所沢混声合唱団定期演奏会

20150530

今日、30日(土)所沢ミューズのアークホールで開かれた演奏会を聴いてきました。
歴史クラブの友人、小田さんが参加している合唱団の定期演奏会を、カミさんと聴きにいきました。
昨年はヨーロッパに演奏旅行をしたという、立派な合唱団です。
今年も、会場前に長蛇の列ができている人気でした。
プロも交えての本格的な演奏会なので、とても素晴らしかったです。

今年のプログラム
150530所沢合唱団


前半は、日本の素晴らしさを情感たっぷりに聴かせてくれました。

ベートヴェンの「ロマンス」は健友会管弦楽団と長岡氏のソロで、楽しく聴かせてくれました。
長岡氏のソロがとても良かった。

そして、初めて取り組んだというベートヴェンのミサ曲。
曲想がドラマティックなので、聴きごたえのある曲に仕上がっていました。
三塚さんのソプラノをはじめ、プロがソロをとっているので実に美しく、敬虔なものになっていた。
合唱団の声も最後までしっかりと歌っていました。

清潔さと、ふくよかで優しい感情と充実した音楽になっていましたね。

満ち足りた思いで、帰りました。
カミさんも、いいものを聴かせていただいたと喜んでいました。



スポンサーサイト

コメント

No title

四季歩さん、こんにちは

おお、奥様のお喜びとのこと、良かったですね!!

プログラムもピアノ伴奏の合唱曲、準バイオリン協奏曲、オーケストラ付合唱曲と、中々、よく考えていますね。

ベートーベンのミサ曲は後期の「荘厳ミサ」は大好きな曲ですが、初期の「ミサ曲ハ短調」は聴いたことがありません。

matsumoさん

コメントありがとうございます。
監督の山神さんと云う方は、けっこう有名な
合唱の指揮者らしいです。
本当に選曲は伊庭らしいと思いました。
このミサ曲は、ベートーヴェンの若い時なので、
意欲作ということで、評判は散々だったようです。
今では見直されているそうですが。
非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop