前玉彦命(サキタマヒコノミコト)・前玉比売神 (サキタマヒメノカミ)/日本の神々の話

20150707

埼玉県行田市の「さきたま古墳群」のところにある、埼玉県という県名のもとになった前玉(さきたま)神社のご祭神です。
ご夫婦神を祭神として祀っている神社は、全国的にみてそんなにあるとは思いません。

前玉神社の記事を読む


『古事記』には、「大国主命の神裔」のところに登場します。
(読み下し文)
(前略)
大国主神、また神屋楯比賣命を娶して生みし子は、事代主神。また八嶋牟遅能神の女、鳥耳神を娶して生みし子は、鳥鳴海神。この神、日名照額田毘道男伊許知邇神を娶して生みし子は、國忍富神。この神、葦那陀迦神、亦の名は八河江比賣を娶して生みし子は、速甕之多気佐波夜遅奴美神。この神、天之甕主神の女、前玉比賣を娶して生みし子は、甕主日子神。
(後略)

ここで、前玉比売神の夫神は「ハヤノミカノタケサハヤヂヌミノカミ」となっていますから、これが「前玉彦命」の
別名ということになります。
オオクニヌシノミコトを祖に持つ出雲系の神です。

両神とも、『古事記』所載の出雲系の神である。
天之甕主神(アマノミカヌシノカミ)の子で、甕主日子神(ミカヌシヒコノカミ)の母です。
甕(みか)とは「酒や水を入れる大がめ」の意味なので、天之甕主神は食糧貯蔵に関わる神なのでしょう。
「前玉」は「幸玉」で、幸いを与える徳のある宝玉。「比売」は玉に斎く巫女。 天之甕主の神の娘で、大国主神の子孫の 速甕之多気佐波夜遅奴美神の妻になり、甕主日子神を生んだというこです。


日本の神々記事一覧に飛ぶ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

四季歩

Author:四季歩
とにかく歴史好きです。そして旅も好き。
写真が趣味なので、いきおい記事は写真が中心になります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

Pagetop