えて、とても楽しかった。

(了)


スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

本日(3/28)の都区内は「午前は曇り、午後は晴れ」でしたので、埼玉も似たような天気だったと思いますので、良かったですね!! もし、明日でしたら、雨も考慮しなければならなかったと思いますので。

サイクリングファスタと書かれていたので、私はてっきり、マラソン大会みたいな感じで、自転車で走るのかと思ったら、どうやら、自転車を交通手段とした遺跡巡りみたいな感じですね。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
こういうの、良いと思いますね。
「史跡めぐり」では子供は乗ってこないだろうし。
親子でこういうのに参加すれば、地元の魅力を
発見したりしますからね。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop