猿田彦珈琲

20150528

今日は、調布にある式内社のお宮二社にお参りしてから、新宿に戻ってきて恵比寿にまわり、このお店に来た。

このお店を知ったきっかけは、カミさんに「猿田彦珈琲ってなに?」と聞かれたからだ。
なんでも、缶コーヒーのCMに、そう書かれた缶コーヒーが登場しているらしい。

猿田彦が大好きな私としては放っておけない(笑)
私は、歴史に関する取り組みの中で個人的には日本の神様に軸足を置いていて、自分で確認した神様の数が、現在478柱になっているが、一番最初にマイブームとして取り組んだのが「猿田彦」である。
SSCC(現在はさやま市民大学)歴史講座の研究コースのときに、学園祭に「猿田彦」について発表したくらいだ。
それでネットで調べてみた。

こんなことがわかった。
猿田彦珈琲は恵比寿にある、わずか8.7坪のスペシャルティコーヒー専門店だ。
現在調布の仙川駅前に焙煎所を兼ねた60坪の二号店がオープンしているそうだ。
それが、大手飲料メーカーの缶コーヒーの監修を行い、さらにはオーナーの大塚氏がバリスタとしてテレビCMにも登場した。大塚氏は近年流行のサードウェーブコーヒーの先駆者として業界でも一目置かれる存在になっており、それが抜擢の理由。
ネットでの評判は、本物のコーヒーの味とフレンドリーなお店ということで、とても評判が良い。

それで、今日行ってみたというわけだ。

恵比寿から歩いて2、3分という近さ。

ほんとにお店は小さい(笑)
150528sarutahiko01.jpg


とても入りやすいお店に入って、幸い席が空いていたのでカフェ・ラテを頼んだ。
150528sarutahiko02.jpg


私は、どこに入ってもたいていカフェ・ラテを飲んでいる。
ここのは、文句なしに美味しい。
カフェ・ラテなんだから、クリーミーで、まろやかな味である。
しかし、後味にしっかりとコーヒーの味が残って主張してくる。
そのコーヒーが美味しい!!

私の座った席の近くに「猿田彦神社」の「何か」が置いてあった。
聞いたら、伊勢の猿田彦神社だった。
150528sarutahiko03.jpg


どうして「猿田彦珈琲」という個性的な店名をつけたのか?
ネットで調べていたら、出世払いで店の看板のデザインをしてくれた友人の奥さんから「猿田彦珈琲ってどう?」と提案されたため、他のアイディアもあったがその名前に決めたという。
150528sarutahiko04.jpg


その方が、どういう気持ちで「猿田彦」を提案したのかは書いてなかった。

私にはわかるような気がする。
『古事記』に登場するのは、瓊瓊杵尊が「天孫降臨」したときに、途中で出迎えて先導した神である。
だから、現在でも私たちは猿田彦を良く目にする。
神様の行列には、必ず先導役の猿田彦がいる。

赤坂日枝神社山王祭神幸祭の先導しかり。
150528sarutahiko05.jpg


今年の神田祭りの神幸祭にも。
150528sarutahiko06.jpg


狭山市の式内社廣瀬神社の、秋季例大祭の神輿の先導も。
150528sarutahiko07.jpg


「猿田彦珈琲」と命名した、オーナーの友人の奥さんの気持ちも、「業界を先導する、リーダーとしての存在になって欲しい」という思いだと思う。

東京に出たとき、必ず寄りたいと思うお店だった。

カフェ・ラテがとても美味しかったので、昨夜ネットで調べていて面白いなと思った「カフェ・ラテのもと」も、迷わず購入してきた。
150528sarutahiko08.jpg




スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

以前にも書きましたが、今から7,8年雨に猿田彦神社に行きました。5月の連休だったので、5/5に田植えの「御田祭」と、その後の踊り「豊年踊」を観ました。

両者共、時間がかかる祭りで、前者は半分位、観てから他の場所に、後者も同様でした。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
私も伊勢に行きたいのですが、
その前に行かなければならないお宮さんが
各所にあり、なかなかそちらには
行けない状況ですね。
いつかは行かなければいけないのですが。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop